R-15
雑記他

雑記

作家に月額などで金銭的な援助を行う支援サイト(パトロンサイト:『FANBOX 』や『Fantia 』など)が、日本でも受け入れられているようになりましたが、一方で支援サイトに二次創作物を載せるのはありなのか? ……といった意見も耳にします。

中には同人誌やグッズ販売で二次創作をする人たちを「自力で稼げない寄生虫」と言わんばかりに、心ない言葉を投げつける人も多々見られます(ただこの理屈だと、同人上がりのプロや海外イラストレーターたちの侮辱〈ぶじょく〉になりますね。著作権の話ではなく実力の問題にすり替わってますし)。

支援サイトに二次創作物を載せる是非を書いていきますが、今の二次創作のあり方をしっかり見直すのも必要なので、そちらも交えて記載していきます。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


支援サイト(パトロンサイト)に二次創作を載せるのはありなのか?

まず定義として、二次創作は「権利元のデザインを元に、創作性の高いものを二次的に制作する非営利な行為」を指し、他者のフンドシで相撲を取ることと、権利者の指示や意見には素直に従うのは、いかなる場合でも必要な前提条件です。

その上で権利者の意見も見て考えた結果、「支援サイトに二次創作を載せるのは(条件付きで)OK」というのが結論です。よく『二次的著作物』『二次利用』とも同一視・混同されがちですが、

  • 二次創作】権利元のデザインを元に、創作性の高いものを二次的に制作する非営利な行為。
  • 二次的著作物】スピンオフや外伝の制作(外部受注委託)、原作のアニメ・ドラマ化、内容を翻訳し書籍として出版するなどの、営利的行為。
  • 二次利用】公式画像やスクリーンショットを拝借してのコラージュ(コラ画像)、画像の引用・転載を行うといった、創作性が低いもの。

この3つは狭義的に異なるもので、これらの定義を一緒に混ぜて考えるからややこしくなるのです(一般論として、著作権でよく問題にされるのは『二次利用』です)。

そして否定的な意見(支援サイトはオリジナルのみで二次創作は控えるべきだなど)には、これらの論理に3点抜けた箇所があるので以下に挙げると、

  • 問題かどうかは権利者が決めること。第三者が合法・違法といたずらに騒ぐべきではない。
  • 権利者の創作ガイドラインを厳守した上での二次創作・支援サイトの有料記事公開は「黙認」ではなく「許可」になる。
  • 支援サイトはそれぞれ記事を無料・有料かで選べる。「支援サイト=全て有料」は誤り。

これを踏まえて語る意見が少なかったんですよね。

確かに広義で言えば、二次創作(+で金銭を得る)は著作権上グレーですが、黒(違法)に傾けるのか、白(合法)に持っていくかは第三者ではなく権利者です。

二次創作の著作権は基本親告罪(権利者が訴える)である点、ほとんどの支援サイトの利用規約に、二次創作の有料記事掲載を明確に禁止する記載が無いのを考えれば分かりますね。これは権利者それぞれで見解がかなり異なるためです。

『クッパ姫(クッパのピーチ姫風擬人化)』のピクシブ百科事典記事でもこの辺りの編集合戦が過去にあり、法律専門家の意見を持ってきて「ほら、クッパ姫二次創作の著作権問題はこうなんだよ! 同人誌やグッズ化はほぼ真っ黒の違法状態だよ!」と言わんばかりの記載をした執筆ユーザーは、著作権に対して独善的で偏(かたよ)った知識を持っていたのが分かります。

なお任天堂の二次創作の見解 については以下に要約すると、

二次創作(ファンアート)に関しては、各国の法令(著作権法)を参照してください。なお作られた創作物が問題の無い範疇(はんちゅう)に入るかどうかは個別にお答えできません(要約)

— 任天堂 —


ポケモンで有名なゲームフリークも同じような記載になっています。 

ちなみに生前の岩田社長は2010年の質疑応答で、「社会的に見て当社の知的財産の品格・価値を貶(おとし)めるものはダメだが、かといって好意で作られたものですら取り締まるのも不適切。どう判断するかは第三者からの通報を見てから考える 」と語っています(ただ、現在では会社の認識が変わっている可能性があるのはご了承)。


これを見ても分かるように、問題かどうかは権利者が判断するもので、外野が過剰(かじょう)に反応するのは違います(かといって著作権問題を無視していいと言っているワケではありません)。先述の法律家の意見もあくまで個人的見解に過ぎないのは留意すべきです。

