ENTRY
雑記
ご依頼・お問い合わせ
雑記,ピクシブ百科事典,マナー,ROM専,マナー問題,問題ユーザー

過去に『ピクシブ百科事典』を1年強ほど、『Wikipedia』を8年近く書いていましたが、2019年にはフリー百科事典の執筆活動から完全に手を引きました。フリー百科事典……というより、『ピクシブ百科事典』については問題点が多かったので、実体験も踏まえた上での記載と、引退した経緯についても以下につづっています。

特に誠実で真面目な執筆者ほど、この記事を見て考えていただければ幸いです。

批判要素注意 正しい批判(建設的批評)を心がけて執筆しています

ピクシブ百科事典のマナー問題

誰でも書き込めるフリー百科事典はどこでも、執筆者のモラルやマナー、「ぼくのかんがえたさいこうのきじ」といわんばかりの自己主張・私物行為、信憑(しんぴょう)性に欠いていたり誹謗(ひぼう)中傷行為など、客観性に欠く執筆姿勢で問題になる事案は大なり小なり発生します。

しかしピクシブ百科事典は特にひどく、その短い期間の活動の中で、自分のように真面目に情報を熟考して記事の充実や、ほかの執筆者に意見を求めて指摘やアドバイスを素直に耳を傾る姿勢。そして間違いをすぐ認める、謝れる執筆者は、ほかのフリー百科事典と比べてもかなり少数派である可能性が高いと感じました。

執筆者は『ROM専(作品投稿もせず、基本見るだけ。もしくは記事やコメントを書くだけが目的な人)』と呼ばれる人たちが多くを占め、協調性に乏しく独りよがりなタイプばかりで、彼らの共通する問題点についてはこちらの記事で触れています。

  • 【実体験】pixivのROM専(見るだけの人)はウザいのか考える【マナー問題】
  • 関連記事  »
    【実体験】pixivのROM専(見るだけの人)はウザいのか考える【マナー問題】

上記記事でも述べたように、執筆者としての責任感がなく、指摘・意見される覚悟もなければ、ほかの執筆者への礼節すらも乏しい自己中心的な人が多すぎて、「いっそ自分のブログにでも書けよ」とツッコみたくなるレベルでしたね。

以下からは実際にこちらが被害を受けた、迷惑・悪質ユーザーの体験談を紹介します。

「挨拶はいたしません」と返す常識を疑うユーザー

編集合戦があったことから、記事の「要議論」と記載された断り書きを何度も無視し、意見交換もなく勝手に書き換えるROM専ユーザーがいたので、挨拶(こんにちは)を踏まえた上で「要議論の場所なので、書く前にまずコメント欄で意見を出して議論をしてください」と注意したところ、

「pixivの関係者か何かですか? 挨拶はいたしません」

実際に送られてきたpixivメッセージ

と、常識を疑う内容を返してきて、内容も正当化と自己主張が強い極論ばかりを主張したユーザーがいました。文面から察するに文章能力が低く、真面目な内容ですらネットスラングや定型文を使う人のようです。

『Wikipedia』なら議論がなくても、30文字程度の文面・節を議論なしに無断で編集・削除すれば、議論を通すようにと怒られますし、『ニコニコ大百科』やほかのwikiでも一部、コメントのレベルが低いのは否めませんが、少なくとも執筆者同士や閲覧者との意見交換は行われます。

ゆえに、一応正しい批判の範疇(はんちゅう)で、

  • 相談】なんのためにコメント欄があるのか。
  • 行動】相談書きを幾度も無視は執筆者以前に人として問題。
  • 挨拶】挨拶は全世界の常識。言い忘れはともかく「挨拶はしない」と返すのはダメ。

これらの要点をまとめて指摘しましたけど、その後は返信もせずだんまり。

実はこのユーザーの注意コメントは2回目で、1回目の注意を無視した後、執筆履歴には逆ギレともとれる開き直りコメントを書いていました。無責任なROM専執筆ユーザー(書き専)は多いですが、ここまで常識知らずな人は逆に印象に残りますね。

