R-15
雑記他

WebP,Google,画像,拡張子,ウェッピー

サイト運営者からは重宝される『WebP(ウェッピー)』ですが、閲覧する人からは邪険(じゃけん)に思われているなど、双方の認識に乖離(かいり)がある画像フォーマットです。なぜ嫌われてしまうのか、重宝されている事情や理由を述べていきます。

同じような性質を持つものに『JPEG 2000』や『JPEG XR』もありますが、前者はSafariのみ、後者もEdgeやIEしか対応していない規格で需要が低いため、この記事では扱いません。

2020年現在の現状・認識で記載されています

将来的にこの認識が変わる可能性があることは、あらかじめご了承ください。



WebPとはなにか?

『WebP』は2010年にGoogleが開発した、GIF・JPG・PNGなどに代わる新時代の画像規格です。

WebP

— Wikipedia —


利点は後述しますが、「データが従来の拡張子と比べ、最大で半分になるぐらいに軽く、画像劣化も少ない」ところです。同じようにGoogleが開発した『WebM(ウェブエム)』という動画規格もありますが、ここでは割愛(かつあい)します。

WebPがウザい・嫌われる理由

しかしネット・SNS上ではWebPに苦言する内容が2010年代後半から言われるようになり、Googleのサジェスト(検索予測)でも、

  • WebP ウザい
  • WebP 迷惑

といったネガティブな単語が並ぶようになってしまいました。

WebPが嫌われる一番の原因は、「現状だと通常画像アプリケーションで開けない」ことでしょう。

つまり、PCやスマホにダウンロードしても、通常の『フォトビューア』や『プレビュー』など、標準搭載されたものではWebPの中身を見ることはできず、Chromeのブラウザ上や専用アプリケーション、または拡張機能が必要になってしまいます。

それに加え、「Googleが作った」なだけあってWebP未対応なブラウザ環境も少なくなく、iPhoneなどのiOS SafariのWebPは、2020年になってからようやく実装されたほど(WebPの登場は2010年)。 


WebPをJPGに変換するアプリケーションやオンラインサービスはありますが、閲覧者側からすれば、手間がかかってめんどくさいものです。自分も絵を描く資料集めで画像収集することがあり、WebP画像を見かけると「WebPかよ……変換しなきゃ」ってなりますからね。

その落胆ぶりをMacユーザーにわかりやすく言うならば、「ダウンロードしたらMacでは基本的に開けないexeファイルだった」に近いかと。

それでもWebPが使われる理由

それなのにも関わらずWebPが使われるのは重ねるように、「容量が軽くて劣化も少ない」からです。

サイト制作・運営では常識の話でしょうが、

  1. サイトの容量は極力軽くし、極力3秒以内に表示されなければならない。
  2. なぜならSEO(検索優位性・最適化)が低下して検索評価に影響が出るし、5秒以上かかるとユーザーの離脱率も上がるから。
  3. しかし画像というものは重いデータの宝庫。かといって高解像度の液晶が普及した現代で、容量削減で小さい画像を使っては表示が荒くなってしまう。
  4. GIFが画素数が足りないし、JPGは軽くすれば劣化し、PNGはそもそも重たすぎる。
  5. 画像が軽くて劣化も少ないのは、WebPしかない。

ゆえに今のサイト制作では、WebPを適用するのはほとんど当然であり、WebPが非対応のブラウザのみ、JPGやPNGなどに代替表示されるようにする記述が主流とされています。

特に当ブログのような「画像メインのイラストブログ」において、「重い画像でサイト点数が下がり、検索結果も下がって離脱率も上がる」は最悪のパターン。SVG(ベクター画像)やローディング画面、レイジーロード(遅延読み込み)もしていますが、根本的対策はWebP画像を使用して、容量を軽くすることです。

PageSpeed Insights』という表示速度計測をするサイトでもWebPの適用は推奨されていて、していないと「次世代のフォーマットを適用してください」と改善注意をされます。

PageSpeed Insights

— Google —



WebP,Google,画像,拡張子,ウェッピー
当ブログはWebP化していますがツイッターのフィード画像が引っかかったようです

ものすごく砕けた言いかたをすると、「まだJPGとかPNGみたいな時代遅れのヤツ使ってるの? 今の時代はWebPなのにだっさーい! プークスクス!」という感じでしょう。まあ語弊はあるでしょうけど。

繰り返しますが、WebPはJPGやPNGと同じ画質・大きさでも、最大で半分の容量に抑えられて劣化も少ないですからね。

最後に:閲覧者の気持ちもわかるけど切実な事情もある

以上、WebPにおける現状と事情を解説しました。

  • 運営・制作者側】「WebPは今までの画像と比べて容量がめっちゃ軽いし劣化も少ない! 便利!」
  • 閲覧者側】「保存したらWebP画像じゃねぇか……開くのめんどくさいしウザいわ」

2020年の段階では、この双方の溝が深いんですね。

WebPはGoogleが推(お)しているだけあって、将来的に使用することが当たり前になっていきます。従来の拡張子のように簡単に開けるような仕組みになれば、WebPを冷ややかに見られるのもなくなるでしょう。

当サイトもWebPですが、作品投稿サイトや支援サイトでは従来どおりJPGで公開していますので、気になる絵がある場合はそちらも覗いてみてください。

『ミニ四駆超速グランプリ』の一周年記念でエアロアバンテが登場して、「そこはガンブラスターだろ!」となったのは、多分自分だけではないはず。同じ1/1実車モデルがあるし、ゲーム中に登場するマシンのラインナップを順当に考えるとね。

エアロアバンテは確かに洗練されてカッコよく、アバンテシリーズの中で一番好きだけれど、ARシャーシどころかスーパーXシャーシすらまだ未実装で、未来からいきなりタイムスリップしてきた感がある。

ガシャメダルを貯めているのは、ガンブラスターのためと言っても過言ではない。

絵描き・物書き・デザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。