R-15
版権絵, 雑記他



この人達は文字も文もよくわかっていなさそう。


以前ツイッターを見ていると、話題になっていたあるツイートがありました。


これ、本当にその通りだと思いますので、ちょっと実体験を元に話を掘り下げてみたいと思います。そしてリプに例文に固執して発信者の真の意図に見向きもしないという、正にその通りの人が現れて説得力が増したわけで……

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。



実体験:もはやネット(情報)リテラシー以前のレベル

移転前のブログで実際に「文字は分かるが文が読めない人」に絡まれたことがあったので、その事例を紹介しましょう。

これが記事の絵にも繋がるのですが、昔ソニックトゥーンの評価姿勢に対する反論記事 を書きまして、現ブログに掲載されている文章とは文章量や表現が異なりますが、一貫して、

ゲーム版はつまらなくはないけど正直微妙だったし、海外では相当こき下ろされた。ただゲーム版だけでブランド全体を叩くのは違うし、ちゃんとメインのアニメを観るか、しっかり調べてから評価・情報発信するのがファンの務めだ。

— 旧ブログより要約 —



というのが記事の真意であり、初投稿時からこの意見はブレていません。ですがこの絡んできた人は、

ゲームはやったけどクソゲーでしょ? 擁護したいならちゃんと書けば?

— 旧ブログより要約 —



って切り返してきたんですね。先にも書きましたが、ゲームは擁護どころかむしろ苦言をしているのにも関わらずです。




事前に誤解されないよう、一時期は記事の初めに「ゲーム版を擁護するつもりはありません」と明記していたのに、なんだかなぁという感じですね。その相手のコメントも、クソと思った理由も全く書いていないから、エアプレイ的意見で本当にやったのかすらも疑問でしたが。

自分はアニメやゲーム、コミック、グッズといったブランドの話をしてるのに、何故かゲーム版限定の話にすり替えているんですよね。この人のみならず、記事の反論ツイートをしていた人達は、自分を「ゲーム版を擁護している奴」と認定していたのが未だ理解しがたい。妄想で内容を捻じ曲げるのは勘弁してほしいもので。

なお上記の人はIPでバレバレなのに名前を変え、ポケモンGO事故・報道に見るポケモンGOへの責任のなすりつけに疑問を呈する記事 でも同じように現れ、

実際に事故が出てるんだからゲームが悪いに決まってるでしょ?

— 旧ブログより要約 —



って返しているんですよ。なおその記事は、

ポケモンGOを事故の原因にする動きが大きいが、結局はプレイヤーのモラルが一番の問題である。ゲーム内で歩きスマホは危険だと警告を出しているし、一定速度でゲームが止まるようになっているのに、ウソをついて警告を解除し遊んでいるのだから。

— 旧ブログより要約 —



と書いているのに、丸々無視していましたからね。



記事は全体的に800文字にも満たないし、改行や色もつけて読み手にも読みやすくする配慮をしていましたが、そのような反論が帰ってきたことにビックリでした。

実社会でも経験アリ

これが繋がるかはわかりませんが、接客業を経験すると、


簡単な案内やポスターに書かれているのに、読まずにもしくは見当違いな事を怒声や文句を交えて言う人は、傾向として大体頭が悪そうな人が多い。


これ真理です。いや本当に。まあこれだけを書くと人格否定的でアレなので具体的に言うならば、「話し方が感情優先ばかりで論理的思考を感じない、または他者への思いやりが欠如し、自己愛・被害者意識が非常に高い人」と定義しておきます。

そういった人に限って、何故か上から目線で高圧的、偉そうだったりするんですよね。まるで「勘違いしたのは全て書き方が悪いからだ。俺に落ち度は全くない」と言わんばかりです。因みに尾木ママは「国語が苦手だと、相手の気持ちや意図を汲み取る能力が低くなるので、いじめっ子になりやすい傾向がある」とテレビで過去に言っていた そうですが、今回の話と通じるところがあって妙に納得してしまった。