一昔前の『行列のできる法律相談所』でも、同じ法律専門家なのに意見・解釈の相違で対立していたほど、権利問題は専門家ですら断定的な意見をまとめられず、二次創作は100%合法で問題ない、もしくはほぼ真っ黒の違法だと決めつける言い方こそ詭(き)弁です。

以下のような、

  • 「二次創作しても公式が何も言わなければ合法」
  • 「法律専門家がこう言っているから黒に近いグレー」
  • 「二次創作は権利者の著作物を盗んでいるから違法だし禁止しろ」

二次創作問題に合法・違法だと声高に荒げ、一法律専門家の見解を鵜(う)呑みにして主張する人のほとんどが、著作権(親告罪)、創作ガイドラインの概念・存在に無知な「知ったかぶり」か、ガイドラインが登場する以前の時代の知識で止まっている「化石さん」です。

詳細は後述しますが、著作権の知識をしっかり持っていれば、そのような言葉を代弁者のように使わないはずで、日本政府も『TPP(環太平洋パートナーシップ協定)』の中で、二次創作を原則非親告化しないと明記しています。だから権利者じゃないのに、このように決めつける主張をする自体がおかしいのです。

条件付きで許可しているケース

なお二次創作に寛容で一定の条件で黙認ではなく「許可」をしている有名な権利者については、『艦隊これくしょん -艦これ-』や『アズールレーン(アズレン)』『UNDERTALE(アンダーテール)』などが挙げられます。特に最近登場したものほど、創作ガイドラインがしっかり制定されている場合が多いです。


この3ジャンルは概ね、創作性が高い非営利の個人に限り、ファン活動として金銭のやり取り、同人活動やグッズ販売などは認められるとしています。支援サイトの有料公開にも(一部を除き)特に規定がなく、ファン活動の一つとして容認している認識で現状問題ありません。

アズレンは「創作性が高く権利者を脅かす利益を出さず、かかった人件費・制作費程度なら、金銭のやり取りはやってもいい」とし、UNDERTALEも「支援サイトはUNDERTALE専用アカウントは禁止。でも数多くの二次創作を描き、その中のジャンルの一つとしてならOK」と具体例を掲示しています。

また非営利の表記に関しては定義が曖昧(あいまい)ですが、他の一般雑誌のような大量生産や、それをビジネスにして衣食住を完全にまかなえるほどのお金を稼がなければ、営利行為と認められないと考えましょう。

従来どおりの黙認ケース

逆に厳しいガイドラインを設けるのは、『SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)』や『サンライズ』などですね。


グリッドマンは創作性が高い二次創作および、同人活動も個人活動の範疇(はんちゅう)で認めていますが、支援サイトでの運用・公開は、過去に支援サイト有料記事への禁止通告があった事例から、原則禁止とみなされている認識です。サンライズはもっと厳しく、二次創作のネット掲載は許可がない限り禁止扱いです。

他にも小学館や芳文社など、大手商用マンガ各社の二次創作については、作者次第とされている場合がありますが、そのほとんどが原則禁止という表記になっています。

ただ、これらの規約はネットが大幅に普及する20年近く前から、記載がほとんど変わっていないようで、あくまでも悪質な場合に限るというニュアンスであり、二次利用であって二次創作ではないし、同人誌を規制しているわけではない、またはごく普通のファンアートなら問題ないという編集部や作者の意見も。


故にこれらは従来どおり「ファンアートは多い・もしくは好意だから何も言っていないだけ(黙認)」になり、上述した任天堂作品やポケモンについては、実質的に創作ガイドラインがあって無いようなモノなので、分類としてはこちらに近いです。

支援サイトでこれらのジャンルを有料で載せるのはトラブルの元になりかねませんから、無料公開で載せるか、支援サイトへの掲載を控えましょう。もし違反として忠告された場合は、素直に従う必要があります。

「公序良俗に反する行為」はエロ(R-18)禁止?

しかし一定の条件で二次創作を許可を示す公式でも、公序良俗(りょうぞく)に反する行為は禁止であると明記されています。

よく誤解されるのが、公序良俗に反する行為=エロ禁止ではありません。ただし性的表現が含まれるものと併記がある場合はエロは禁止になります(心配な場合は規約をよく読み節度を守った上で、権利元へ問い合わせるのがいいかもしれません)。

特に併記がない場合、グロ表現の場合は度合い(四肢寸断といった悲惨な表現など)によって公序良俗に引っかかる恐れがありますが、エロは性器の黒塗りやモザイクなどの修正を施せば、原則みなされないとされるのが通説のようです。

否定的な意見を分析すると…?

