R-15
雑記他

雑記,ソニックファン,ソニック・ザ・ヘッジホッグ

最近はゲーム評価や制作姿勢も相まって、ファンの間でピリピリムードが強まる『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズですが、過去記事(後述)でも言及しているように、日本のソニックファンはマナーが悪いというか、色々と問題ある行動が目立ちます。ゆえにタイトルのとおりなのですが、過去記事の言及を統括する意味合いも含め、記事にまとめました。

もしタイトルの時点で不愉快に思われるのであれば、そのままブラウザバックして閉じてください。

読むか読まないかは個人の自由ですし、この話題に様々な意見・指摘が出るのは当然のことです。でも読まないで特定の単語に反応して攻撃的に噛みついたり、見当はずれな内容を鬼の首をとったように書き込むのは、迷惑なのでやめてくださいね?

またネット上(SNSも含む)での話であり、すべてのソニックファンを全否定する内容でもないのを前置きしておきます。

批判要素が多めです

「正しい批判」を心がけていますが、一応ご容赦ください。


「迷惑な」ソニックファンとは?

まず彼らについては重ねるように、過去記事でいくつか苦言をしたことがあります。






読んでもらえれば、いかに日本のオンライン上に存在するソニックファンがモラルを問われる、目立つ行為をしているかが分かると思います。何に苦言したのかを簡単にリストアップすると、

  • 調べずに文句を言ったり、プレイ動画やスクリーンショットだけで叩き、気に入らないソニック作品には不鮮明な情報でも信じて拡散しバッシング。
  • たとえ正確な情報に基づくものでも、「情報がある」という大義名分で私怨(しえん)混じりに記載する。一定の公共性・中立性が必要なWikipediaやゲームカタログwikiといった執筆サイトでもその形跡が何度かあり、明らかに批判と批難の区別がついていない。
  • かつての『いってる公式コミュニティ』で特定作品のバッシングを行い、それを見た公式側が「あなたの嫌いは誰かの好きかもしれません」とトップページにわざわざ明記。にも関わらず、閉鎖前にはモラルの乏しい人たちが増えて言いたい放題。
  • 『ソニックアドベンチャー』シリーズ(特に2)を至上とする「ソニアドファン」が、ソニックの話題が出るたびに引き合いに出し、比較や叩き行為をしている。
  • 主張や考察に気に食わないファンがいると、文章や動画をしっかり見ず、タイトルや見出しだけで集団攻撃・拡散晒(さら)し行為をするような、読解力とリテラシーのなさ。
  • マイナス意見が出れば「作れないくせに文句を言うな」と言い放つ。これも批判と批難の違いが分かっておらず、その理屈が通ればジャンルが廃(すた)る。
  • ソニックの話題が少しでも上がると赤裸々に宣伝行為(ニコニコ動画の『ソニックカラーズ』TAS動画など)。ソニック初心者にはお節介とも言える過剰(かじょう)な解説で投稿者に迷惑と言われる。
  • ファンのほうが偉いと勘違いしているような、開発側を一方的に見下す発言の数々(一定のリスペクトは必要)。

