2017.11.15 2024.02.18

【レビュー】ソニックフォースのニンテンドースイッチ版感想・評価【ソニック】

ソニック,ソニックフォース,インフィニット,エッグマン,Sonic06,Eggman,Infinite,イラスト
新ソニエッグマンとインフィニット

以下から、ニンテンドースイッチ版の『ソニックフォース』をストーリークリアしたレビューになります。

ソニックフォース|ソニックチャンネル

  • ネタバレ注意

    記事にネタバレがあります

『ソニックフォース』はこんなゲーム

背景

過去作演出が多い

  • 新たな『ソニックジェネレーションズ』
  • シリアスな『ソニックカラーズ』
  • 現代水準で作り直した『ソニック2』
  • (アバターでいえば)ソニックチームが作った『ソニックトゥーン』

ストーリーやステージ部分でも、結構過去作品を彷彿(ほうふつ)とさせる演出・要素が多いのが今作の特徴です。

初心者配慮のモードはあるとはいえ、ソニックシリーズが好きな人向けな印象を受けました。

オメガが機能停止しているシーンソニック・ザ・ヘッジホッグ(新ソニ)』の未来世界
幽閉されているソニックソニックアドベンチャー2(ソニアド2)』のプリズンアイランドのイベントシーン
インフィニットの(ソニックに対する)ドブネズミ発言ソニックと秘密のリング(ひみリン)』の消しゴムイレイザージン
追加コンテンツのシャドウストーリーの楽曲やインフィニットとシャドウの対面シーンシャドウ・ザ・ヘッジホッグ(シャドゲ)』の曲やOPムービーなど
ファントムルビーの存在ソニックマニア』にも登場している(設定的にはフォースはマニアの地続き)
「カジノフォレスト」のギミックソニック2』のカジノナイト
「エッグゲート」の最初の分岐や「キャピタルシティ」のステージギミックソニアド2』のファイナルラッシュ(前者)やクレイジーガジェット(後者)
「エッグゲート」の後半『ソニック&ナックルズ』に登場したボス(レッドアイ)がいる
「ミスティックジャングル」のインフィニット戦ソニックロストワールド』のステージギミック
アバターのアイテムソニックトゥーン』のソニックになりきれるアクセサリーがある

個人的に驚いたのが、『ソニックトゥーン』のソニック(ブムソニ)のアクセサリーですね。

いっそスティックスのアバターコスチュームも配信してくれたら面白いんですが(女性アバターの中の人的な意味で)。

『スターウォーズ』と『仮面ライダー』のパロディ

ほかにも、『スターウォーズ』と『仮面ライダー』のパロディがいくつか見受けられましたね。

デスエッグのモチーフは「デス・スター」、ウィスプ音声は「ガイアメモリ」などのパロディ自体は昔からですが、ダブルブーストが「W.Boost」なのもそうですね。

さすがに海外ではわかりづらいのか、「Double Boost」のつづりに変更されています。

フキダシ1

英語が存在しない世界

背景

世界観が変わるのは
よくあること

公式グラフィックコラムによると、今作のソニックの世界は現実の人間世界とは違うので、英語などが存在しない独自の世界 と明かしています。

(映っていない可能性があるとはいえ)人間がエッグマン以外いなかったり、『ソニアド』でたびたび描かれていたGUNや連邦政府は、今作の世界には存在しない可能性が高いです。

世界地図レベルでメガドラ時代や『ソニアド』『ワールドアドベンチャー』、そして今作の地形はぜんぜん違うからね。

フキダシ2

英語を使わなくなったのは後述するボーカル曲問題と同じく、グローバル展開の都合から英語だけをピックアップすることができなくなった大人の都合でしょうね。

アニメポケモンも初期は日本語や英語を使っていたけど、グローバル展開の事情から架空文字に変わったのと一緒。

フキダシ2

『ソニックフォース』グラフィックコラム 第1回 背景デザイン(リンク切れ)|ソニックチャンネル

なぜ7年間もボーカル曲を避けたのか?