『アンチネット私刑』を行う自称発達障害

ネット私刑をする人に対し、ネットの偏向(へんこう)的な情報・知識を基に、裏取りがない方法論による制裁手段を記したり、該当するユーザーを百科事典に記載して晒(さら)し・拡散させる『アンチネット私刑』を行うユーザーがいました(ROM専ではないが発達障害持ちと公言)。

百歩譲って個人ブログで書いているならまだ許せますが、百科事典に記載してその方法論でトラブルが発生したら誰が責任をとるのかってなりますし、百科事典執筆には公平・中立性の姿勢が前提で、恣(し)意的に書くのは大問題です。

その独善的・私物化な行動の数々が目に余ったので厳しく注意すると、まるでドラえもんにすぐ頼るのび太のように、自己研鑽(けんさん)もせずなんでも頼ろうとした様は、正直呆れましたね。特定晒しは本人曰く、「過去に嫌な目に遭(あ)わされたからすごく心証が悪い」だったそうですが、心証が悪いからって同じようにやり返すのは子供のすることです。

さらに礼節・マナーに乏しく(毎回の返信が4日〜1週間後で、遅れたお詫びも言わないし忠告をあまり聞き入れない。自分に都合の悪い部分は無視し、謝罪は言えるけど反省しないなど)、自助努力もせず注意・指摘も忘れて問題行動を繰り返す感じで、ネット私刑を嫌うのにネット私刑を行う自覚もしなければ、改善も反省もしない。

話の論点もずらされて噛み合わずに平行線になることも多く、その時点で「関わっちゃいけないタイプかなこの人?」と薄々思っていましたが、結局注意したはずのネットで聞きかじった知識を確かな方法論として再び流布し、身勝手な行動に対する謝罪の言葉すら述べず、何事もなかったかのようにこちらへまた頼ろうとする有様でした。

発達障害を考慮しても、人に厳しく自分に甘い行動には看過できるものではなく、もし仕事だったら容赦なく切るレベルでしょう。当人は「理解するために、詳細を具体的に伝えてください」とプロフィール欄に書いていたのにも関わらず、実際に細かく伝えても無視したり受け入れない姿勢なら結局意味がない。

それにその配慮は、「発達障害を理由にして、相手が余計疲れさせることを強いている」ってことですからね(この人に限らず発達・精神障害者の一部には、「理解して」を持ち出しながら、相手に無意味なことをさせたり、そのことに罪悪感すらも抱かず、逆ギレする人も一定数いるそうです)。

こういう発達障害を免罪(めんざい)符にして迷惑行為を反省せず開き直る人がいるから、発達障害を持ちながらも頑張る人たちすら一緒にされてしまい、ますます当事者は肩身が狭くなるんですよね。

さすがにしつこかったので、今後自分に関わらないよう固くお断りしたものの、お別れした後も全く反省していなかったようで、ツイッターで当サイト記事を引用しては、論点がずれたトンチンカンな批判行為をし始めている始末でした(全体を読まず、特定の節だけに極端な反応をした内容なので、批判と呼ぶにはいささか不適当ですが)。

社交辞令や濁した言い回しより、「迷惑だから関わるな」とストレートに言わない限り、頼っていいとか甘えていいと勘違いし続ける例で、「見捨てるのも優しさ」を再確認しました。もし独善的な行動を反省し、改善に務める人だったら、まだ救いはあったでしょうけどね。

しかし謝罪はしても反省はしないって、謝罪を述べない人以上にタチが悪いのか……と驚くばかりです。

ちなみにこのユーザーは後々知ったのですが、実は様々な人にストーカーや歪曲・独善的行動をやっていたり、都合が悪くなると障害を免罪符に言い訳・自己正当化するなど、百科事典の界隈(かいわい)では多方面から煙たがられている悪評高い人物だったことがわかりました。