上述のように、ネットでは様々な否定的意見を見かけますが、「権利元にもお金を入れないとダメ」「百歩譲ってやるにしても権利者の敬意は忘れるな」といった、筋が通った意見は少数派。

ほとんどの否定派の主張を分析するならば、

  • 二次創作は無料でやるべき」「支援サイトの二次創作を禁止しろ」 → 法律問題を御託を並べ、要は趣味ごときで金取るなというやっかみ(言いがかり)。実際は著作権にそれほど詳しくない疑惑あり。
  • 著作権って知ってる?」「権利者の気持ちも考えろ!」 → こちらも著作権知識が曖昧で、TPP規約や創作ガイドラインの存在どころか、二次創作・二次的著作物・二次利用を混同している可能性も。
  • じゃあ俺もネットに転がってた二次創作を勝手にグッズにするけどいいよね?」 → ただ極論で煽(あお)りたいだけの人。愉快犯。

最後のはおつむが弱い可哀想な人なので論外として、お金のやり取りって原則、双方が納得・信頼して成立するものですから、たとえ趣味でも払う価値があるなら払うもので、合法違法は何度も言うように、それを決めるのは権利者で第三者がとやかく言うものではない。

これらの意見を出すのは、先述のように偏った知識、古い認識で止まっているか、いわゆる『嫌儲(けんもう)』と呼ばれる人たちですね。本来の定義では、5ch転載や偏向(へんこう)的な抜き出しを行い、アフィリエイト(広告収入)で金稼ぎするブログに嫌悪感を示すスラングです(次第にネット広告収入自体を批難する論理のすり替えが起きていますが……)。

ただ当記事の定義では文字どおり、とにかく相手のやり方にケチつける小姑(こじゅうと)みたいな「」けるのを「」う人を指します(ので念のため)。

このような人たちって、

  • 「無料が当然(若い人ならいわゆる『タダ・ネイティブ世代』)」
  • 「お金は卑(いや)しいもので儲けるのは悪いこと」
  • 「金銭は汗水を流す苦労から得るべきだ」

といったような、誤った日本教育・風潮から生まれた刷り込みが強いのでしょう。歪んだ認知、悪く言えば「洗脳」が彼らの主張を錯綜(さくそう)させている節があり、重ねるように二次創作・二次的著作物・二次利用を混同している可能性があります。

正直、「権利者を守れ」や「二次創作は違法だ」と主張する割には、公式見解の無視や偏った知識・認識で語る辺り、ただ単に権利者へ自己投影(一方的な被害者意識)をした「俺が気に入らないから」なんですよね。正しい著作権認識やガイドラインを知っているなら、権利者の代弁者気取りはしないハズ。

そして否定派のみならず、「二次創作は合法」と敬意や権利意識を無視した楽観視、擁護(ようご)行為も問題で、そういった考え方が高じた結果が、『ドラクエ花札騒動 』ですからね。


上記の件は「二次利用(トレース行為)なのに、二次創作を拡大解釈した問題行動」で済んだものの、仮にそれで権利者に向かって権利を主張しはじめたり、収益を脅かすレベルのお金稼ぎへと発展したら、看過できるものではありません。

著作権やガイドラインをしっかり分かっていない人は、擁護派だろうが否定派だろうが結局、自己本位で傲(ごう)慢にしかならないということでしょう。

政府による二次創作の認識

政府(内閣官房)の発表では、

故意による商業的規模の著作物の違法な複製等を非親告罪とする。ただし、市場における原著作物等の収益性に大きな影響を与えない場合はこの限りではない。(原文ママ)

内閣官房|環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)の概要 |(PDF書類)(31ページ目に記載) —

【第十八・六十五条制限及び例外】各締約国は、この節の規定について、排他的権利の制限又は例外を著作物、実演又はレコードの通常の利用を妨げず、かつ、権利者の正当な利益を不当に害しない特別な場合に限定する。(原文ママ)

内閣官房|TPP協定(訳文)|(PDF書類)(65ページ目に記載) —


と、このように明記されています。

二次創作と著作権を持ち出して、合法・違法、黒に近いとネット・SNSで主張する人ほど、知らない可能性が高いでしょう。海賊版やマンガ・音楽・映画などの違法ダウンロード行為が近年問題にされてきたから、「じゃあ二次創作も問題だよね?」と、論理を飛躍して騒いでいるだけです。

