R-15
雑記他

雑記,レビューが下手,日本人のコメント,減点方式,日本人,アプリストア,通販

実体験……とまで言わなくても、『Amazon』『楽天』『App ストア』『Google Playストア』『食べログ』『Google Maps(クチコミ)』などのレビューを見ればわかるように、日本人の書くコメントは信用できないと言われ、実際に低俗(ていぞく)でひどい内容を見たことある人は多いと思います。

レビューの定義というと、『Re-view(再度見直す=再考)』と語源の話になりそうなので、慣用的な意味になる「対象を評価する」とし、ネット・SNS上のコメントのモラルについても併(あわ)せて書き進めていきます。


内容の性質上、タイトルや記事では「日本人は」と意図的に用いていますが、だからといって、

  • 「これだから日本人の民度は……」
  • 「日本はダメ。海外のレビュー(コメント)は素晴らしい」

……と、日本人という存在を全否定したり、海外を持ち上げる意図もありません。この記事は「なぜそう言われてしまうんだろう」「レビュー(コメント)が書けない人の典型的特徴」という考察・分析であり、単純な極論で書いていませんので、語弊のないよう。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


ひどいレビュー(コメント)の一例

正直、再現ですら書き起こすのは嫌気が差すものの、典型的な「役に立たなくて質の低い非生産的書き込み」を列挙します。

  • 迅速丁寧な対応ありがとうございました」 → それ「商品」のレビューじゃないよね?
  • 早く届きました。また利用したいです」 → これも「店の評価」で、「商品の評価」じゃない。
  • 今後の期待を込めて星○つです」 → レビューってのびしろを見る場所なの?
  • 〇〇は素晴らしい。〇〇と言ってる奴はアホ」 → ほめ過ぎも考えもの。相反対象を攻撃する文面の必要性は?
  • ここの出品者は詐欺です!」 → レビューじゃなくお問い合わせ欄に書こうか。
  • (安かったから買ったけど)1年使ったら壊れました」 → 安物で1年使えれば儲けもんでしょう。商品をプラチナか金のように永久不変だと思っていない?
  • 〜でした。もう二度と来ません」 → 施設やスタッフなどに意見・指摘するのはいいけど、なぜ吐き捨てる恨み節をわざわざ最後に書くのか。
  • 〇〇と言われているからクソ」 → 「言われているから」って、つまり自分はやってないんだよね?
  • 〇〇の操作がゴミだったのでアンインストールしました」 → ひとつでもダメな要素があればすべてゴミって極端だよね。
  • 〇〇だったので星1です」 → これも点数の振り幅や主張が極端な上、減点方式を使用する典型例。
  • 広告(CM)多すぎ。利用者のことも考えろ」 → もし課金で消せる仕様なら、払ったら解決するんでしょ? 貧乏根性丸出しではなかろうか。
  • さっさと返金しろクソ運営」 → それレビューじゃなくてただのグチ。掲示板と勘違いしているの?
  • 1円も課金しません」 → 無課金宣言をレビューでされても……
  • 課金が露骨。企業は金儲けしか考えてないのが見える」 → 程度はあれど「お金儲けは悪」は間違った日本の悪習。無料だからって慈善事業ではない。
  • 社員のレビュー多すぎでしょ」 → 過去に「レビューはネット掲示板じゃないですよね?」と意見したら、削除・逃亡した人がいた。
  • 鉄のフライパン買ったけど、すぐこびりついたし鉄の味がしました」 → 鉄のフライパンは空焼きと油ならしをするもの。調べずに文句を書くのは恥ずべき行為。
  • スクリーンショットを見たけど、これはダメだね。開発者は真面目にゲームを作ってください(未プレイ)」 → このような上から目線の未プレイ評価を常習的に書き込んでいた。

「一体どんな家庭環境で育って義務教育を受けたら、こんな文章書けるの?」って内容が多く、低評価のみならず、高評価の絶賛・盲信レビューも同様。自分も性格は悪いほうですが、その自分ですら拒否反応が出るレベルなんですよね。特に通販やアプリストアのレビューが無法地帯です。