※一部当時の記事には書かなかった内容も加筆しています

そしてこの、「調べずに文句を言っている」は本当に目に余る行為だと感じます。これも少し事例を踏まえた詳細をリストアップするならば、

  • 最近のセガに失望したから、いっそ任天堂にソニックゲーム開発の権利を売るべきでは?リンク先参照 )」 → ゲーム業界批評をするなら『デベロッパー(開発)』と『パブリッシャー(販売)』の違いぐらいは知るべき。
  • (日本の売上だけで)ソニックはマリオよりも圧倒的に売れてないリンク先参照 )」 → ソニックの主戦場は北米・欧州などの海外市場。
  • 歴代ソニックの性格は『カラーズ』から特に変になったリンク先参照 )」 → その経緯・理由解説がなくマンガ版・海外作品も一切言及しておらず、明らかにリサーチ不足。「少し生意気だけど優しい」を軸にしつつも、特に海外ではメディアでソニックの性格がかなり変動する。
  • 3D作品に2D横スクロール要素をなぜ入れるのか」 → 『ワールドアドベンチャー』や『ロストワールド』の開発者インタビューですでに公言済。 
  • 『カラーズ』からどうしてアメリカンなソニック(いわゆるケンポンソニック〈ケン・ポンタック氏脚本のソニック〉)になったのか」 → 開発者インタビューですでに言及されている。 
  • 『ソニックトゥーン』とかいうゲームって本家化するの?」 → 『トゥーン』はアニメが主体のメディアミックス・別ブランドであり、ゲーム作品と勘違いしている人が未だに多い。そのあたりは開発者インタビューで説明済。 
  • 『シャドゲ(シャドウ・ザ・ヘッジホッグ)』って二次設定でしょ」 → 元々シャドウは『アドベンチャー2』のみの単発キャラクター。後付けは当たり前であり、公式作品で「二次設定」とは?
  • 日本で宣伝しろ」 → 『ロストワールド』以降は全国店舗に専用棚を設けたりポスター掲示などを行っている。
  • 全国ネットの地上波でCM流せ」 → 全国CMの制作・放映には数百万以上の費用がかかり、その費用対効果を理解しているのか?
  • ソニックをオープンワールドで作れよ」 → なんでもオープンワールドにすりゃいいってものじゃない。願望だとしてもレベルデザイン・ゲーム設計の概念ぐらいは知ってほしいもの。

メディアでもない一般人・個人の事例を晒すのは好きではありませんが、記憶だけだと妄想と言われかねないので、あえて記載。ツイッターでもソニックの話題を探せば、上記の意見はザラに出てきますね。あとはニコニコ大百科のコメント欄あたりですが、5chの書き込みはまだ調べている人が多いかな?

数年前にニコニコ大百科も5chも、検索除外設定にして不可視化したので、今はどうなっているか知りません。

「『シャドゲ』の設定を二次設定扱い」はひどいもので、ラストの独白がプロフェッサージェラルドが人類復讐に狂う前と考えれば、完全とは言わなくても整合性はあるはず。「『シャドウは単発キャラクターだった』を調べない一部の彼好きが、頭の中で時系列すら組み立てられず、感情的に否定して騒いでいる」としか見えませんね。

知識自慢や開発スタッフ擁護をしたいのではない

……で、(質の低いコメント・ツイートは基本無視しているとはいえ)彼らを見るたびに思うんですよ。

なんで調べないの? 広い視野で集めた情報を吟味して言うならいいけど、感情憶測による否定や断定主張・耳障りのいい情報のみ収集・デマや噂を真実のように流す……は恥ずべき愚行だ」と。

ファンと名乗る割には「ソニックは日本生まれの海外向け」という前提が欠け、開発者インタビューも読んでいないのかと。Wikipediaにすら書いてある情報を「探しても分からなかった」と言う人、気に食わないからと自分の都合のいい噂や怪しい情報を疑いもせず盲信する人。

多分「探しても分からなかった」と言う人は、検索・リテラシー能力が壊滅的なのか、本当は調べてないのに調べたとウソを言っている可能性が高く、「情報弱者なお前らと違って、このぐらい知識を持ってるんだぜ」と自慢したいのではありません。この程度の話はWikipediaの日米記事なり4Gamerなりで探せばすぐ見つかるレベルです。

また調べずに文句を言うべきではないというのも、「こういった大人の事情や理由があるんだから、開発側の事情を少しは理解して擁護(ようご)や同情しろ」ではなく、「開発側の事情も理解し、ちゃんと調べた上で、『正しい批判』として意見・指摘・改善案・批評の有意義な内容を発信すべきが真意」と伝えておきます。

あとは何度も重ねるように、批判・批難の区別がついていない。「(明らかに批難的内容なのに)ファンだから批判しないといけない」とツイッターでドヤ顔で言っていた人には正直ドン引き。



「悪い部分」を書いたら「良い部分」もしっかりと書く姿勢や、第一に「相手に敬意を持って指摘し、改善をうながす批評姿勢」が、本来の正しい批判。それだけロジカルシンキング(論理的思考)・リテラシー能力・読解力が低い人たちなんだと確信すら抱いています。

なぜこのような人たちが増えたのか?