まあ100%そうだとは限りませんが傾向としては一理ある意見であり、参考になります。

「文字は分かるが文は読めない人」を分析してみる

このように、ネット・SNSで情報発信や物書きをやっていると「文字は分かるが文は読めない人」……つまり行間・文脈が読めない人には必ず遭遇します。大まかに分けると以下が挙げられるでしょう。

1.難読障害・単語の解釈の違い
言葉の受け取り方や認識が根本的に違っているので、段々とズレて結果的に意見が噛み合わない、もしくは『ディスレクシア(難読症)』『アスペルガー症候群』など、障害が理由で文章を読む自体が苦手で、例え話に固執して真意を見失ったり、額面通りに受け止めて意図が通じないというケース。

物腰が柔らかい前者の人であれば、ごくごく自然に意見を言い合って認識を改められますが、後者はお互いに理解し合うまで、かなりの労力が必要でしょう。最近ではツイッターなどの短文に慣れすぎて、長い文章が読むのが苦手になる『デジタル難読症』とでも言うべき症状も増えているそうです。

それ故に、現代日本において行間を読めないのが普通で、読解力・思考力を常に磨き、鍛錬・勉強をしてきた努力家達は少数派ではないか? ……とも思ってしまう事が多々あります。高学歴エリート集団の官僚やマスコミですら、行間や文脈が読めない人は少なくないらしいですからね。

百歩譲って行間や文脈が読めないだけなら良いのですが、問題は次のケースです。


2.感情を優先する喧嘩腰の人
あえて悪く言えば「おバカ」な人で、感情的主張を優先し、喧嘩腰で攻撃的、反論されるとすぐ罵倒や差別用語を使い、情報リテラシーの概念もなく、炎上やデマにすぐに踊らされます(再度人格否定的な単語を用いましたが、彼らはマイナス要素しか生まないので、意図的にそう表記します)。

先述した自分宛てに難癖や言いがかりのコメント・ツイートをしてきた人達や、接客経験で見かけたのはこちらですね。一応重ねるように付け加えておきますが、「おバカ」と言っても勉強の出来や学歴の話ではなく、論理性・想像力・思考力が乏しい人達の事です。

論理的思考を持たないから、批判(良否を考え、議論と同様に建設的に評価する)と批難(叩いたりネガキャンする)を同じに考え、特定のキーワードを拾い上げては騒ぎ、タイトルだけで読んだ気になり、話も平行線……というか、自分の意見を持たないので話が通じない。


ネット・SNSにおける行間が読めない人・問題点と言えば、こちらのパターンを指す場合が多く、「読めない→論理的に質問する」ではなく、「読めない→感情的に罵倒する」をよくしたがります。


例えば「こうゆう事を言う奴が一番行間読めてない」「そういうお前が〇〇だろ」と返すパターンもそうですよね。自分の意見を述べた上でこう返すのならまだ分からなくもないですが、自分の意見も交えず、一言だけでそう返すのはただのマウント取り。

また非があった場合でも絶対に謝らない『謝ったら死ぬ病』と、相手をとにかく謝罪させたい『謝らせて死なせたい病』をこじらせている場合も結構多いですね。


3.ヒステリックに過剰反応タイプ
表面上は敬語で話しているけど、特定の話題やコメントに急にキレはじめて、感情的に責め立てるようなタイプは要注意。

2と同じく、文章を読むのではなく特定の単語を拾って過剰反応し、「勉強不足ですね」「理解が足りない」などと吐き捨て、場合によっては見当違いな反論で、あたかも無理解で無知な君が100%悪いと言わんばかりに罵(ののし)ってきます。自分の意見は持っているものの、相反する意見、気に入らない文言を少しでも見つけると即座に敵認定、排他的な印象を受けます。

言葉遣いに一定のモラルはあるけど、非寛容的で感情のコントロールが出来ない被害者意識が強いタイプとでも言いましょうか?

