R-15
創作他, 雑記他

オリジナル,ソーシャルメディア,SNS,SNSをしない理由,ひねくれ者が多い理由,陰湿,無知

自分はpixivなどのSNS(ソーシャルメディア)を活用し、ツイッターは更新報告・作品公開・情報収集の場として利用しています。しかし、利用しているからって他者にSNS利用を基本的に勧めたりはしません。

この記事では、

  • なぜSNSをしなくても生きていけるのか
  • SNSのひねくれ者・無知な人の行動例と原因

上記のテーマ・考察を主題に書きすすめていきますので、意見の参考にしてもらえれば幸いです。

なお「ツイッターはSNSではなく、(公式見解上)ミニブログでSNSではない」との意見もありますが、便宜上ツイッターもSNSとして扱いますのでご容赦を(というか、以下に書いてある8割はツイッター関連です)。

主にSNSを指して書いています

ネットでも言える内容ですが、基本的にSNSを指していると考えてください。


SNSはしなくても生きていける

昨今ではSNS……特にツイッターを利用することが当たり前のような風潮がありますが、使わなくても生きていけますし、使わなくても日常生活に大方支障はありません。ソース(情報源)は友人や元仕事先の先輩。

別にしなくてもご飯は食べられ、手続きに困ることもありませんからね。せいぜい居酒屋で割引が効かないぐらいでしょう(どちらかというとフェイスブックが多いですが)。

もちろんSNSは情報拡散が強い一面があり、絵描きなどのクリエイターや、何かを訴えたり意見を発信する情報提供者なら、宣伝にはもってこいのツールで、災害時の状況にもその一面が発揮されています。そこは大きなメリットです。

ですがそうでない場合、無理に使う必要はありません。むしろ流行っている理由でなんとなく利用するほうが一番ダメです。

規模が大きいツイッターでは、ツイートする=情報発信者になるをより自覚する必要があります。自信がない、特に必要だと感じていない場合は利用しない勇気を持つのも大切で、恥でもありません。

もし知り合いに利用を強要する人がいれば、ツイッターやSNSの性質やリスクを理解していない可能性が高く、いずれツイートや写真にいいねやリツイートをさせられ、承認欲求を満たす道具に扱われる未来が目に浮かびます。連絡目的なら、メッセージアプリや電話・メールを活用すればいいだけの話。

やってないなんて恥ずかしい、非常識と垂れる人たちも、安直な動機で明確な目的もなく始めたような人たちでしょう。怖さを知らないですから、いずれ痛い目を見ますね。

SNSをやみくもにすすめない理由

自分がSNSを相手に強要しないのは、

  • 一部利用者のマナー問題とツイート内容
  • 100数字程度の文字表現という難しさ
  • 「気軽すぎる」というリスク

特に最初の理由が一番大きく、リテラシー(情報を精査・ツールを正しく使う能力)がないまま利用する人たち当たり前の時代。顔出しや実名登録のフェイスブックですら問題発言する人がいるほどなので、実名義務化で解決できるような単純な問題ではなくなっています。

もちろん理解した上で利用される、リテラシーをわきまえている同士のやりとりは有意義で微笑ましいものです。実際にそういった人たちとツイートするのは楽しいですけれど、一部利用者の行動が目に余るのも事実。

その目に余る利用者というのが重ねるように、『ひねくれ者』と『無知な人』の存在です。

SNSのひねくれ者たち

元々ひねくれ者である自分ですら、「ネットでもそうだけど、昨今のSNSはドン引きするほどのひねくれ者が多い」と感じるほどです。一応ひねくれ者の定義をしておきますが、

  • ひねくれ者】ネガティブであまのじゃくな性格のみならず、すぐに攻撃的・喧嘩腰な態度をとったり、迷惑行為を働く人。

以下から、彼らの具体的な問題行動を列挙します。

内容に脊髄反射・誹謗中傷問題
記事のタイトルや特定の単語だけで脊髄(せきずい)反射し、見当違いな攻撃的投稿で誹謗(ひぼう)中傷する行為は、いわゆる『クソリプ』と呼ばれ、読解力がなく文章が読めない人ってホント多くなりましたよね。