聞く耳を持たず白紙化を繰り返したユーザー

とある記事を「著作権違反」と称して何度も白紙化(記事内容すべてを削除する行為)を繰り返すユーザーがいて、別の利用者が実際に意見交換したそうですが、「私の権利が侵害されているから白紙化は当然だ」と、聞く耳を持たず会話も通じない人がいたんですね。

実際は著作権や権利違反とかではなく、「自分の編集した記事が荒らし記事扱いされたから、報復として白紙化していた」のが事の顛末(てんまつ)らしく、その該当記事の編集履歴は見ていないものの、どうやら複数の記事に独善的編集や記事の私物化を繰り返していたようです。

要は、自分を正当化した逆(さか)恨みですよね。もちろん、上記の問題行動が事実であるならば……ですが。

自分も「返信は求めませんし今後も送るつもりもありません」と前置きした上で、「問題があるのであれば、ちゃんとコメント欄などで議論してください。コメントできない理由があるのなら、コメント可能になるまで編集は控えるべきです」と伝えたのにも関わらず、全く効果がなく白紙化をし続けたところを見ると、相当性格に問題がある人のようでした。

現に、自身の横暴な行動には悪びれもせず開き直り、露骨な被害者意識で論点をずらし、「私は被害者だ。お前らが悪い」を繰り返していたと、メッセージを送ったユーザーは実際に語っていましたよ。

その話を事前に聞いていたので、送った後にブロック処置をして、余計な言い争いを受けないようにしていました。ただ、その悪質ユーザーは「指摘・意見される」自体を許せないらしく、先述したほかのユーザーのメッセージを通じて「ブロック解除しろ」と催促(さいそく)していたようです。

このようなことが1ヶ月近くにも渡り、運営へ幾人もが苦情を送りましたが、その問い合わせを放置。結局自分が見かねて、1ヶ月近くに及ぶ複数件の苦情を放置した件、該当ユーザーの対処を怠った見解の開示・返答期限を求めた厳しい口調のメールを送付し、ようやく運営は重い腰を上げ、アカウント凍結をしました。

とはいえ、そのユーザーの名前を晒して刺激をした一部のユーザーにも問題はありましたから、「たとえ悪質ユーザーであっても、アカウント名を晒して応酬(おうしゅう)するのは同じレベルの低い行為だから控えるべきです」と注意しましたけどね。相手が問題だったら、どんな攻撃行為をしていいという理屈は間違っています。

検挙されかねない強迫行為

引退後の2020年初頭にあった話で(執筆引退は2019年の夏ごろ)、経緯は不明なものの、とある記事執筆に関わったユーザー全員へ、メッセージや投稿作品タグを通じて迷惑・脅迫行為を行うユーザーがいたんですね。

引退済だった自分の場合は、投稿作品のタグ荒らしや、繰り返し「死ね」や意味不明な文面のメッセージを送りつけられた程度でしたが、中には「京アニ事件(京都アニメーション放火殺人事件)のような悲惨な目に遭わせてやる」という趣旨の内容が来た人もいたそうです。

これでもマイルドな表現で、実際はもっと過激な脅迫内容でした(ここで書き起こすのも嫌になるレベル)。

そんな内容をネット掲示板に書いて警察に検挙された人だっているのに、「ここまで書くと犯罪行為だ」という想像力はなかったのかと言いたいところですが、その報告をコメント欄で見かけたことで少し腰が引けたらしく、意味不明な文面やシンプルに「死ね」と書くメッセージを送りつけられる方向転換を図ったらしいですね。

多分その経緯の後に、引退済だった自分宛てへメッセージを送りつけたり、タグ荒らしをするようになったのでしょう。一応弁解しておきますが、引退後は編集どころか、百科事典すら検索除外で見えないようにしたので、この悪質ユーザーとの接点も関わりも全くありませんでした。