背景

公式がボーカル曲を
使おうとしなかった理由

今作でボーカル曲がメインテーマに採用されるのは、『ソニックカラーズ』以来7年ぶりとなるんですね。

ではなぜこの7年間、ボーカル曲をあまり使ってこなかったのかの理由が明かされたので、以下にインタビューの一部を引用しておきます。

中村:プロデューサー的には海外チームからのネガティブな反応が心配だったんです。『ソニック』は海外で絶大な人気のあるタイトルなので、カルチャー的な違いもあって音楽面は毎回けっこう揉めるんですよ(苦笑)。

それで、ボーカル曲を事前の相談ナシでやることは心配だったのですが、結果いきなり気に入ってくれて安心しました。いい着地点に持っていけたかなと思っています。

岸本:いまだから話せますけど『ソニックロストワールド』のときは海外から“ボーカル曲禁止”っていう制約があったので、そのうっぷんもあったというか…………。

一同 :(笑)。

大谷:せっかくボーカル曲をやることになったので、であればたくさんやってしまおうと(笑)。

『ソニックフォース』完成記念インタビュー 中村Pらに聞く“王道ハイスピードアクション”を求めての道のり|ファミ通.com

ファミリー路線をとり入るため、ボーカル曲をあまり出さなかったのだと思ってましたね。

現にロストワールド発売前、ボーカル曲がない理由に大谷氏が「アクションゲームの音楽として本気で取り組んだから」 と答えてはいました。

今になって考えると、半分は本当で半分は方便だったんでしょう。

今回のメインテーマ『Fist Bump』は結構気に入っています。新ソニの『His World』の次ぐらいに好きかもしれないですね。

His WorldはiTunesで数千回以上も聴いているレベル。

フキダシ2

“ソニック バースデーパーティー2013”ソニックのお誕生日会が東京ジョイポリスで盛大に開催|ファミ通.com

ブーストソニックの2D要素

背景

インタビューで
過去に説明済

今回もまた、

フキダシ3

なんでモダンソニック(3Dソニック)に2D横スクロール入れるの?

などのようにいろいろ言っていますけれど、ブーストソニックの2Dは、3Dだと障害物避けのレースゲームになることと、ゲームの遊びを増やすためだと過去に言及されています。 

というか、文句言う人ってファンと名乗る割にはインタビュー読んでいないのか……

フキダシ2

攻略方法がクラシックと異なるため、同じ2Dでも差別化と緩急(かんきゅう)があり、しいて言うならアスレチック要素が強いアバターステージで完全3D化していいかもとは感じました。

彼らの言う、仮に完全3D系のソニックを期待するならば、アスレチック要素の強い『ソニアド』系統や『ロストワールド』ような非ブーストソニックのほうでしょう。

「ソニック ロストワールド」プロデューサーの飯塚 隆氏にインタビュー。初心者でも楽しめるさまざまなアプローチで“これからのソニック”を提示した作品に|4Gamer

どの機種で遊ぶのがオススメか

背景

プレイスタイルで
変わる

自分がスイッチ版で遊んだのは利便性ですね。合間や寝っ転がってプレイしたかったのと、腰を据(す)えて大画面でゲームをする気力があまりなかったのが理由でした。

実質携帯機でこのクオリティのゲームが遊べるのは、いい時代になったもの。

フキダシ2

しかしグラフィックは機械任せに簡略化処理を行なったせいか、ポリゴンやテクスチャが部分的に荒いです。

ただグラフィックにそこまでこだわらなければ、目くじら立てるレベルでもなく、携帯モードでやっていても、処理落ちも大量の敵を倒し、ウィスポンの連打使用でもしなければ十分遊べます。

しかしスイッチは30fps(フレーム)で処理落ちも少なからずあり、精密な操作によるタイムアタックには向かず、実績にも対応していないのでレッドスターリング集めがあまり意味がありません。

だから、シャドウストーリーで全回収+Sランクにしても何も起きずに終わってしまうんだよね。

フキダシ2

よって機種別で見るならば、

  • ニンテンドースイッチ版】利便性と気軽に遊びたい。
  • PS4/箱1版】グラフィック・本気タイムアタック・実績を楽しむ。
  • PC版】MOD(改造データ)やファン制作のハードステージで長く遊ぶ。

で、考えてください。

オススメのアバター種族

背景

使いやすい
アバターはなにか

今作の目玉であるアバター機能は、種族によって能力が変わりますので、好きな種族で作るより、最初は能力を見て作ったほうがいいと思います。

どの道ストーリークリアすれば、複数のアバターが作れるわけですし、初心者なら「トリ」種族、スコア稼ぎなら「オオカミ」種族が個人的にオススメです。

トリ族は2段ジャンプで操作に融通が効き、オオカミ族はリングやアイテムを集める性質があるので、Sランクの底上げに役立ちます。

デイリーミッションのボーナス補正を使えばすぐSランクになるけども……

フキダシ2

深いストーリーを期待するべからず

背景

ストーリーは
あっさりシンプル

物語の展開は『ソニアド2』に近い とインタビューで語られたものの、未曾有(みぞう)の事態に敵も味方も一致団結し、緊迫感に満ちあふれた中で戦うストーリーやシーンはありません。

