R-15
雑記他



実体験……とまで言わなくても、通販(Amazonや楽天など)やアプリストア(AppストアやGoogle Playストアなど)のレビューは信用できないというかレベルが低いというか、そのような低俗(ていぞく)でひどい内容を見たことある人は多いと思います。

レビューの定義というと、『Re-view(再度見直す=再考)』と語源の話になりそうなので、慣用的な意味になる「対象を評価する」として、書き進めていきます。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


日本のネットにはひどいレビュー・コメントがあふれている

正直、再現ですら書き起こすのは嫌気が差すものの、代表的な質の低いレビューを列挙します。

  • 迅速丁寧な対応ありがとうございました」 → それ「商品」のレビューじゃないよね?
  • 早く届きました。また利用したいです」 → これも「店の評価」で、「商品の評価」じゃない。
  • 〇〇は素晴らしい。〇〇と言ってる奴はアホ」 → 褒める自体は悪いことじゃないけど、褒めすぎも考えもの。相反対象を貶(おとし)める文面の必要性は?
  • ここの出品者は詐欺です!」 → レビューじゃなくお問い合わせ欄に書こうか。
  • (安かったから買ったけど)1年使ったら壊れました」 → 安物で1年使えれば儲けもんでしょう。『安かろう悪かろう』って言葉があるし、商品をプラチナか金のように永久不変だと思っていない?
  • 〇〇と言われているからクソ」 → 「言われているから」って、つまり自分はやってないんだよね?
  • 〇〇の操作がゴミだったのでアンインストールしました」 → ひとつでもダメな要素があれば全てゴミって極端だよね。わざわざ強い言葉を使って自己主張する意味も分からない。
  • 広告(CM)多すぎ。利用者のことも考えろ」 → もし課金で消せる仕様なら、払ったら解決するんでしょ? 貧乏根性丸出しではなかろうか。
  • さっさと返金しろクソ運営」 → それレビューじゃなくてただのグチ。掲示板か何かと勘違いしているの?
  • 課金が露骨。企業は金儲けしか考えてないのが見える」 → そう思うなら、建設的に改善点を述べればいい話。程度はともかく「お金儲けは悪」は間違った日本教育だし慈善事業じゃないのに、なぜ喧嘩腰なの?

見たことある人も多いでしょうが、本当に吐き気のするというか、よくもまあ「一体どんな義務教育を受けたら、こんな文章書けるの?」って内容が多いですよね。低評価のみならず、高評価の絶賛・盲信レビューであっても。

別記事で「Youtubeの公式チャンネルにおいて、コメント書き込み禁止をしているのは日本特有の処置らしい」という話を書きましたが……

通販やアプリストアのレビューにおいて、トップクラスに内容がひどい(民度が低い)のは日本で、「レビューは海外ユーザーの意見を参考にする。日本人のレビューは極端ばかりで参考にしない」と語る人もいるそうですよ(実際に統計を取ったわけではないので、話半分に思っておいてください)。

主観的な印象でも、海外にもひどいレビューはあるにはありますが、かなり限定的であり、日本ほど全体かつ広範囲には広がっていない感じですね。

質の低いレビューを書く人の行動原因・心理

ネットや自分の意見を交えて理由を考えると、以下が挙げられるでしょうね。

  • 頭が悪いから説】頭が悪い人は、称賛か誹謗(ひぼう)中傷か、誰かの意見を自分の意見のように書くなど、自分で考えた建設的レビューを書けるワケがないという理屈。
  • 国語力・読解力が低い説】国語力・読解力が低い人は、論理的に文章を書けないし言葉選びも下手。
  • 重度のひねくれ者説】性格が重度にひねくれている場合は、すぐ物事を否定的に考え、歪んだ見方しかできない。だからマイナスな部分ばかりが目につくし、マイナスな内容しか書けない。
  • 暴走した正義感説】「正義感」と「攻撃的」は似たもの同士の紙一重。「自分が気に入らないから叩かれて当然」という、主観的な私怨(しえん)も混じっている。
  • 傲(ごう)慢なモンスター消費者説】無料アプリでよくあるパターン。タダでも高品質と快適を求める「お客様は神様」思考。
  • 批判・批難の区別がついていない説】『批判』を否定・悪口と混同する人は、『批判的なレビュー』を「一方的なダメ出し」と考える(批判は建設的かつ、評価・理解できる部分も述べてこそ)。
  • 別の目的があるから説】レビューをすることで何かしらのサービスを得られるから、適当にレビューを書いている可能性。
  • サクラ(ヤラセ)説】業者がビジネスとして意図的にやっている(最近は特にサクラレビューが多いらしく、極端に星1つか、星5つばかりが占めている場合は要注意)。