かなりの粘着質なストーカータイプで、こちらの被害はほかの人と比べて軽微だったとしても、投稿作品の管理画面を開くたびに異常な量の通知が届き、メッセージを開いたら「死ね」と書かれたり、支離滅裂で意味不明な文面の荒らしメールだったというのは、慣れていても気が滅入るもの。

一度や二度ならまだしも、1ヶ月近くもほぼ毎日のように来ていましたから、「よっぽどヒマな人なんだろうなぁ」と、当時はそういった報告は言わずに伏せていました。しかし、いたちごっこのようにメッセージ削除や、タグ編集ロックで対策している様は、まるで壁に書かれたスプレーラクガキを消す清掃員のようです。

「タグ荒らしに遭っているようですが、もしかしてこのユーザーだったりしませんか?」とメッセージを送ってくれた人もいたぐらいですから、周囲にも相当な被害をまき散らしていたのでしょう。

このような検挙されかねない案件で、しかも何人もの人がメッセージのスクリーンショットを貼って「これ犯罪じゃないですか?」と送られてきたにもかかわらず、運営の対応スピードは普段どおりで遅く、事後報告もなかったそうです。

ただ、運営も(初動が遅かったとはいえ)全く動いていなかったわけでもなく、アカウント凍結はしたみたいですけど、この悪質ユーザーは別アカウント・なりすましアカウントを作って荒らし行為を繰り返していて、送りつけられてきたメッセージも、「内容はほぼ一緒でアカウント名が別」みたいな内容ばかりでした。

pixivの仕様上、退会ユーザーやアカウント凍結ユーザーのメッセージは消せないので、今でもメッセージを開くと、その悪質ユーザー書いた一部のメッセージが消されずに残ったままになっています。

問題も多い運営側

以上のように、無料登録の弊害か、サブカルチャー中心コミュニティだからか、そういった一般常識や対人関係にいろいろ難がある人が集まりやすいのか。ピクシブ百科事典は民度レベルが低く、マナーがあまり守られていない状態です。

しかし、運営側にも多くの問題があり、迷惑ユーザー対応には消極的か、放置を選択することがほとんどで批判も多く、記事の私物化・不要記事の乱立・編集合戦のみならず、特定のユーザーを一方的な正義感や逆恨みから、名指しで記事に晒し、ときには誹謗中傷もする報復行為も常態化しています。

誕生から10年以上たつのに、未だに記事の「保護機能」を実装しようとしません(編集禁止措置はあるにはあるらしいですが、使われるのはほとんどないそうです)。保護機能はフリー百科事典において、荒らしや不必要な編集合戦を防ぐために必然の機能です。

運営が動かない裏には、毎日のように下らない内容や私怨(しえん)による通報、pixivとピクシブ百科事典の運営は名義が異なる別会社で、その連携が取れていないと推察(すいさつ)しますが、であれば、明確なお断り事項をお問い合わせの上に用意したり、メッセージや専用の連絡用業務アドレス活用などといった、対策努力はできるはず。

仮にどうでもいい通報を取捨選択する目的、またはユーザーのモラル任せで連携対応をおろそかにしているのであれば、それは本末転倒であり、お問い合わせや執筆ガイドラインもかなり曖昧(あいまい)でずさん。ほかのフリー百科事典はここまで緩くなく、ほとんどが厳格に規定されています。

むしろここまで甘いのはピクシブ百科事典ぐらいしかないかと。そして上述したような、

  • お問い合わせ放置】1ヶ月近くにも渡った苦情や問い合わせを放置。厳しい口調のメールを送付しても、結局運営からの返答はなかった。
  • 犯罪行為も対応が遅い】脅迫といった犯罪行為でも対応が遅い。被害を受けたユーザーはその間、アカウントを作り変えて繰り返される荒らし行為に耐え忍ばざるをえなかったし、事後報告も一切ない。

真面目な通報・メールですらこの有様で、ピクシブ運営は「ユーザー同士のトラブルはユーザー同士で解決して」がそもそものスタンスです。ささいなものや軽微なものであれば、利用者間で完結できますし、そこまでのボーダーラインならこの文言は間違っていません。