双方の視点を踏まえた意見より、称賛かバッシングといった極論が支持されるのみならず、論理的な意見より感情的な内容が拡散されやすいのも特徴です。デマ拡散だった場合も謝罪・反省する人がほとんどおらず、犯人探しや責任転嫁をして自己保身する姿は不愉快極まりないもの。

この脊髄反射・誹謗中傷問題がSNSにおける一番の問題点であり、負の要素だと考えています。


ソーシャル悪質クレーマー問題
偏(かたよ)りがあるかもしれませんが、サブカルチャー関連(特にアニメ・ゲームのキャラクターアイコンの人)でよく見られます。せっかく楽しんでいるのにできなくなったり、やり場のない気持ちが沸くのは分かるにしても、お詫びは当然、できて当たり前なんていうお客様は神様姿勢をとっていいものでしょうか?

販売店に来る言いがかりクレーマーもアレですが、顔が見えないからとやりたい放題。ある意味彼らのほうがタチ悪く悪質だと思うことがありますね。

アニメだったらやたら作画作画と騒ぎ、キャラクターデザインが気に食わないだけで作画崩壊。まるで粗探しのためだけに観て、批判という名の批難をする人もいますよね。批判・批難は全く違うのに、違いが分かっていない人が本当に多いです。

……こういった思い上がった行動の極めつけが、「自身の二次創作物や考察こそ真実の展開であり、公式の設定や展開はニセモノだと豪語する」人や、二次創作物を公式が後年、偶然似たものを出したら「公式が自分の作品をパクった 」と言い出す人でしょう。

二次創作は元作品に敬意を払い成立するもので、人のフンドシで相撲をとっていることは忘れてはならず、大変おこがましい行為でしかない。


つまらない・無関心・無知アピール問題
よくニュース記事のツイートや、アニメ・ドラマの実況タイムラインにおいて、

  • 「記事の内容がくだらん。読む価値ない」
  • 「どーでもいいし興味ないわ」
  • 「つまんね。作品の脚本が寒すぎ」
  • 「誰? 俺が知らないってことは無名でしょ」

……と、このような「つまらない・無関心・無知アピールをする人」ってほぼ必ず現れますよね。なんでいちいち盛り上がりや好意的な流れに水を差すんだろう……って思いますが、様々なサイトを見る限りでは、

  • 不満の抗議説】読んだ(観た)のに面白くなかった・つまらなかったことを抗議するために、そのような反応を書き込んでいる。批判・批難の区別がついていないタイプ。
  • 斜に構えている説】「大衆や流れに従わない俺かっこいい」と思っている人。経験上、家庭環境が恵まれない人や、SNSに居場所を求めて陰湿になった元いじめられっ子が多い。
  • ボキャブラリー(語弊力)が乏しい説】自分の言葉で感想を述べる国語力すらない(おつむが弱い)。ネットスラングや定型文を多用したがる。
  • ツンデレ説】どうでもいいと思っているように見せかけて、実はどうでもよく思っていない人。素直になればいいのに……
  • かまってちゃん説】「不満しかなかった! みんなもそう思うよね? 私だけじゃないよね?」と自己主張したい自己顕示(けんじ)欲が高いケース。こちらも人間関係が構築できない人や、実生活が恵まれていない人が目立つ。

「一方的な論調になるのはよくない」「同調圧力だから」って反論する人もいるらしいですが、「盛り上がりに水を差すこと」と「ディスカッション(議論)をすること」は異なる行為。批判・批難の区別がついていない以前に、「TPO(時・場所・場合)をわきまえられない、ただの空気が読めない人」です。

それに作り手としては、不満要素を持たれるのは大いに結構ですが、その改善策を具体的に説明されず文句を垂れるだけでは、改善のしようがありません。直してほしいならちゃんと建設的に伝えてほしいもの。

