R-15
雑記他

二次創作,著作権,同人誌,パトロンサイト,支援サイト,権利問題,続きはFANTIA,続きはFANBOX

作家に月額などで金銭的な援助を行う支援サイト(パトロンサイト:『Fantia』『FANBOX』など)は日本でも受け入れられているようになりましたが、一方で支援サイトに二次創作物を載せるのはありなのか? ……といった意見も耳にします。


支援サイトに二次創作物を載せる是非を書いていきますが、今の二次創作のありかたをしっかり見直すのも必要なので、同人誌やグッズ販売の問題も混ぜつつ記載していきます。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


二次創作の定義と支援サイトへの掲載行為

まず定義として、二次創作はよく『二次的著作物』『二次利用』とも同一視・混同されがちですが、

  • 二次創作】権利元のデザインを元に、創作性の高いものを二次的に制作する非営利な行為。
  • 二次的著作物】スピンオフや外伝の制作(外部受注委託)、原作のアニメ・ドラマ化、内容を翻訳し書籍として出版するなどの、営利的行為。
  • 二次利用】公式画像やスクリーンショットを拝借してのコラージュ(コラ画像)、引用・転載を行うといった、創作性が低いもの。

この3つは狭義的に異なるもので、これらの定義を一緒に混ぜて考えるからややこしくなるのです(一般論として、著作権でよく問題にされるのは『二次利用』です)。

二次創作は他者のフンドシで相撲をとることと、権利者の指示や意見には素直に従うのは、いかなる場合でも必要な前提条件で、その上で権利者の意見も見て考えた結果、「支援サイトに二次創作を載せるのは(条件つきで)OK」というのが結論です。

そして否定的な意見(支援サイトはオリジナルのみで二次創作は控えるべきだなど)には、これらの論理に3点抜けた箇所があるので以下に挙げると、

  • 決めるのは権利者】問題かどうかは権利者が決めること。第三者が合法・違法といたずらに騒ぐべきではない。
  • ガイドラインの存在】権利者の創作ガイドラインを厳守した上での二次創作・支援サイトの有料記事公開は「黙認」ではなく「許可」になる。
  • 無料公開もできる】支援サイトはそれぞれ記事を無料・有料かで選べる。「支援サイト=すべて有料」は誤り。

これを踏まえて語る意見が少なかったんですよね。

確かに広義で言えば、二次創作(+で金銭を得る)は著作権上グレーですが、黒(違法)に傾けるのか、白(合法)に持っていくかは第三者ではなく権利者です。

二次創作の著作権問題は基本親告罪(権利者が訴える)である点、ほとんどの支援サイトの利用規約に、二次創作の有料記事掲載を明確に禁止する記載がないのを考えれば分かりますね。これは権利者それぞれで見解がかなり異なるためです。

ネット・SNS上の誤った著作権認識

ネット・SNS上では、このような二次創作に対して極端な意見がまかり通っているものが多く、個人的に問題だと感じています。

たとえば、ピクシブ百科事典の『クッパ姫(クッパのピーチ姫風擬人化)』記事の編集合戦が過去にあり、法律専門家の意見を引用して「ほら、クッパ姫の著作権問題はこうだよ! 同人誌やグッズ化はほぼ真っ黒の違法状態だよ!」と称した記載をした執筆ユーザーは、極端で独善的な記載をしていたワケです。

任天堂の二次創作の見解 については以下に要約すると、

二次創作(ファンアート)に関しては、各国の法令(著作権法)を参照してください。なお作られた創作物が問題のない範疇(はんちゅう)に入るかどうかは個別にお答えできません(要約)

— 任天堂 —


ポケモンで有名なゲームフリークも同じような記載になっています。 

ちなみに生前の岩田社長は2010年の質疑応答で、「社会的に見て当社の知的財産の品格・価値を貶(おとし)めるものはダメだが、かといって好意で作られたものですら取り締まるのも不適切。どう判断するかは第三者からの通報を見てから考える 」と語っています(ただ、現在では会社の認識が変わっている可能性があるのはご了承)。


これを見ても分かるように、問題かどうかは権利者が判断するもので、外野が過剰(かじょう)に反応するのは違います(かといって著作権問題を無視していいと言っているワケではありません)。先述の法律家の意見もあくまで個人的見解に過ぎないのは留意すべきです。