上記公式文章を見れば分かるように、権利元の著作権侵害、著作権法の非親告罪(権利者が訴えなくても検挙できる)の適用は、商用物の海賊版・無断転載・違法アップロードが中心で、それに二次創作が巻き込まれないよう、創作ガイドラインを制定する著作物が多く生まれているワケですからね。

そして重ねますが『二次創作』の見解です。『二次的著作物』『二次利用』ではありません。


結局何が言いたいかというと、裁定者のように騒ぐ人たちのほとんどは、コンビニやスーパーで見かける悪質クレーマーと同じレベル。「合法・違法は権利者しか決められない」「二次創作は何かを知りガイドライン厳守」で活動しているのなら、(一部の的確な意見、権利者の規約・通達以外は)無視してもいいということです。

まとめ:もし支援サイトで二次創作を載せるなら?

以上の点を踏まえ、もしFANBOXやFantiaなどで二次創作(特に有料記事)を載せる場合は、

  • 「権利元の二次創作ガイドラインを熟読した」上で、有料絵・有料記事にするか考える(不明確・存在しない・禁止している版権はトラブルの原因になるので、無料記事にするか、そもそも支援サイトに載せない)。
  • オリジナルを入れたり複数の二次創作ジャンルを入れるなど、二次創作限定アカウント・特定の版権専用としての運用を避ける。
  • 創作ガイドラインを厳守して活動し、問題があった場合は素直に権利者へ従う旨を必ず明記する。
  • プラン上限数を設けるなどして、稼ぎすぎない。

以上の点を明確に行い、得たお金は個人の活動費、制作の人件費程度に留めるのは忘れてはならないでしょう。


しつこいですが、二次創作(支援サイトの有料公開)の権利問題は権利者が判断するもの。ネット・SNS上に散らばる、合法・違法・グレーどころかほぼ真っ黒だのと一方的に決めつけるような人たちは、

  • ネットで聞きかじったような法律専門家の一意見を自分の言葉のように語っていたり、御託を並べただけの極論。
  • 海賊版・無断転載などの問題で認知が広がったから野次を言っているだけの、偏見(へんけん)・知ったかぶり・化石レベルの知識。
  • 創作ガイドラインの存在や、TPP公式資料の著作権項目の記載をよく知らない。
  • 権利者の見解や正しい著作権認識より「俺が気に入らないから」と、一方的な感情と独善的な正義感で、『二次創作警察』とも言える権利者の代弁者気取りをしている。
  • 二次創作・二次的著作物・二次利用の定義を混同している。

特にツイッターでは(匿名だからか)主張がエスカレートし、行き過ぎな部分も多々あります。

悪質な場合だと、公式のSNSなどでお問い合わせや通報という名の強要行為を行い、運営へ釘を差して創作活動を萎縮(いしゅく)させようとするユーザーもいます。ここまで読んでいただければ、その行動は叩きたいだけの自己中心的な悪質クレーマーか、ネットスラングでいう『正義マン』でしかないとご理解いただけるかと思います。

ただ、支援サイトを覗くと「君さ、本当に権利元の創作ガイドラインを確認して有料記事にしているの?」と言いたくなる絵描きがいるのも事実。pixivに創作ガイドラインが不明確な二次創作絵をサムネイル公開し、「全部見たければ有料記事を見てね」みたいなことをする人。あれは自分もどうかと思う。

なおそのユーザーが外国人で海外サーバー発信だった場合、日本と海外では、著作権の認識が異なる点を理解されたほうがいいです。先の任天堂の見解でも「各国の」と書かれているとおり、アメリカだと著作権の定義がゆるく、「二次創作は公式ユニバース(世界観)のひとつ」と考えられているそうです。

海外発のペイントソフト、お絵かきツールの紹介でバットマンやアイアンマンが描かれているのは、そういった理由だと考えられます。支援サイトにおける二次創作の是非を考える場合、日本のものさしで考えず、そこも踏まえましょう。

とはいえ、各国の著作権事情を考慮したとしても、二次創作は他者のフンドシで相撲を取るもの。権利者への配慮と敬意は忘れず、しっかりと創作ガイドラインを熟読してルールを守り行動し、何かしらの指示があった場合は素直に従うのに変わりありません。

それを理解した上で運用し、支援サイトでの交流を楽しみたいものですね。

なお自分も支援サイトには頻繁に二次創作を載せていますが、有料記事は全て「年齢制限要素があるオリジナルもしくは、創作ガイドラインを厳守したジャンルのみ」で、全年齢・R-12程度は全て無料公開するスタンスを取っています。ご参考に。

余談:「続きは支援サイトで」はウザい?