ほかにも商品をネットスラングや定型文で大喜利し、肝心のレビューはちゃんと書かない「ネタ目的のレビュー妨害」も一部で散見されます。映画『コマンドー』のレビューのような、ネタとレビューが両立された場合はともかく、淫夢ネタや5ch用語など、界隈(かいわい)の言葉をいたずらに広める風評被害にもつながりますからね。

コメント禁止は日本特有の処置

別記事で「YouTubeの公式チャンネルにおいて、コメント書き込み禁止をしているのは日本特有の処置らしい」という話を軽く触れたことがあり、実際に任天堂など、大手のゲーム会社などを中心に処置がされているそうです。

通販やアプリストアのレビューも、トップクラスに内容がひどい(民度が低い)のは日本らしく、「レビューは海外の意見を参考にする。日本人は極端か、減点方式のネガティブバッシング(低評価叩き)ばかりで参考にしない」と語る開発者もいるそうですよ(実際に統計を取ったわけではないので、話半分に思っておいてください)。


公式SNSのリプ(コメント)欄もそうで、上から目線やモンスター消費者な言動……特にソーシャルゲームなどの基本無料系は見るに堪(た)えず、品性に欠く攻撃的な欲求行為は目に余りますからね。

ネット・SNS上の書き込みを見れば分かるとおり、

  • 内容が極端すぎる】称賛かバッシングのどちらかの極論しか認めない。極端な飛躍も多く、相反の意見や正しい批判は「空気の読めない奴」や「擁護(ようご)する信者・叩きたいだけのアンチ」とされる。
  • 意見を認めない】同調的な内容しか求めていない(または自分の意見が100%正しいと思い込んでいる)せいか、話し合いが通じず平行線。その結果、口汚い煽(あお)りあい、口喧嘩となっている。
  • 文章が読めない】日本語は分かるけど文章が読めない。だからトンチンカンな内容を述べ、書いていない内容を思い込みで話を広げ、ひどい場合はその思い込みを根拠に喧嘩腰で叩く。
  • 調べずに文句】リテラシーが低く、ちゃんと情報を正しく調べなかったり、自分の問題を一切考慮しない。まとめサイトなど、自身の気持ちがいい一方的で偏(かたよ)った情報しか見ようとしない。
  • 重箱つついて揚げ足取り】まとめサイトや掲示板では、アニメやゲームなど、作品の内容が気に入らなければ「同人作品」「作画崩壊」「爆死」「クソ」と称し、集団で揚げ足取り。実際にブランドの風評被害や殺害予告へ発展したケースも。
  • 私刑行為の娯楽化】犯人や被害者といった当事者の本名・住所晒(さら)しを主とするトレンドブログ(いかがでしたかブログ)が人気で、情報の真偽関係なく、引用しての人格攻撃や誹謗(ひぼう)中傷が絶えない。

以上のような、「日本人のコメントはひどい」「コメント禁止もうなずける」と言われてしまうケースは山ほどあります。

こういった対応や苦言へのよくある反論に、

  • 「日本も海外もコメントのレベルは変わらない。英語が読めないからそう錯覚しているだけだ」
  • 「ただの日本人差別だろ」
  • 「コメント・評価拒否はちゃんとユーザー意見に向き合っていない」

「日本人だけ」コメント禁止処置された公式動画が複数存在する時点で、その理屈は破綻していますし、差別主張の前に問題点の分析が足りず、最後は「消費者様はえらい」の思い上がりで、批判・批難の違いが分かっていません。(そこを指摘されるとだんまりや、「〇〇が悪いんだから当然」の屁理屈、攻撃的な言葉をぶつける人が多いですが)。

主観的な印象でも、海外にもひどいレビューは確かにありますが、かなり限定的で、日本ほど広範囲には広がっていません。かといって記事冒頭でも書いたように、「日本人はダメ。海外は素晴らしい」と持ち上げる意図はありません。