ストーリーはジェネレーションズにシリアス要素を足したようなあっさり感で、ワールドアドベンチャーのような熱さ、ソニアドシリーズのような深刻さも伝わらないです。

正直ソニアド2のようなストーリーだと無駄にハードルを上げ、開発陣が自分で自分の首をしめてどうするんだと伝えてあげたい。

フキダシ2

ムービーもすべて合わせると30分ほどで、(アバターのせいか)プリレンダムービー(美麗映像)もなかったですね。

無線ボイスやシャドウストーリーをすべて合わせてギリギリ1時間ほどですが、ソニアド2やワールドアドベンチャーはムービーだけで1時間以上の長さがありました。

『マニア』と『フォース』で波を作りたい。2人の『ソニック』プロデューサーが魅力を語る【E3 2017】|電撃オンライン

宣伝を含めてソニックフォース

公式で明言されていた「ストーリーに力を入れた」という発言に期待している人の場合、それを満足に答えているとは言いがたい内容です。

公式配信されたデジタルコミックスや、公式ツイッターの非公開アナウンス動画を本編に組み込めば、また違った評価をされていたかもしれません。

インフィニットやファントムルビーはもっと映像で掘り下げていいし、本編で結構使われていないボイスが多く、ほとんどが世界観の掘り下げに貢献する内容ばかりで驚きました。

ヌルスペースのソニック未使用ボイスはぜひ入れてほしかったし、メタルソニック戦の未使用ボイスは本当にナックルズの大隊長ぶりが出ていたのに……

フキダシ2

発売前は本作の設定を盛り込み、手の込んだ宣伝や広報をやっていましたから、そういった盛り上がりも含めて『ソニックフォース』なのでしょう。

「素材」はよかった

背景

料理の仕方が
よくなかった

言うなら今作は高品質な食材が揃っていたのに、一品ものの家庭料理を出された感じです。

素材自体はよく家庭料理も悪くはないですけど、一品ではすぐに食事体験が終わってしまいます。

ちゃんと下ごしらえして食材を正しく使えば、時間をかけて楽しめるフルコース料理を出せたはず……ということですね。

フキダシ1

脚本の問題は否めないものの、没ボイスを聞くと「ものすごくカッコいいセリフなのに、なんで採用しなかったんだ」という部分があり、中にはゲームの設定を掘り下げた内容もありました。

だから脚本が悪いというより、ゲームをつくり込めない制作体制に問題があった印象。

フキダシ2

混迷していたセガの事情?

なぜここまで内容が薄いのを考えると、2017年当時は『龍が如く』シリーズを推(お)していた名越氏が社長の時代であるため、開発部の大人の事情もあったのかもしれません。

確証がない話ではあるものの、名越氏は『龍が如く』とそれ以外の売れそうなコンテンツしか開発の力を入れてこなかったんだそう。

フキダシ2

このように、当時はかなりの作品格差があったそうです。あくまでもうわさ話ですよ。

フキダシ1

もし事実ならフォースの開発4年の割なボリューム不足を説明できてしまうし、開発者たちも災難だったということだよね。

フキダシ2

また、今作は「ファンが求めるもの」と「開発者側の考えかた」の壁を感じて、海外レビューでは今作を苦言し、逆に公式同人ゲーム『マニア』を高く評価したのが印象的です(※リンク切れ)。 

余談:「ほかのキャラクターを使いたい」論

背景

「他キャラ使いたい」の
疑問点

シャドウストーリーでシャドウの操作可能になったのは賞賛され、個人的にもシャドウ視点の独自の物語や、シャドウ特有の操作感は好感を持ちました。

しかし、この「新作でほかのキャラクターを使いたい」論で疑問に思うことがあるんですよね。

言うなれば、

  • 遊びの開拓・別視点の物語】ステージの新たなルート開拓、別視点の物語などの展開。
  • キャラクターが好きなだけ】操作性や別視点より、単にキャラクターが好き。

正直、後者は理解しがたい部分がありますね。

公式にこだわる必要性があるのかどうか

ゲームの遊びや別視点の物語が垣間見える、ルート開拓の楽しみが増える意味で、ちがうキャラクターを使いたいは納得です。

ただパーティゲームでもないのに、特定の人物が好きだから使いたいは、自分からすれば、

ただのモデル変えなら過去作品やMOD、ファンゲームでやればいいのでは?

フキダシ2

ってなるんですよね。フルボイスイベントを求めないのなら、別に公式にこだわる理由もありません。

掛け声程度ならサンプリングで十分じゃない?