「続きは支援サイトで」と、有料記事前提での投稿公開は不愉快に思う方が少なくないですから、「ちゃんとガイドラインを読んで有料記事にしているのか」の補足として記載しておきます。

こちらの問題も、「権利元のガイドラインを守って利益侵害をせず、支援サイトの規約に従っているのなら、『続きは支援サイトで』は決してダメではない」もので、原則問題ありません。無料が当然の考え方は誤った日本教育・風潮の刷り込みだと、先に記載したとおりです。

しかしながら、

  • 絵の内容を小出しにしすぎていて、もはやサンプル紹介と化している(なのにも関わらず、その旨がタイトルに全く書かれていない)。
  • 有料記事を見るために必要な金額が概要欄に未記載で、いくらかかるのかが非常に分かりにくい。
  • 投稿された画像サイズが小さすぎるなど、無料閲覧ではまともに見られない。明らかに有料記事を見させる前提の投稿になっている。

これらの不親切要素は反感を買う元であり、不愉快と思われてしまうのは理解できます。これは規律やルールというより「絵描きのモラルの問題」です(二次創作のみならず、オリジナルも同様)。

規約やルール厳守は当然で、創作ガイドラインを守っていない場合は論外。しかしそれと同時に、閲覧側との信頼関係を損なう露骨な誘導行為は、仮に問題がなくても不快感を抱かせかねないものです。

このような絵描きほど「二次創作は好きなものを描けばいいじゃん」と考えが甘かったり、普段から無断転載(アップロード)禁止の主張する場合も少なくなく、他者より自己権利を優先しがち。好きなジャンルを好きに描いて権利主張や益を得る前に、まずはこれらの配慮や考えも忘れてはなりません。

ある意味では大変おこがましく失礼な行為ですし、同じ絵描きでもこのようなタイプは好感を抱きませんね。

自分も自作絵は海外サイトによく転載されるけど、アクセスアップや宣伝、海外勢コメントなどでメリットしか感じない。ウソ投稿対策なら絵にサインでも入れればいいし、アイコン利用も「オリジナルや仕事絵じゃないしね」の認識。「二次創作で権利主張するな」とは言わないけど、二次創作のボーダーラインを引けない絵描きはダメだと思うね。

仮にルールを守っていても、露骨で不親切な誘導行為は嫌われてしまうことを、自戒を込めて考えるべきでしょう。有料とは「興味を持った方がわざわざお金を払っていただく」もので、それを告知も値段表記もなく、払うことを強制するかのような見せ方は、「商売意識」で考えればあまり褒められた行為ではありません。

自分も投稿の中で、特殊差分(裸体表現など)のサンプルを紹介することはありますが、

  • 有料記事の特殊差分はあくまでも、「任意のおまけ」の立ち位置として扱う。
  • 有料記事を見るのに必要な金額は、しっかり概要欄に明記。
  • 無料でも横幅1000pxサイズで公開する。
  • ブログの投稿では値段のみならず、さらに「有料記事」だとタイトルに表記。
  • そもそも有料記事に掲載する絵は、創作ガイドラインを厳守しているものだけ【ここ重要】

「無料が当然」というモンスター消費者のような思想も問題ですが、「見たいのか? なら金払え」と露骨に迫るのも考えものです。

この辺りの認識をよく分からないまま支援サイトを活用する絵描きが多いというか、「なんか慣例っぽいから、見聞きしたそれっぽいことをやったり書いたりして、従っているだけ」が目立つんですよね。やるからにはちゃんと考えて行動しましょう。


DCアメコミドラマ『フラッシュ』のシーズン4でシスコが「(フシギダネは)めちゃくちゃかわいいんだ!」と言っているの最高に好き。

シーズン2まで「幸せの肉」Tシャツとか、よく分からない日本語Tシャツを着ていて癒やし要素だったのに、物語の展開上仕方がなかったとはいえ、シーズン3前半までのバリー(フラッシュ)との険悪ムードや話が暗すぎたから、その反動もあるかもね。

確かにフシギダネは可愛い。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。