彼らの行動原因・心理

ネット上の見解や自分の意見を交えて理由を考えると、参考にならない内容を書く人の原因や心理は、以下が挙げられるでしょうね。

  • おつむが弱いから説】自分の非や問題点を一切考えず、称賛か誹謗中傷かの極端思考。レビューの目的も分かっていないから、建設的レビューを書けるワケがないという理屈。
  • 国語力・読解力が低い説】国語力・読解力が低い人は文章を読むことができず、勝手な思い込みで解釈・補完する。論理的に文章を書けず自分の言葉を使わないから、定型文・語録やレッテル貼り、ネットスラングに頼ろうとする。
  • 重度のひねくれ者説】すぐ物事を否定的に考え、歪んだ見方しかできない。「世論やネットの意見に媚(こ)びない俺かっこいい」と、周りが好意的な評価を述べる中で水を差すように否定的・悪口を書き込む人も同様。大体は機能不全家庭で育ったか、元いじめられっ子。
  • 自己肯定感のバランスが悪い説】自分に自信がなかったり自己評価が高すぎる、または心が貧しい人は、それを解消・誇張しようと見下す態度をとる。ネット弁慶(べんけい)が典型的な例。
  • 暴走した正義感説】「正義感」と「攻撃的」は似たもの同士の紙一重。「自分が気に入らないから叩かれて当然」という、主観的な私怨(しえん)も混じっている。本人は正しいつもりで悪気がない場合もあり非常にタチが悪い。『正義中毒』とも。
  • 無料が普通説】「無料なのは当たり前」と思い込み、タダでも高品質・快適を求めようとする。基本無料の無課金ユーザーだと『無課金乞食』と呼ばれ、嫌われているらしい。
  • 別の目的があるから説】レビューをすることで何かしらのサービスを得られるから、適当かつ無関係なレビューを書いている可能性。
  • サクラ(ヤラセ)説】業者がビジネスとして意図的にやっている。最近は特にサクラレビューが多いらしく、定型文のような内容で極端に星1つか、星5つばかりが占めている場合は要注意。

レビューサイトの構造自体にも問題があり、称賛・偏向(へんこう)・文句・暴言でも「意見」だから尊重する運営姿勢が多く、削除も結局いたちごっこ。人のモラル・善意に任せがちな結果、質の低い書き込みを加速させています。

他にも詳細な行動分析として、アメリカの心理学者ジュリー・K・ノレム氏の統計 によれば「日本人の多くは遺伝子レベルで自己肯定感が低い。だから物事に否定的なネガティブ思考に陥っている」とされているのみならず、

  • 「日本は島国かつ同一民族の保守的な村社会。災害が多い国でもあるので、多数派が正しいと思う集団同調性が強い。変化も嫌い、能動的な自己研鑽もしない」
  • 「日本人は礼儀正しいのではなく、『意見・指摘をしないのが和と秩序を守る文化』だから適切な自己主張ができない。結果、議論下手で同調圧力に流され、信念もなく周囲の意見が変われば手のひらを返す」
  • 「核家族化や両親共働きなどの家庭が増え、適切な自己愛が形成されない人が増えた。この歪んだ自己愛で『自分は正しい・認められるべき存在』となり、他者や商品に高圧的・攻撃的言動をとる可能性がある」
  • 「日本は低価格・最低賃金のスーパーやコンビニですら、客を神のように扱い、高品質な商品を売る不釣り合いな国。ゆえに『(誤った)お客様は神様』論が無意識にまん延している」

このような考察も一部で見られました。それを表すかのように、

  • 「星1か2のほうが人間味があるし、低評価のほうが意見を言ってる」
  • 「レビューの低評価が多いからクソだろ。擁護してる奴はどうせ工作員」
  • 「この人の言っていることは正しい。だって本のレビューにこれだけ高評価が多いのが証拠」
  • 「ダメな部分をダメと言って何が悪い。言って当然だし、客の意見を聞くべきだろ」