フキダシ2

海外ではMOD文化が盛んで、シルバーやアメコミキャラクター(スカージなど)、カルト人気のある人物(ナゾやSONIC.EXEなど)を利用できるのは、MODやファンゲームの魅力ですね。

まあMODを入れるために公式PC版を買うとしても、それなりにスペックが要求されるけどね。

フキダシ2

余談:インフィニットの本名と末路について

背景

海外公式の裏設定

それから本編では明確には描かれなかった、

  • インフィニットの本名はどんな名前か
  • インフィニットは結局どうなったのか

については、イアン・フリン氏の投稿と、海外公式書籍『Sonic the Hedgehog Encyclo – speed – ia(ソニック大百科)』で明かされています。

まず本名についてはイアン氏いわく、「インフィニット」が本名だったそうです。

鉄仮面をかぶる前から、靴裏に無限マークがあったからね。

フキダシ2

次にインフィニットの末路については、海外公式本にはこのように書かれています。

インフィニットはソニックとアバターとの戦いに敗北したあと、塔のリアクターに引きずり込まれた。

そしてリアクターにあったオリジナルのファントムルビーに飲み込まれてしまい、彼は消滅した。

Sonic the Hedgehog Encyclo – speed – ia』より意訳

つまり、インフィニットはフォースの終盤で死亡したことが明らかにされています。

ただし岸本氏いわく本編のキャラクターなので、今後もなにかしらの形で出てもおかしくはないと公言しています。

実際、日本未配信の『ソニックフォース:スピードバトル』では、鎧を着たウォーロック・インフィニットが2023年10月に新規実装されましたね。

ちなみにソニックマニアのクリスチャン氏によれば、本当はマニアに登場予定だったが没になったそうです。実現していれば、クラシックインフィニットも見られたでしょうね。

フキダシ1

総評:開発側が期待をさせすぎた

背景

よくも悪くも
ソニアドの功績・罪は重い

シリアスな雰囲気のステージや盛り上げる選曲の数々、ストーリーによって同じエリアを行き来する部分は、ゲームの終わりを見させない手法で個人的に評価点です。

しかしスイッチ版は実績未対応なので、レッドスターリング集めなどはあまり意味がない。

フキダシ2

ミッション要素やステージ中の無線ON/OFFなど、何度も繰り返して遊ぶ配慮もちゃんと設けられています。

しかしアバターのカスタマイズ性の少なさや、ストーリー内容は『ジェネレーションズ』にシリアス要素を足しただけのあっさり感が否めません。

公式のデジタルコミックスを足せばもっと世界観が広がったし、未使用ボイスもちゃんと使っていれば、まだストーリーの評価は違ったと思う。

フキダシ2

初心者にも遊びやすい配慮より、名越社長時代におけるセガの大人の事情があったとは思いますが、タイムアタックに興味なければ長く遊ぶことは難しいでしょう。

素材はよかったのに、それをしっかり活かしきれておらず、コミック版や非公開動画で補足しないと楽しめないのは、本当にもったいないゲームだなと思いました。

もし名越氏の采配で開発を萎縮させていたと仮定したら、そうじゃない世界だったらどう化けていたんだろうね。

フキダシ2

「誰かが悪い」はありえない

中村プロデューサーは「ソニックのストーリーが好きな人にと応えられる 」と語っていたものの、期待はずれと言われても仕方がないあっさり展開は肩透かしをくらうでしょう。