要因は様々ですが、質の低いレビューを書く人は、以上のような要因が含まれていると考えられます。

ちなみに、レビューについてはこんな話もあります。


個人的には賛辞を贈りたい内容ですね。

「相手は客なんだから我慢しないといけない」は、日本の過剰(かじょう)サービス論から生まれた消費者の傲慢。高額なお金を払っているとか、正当な批判を建設的に書いているならともかく、タダ同然のアプリだからって貧乏根性丸出しに言いたい放題言わせるほうが問題でしょう。

批判(正しい指摘・批評)と批難(悪口・否定)を一緒に考える人が意外と多いからこそ、こういったお説教返信はレビューの問題提起になるでしょうね。逆ギレと思われようとも、この勇気ある行動は評価します。

類似する話題として、「『無料だから文句を言うな』は言論弾圧」と主張する個人ブログを以前見かけたことがあり、これも批判・批難の違いが分かっていない典型例。「無料だから文句を〜」とは、「その傲慢な姿勢に対する苦言」であって、「意見を言うな」という意味ではありません。



「無料だから文句言うな」から「言論弾圧」を持ってくる辺り、思考が極端というか、論理的に物事を考えられないんだろうね。

レビューの目的とはなにか?

そもそもレビューの目的は、「商品を買う・ダウンロードをしようとする人が、使用感やどうだったかを知るための目安」です。つまり主観的ながら、客観的にも正確に述べる必要性があります。このようなレビューが多ければ、メーカーとしても商品・アプリ改善の役に立ちますからね。

別にライター級の執筆力を求めているのではありません。

  1. 良いところ】良かったところや評価できる部分を記載する。主観的になりすぎないように注意する。
  2. 悪いところ】ここは良くなかったとはっきりと伝える。悪いところを伝えるからって、攻撃的な口調や誹謗中傷は論外。
  3. 改善点】現実的な観点から、どうすればもっと良くなるのかを提示する。つくり手側としてはありがたい意見。
  4. 総評】これらをまとめて、要約したコメントを書く。

この4つのポイントを抑えて的確にまとめていれば、文章が下手でもそれだけで有益なレビューになりますし、逆に言えば、これらを踏まえているレビューは「いいレビュー」です。

どうも適当なレビューを書く人って、「オススメできると書いて、他の人がそうじゃなかったら責任持てないから」と弁明する人もいるらしいんですけど、「いやいや……それがレビューでしょ?」って言いたくなりますよね。

また、最近の通販ショップでは「レビューを書いたら送料無料」といったように、割引サービスを利用したいから適当に書いている場合もあるそうで、仮にその下心が見える目的で適当に書くようでは、レビューの形骸(けいがい)化にもなりかねません。

そして一番問題になっている、「レビューに出品者・運営への私怨混じりな報告行為」と「罵詈(ばり)雑言や吐き捨てる内容」も、前者は通報やお問い合わせに書くもので場所違い。後者は大抵「よく確かめず安さで商品を買ったか、お金を一切払っていない無課金ユーザー」で、自分の要因は考えず、レビューを掲示板みたく扱うケースが目立ちます。

中にはヤラセで書かれているケースもあるでしょうが、そうでもなければ、どういったアクション(行動)を起こすべきかを考えられないから、質の低いレビューという形で出るのでしょう。

最後に:いいレビューの見つけかた

いいレビューとは上述のとおり、「いいところ・悪いところ・改善点・総評」が的確に書かれている文章です。しかしそれを字数制限がある通販・アプリストアのレビューで書くのは、物書きの能力がないと難しいものです。

だから個人的な経験として、複数の写真・画像も用いて詳細に説明できる「個人ブログのレビュー」が最も信用できます。

ただし、ブログ記事だからって写真付きの短いレビューで褒めてばかりの場合は、依頼して書かれた『ステマ(ステルスマーケティング)』、悪口やバッシングだらけの場合、炎上商法を狙う広告収入目的の可能性があるので注意です。ヤラセかどうかの見極めにも、上記の4つのポイントが役に立つでしょう。

結局のところ、「通販・アプリストアのレビューのほとんどは、言葉選びもできないし文章能力が低い人たちが書いた極端なものばかりで、信用に値しないから参考にするな」ってことですね。中には正当な批判を踏まえて、建設的に詳細に書くレビュアーの人もいるにはいますが、少数派です。

むしろ素晴らしいレビューが書ける真面目レビュアーの人こそ、個人ブログを立ち上げてレビューを発信したほうが、益になると思いますけどね。

DCアメコミドラマ『フラッシュ』のシーズン4でシスコが「(フシギダネは)めちゃくちゃかわいいんだ!」と言っているの最高に好き。

シーズン2まで「幸せの肉」Tシャツとか、よく分からない日本語Tシャツを着ていて癒やし要素だったのに、物語の展開上仕方がなかったとはいえ、シーズン3前半までのバリー(フラッシュ)との険悪ムードや話が暗すぎたから、その反動もあるかもね。

確かにフシギダネは可愛い。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。