過激な主義・思想問題
まず断っておくと、主義・思想は思うだけなら自由ですし、それを頭ごなしに「(自分の価値観が正しいから)君は間違っている」と称するのは、ただの価値観の強要です。

しかし、政治的思想で政治家・法律・特定の国への誹謗中傷(ネット右翼・左翼など)や、自分が気に入らない・相反する対象にバッシングし、場合によっては企業の業務妨害をする様(過激な菜食主義・動物愛護者など)は度が過ぎた行為で、見ていて気持ちのいいものではありません。

また、ツイッターでは『ツイフェミ』と呼ばれる、男性向け作品を毛嫌いしたり女尊男卑的な言動(男性嫌悪:ミサンドリー)をする女性たちが(内情は伏せられているとはいえ)メディアでも報道され、企業にも実際に被害が出ているなど、問題視されています。

このような人たちの心理要因として、ゲーム『メタルギアライジング(MGR)』のセリフを引用すると、

「自分で考えるってのはなかなか大変だからな。誰かに与えられた意見や規範を、そのまま受け入れたほうが楽なのさ」

— 『メタルギアライジング リベンジェンス』より —


自分で考えて行動できない人は、メディア・ネット・SNSの情報に感化され、過激な主義・思想に走ってしまうんですね。『ツイフェミ』の場合はそれのみならず、「過去に男性や父親から肉体的・精神的被害を受けた」「性風俗を経験したから」など、笑えない事情が含まれている場合もあるそうですが……

ゲームの宗教化問題
特定のゲーム会社やハードに肩入れし、何かとグラフィック(動画の画質で判断)やスペック、性能差に執着。極めつけは日本のパッケージ販売のみで売れ行きを語る、ゲームよりも宗教戦争が楽しいと思う人たち。

そもそも本当にゲームが好きだったら、ハードごと買って楽しんでいるでしょう?

昔は専用の掲示板(隔離板)で区別されていましたが、いわゆる「ゲハブログ(ゲームハードブログ)」のせいで、無自覚に拡散する人たちが増えてしまいました。海外映画・ドラマは字幕か吹き替えか、車の免許のAT限定・MTで論争する人たちを想像すると理解しやすいかもしれません。

議論・討論のレベル問題
SNSの討論・議論は本来の意味とは全くかけ離れている有様で、ただのマウントとり(俺が上アピール)な水掛け論・罵倒(ばとう)合戦でしかありません。

トンチンカンな意見は無視してもいいですが、有益な意見までも聞く耳持たないのはダメ。SNSの討論・議論は、ただ程度が低い口喧嘩とマウントとりでしかなく、彼らは「建設的に話をしたいのなら、まずは自分が相手に思いやりをもって謙虚になる姿勢を見せなければならない」認識が欠けていますからね。

はじめから明らかに「自己優位性と勝ち負け」しか見ていないから喧嘩腰だったり全否定するような行動をするのに、相手には自身の真意をくみ取って建設的な話を要求させるというのは、一方的なごう慢でしかありません。


……SNSでは上記の人たちをほぼ必ず見かけますし、出会っても関わらないか無視をするのが最善です。間違っても親身に諭そうとしてはいけません。

関わってしまうと精神衛生的に悪いのみならず、逆(さか)恨みされて報復をされたり、実生活にも悪影響が出てしまう危険があります。一定のラインを超えたら法的処置に踏み込むケースありますが、お金も気力も使いますし、関わらずに無視で済めば、越したことはありませんね。

またネット・SNSは、職業や年齢、立場の壁をとり払った社会そのものであり、自由とは問題が発生した場合、その責任も払えるまでが自由という規範意識のもとに成り立つ概念です。「自由には責任を伴う」とはよく言ったもので、今の惨状は発言の自由がある世界などではなく、ただの無法地帯でしょう。