一昔前の『行列のできる法律相談所』でも、同じ法律専門家なのに意見・解釈の相違で対立していたほど、権利問題は専門家ですら断定的な意見をまとめられず、二次創作は100%合法で問題ない、もしくはほぼ真っ黒の違法だと決めつける言いかたこそ詭(き)弁です。

以下のような、

  • 「二次創作しても公式が何も言わなければ合法」
  • 「法律専門家がこう言っているから黒に近いグレー」
  • 「二次創作は権利者の著作物を盗んでいるから違法だし禁止しろ」

二次創作問題に合法・違法だと声高に荒げ、一法律専門家の見解を鵜(う)呑みにして主張する人のほとんどが、著作権(親告罪)、創作ガイドラインの概念・存在に無知な「知ったかぶり」か、ガイドラインが登場する以前の時代の知識で止まっている「化石さん」です。

詳細は後述しますが、著作権・ガイドラインの知識をしっかり持っていれば、そのような言葉を代弁者のように使わないはずで、日本政府も『TPP(環太平洋パートナーシップ協定)』の中で、二次創作の扱いをしっかり明記しています。だから権利者じゃないのに、このように決めつける主張をする自体がおかしいのです。

条件つきで許可するケース

なお二次創作に寛容で一定の条件で黙認ではなく「許可」をしている有名な権利者については、『艦隊これくしょん -艦これ-』『アズールレーン(アズレン)』『UNDERTALE(アンダーテール)』などが挙げられます。特に最近登場したものほど、創作ガイドラインがしっかり制定されている場合が多いです。


この3ジャンルは概ね、創作性が高い非営利の個人に限り、ファン活動として金銭のやり取り、同人活動やグッズ販売などは認められるとしています。支援サイトの有料公開にも(一部を除き)特に規定がなく、ファン活動のひとつとして容認している認識で現状問題ありません。

アズレンは「創作性が高く権利者を脅かす利益を出さず、かかった人件費・制作費程度なら、金銭のやり取りはやってもいい」とし、UNDERTALEも「支援サイトはUNDERTALE専用アカウントは禁止。でも数多くの二次創作を描き、その中のジャンルのひとつとしてならOK」と具体例を掲示しています。

また非営利の表記に関しては定義が曖昧(あいまい)ですが、法人として他の一般雑誌のような大量生産や、それをビジネスにして衣食住を完全にまかなえるほどのお金を稼がない行為という認識でいいと思います。

従来どおりの黙認ケース

逆に厳しいガイドラインを設けるのは、『SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)シリーズ』『サンライズ』『VOCAROID(ピアプロ:初音ミクなど)』などですね。


グリッドマンは創作性が高い二次創作および、同人活動も個人活動の範疇(はんちゅう)で認めていますが、支援サイトでの運用・公開は、過去に支援サイト有料記事への禁止通告があった事例から、原則禁止とみなされている認識です(正確には、後述するような問題ユーザーが通報したことが原因とされています。詳しくは「GRIDMAN Fantia」で検索してください)。

サンライズはもっと厳しく、二次創作のネット掲載は許可がない限り禁止扱いと、かなり厳格なガイドラインを設けています。ピアプロは無料の場合、ライセンス表記は努力義務ですが、金銭のやり取りが少しでも発生した場合、お問い合わせで連絡をしなければなりません。

他にも小学館や芳文社など、大手商用マンガ各社の二次創作については、作者次第とされている場合がありますが、そのほとんどが原則禁止という表記になっています。ただ、これらの規約はネット・SNSが大幅に普及する20年近く前から、記載がほとんど変わっていないようで、あくまでも悪質な場合に限るというニュアンスであり、『二次利用』規制のニュアンスが強いようです。


ゆえにこれらは従来どおり「ファンアートは多い・もしくは好意だから何も言っていないだけ(黙認)」になり、上述した任天堂作品やポケモンについては、実質的に創作ガイドラインがあってないようなモノなので、分類としてはこちらに近いです。

支援サイトでこれらのジャンルを有料で載せるのはトラブルの元になりかねませんから、無料公開で載せるか、支援サイトへの掲載を控えましょう。もし違反として忠告された場合は、素直に従う必要があります。