先述した質の低いレビューを肯定する極端な意見がまかり通っていて、支持を集めるほどですからね。

「日本人は否定から入る」もよく言われますが、これも否定から入る自体がダメというより、極端な考えでロジック(論理)を組み立てず、開口一番に攻撃的な言葉(ゴミ・クソ・死ね・ガ○ジなど)を並べたて、「俺が正しいんだ!」と悦(えつ)に浸る姿勢が問題なんですよ。「否定から入る」だと、この記事自体も否定から入っていますし……

ネット・SNSの風潮に詳しい国内学者の中にも、

「人は主観的な正義感で他者に制裁を与えるとドーパミンにより快楽状態となり、結果、ささいなことでも許さなくなる不寛容な人物になる」

— 中野信子氏(脳科学者) —

「強い言葉を使う極端な人は、自分が満たされていないから極端になる。これは悪質クレーマーにも共通する特徴であり、何かしらの使命感に駆られていることも多い」

— 山口真一氏(統計学者) —


このように苦言をするほどで、レビューの定義・本質をしっかり知った上で、再度問い直したいものですね。


レビューの向き合いかたに問題がある

日本人のレビュー(コメント)がひどいと言われてしまう理由や心理を述べましたが、

  • 議論下手】自分の意見が出せず、周りの評価や多数派に流されて簡単に手のひらを返す。場違いな行動や「自身は常に正しい」と考え、「意見・指摘する奴は自分の敵」と解釈する。意見される覚悟がない人。
  • 攻撃的で感情的】陰湿・ネガティブ思考かつ客観性が低く、何かと喧嘩腰になって攻撃的な強い言葉を並び立てる人。
  • 正しい批判ができない】批判を「文句や悪口を言うこと」と間違った解釈をしていて、相手の非や指摘には暴言・誹謗中傷もOKと勘違いしている「自称評論家・お客様」な人。
  • かなり受動的】調べずに文句を書き、「まずは自分の行動に問題がなかったか」を考えられない、能動的になれない人。
  • 思考力の低さ】建設的なロジックを組み立てず、文章が読めないし作文能力も低い。用意された言葉ばかりに頼り、神かクソか、擁護(ようご)か叩きなど、0か100で物事を考える極端な人。

要は業者のヤラセでなければ、日本人の悪い民族性要素をそのまま受け継ぎ、自分の行動を客観視できない人たちが多くを占めているからで、レビューの存在意義を軽んじ、どういったアクション(行動)を起こすべきかを考えられないのも、質の低いレビューという形で出るのでしょう。

ちなみに、レビューについてはこんな話もあります。


個人的には賛辞を贈りたい内容ですね。「相手は客なんだから我慢しないといけない」は程度こそあれど、日本の過剰(かじょう)サービス論から生まれた消費者のごう慢とも言えます。

こう書くと「課金者は文句を言ってもいいのか」と言う人が出ますがそうではなく、「需要側と供給側、お互いに敬意を払おうね。不満があれば攻撃するって悪質クレーマーと一緒」という話。批判・批難の見分けがつかず、一緒に考えて喧嘩腰になる人が多いからこそ、このお説教返信はレビューの問題提起になるでしょう。

ただ、この開発者さんに向けた支持意見をレビューに書くような、「アプリのレビューとは全く無関係な称賛コメント」があふれかえったという、別の問題も発生しました。これもまた「日本人のレビューはひどい」を証明してしまう皮肉な形になります。


類似する話題として、「『無料だから文句を言うな』は言論弾圧」と主張する個人ブログを以前見かけたことがあり、これも批判・批難の違いが分かっていない例。「無料だから文句を〜」とは「そのごう慢な姿勢に対する苦言」であって、「意見を言うな」という意味ではありません。



「無料だから文句言うな」から「言論弾圧」を持ってくるあたり、思考が極端というか、論理的に物事を考えられないんだろうね。意見しようにもコメント禁止どころか、あらゆる連絡先を徹底的に明かさない一方通行の人だった。

レビューの目的とはなにか?