『情報弱者』と呼ばれる無知な人たち

上記のひねくれ者のみならず、ネットスラングでいうところの『情報弱者』と呼ばれる無知な人たちも、問題になっています。

本来、情報弱者とはIT環境が満足に利用できない国や地域・世帯を指し、無知な人も単に「モノを知らない人」ではなく、

  • 情報弱者】ツールの誤った認識、情報を精査せず翻弄(ほんろう)されるなど、思考力とネットリテラシーが乏しく、トラブルを起こすリスクが非常に高い人たち。
  • 無知な人】「モノを知らない」のではなく「無知(知らないこと)を自認せず、学習しない人」。能動的に動かず自己反省・改善ができない人のこと。

当記事ではこのように扱います。こちらのケースも、よくある問題行動の一例を以下に挙げておきます。

バカッター(バカ発見器)問題
特にSNSのリスクをよく分かっていない未成年や学生が陥りやすい行動で、「SNSはオープンな公共空間」という認識が低いため、平然と個人情報を載せた上で、迷惑行為を掲載しています。

これがバイト先だと『バイトテロ』と呼ばれるものになり、アルバイト従業員が店舗などで非常識な行為を撮影・拡散したせいで、損害賠償など、クビや退職だけでは済まされない場合もあります。

デマ拡散問題
内容を熟考せず「有名人が拡散しているから」「いいね・リツイートが多いから」という理由だけで、誤った情報を拡散する行為は、リテラシーが低い人の典型的な行動です。ひねくれ者の項目でもそうだったように、「内容をしっかり読んで、真偽の確認」をしていませんからね。

いいね・リツイートで裁判沙汰になったケース もあったせいか、「いいね・リツイートは同意・支持ではありません!」とプロフィールに書く人が増えましたが、その表明をする時点で問題を真に理解していません。安易な拡散を自省する能力が低い可能性があるでしょう。

よく読まずに拡散する問題は世界的にあるらしく、ネット・SNS利用者の6割が、共有の欲求を満たす目的しか持っておらず、内容はどうでもよくてタイトルだけで拡散する という、ワシントンポストの統計記事があるそうですよ。


パスワード使いまわし問題
パスワードを様々なサービスで使いまわしていて、パスワード保管もずさんなケース。だから乗っ取り被害にあっても「アカウントが乗っ取られた!」ばかりで、管理の甘さをあまり考えない人が多いですね。

個人情報の問題
住所・通学先・本名・プリクラ写真(顔出し)を公開している場合、ビジネスといった意図した目的、信頼関係が関わる場合はいいとしても、安易な公開は親族や知り合いに迷惑をかけるリスクがあるのを知ったほうがいいでしょう。

個人情報の延長線上で、第三者が写っている写真を無加工で載せるのは、肖像権やプライバシー問題にもなりかねません。「テレビに映ってる群衆はどうなんだ?」については、肖像権侵害の例外項目を事前に調べて確認しましょう。 

肖像権|人物の撮影→公表は肖像権侵害になる|差止・損害賠償請求

— 弁護士法人みずほ中央法律事務所・司法書士法人みずほ中央事務所 —


ペットの遺体を写真に撮ってSNSに載せる問題
ペット系のアカウントに目立つのが、死んだペットの亡骸写真を弔(とむら)いとしてSNSに投稿する行為(YouTube動画でも載せる人がいますが……)。

当人は悲しみの共有や気持ちの整理でしょうけど、第三者から見れば「動物の死体をいきなり見せつけられている」だけで不愉快でしかない。なぜ文章報告に留めたり、元気だった頃の写真にしないのかとか、限定公開ツイートや非公開ブログに載せる選択肢を考えないのでしょうか?