行動に問題があるファンが増えた背景には、最近のソニックチーム作品・監修作品の出来が芳(かんば)しくなかったり、開発側の認識とファンの認識が不一致なのも一因でしょうが、考えられる別の要因としては、

  • 日本展開の乏しさから生まれたこだわり
  • 海外展開へのコンプレックス(劣等感)

これらも複合しているのではないかと考えています。

ソニックの声やデザインについては、日本だとソニックチームが定めたものや、声は金丸淳一さんという固定されたイメージがあります。ゆえに『ソニック原理主義者(多少のキャラクターデザイン・性格改変も許さず、声優は金丸さん以外認めないなど)』と呼ばれる人が海外以上に目立つんですね。日本も『アドベンチャー』以前は様々な声優さんが起用されてたんですが。

海外ではソニックの声優はゲーム本編でも割と変わっていて、日本では未発売・未配信の外注制作された据置・ソーシャルゲームやコミックス・グッズなどが非常に多く展開されています。

海外では固定概念に縛られずに幅広くメディア展開され、ファン内でもMOD(改造データ)や自作ゲーム、自主制作アニメを介した交流が盛んですから、『ソニック・ザ・ムービー(実写ソニック)』騒動のときを除けば、ソニックチームに不満があってもガス抜きが上手くいっているように思えます。

下記の動画は、『フォース』では見せ場もボス戦もなかったカオスを、MODでボス戦として実現したものと、有志ファンの完全オリジナル作品である『SONIC 2020』のプレイ動画です。公式と見間違えるぐらいの高い完成度で驚きます。





それと比べると、日本国内での展開はソニックチームが作った(監修した)ゲームか、ささやかな物販しか流通してないのがほとんど。

ソニック事情を調べられない(検索能力が低い)人は必然的に公式至上主義になってしまい、本編ゲームが不振ならはけ口が見つからず、「ファン=公式アンチ組」みたいな図式になってしまった感が否めません。自主制作文化も同人誌か二次創作ぐらいでしょう。

海外展開のソニックを知る人は分かるでしょうが、ソニックチーム制作の本家より外注作品のほうが出来がいい場合があり、『ソニックフォース』もアメコミ(IDW)版のほうが世界観がしっかりしていて、ゲームの過去作ネタも交えるファンサービスも多いんですよね。

国内外の差を細かく言えば、アニメの『ソニックトゥーン』も海外では2014年から世界100カ国近くで放映され、シーズン2も作られました。しかし日本では配信に3年(2017年)もかかったのに未だ1シーズンしか公開されず、同じアジア圏の韓国ですら一足先に放映されていましたから、本当に最後の部類。

ソニック20周年記念の応募プレゼントでも、シリアルコードが刻印されたリングやソニックのフィギュアは、海外なら『ジェネレーションズ』のスペシャル生産特典で、予約でほぼ誰でも手に入った代物。『チームソニックレーシング』のカエルくんTシャツ&キャップだって、日本では非売品ですが海外なら公式通販サイトで購入可能です。

このように海外ファンなら普通に手に入る代物を抽選景品として扱い(いわゆる「おこぼれ」)、展開が絞られた国内の有様を見ると、海外展開へコンプレックスを抱き、ソニックのキャラクター像にこだわりが海外以上に強くなるのも、理解できなくはありません。

別に不遇な扱いとは思いませんけどね。全然売れない日本より、日本の100倍以上は売れる海外に力を入れるのは、ビジネス的に考えると自然な流れ。ゲーム業界はボランティアでも慈善事業でもないから、最近は日本でも予約特典が少し豪華になったのはある意味奇跡に近いものです。