政府による二次創作の認識

政府(内閣官房)の発表では、

故意による商業的規模の著作物の違法な複製等を非親告罪とする。ただし、市場における原著作物等の収益性に大きな影響を与えない場合はこの限りではない。(原文ママ)

内閣官房|環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)の概要 |(PDF書類)(31ページ目に記載) —

【第十八・六十五条制限及び例外】各締約国は、この節の規定について、排他的権利の制限又は例外を著作物、実演又はレコードの通常の利用を妨げず、かつ、権利者の正当な利益を不当に害しない特別な場合に限定する。(原文ママ)

内閣官房|TPP協定(訳文)|(PDF書類)(65ページ目に記載) —


と、このように明記されています。

二次創作と著作権を持ち出して、合法・違法、黒に近いとネット・SNSで主張する人ほど、知らない可能性が高いでしょう。マンガ・音楽・映画などのコピー品や違法ダウンロード行為(二次利用)が近年問題にされてきたから、「じゃあ二次創作も問題だよね?」と、論理を飛躍して騒いでいるだけです。

上記公式文章を見れば分かるように、権利元の著作権侵害の適用は商用物の海賊版・無断転載などが中心で、それに二次創作が巻き込まれないよう、創作ガイドラインを制定する著作物が多く生まれているワケですからね。

そして重ねますが『二次創作』の見解です。『二次的著作物』『二次利用』ではありません。

補足:「公序良俗に反する行為」はエロ(R-18)禁止?

しかし一定の条件で二次創作を許可を示す公式でも、公序良俗(りょうぞく)に反する行為は禁止であると明記されています。

よく誤解されるのが、「公序良俗に反する行為=セクシャル表現禁止」ではありません。ただし性的表現が含まれるものと併記がある場合は禁止にあたる可能性があります(心配な場合は規約をよく読み節度を守った上で、権利元へ問い合わせるのがいいかもしれません)。

特に併記がない場合、グロテスク表現の場合は度合い(四肢寸断といった悲惨な表現など)によって公序良俗に引っかかる恐れがありますが、セクシャル表現は性器の黒塗りやモザイクなどの修正を施せば、原則みなされないとされるのが通説のようです。

ネット・SNS上における否定意見の問題点

上述のように、ネット・SNSでは様々な否定的意見を見かけますが、「権利元にもお金を入れないとダメ」「百歩譲ってやるにしても権利者の敬意は忘れるな」といった、筋が通った意見は少数派。

ほとんどはロジック(論理)やエビデンス(論拠)が伴っておらず、著作権の認識や二次創作の定義が曖昧(あいまい)だったり、ガイドラインの存在を無視している意見が多く占めているんですね。

  • 二次創作は違法行為だ」「支援サイトの二次創作を禁止しろ」 → 法律問題で理論武装するがほとんど言いがかりで、実際は著作権にそれほど詳しくない疑惑あり。
  • 著作権って知ってる?」「権利者の気持ちも考えろ!」 → こちらも著作権知識が曖昧で、ガイドライン・TPPの存在どころか、二次創作・二次的著作物・二次利用を混同している可能性も。
  • 二次創作に見返りを求めるべきではない」「支援サイトはオリジナルでやれ」 → それは創作の多様性を否定し、ちゃんと調べずに個人の勝手な思い込みや考えかたを押し付けているだけ。
  • じゃあ俺もネットに転がってた二次創作を勝手にグッズにするけどいいよね?」 → ただ極論で煽(あお)りたいだけの人。愉快犯。

最後のはおつむが弱い可哀想な人なので論外として、お金のやり取りって原則、双方が納得・信頼して成立するものですから、たとえ趣味でも払う価値があるなら払うもので、合法違法は何度も言うように、それを決めるのは権利者で第三者がとやかく言うものではありません。

これらの意見を出すのは、先述のように偏った知識、古い認識で止まっているか、いわゆる『嫌儲(けんもう)』と呼ばれる人たちですね。本来の定義では、5ch転載や偏向(へんこう)的な抜き出しを行い、アフィリエイト(広告収入)で金稼ぎするブログに嫌悪感を示すスラングです(次第にネット広告収入自体を批難する論理のすり替えが起きていますが……)。