不特定多数の人が見る場に死体写真をあげるというのは、客観的想像力と道徳心の欠如と言われかねないものです。

大切な家族だというのなら、人間の家族でも葬儀のご遺体写真を撮って、同じようなことをするのかってなりますし、もし「それとこれとは話が違う」と弁解するのであれば、勝手なエゴでペットを無意識に家族には至らないと認めているのと同じです。

現金プレゼント企画のリツイート問題
2020年のコロナ禍(か)を機に、「フォローしてリツイートしてくれたら現金〇〇万円をあげますよ!」という現金プレゼント企画をするアカウントが増えました。中には本当に善意でやっている人もいるらしいですが、99%は詐欺。

後述した参考記事によれば、札束の山は偽札やレンタルを使い、口座確認の動画も、どこぞのネットバンキングのHTML・CSSデータをコピペして、簡単に作成できるとのこと。前者はともかく、後者なら自分でも1時間あれば自作できる、単純なサイト構造です。

世の中には「うまい話には裏がある」「タダより高いものはない」という言葉があるのに、ダマされる人がいるんですよね。実際にフォローしてリツイートすると、裏社会で「カモリスト」に記入されたり、闇金の融資、アカウント売買でフォロワー数を荒稼ぎするなどが目的といわれています。

最近では詐欺側も海外の公式アカウントを闇市場で購入し、あたかも「公式マークがついた本物」と偽ってツイートしているとか。自分も実際見かけたことがあり、見事にダマされたフォロワーさんがいましたね。

SNSで高収入バイトを紹介するツイートを流し、結果的に犯罪行為を行わせる『闇バイト』もそうですが、世の中にはそんなうまい話があるワケがない。



……このように情報弱者(無知)と呼ばれる人は、「SNSはオープンで公衆の場所」「テレビや新聞以上に、いい情報も悪い情報、正しい内容も間違った見識もあふれかえっている」という認識が欠けているので、これらのケースをよく考えずにやっているんですね。

補足1:「無言フォロー禁止」「FF外から失礼します」?

(全員ではないですが)上記のようなひねくれ者・無知な人ほど、

  • 「無言フォロー(フォローしても挨拶をしない)は禁止です」
  • 「FF(フォロー・フォロワー)外から失礼します」

「実生活と同じ礼儀・マナー」と称して持ち出し、これらをSNSで使う傾向もあります。自分から言わせれば全く意味不明な謎のやりとりかつ、ものすごく違和感で、SNSって相手と気軽に・広く・浅くつながる文化じゃないんですかね?

確かに他人に礼節や礼儀を払うのはオンライン世界でも必要ですが、それはマナーでもなく勝手なマイルール。数万・数十万人のフォロワーがいる有名人(インフルエンサー)は、その全員に対して挨拶ツイートをさせていると思っているのでしょうか?

百歩譲って無言フォローが嫌なら、アカウントに鍵をかけて非公開にすればいいだけで、無言フォロー禁止と言っておきながらアカウント公開しているのは矛盾しています。

なお「FF外から失礼」は日本だけしか使われておらず、海外でも日本独自のローカル文化だと紹介されています。 


丁寧な文化だと記事ではコメントされていますけど、自分からしたら皮肉に聞こえない。

補足2:「嫌なら見るな」は正論か的はずれか?

不愉快にさせかねない画像などの投稿行為へのよくある反論に、「嫌なら見るな」があります。これは人によって「そのとおりの正論だ」と言う人もいれば、「的はずれな反論だ」と考える人もいて、自分の意見は「『嫌なら見るな』は状況による」ですね。

たとえば、テレビで自分が好きじゃない番組があったり、検索したら不愉快なサイトが出てきたりする場合、これらは能動的に行動して、事前に回避することができます。つまり「嫌なら見るな」は通用します。

しかし、YouTubeのおすすめ動画やSNSのタイムラインで動物の死体画像なり、センシティブ(不適切)画像が流れてきた場合、ほとんどは事前の回避ができず、いきなりかつ大々的に見せつけられるものです。この場合の「嫌なら見るな」は通用しません。

自ら調べに行って「嫌なら見るな」はそのとおりで、自分で墓穴を掘り文句を言っているだけであり、ある意味自己責任といえるでしょう。しかし、急に不適切な画像・動画を、モザイクも注意喚起もなく見せつけられ、それなのに「嫌なら見るな」はただの自己正当化でごう慢です。