「原理主義的なこだわりの強さ」に関しては、愛着や頑固が要因だけではなく、発達障害(特に『アスペルガー症候群:自閉症スペクトラム』と呼ばれるタイプ)など、その人の脳のクセや構造的な問題もあります。とはいえ、「ソニックファンは発達障害が多い」と軽率に決めつけるのはよろしくなく、どこでも見られる事象です。

ソニックに限定した話でもないですからね。

余談:「ゲーム業界は夢を売っている?」
(全く別のゲーム会社の話題ですが)「ゲーム業界は慈善事業じゃない」の補足で、ツイッターに「ゲーム会社はゲーマーやファンに夢を売っているんだから、企業トラブルや裁判などの情報を出して夢を壊すな」って主張した人がいましたっけ。

周りから「ゲーム会社に一方的な願望を押しつけるな」と総スカンを受けたのにも関わらず、無視したりトンチンカンな弁解で持論の正当性を主張など、おかしな人でしたね。

ゲーム会社のほとんどは株式会社だから、特に上場企業なら株主や世間に、利益からトラブルまでの情報を原則公開するのは、当然であり義務。別の見方をすれば、「ゲームクリエイターに人権はない。黙ってゲームだけ作っとけ!」という、人間をゲームを生み出す機械のように扱い、ゲーム会社のブラック企業化を推奨しかねない危うい意見です。

まるでお客様は神様理論を振りかざすモンスター消費者のようですし、権利問題を公開して争うのは会社の利益のみならず、「クリエイターの権利を守り、他のクリエイターへの応援にも繋がる」もの。ゲームクリエイターって響きはいいですが、実態は「技能スキル持ちの会社勤めなサラリーマン」です。

学生時代の友人にも何人か、実際にゲーム会社で働いていますが、

  • 「会社泊するために簡易ベッドを買ってきた」
  • 「納期前は深夜過ぎまで仕事してる。しんどい」
  • 「あのクソプログラマーちゃんと話聞けって思うわ。マジう○こ」

……ってLINEでグチを聞かされることはままありますし、海外でも権利関係のみならず、ゲーム会社の長時間労働が一部で問題になっています。これらの事情や苦労話を知っているからこそ、上記の綺麗事のような主張はすごく違和感のあるものでした。

この人に限らず、ゲーム業界をファンのための慈善行為だとか夢の国のような願望を抱く人は、社会人として恥ずかしくない会社の基本構造や、「ゲームは人間が作っていて、生み出した権利もある」を分かってないと、赤っ恥をかくのは知ってもらいたいもの。夢より利益を上げなくては。

こうも違う国内外のソニックファン

さらに国内外ファンの質の違いがよく分かる事例をひとつ紹介します。

ソニックはよく『ドラゴンボール』シリーズとの類似性が挙げられます。7つのカオスエメラルドとドラゴンボール、黄金に輝くスーパーソニックと超サイヤ人といった具合ですね。

海外の場合、

「スーパーソニックって超サイヤ人に似てるよね」 → 「ドラゴンボール超で『身勝手の極意』って技が出たよ!」 → 「じゃあソニックも身勝手ソニックにしちゃえ!」 → 身勝手ソニックが使えるMODが制作される → そのプレイ動画が400万再生以上を突破

なおその身勝手ソニックを使用した『ソニックマニア』のMODは下記の動画です。



一方日本だと、

「スーパーソニックって超サイヤ人に似てるよね」 → 「は? 全然似てないけど?」 → 「そもそもソニックが先だしドラゴンボールがパクってる」 → 「ドラゴンボールが先なんだけど?」 → 不毛に続く起源主張と類似性否定の口喧嘩

日本ファンのケースは昔、ニコニコ動画のコメント欄などで実際に見かけたものです。海外のファンはポジティブに受けとるどころか、ドラゴンボールめいた二次創作バトルマンガや自主制作アニメも作っているのに、日本だとネガティブな不毛な争いを繰り広げるだけなのは悲しくて仕方がない。

『ソニックCD』のアニメーションムービーはドラゴンボールのアニメスタッフが作っているんだから、仲良くすればいいのに。

「良い」ファンと 「迷惑な」ファン

『ソニック』というジャンルに限定して言っていますが、モラルやマナーが問われる視野の狭い残念な人は、どのジャンルにも一定数はいるもの。ゲームのみならず、音楽グループや芸能人のファンにもいますよね?