しかし、明らかな誹謗中傷や悪質行動に対しても、そのスタンスを拡大解釈して放置を選択するのは、ただの怠慢。真面目なユーザーは泣き寝入りするしかなく、離れていった結果、問題ユーザーばかりが残るんですね。これもまた、ピクシブ百科事典はマナーが悪いといわれる要因のひとつです。

管理できないのであれば、執筆を有料会員限定にするとか、辞書のように200字程度の概要のみを記載するシステムへと変更・縮小するか、それすらも困難なら閉鎖も視野に考えたほうがいいのではないでしょうか?

とはいえ、ここまで苦情を言われても閉鎖を考えないのは、おそらく広告収入があるからでしょう。これは「ヤフコメはなぜ閉鎖されないのか」の記事でも述べましたが、ある意味、ピクシブ百科事典はヤフコメの構造と似ているんですよね。このあたりは以下の記事で詳しく書いていますので、参考にしていただければと思います。

  • 【ヤフコメ】『Yahoo!ニュース』がコメント欄を廃止・閉鎖しない理由【誹謗中傷】
  • 関連記事  »
    【ヤフコメ】『Yahoo!ニュース』がコメント欄を廃止・閉鎖しない理由【誹謗中傷】

そのほかのフリー百科事典について

ピクシブ百科事典ほどではないにしろ、『アニヲタwiki』もほぼ似たケース(持論流布や独善的記載、ソース〈論拠〉掲示が完全に任意など)が少なからず見られ、『ニコニコ大百科』は執筆が有料なので、編集合戦が比較的少ない部分は評価できますが、個人ブログで書けばいいような記事(〇〇の炎上問題など)の一部散見や、無料でも書けるコメント欄のマナーが非常に悪いです。

『Wikipedia』の場合はガイドラインが細密で、執筆者として書いた文章に責任を持つ人が比較的多く、執筆者同士に敬意を払う文化が根づいていました(ただ、管理者権限をもつユーザーは性格に問題のある人が多いようで、自分もIP巻き添えで編集ブロックされたことが何度かあります)。かなり厳しいので、そういった礼節面の不満は別段ありません。

むしろソース掲示に厳しいぶん、情報のリサーチに時間を割くことになってしまい、記事の作成や加筆に途方もない時間がかかってしまうのがネック。新規記事作成に半日以上も時間を費やすのも珍しくなく、ある意味では「執筆に日常生活の時間を割く恐れがある」のが、Wikipediaの問題……まあ、執筆者自身の管理能力の問題ではありますが。

……とはいえ、冒頭でも記載したように、Wikipediaユーザーでも独善的で変な人や書き逃げ、お礼の一言も言えない人はいましたし、アニメ・ゲーム・映画などのサブカルチャー系だと「ぼくのかんがえたさいこうのあらすじ・じんぶつしょうかい」で、見るのも痛々しい記事や過剰(かじょう)記載はいくつもありますけどね。

フリー百科事典であれば、どこでも問題ある人が一定数いるのは仕方ありません。しかし確実に言えるのは、フリー百科事典の中でも『ピクシブ百科事典』がダントツで無法地帯であることです。

引退したふたつの理由と引退後の被害

マナーの悪さと自己主張の強いユーザーに疲れた、日常生活に支障を来たしかねなかったのも要因でしたが、それよりも決定的な理由だったのが、

  • 共同執筆の問題】書いたところで共同執筆なので、実績にはならない。
  • ブログ発信に注力】情報発信は自分のブログでやればいいという改め。

と気づいたので、ピクシブ百科事典のみならず、フリー百科事典執筆そのものの引退に繋がりました。

執筆活動自体は文章・文法の勉強、意見交換のほかにも、(これまで偉そうに言っていますが)自身も完璧ではないので、視野が狭い記事コメントにはほかのユーザーから注意してもらい、反省して改めるなど、認識や客観性を広げる一助になったのは事実です。