ひねくれ者や無知な人が多い理由

このような人たちが増えた原因は、

  • スマホという便利なツールが世間的に浸透し、「興味と資金力がある人が集う限定的な空間」から、「老若男女が誰でも気軽に扱える大衆的な空間」に変わってしまう。
  • 21世紀になってからは様々な人災・災害・不況などから社会の不満、将来の不安が大きくなり、そこにスマホの普及したことで、SNSに依存する人、実生活では言えない自己主張をする人が増えた。
  • 利用者が増加した分、リテラシー教育やリスクの周知が追いつかず分からないまま利用するので、思慮の浅いひねくれ思考・無知による問題行動が増加。
  • 発達障害者や精神障害者など、これまでは社会的弱者として声を出せなかったが、SNSの普及で彼らの意見も可視化されるようになる。しかし一部の当事者がそれをいいことに、無自覚な迷惑行為と過激主張を行うようになった。

個人的な推察ですが、このような流れになると思います。

スマホ・SNS普及前にもひねくれ者や無知な人はいましたが、決定的な違いは考えかたですね。パソコン通信時代やダイヤルアップ接続時代では「ちゃんと思いやりをもってルールを守り、空気を読んでから発言しましょう」で、ホームページや掲示板の冒頭に注意事項が書かれているなど、皆が意識を高く保って利用していました。

『ネチケット』や『半年ROMってろ』はその風潮を表す言葉で、最低限の治安が保たれていましたし、無知な人は書き込む前にルールを学んで学習し、ネットの怖さやリスクも大勢知っていたから、ひねくれ者であってもユーモアがある人が多かったんですね。

  • ネチケット】ネット・SNS利用で守ったほうがいい思いやりと暗黙のルール。現在では『ネット(SNS)マナー』と呼ばれることが多い。
  • 半年ROMってろ】「まずは一切書き込まず、掲示板だけを見て風潮・マナーを把握して、ちゃんと理解してから書き込め」という意味。「ネットリテラシー教育」の先駆けともいえる言葉。


しかし、スマホでインターネットが使える時代になってからは、「思いついたことは書き込んでみよう!」と気軽な空間になってしまい、怖さも知らないから、無知な人は思慮も配慮もなく考えなしに行動し、ひねくれ者たちは対象を叩き、人格否定や炎上・誹謗中傷を繰り返して自己欲求を満たすような集団になりました。

大衆向けになったことを否定しませんが、『ネチケット』『半年ROMってろ』の死語化とリスクを知らない初心者が増えたのはいただけない。ちゃんと法整備が整っていないからこそ、残さなければならない風潮です。

最後に:SNSそのものは悪ではない

ここまで言っておいてSNSを利用しているのは、ツール自体は便利で素晴らしいから。ツールを否定するつもりは全くなく、ここまで読んでいただいた方にはご理解いただけるでしょうが、

結局はSNSツール自体が問題よりも、使う人間側のほうが問題ということ。

もちろん、導入ハードルの低さや甘さ、アカウント作成が容易すぎるリスクを熟考していなかった企業側の問題はあります。とはいえ包丁を正しく使えば人を喜ばせるが、誤った使いかたは人を傷つけるのと同じで、ネット・SNSは、職業や年齢、立場の壁をとり払った社会そのものです。

正しい使いかたをしてこそ、SNSは真価を発揮するものであり、必要性を感じていない、リスクがあると思うのであれば、自分の意思を貫いて、「利用しない勇気」を持つのも大切です。

Netflixで『魁!! クロマティ高校』が配信されたから久しぶり観ている(DVDはレンタル落ちしたものを全巻持ってる)。

「殺す」を「ぶっころがす」にしたり、「ナイフ」を「イチゴ味」、「たばこ」を「下駄箱(“げ”たばこ)」にしたりと、自主規制を遊びにしてアニメ独自の魅力を放つセンスは、今の時代でも通じる遊び心。自主規制のマイナスイメージがほとんどないアニメだと思う。

絵描き・物書き+WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。