そもそもレビューの目的は、「商品を買う・ダウンロードをしようとする人が、使用感やどうだったかを知るための目安」です。

つまり主観的ながら、客観的にも正確に述べる必要性があり、本の場合だと、内容と著者の人格は別に考えなければなりません。このようなレビューが多ければ、メーカーとしても商品・アプリ改善に役立つものになり、著者も自分の見識をさらに深める足がかりになるものです。

別にライター級の執筆力を求めているのではありません。

  1. 良いところ】良かったところや評価できる部分を記載する。主観的になりすぎないように注意する。
  2. 悪いところ】ここは良くなかったとはっきりと伝える。悪いところを伝えるからって、攻撃的な口調や誹謗中傷は論外。
  3. 改善点】現実的な観点から、どうすればもっと良くなるのかを提示する。つくり手側としてはありがたい意見。
  4. 総評】これらをまとめて、要約したコメントを書く。

この4つのポイントを的確にまとめていれば、文章が下手でもそれだけで有益なレビューになります。逆に言えば、これらを踏まえているレビューは「いいレビュー」で、たとえば鉄のフライパンのレビューに当てはめるのなら、

  1. 良いところ】リーズナブルな価格で大きさも丁度いいです。
  2. 悪いところ】でもコーティングはされていないので、何もしないとこびりついてしまいます。
  3. 改善点】空焼きと油ならしをする旨を書いた簡易説明書があってもいいでしょうね。
  4. 総評】空焼きと油ならしは必要ですが、価格も手頃で使いやすい商品だと思います。

たったこれだけの文章量でも、「ちゃんとしたレビュー」になっていますよね?

先にも触れましたが、最近の通販ショップでは「レビューを書いたら送料無料」といったように、割引サービスを利用したいから適当に書いている場合もあるそうで、仮にその下心が見える目的で適当に書くようでは、業者のサクラレビュー問題と同様、レビューの形骸(けいがい)化にもなりかねません。

また、適当なレビューを書く人の中には「オススメできると書いて、他の人がそうじゃなかったら責任持てないから」と弁明する人もいるらしいんですけど、「いやいや……それがレビューでしょ?」って言いたくなりますね。

最後に:いいレビューの見つけかた

いいレビューとは上述のとおり、「良いところ・悪いところ・改善点・総評」が的確に書かれている文章です。しかし、通販やアプリストア、クチコミなどの書き込みを見ても分かるように、それすらもできておらず、「レビューってなんだっけ?」と言いたくなるような内容があふれかえっています。

だから個人的な経験として、複数の写真・画像も用いて詳細に説明できるような「個人ブログのレビュー」が最も信用できます。

ただし、ブログ記事だからって写真つきの短いレビューで褒めてばかりの場合は、依頼して書かれたステマ(ステルスマーケティング)や、悪口やバッシングだらけの場合、炎上商法を狙う悪質アフィリエイト収入の可能性があるので注意です。

ヤラセかどうかの見極めにも、上記の4つのポイントが役に立つでしょう。

結局のところ、「日本国内におけるレビュー(コメント)のほとんどは、自分を客観視できないリテラシーが低い人たちによる低品質な内容ばかりで、精神衛生的にもよくないからあまり参考にするな」ってことですね。中には正当な批判を踏まえ、建設的に書くレビュアーの人もいますが、かなり少数派です。

むしろ素晴らしいレビューが書ける真面目レビュアーの人こそ、個人ブログを立ち上げてレビューを発信したほうが、益になると思いますけどね。


仕事上では『WEBデザイナー』としてやってるんだけれども、デザイン制作からコーディング、SEO対策、Sass(SCSS)の活用、PHP動的サイトの制作、イラスト制作など、「イラストレーターでフロントエンドもやるWEBデザイナー」と化しているんだよね自分。

そしてブログでは絵も描くし記事も書く(仕事でも記事執筆している)から、「イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナー」という肩書きに。バックエンドまでは無理かなぁ……そこまで頭がよくないから。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。