だから、必ずしも数年間の執筆活動は間違っていたと言うつもりはありません。でも書いたところで自分の実績にはならないんですよね。「誰でも書き込める・誰でも書き換えられる」のだから。

それに百科事典記事ばかり書いていたら、ブログを書く頻度も下がってしまいます。せっかく維持費払ってブログ運営しているのだし、最低限の執筆能力はあるのだから、そちらに力を入れるべきであると。数年かかってしまったのはお恥ずかしいところではあるものの、気づけてよかったと心底思っています。

ただ、上記の問題行動を起こした誰かなのか、全くの無関係かは不明ですが、未だにピクシブ百科事典以外の場所で、自分をとにかく悪者にして誹謗中傷したい人が未だにいるようです。

2021年にはアットウィキというwikiサイトで、このブログ(リニューアル前)のつぶやき欄をスクリーンショットで撮影し、その中身を口汚い言葉や誹謗中傷する文言に書き換えたコラ(合成)画像を作成して、「こいつはすぐ誰かを誹謗中傷をする、口汚いクソ野郎」みたいな感じで拡散させていたのは悪質でしたね。

百歩譲って、過去にやった「事実」が書かれているのであれば、それは自身の業(ごう)として受け入れなければなりませんが、この件は完全にでっち上げの捏造(ねつぞう)行為。

その内容もさることながら、リキッドレイアウト・レスポンシブ改行の法則をぜんぜん考慮しておらず、明らかにコーディング知識がない素人が書いたものであり、フロントエンドエンジニアとしての顔を持つ自分が書いた文章ではないと、一発でわかるでしょう。

さすがにここまで来ると、ヒマを持て余している人というより、なにか心に闇を持っているんじゃないかとか、精神的な病気や障害を患っているのではと冷や汗をかきそうです。

無論、だからといって免罪符にはなりませんから、この件については名誉・信用毀損(きそん)や著作権侵害行為でもあるため、大人としてしかるべき対応をさせていただきました。サイト内画像・デザインの悪質な二次利用という、当サイトのプライバシーポリシーにも違反していますからね。

そのコラ画像を鵜(う)呑みにする人はいないと思いますけれど、思わぬところで地味に引きずっているなぁという感じですね。

最後に:情報発信力がある人ほど無料登録書きこみを控えたほうがいい

以上が、ピクシブ百科事典の問題点と、自分が執筆活動を引退した経緯・理由および被害体験になります。自己分析とその反省も兼ねて、問題提起のような内容に仕上げました。

なおこれはピクシブ百科事典をはじめとしたフリー百科事典のみならず、『Yahoo知恵袋』や『発言小町』などの、質問サイトへの回答行為も同様であるとつけ足しておきます。

あそこも無料登録だからか、上から目線で優越に浸りたいだけの返答、否定しかしない回答者や、誰かの意見をオウム返しして、あたかも同調する意見のように振る舞う信念のない人。そして質問内容の字面だけを見て「じゃあ〇〇すれば?」みたいな極論者ばかり。

なぜか・現実的にどう改善すべきなのかを仮説を立てて、再定義して考える「Why思考(正しい批判)」の人は圧倒的に少なく、後者の人はそのような場所よりも、ブログでも作って問題提起をしたほうが、文章の価値が高まります。

自分と同じように熟考できる、執筆能力がある人は、ブログやサイトを立ち上げたりフリーライターの仕事をしてみたりと、「自分の技量・成果」として文章を発信すべきです。そのほうが、あなたの書く文章をさらに価値を高めてくれますし、職によっては実績にも繋がりますよ。

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

カテゴリ: 雑記他

#  #

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にはご注意ください。また、期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。内容の承諾にはいくつかの注意事項があります。詳細は「詳しくはこちら(ご依頼・お問い合わせ)」をご参照ください。

詳しくはこちら