しかし、ソニックの場合は国内ファンの絶対数がかなり少なく、先に述べたとおり展開も絞られています。その分、彼らのような人たちが浮き彫りになりやすいのが現状で、ソニックの話題が出るとほぼ必ず一回はこのようなファンを見るレベル。

性質上、主観的な印象論になってしまい恐れ入りますが、

  • ブログやサイトを所持して情報発信する人ほど、しっかり調べる「良い」ファンが見受けられる。
  • ツイッターやネット掲示板にばかり書いている人ほど、リテラシーに乏しい「迷惑な」ファンが目立つ。

あくまで主観的な話なので一概には決めつけられませんが、このような傾向があります。

つけ足せばソニックファンよりも「セガファン」や「メガドラファン」のが、まだ節度ある人を見かける気がしますし、『アドベンチャー2』以降の日本展開ソニックしか知らない人ほど、迷惑なファンと化している印象です。実際『アドベンチャーDX(移植版)』は知っていても『アドベンチャー(オリジナル:ドリームキャスト版)』を知らないレベルの人が割といる。

裏を返せば、日本ネット・SNS上のファンにも良識ある、リテラシーを持つ人がいるのは事実ですが、かなり少数派。自分と同じく「ソニックは好きだけど、オンライン上のファンはね……」と敬遠する人もいます。

実写ソニック騒動のときのように、(結果論として良くなったとはいえ)主戦場の海外でも節操がなくイメージに固執(こしつ)するファンはいるものの、人数もコミュニティも数多く盛んなので、それほど悪目立ちはしません。だからこそ、今の日本ネット・SNS上のファンはハッキリ言って異常です。

彼らは「最近のソニックの出来や、公式の扱いかたがひどいせいだ」と言いますが、「公式のソニックの扱いかたについては同意だけど、最近のファンの民度レベル・マナー低下具合も同じかそれ以上にひどい」と返しますね。

最後に:良識ある日本ファンもいると伝えた上で

この記事はファンとしてあまり気分のよくない話でしょうが、ファンのありかたについて問題提起と、これまでバラバラに書いた記載をまとめる必要があると思い、当記事にまとめました。逆に自分と同じことを思っていて、肩身の狭い思いをする方は共感していただけるかもしれません。

自分もソニックは好きなので、だからこそ今のオンライン上における、日本ファンの目立つ振る舞いには残念に思っています。記事タイトルでは「あまり好きじゃない」とマイルドにしているものの、個人的感情や本音を言えば「今の(日本ネット・SNS上の)ソニックファンはむしろ嫌い」のほうが適切な表現です。

だからネット・SNSでもソニックの絵を載せることはあれど、海外ファンに向けた公開が多いのはそれが理由です。正直、日本のファンとはあまり関わりたくないし、するにしても上記のような「数少ない良識あるファンに限る」という感じです。

重ねるように、調べずにもしくは、エアプレイやまとめサイトの情報のみを信じ、露骨なPRやデマ拡散、作品叩き・バッシングの自己主張を繰り返すのは、ソニックに興味を持った人が悪印象を抱いたり、数少ない良識あるファンたちがさらに離れていく結果に繋がります。自戒を込めて。




『ミニ四駆超速グランプリ』の一周年記念でエアロアバンテが登場して、「そこはガンブラスターだろ!」となったのは、多分自分だけではないはず。同じ1/1実車モデルがあるし、ゲーム中に登場するマシンのラインナップを順当に考えるとね。

エアロアバンテは確かに洗練されてカッコよく、アバンテシリーズの中で一番好きだけれど、ARシャーシどころかスーパーXシャーシすらまだ未実装で、未来からいきなりタイムスリップしてきた感がある。

ガシャメダルを貯めているのは、ガンブラスターのためと言っても過言ではない。

絵描き・物書き+WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。