しかしながらチーム制作された作品で、

  • 「誰かが悪い」
  • 「こいつが戦犯」

このように言う人は、企業の基本やものづくりを理解していないですね。記事中では「名越氏要因説」を取り上げているものの、名越氏だけを悪者にする意図はありません。

特にシリーズファンを名乗る人たちは、正しい批判(ロジカルシンキング)をしてもらいたい。それが開発側へのリスペクト(敬意)。

フキダシ2

ソニックファンに限らず、ネット・SNSでは0か100で考え、答えありきなHow思考(=思考停止)が多いですからね。

フキダシ1

厳しく言えば、本質を考えられない人が消費者様気取りの意識高い系をしているだけ。そこに生産性のかけらもない。

フキダシ2

名越氏の件はあくまでもうわさ話で、チームで制作する以上「誰かだけが悪い」はありえません。

誰かの独断や大人の事情で開発環境や方向性が変わる、プロデューサーの裁量などの問題はあるにしても、商品として世に出せば会社・チーム全体の責任になります。

個人的には、スタッフが上から言われたまま仕事しているのはプロじゃないと思うね。まあ大企業と中小企業は違うし、仕事としては正しいと思うけど。

フキダシ2

仮にパワハラなどでクリエイティブが萎縮し、言い出せない場合、チームワークや企業体質そのものに問題があるということです。

フキダシ1

そういった背景も踏まえて、フォースは「可能性があった本当に惜しい作品」です。

[E3 2017]セガゲームスの飯塚氏と中村氏にインタビュー。今年発売の「ソニックフォース」と「ソニックマニア」の見どころを聞いてきた|4Gamer

寄付のお願い

フキダシ3 ありがとう
ございます
  • 当サイトはみなさまのご支援により、広告なしの実現やサイト維持をおこなっています。

    記事や作品が気に入りましたら、支援サイトのご支援や寄付をよろしくお願いいたします。

記事・作品をシェア

https://umakose.com/review/171115-1/

クリック・タップでコピーできます

1.シェアについて

赤竹ただきち(以下、当管理者)が運営するウマコセドットコム(以下、当サイト)の内容をシェアする場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSを問わず、URLなどを記載して出典元を明記ください。

明記していただければ、社会通念上の範囲内でご自由にシェアが可能です。

2.記事の引用(転載)

記事内の文章を引用される場合、URL元を明記し引用要素(blockquote)内に記載してください(なおサイト内のコピペは悪用・言い逃げ対策のため不可にしていますので、ご了承ください)。

掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

3.キャラクターの使用

当サイトに掲載されているオリジナルキャラクターの使用は、創作性が高い非営利の個人に限り、イラスト・マンガなどに使用できます。非営利・個人の定義はこちらをご参照ください。

制作費・人件費の範囲内であれば、有償配布や支援サイトの掲載も可能としますが、AIで作成した作品で当管理者の絵だと誤認させる、有償行為をするのはご遠慮ください。

4.禁止行為

以下の行為が見られた場合は、個別のご連絡や法的処置などといった対応をとらせていただく場合があります。

A.二次利用・加工・改変

本サイトの画像・イラスト・文章・ブログレイアウトなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的など、社会通念上問題のある目的での利用。

B.不適切な拡散

特定のキーワードや文面に反応するなど、不適切な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

C.誹謗中傷

当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用。また煽り・マウント行為といった、意見・提起・指摘ではなく、人格・風評を著しくおとしめようとする行動も含む。

5.著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。

画面のスクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの権利者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作は権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

6.トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

当管理者まで直接ご意見・ご指摘を希望される場合は当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

制定日:2017/2/24
改定日:2023/6/5

シェア・引用の前に「規約・ポリシー」をご一読ください(同意したものとみなします)。

特定の単語・見出しで拡散、他者を誹謗中傷・マウント・バッシング目的のシェアは固くお断りいたします。

シェア内容が悪質だと判断した際、個別にご連絡を差し上げる場合があります。

社会通念上のモラルとマナーを守っていれば、こちらからご連絡をすることはございません。シェア・引用をしていただき、誠にありがとうございます。

プロフィール

    • フキダシ2
    • 赤竹ただきちTadakichi Akatake
  • 岩橋良昌氏と真木よう子氏のエアガンで撃った撃ってない論争で学ぶべきは、「大人の対応ができないリテラシーの低い人たちが、SNSをやるとどうなるか」の教訓じゃなかろうか。

    わざわざ火種になることを書く上に売り言葉買い言葉、相手を「重度の精神障害」と刺激させる弁解もいただけない。片方を鵜呑みにして当事者を人格否定するユーザーも論外。

    どちらが真実かという事実確認は第三者の外野がすべきではないとして、40過ぎた社会人同士が、大人の対応が出来ていなければSNSのリスクも理解していない事実の部分は問題ね。

    そういう人がSNSで気軽に発信できてしまうのが今の時代。自分の記事を愛読してくれてる人は、こうはならないように一緒に学んでいきたいと思う。

イラストレーター・コーダー+WEBデザイナー・ライターの京都生まれなウサギ好き。多様な絵柄を描け、外国人でも絵でわかるマンガ、ウサギと口内描写にこだわりを持つ。

コーディングとWebデザインは両方可能。案件によっては「デザインとコーディングの同時進行」の荒業もおこない、SEOを意識したマークアップも得意。

「自省・リテラシー向上・正しい批判」をライフワークとし、当サイト記事も「中学生でもわかりやすい、気づき・理解・学ぶ」を全体テーマとして執筆。

これは微力ながら閲覧者に考える・学ぶ助力のほか、自身も学ぶ目的も含み、実社会・ネット・SNSでも「わかりやすく参考になった」とご好評の声多数。

「下手でも自分の弱さを認め、自省し学び、その姿勢を相手への敬意として表すことも忘れない人」は、年齢・性別問わず好きなタイプ。

自省についての解説を読む

リテラシーについての解説を読む

正しい批判についての解説を読む