ただ当記事の定義では文字どおり、とにかく相手のやりかたにケチつける小姑(こじゅうと)みたいな「儲」けるのを「嫌」う人を指します(ので念のため)。

このような人たちって、

  • 「無料が当然(若い人ならいわゆる『タダ・ネイティブ世代』)」
  • 「お金は卑(いや)しいもので儲けるのは悪いこと」
  • 「楽に稼ぐのは許されない行為」
  • 「金銭は自力で汗水を流す苦労から得るべきだ」

といったような、誤った日本教育・風潮から生まれた刷り込みが強いのでしょう。歪んだ認知、悪く言えば「洗脳」が彼らの主張を錯綜(さくそう)させている節があり、重ねるように二次創作・二次的著作物・二次利用を混同している可能性があります。


正直、「権利者を守れ」や「二次創作で金を取るのは違法だ」と主張する割には、公式見解の無視や偏った知識・認識で語るあたり、ただ単に権利者へ自己投影(一方的な被害者意識)をした「俺が気に入らないから」なんですよね。正しい著作権認識やガイドラインを知っているなら、権利者の代弁者気取りはしないハズ。

そこからアニメ・ゲームの公式絵やスクリーンショットを撮ったようなキャラクターアイコンや、コラ画像を日常的に使う二次利用行為の数々。またはそういったアカウントのツイートを喜々していいね・リツイートなどをやっていたら、ただのギャグ。

悪質な場合、公式のSNSなどでお問い合わせや通報行為を行って、創作活動を萎縮(いしゅく)させようとする人もいます。しかしそれは、「俺は正しいことをやっている」と自己欲求・承認欲求を満たすような、ネットスラングでいう『正義マン』と変わらないものです。

結局何が言いたいかというと、権利者の代理人や裁定者を気取って騒ぐ人たちのほとんどは、コンビニやスーパーで見かける悪質クレーマーと同じ。「合法・違法は権利者しか決められない」「二次創作は何かを知り、ルールと節度を守ってガイドライン厳守」で活動しているのなら、基本的に無視してもいいということです。

絵描き(クリエイター)側の問題点

とはいえ絵描き(クリエイター)側も、二次創作や権利者への定義・権利問題の意識が低く、ガイドライン無視といった無知のまま行動する人が少なくないのは事実です。そういった考えかたが高じた結果のひとつが『ドラクエ花札騒動』ですからね。


上記の騒動は「二次利用(トレース行為)なのに、二次創作を拡大解釈した問題行動」で済んだものの、仮にそれで権利者に向かって権利を声高に主張しはじめたり、権利元の収益を脅かすレベルのお金稼ぎへと発展したら、看過できるものではありません。

中には権利元の意向を無視するのみならず、明確な根拠がないマイルールを「これが正しい認識だ」とネット・SNSなどで流布させ、それを信じてしまうクリエイター同士の図式も見られます。これは非常に由々しき問題です。

たとえば、

  • 赤字だからOK?】「同人誌は赤字でやるからいいけど、支援サイトや同人CG集、有料リクエスト(コミッション)は利益になるからダメ」
  • 好きだからは免罪符?】「この作品やキャラクターが好きだから、どんな二次創作を描いても、有料行為も権利元の応援だからOK」

これらも否定派と同様、明らかに主観的な独自解釈でしかなく、客観的なロジックもエビデンスも伴っていません。一体なんの権限を持って、そう堂々と主張しているのかが不思議です。

支援サイトを覗いても、「君さ、本当に権利元の創作ガイドラインを確認して有料記事にしているの?」と言いたくなるクリエイターが実際に何人もいますし、pixivに創作ガイドライン不明確な二次創作絵をサムネイル公開して、「全部見たければ有料記事を見てね」「続きはFANBOXで」などと言う人は自分もどうかと思う。

これは権利元のみならず、ガイドラインを守る二次創作の絵描きにも迷惑をかけかねないもので、ネット・SNS上に掲載するとはどういうことなのか、そこの認識も甘く感じますね。

なぜTPP条例で例外項目が設けられたのか、ガイドラインを制定している権利元があるのか……主張するならば、ちゃんと考えてから意見してほしいものです。二次創作のリスクなどについては以下にまとめましたので、併せてご参照ください。



著作権やガイドラインを分かっていない人は、否定・肯定関係なく、自己本位のごう慢にしかならないということでしょう。意見・指摘に「俺に意見するな」と拒絶して極端な持論を正当化したり、「そこまで詳しくないし」と開き直って自省しないケースが目立つのも印象的です。

まとめ:もし支援サイトで二次創作を載せるなら?