どうも関わった&見てきた限り、このタイプは何かしらの脳の障害や精神病を患っているか、その親や親族である可能性が高く、精神病・障害系の話題でよく見かけます。実際にうつ病を公言する人に絡まれた事がありましたが、急に一部のワードに過剰反応してキレ始めたり、しまいには病気を言い訳にしたり……

よく分からないのですが、そういった人に限ってプロフィール欄に病名を書いてカミングアウトしているんですよね。まあ何も言わないよりかはリスクを減らせ、言ってくれるだけまだ良心的ではありますが、触らぬ神になんとやら。

よく彼らは「病気・障害は甘えみたいな言い方は差別だ」と言いますが、そう言われるのは非を認める、謝るより先に病気・障害を免罪符として利用し、同情させて許しを乞う人がいるという事実も知ってもらいたいですね。素直に非を認めず、都合が悪くなると病気・障害を言い訳にするのは卑怯に感じます。

まずはどんな事情でも、結果としてやってしまった事の是非を認めて謝るのが先。事情を話すのはその次であるべきです。


蛇足ながら例を挙げると、「発達障害者に嫌悪感を持つ」という話題に対し、もし見た目だけで発達障害者を「キモい」と嫌ったり、レッテル貼りをするのはただのヘイトで、差別になります。

でも中には、発達障害を盾にして(無自覚な)暴言・暴力・迷惑行為で嫌悪感を抱き、謝罪もされず「相手は発達障害だから」で済まされ、我慢を強いたり泣き寝入りをする健常者(彼らは「定型発達者」と呼びますが)の被害者もいる訳で、そんな内容も少なくありません。

その真意や事情を汲まず、そうゆうタイトルやトピックというだけで「発達障害の理解が足りない」「発達障害者は苦労しているんだから優しさと思いやりを持ちましょう」と、まるで正論のように大義名分を振りかざすのは違うのではありせんか?

それこそ一部の発達障害者に実害を受けた健常者に対しても、優しさと思いやりを持ってほしいもの。違う性分・性格で苦労するのは健常者同士でもあり得る話です。

まずは「理解不足だ」と叩くのではなく、「過去に発達障害者からの被害で、差別はしたくないけど距離を置きたい健常者もいる」「相手を変えるのは健常者同士でも困難」だと認識するのが先ではないでしょうか?

それは裏を返せば「相手に障害を認めてもらう」という承認欲求を満たそうとしか、残念ながらそうとしか見せません。故に「発達障害者には優しくしよう・理解しよう」ってすごく違和感があります。「困っている人には優しくしよう・助けよう」の方がしっくり来ますね。


最後に:結局はこうするしかない

閑話休題で、ここまでつらつらと書いてきましたが、書き手も分かりやすい文章構成や、記事を読んでもらう努力を怠ってはいけませんし、内容がまとまっていない読みにくい文章で「こいつ行間読めないのか」と言ってしまうのは、それはそれで問題です。

しかしそうでもない場合は、遭遇したら即ブロックするか、様子を見てスルーするしかないですね。話が通じない相手なら、間違っても親身に諭したり改善を求めてはいけません。ネットマナー的にも「荒らしはスルー」ですからね。

先に書いた旧ブログのコメントも、「すみませんが、どの部分を読んだらそのような意見になるのでしょうか?」に留め、ポケモンGO関連のコメントは荒らしと判断して削除しましたよ。

結局のところ、文章を読まずに攻撃的に絡んでくるのは荒らし行為でしかありません。損な生き方をしているなとか、読解力のなさで自分で恥を振りまいていることに気づかないなんて……と思い反論したくもなりますが、基本無視するしかないです。

だって言葉が通じても話は通じないのだから。

有料リクエスト依頼も終わったのでポケモン剣盾買った。でも昔ほどゲームはしなくなったので、のんびりクリアしていこうかと。

なお有料リクエストは支援サイト限定公開。R-15有料記事です。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判(建設的な良否の論理)と批難(感情的な否定・悪口)の違いにはちょこっとシビア。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意で、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。