以上の点を踏まえ、もしFANBOXやFantiaなどで二次創作(特に有料記事)を載せる場合は、

  • ガイドライン必読】「権利元の二次創作ガイドラインを熟読した」上で、有料絵・有料記事にするか考える(不明確・存在しない・禁止している版権はトラブルの原因になるので、無料記事にするか、そもそも支援サイトに載せない)。
  • 偏らせない】オリジナルを入れたり複数の二次創作ジャンルを入れるなど、二次創作限定アカウント・特定の版権専用としての運用を避ける。
  • 認識の明記】創作ガイドラインを厳守して活動し、問題があった場合は素直に権利者へ従う旨を必ず明記する。
  • 稼ぎすぎない】プラン上限数を設けるなどの対策を入れる。

以上の点を明確に行い、得たお金は個人の活動費、制作の人件費程度に留めるのは忘れてはなりません。これは支援サイトのみならず、同人誌やCG集、有料リクエスト(コミッション)などにも言えることです。

何度も繰り返すように、二次創作(支援サイトの有料公開)の権利問題は権利者が判断するもの。ネット・SNS上に散らばる、合法・違法・ほぼ真っ黒だのと一方的に決めつける人たちは、

  • 浅はかな受け売り】ネットで聞きかじったような法律専門家などの一意見を、自分の言葉や総意のように語るだけの極論。
  • 拡大解釈】海賊版・無断転載などの二次利用問題を拡大解釈して野次を言っている、偏見(へんけん)・知ったかぶり・化石レベルの知識。
  • 二次創作警察】権利者の見解や正しい著作権認識より「俺が気に入らないから」と、自分に都合のいい情報ばかりを調べて『二次創作警察』とも言える、権利者の代弁者気取りをしている。
  • 勝手なマイルール】ちゃんと権利元の見解について調べずに、ロジックもエビデンスも乏しい勝手なマイルールで線引きし、あたかも「正しい見解」として拡散させる。
  • 定義の混同】二次創作・二次的著作物・二次利用の定義を混同している。

特にツイッターでは(匿名だからか)主張がエスカレートし、立場関係なく行き過ぎな部分も多々あります。

なお、そのユーザーが外国人で海外サーバー発信だった場合、日本と海外では、著作権の認識が異なる点を理解されたほうがいいです。先の任天堂の見解でも「各国の」と書かれているとおり、アメリカだと「二次創作は公式ユニバース(世界観)のひとつ」と考えられているそうです。

海外発のペイントソフト、お絵かきツールの紹介でバットマンやアイアンマンが描かれているのは、そういった理由だと考えられます。支援サイトにおける二次創作の是非を考える場合、日本のものさしで考えず、そこも踏まえましょう。

とはいえ、各国の著作権事情を考慮したとしても、二次創作は他者のフンドシで相撲をとるもの。権利者への配慮・敬意は忘れず、しっかりと創作ガイドラインを熟読してルールを守り行動し、何かしらの指示があった場合は素直に従うのに変わりありません。

なお自分も支援サイトには二次創作を多く載せていますが、有料記事はすべて「オリジナルか、創作ガイドラインを厳守したジャンルのみ」で、それ以外は基本的に無料公開のスタンスをとっています。


仕事上では『WEBデザイナー』としてやってるんだけれども、デザイン制作からコーディング、SEO対策、Sass(SCSS)の活用、PHP動的サイトの制作、イラスト制作など、「イラストレーターでフロントエンドもやるWEBデザイナー」と化しているんだよね自分。

そしてブログでは絵も描くし記事も書く(仕事でも記事執筆している)から、「イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナー」という肩書きに。バックエンドまでは無理かなぁ……そこまで頭がよくないから。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。