ENTRY
ご依頼・お問い合わせ
オリジナル,ソーシャルメディ,SNSをしない理由,ひねくれ者が多い理由,情報弱者

自分はpixivなどのSNS(ソーシャルメディア)を活用し、ツイッターは更新報告・作品公開・情報収集の場として利用しています。しかし、利用しているからって他者にSNS利用を無理にすすめたりはしません。

この記事では、

  • なぜSNSをしなくても生きていけるのか?
  • リテラシーが低い人はどんな特徴・リスクがあるのか?

上記のテーマ・考察を主題に書きすすめていきます。書いている内容はネットでも同様な内容も多々ありますが、基本的にSNSをさしていると考えてもらえればと。

なお「ツイッターはSNSではなく、(公式見解上)ミニブログでSNSではない」との意見もありますが、便宜上、ツイッターもSNSとして扱っていますので、あらかじめご了承ください(というか、以下に書いてある8割はツイッター関連です)。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

SNSはしなくても生きていける

昨今ではSNS……特にツイッターを利用することが当たり前のような風潮がありますが、使わなくても生きていけますし、使わなくても日常生活に大方支障はありません。ソース(情報源)は友人や元仕事先の先輩。

別にしなくてもご飯は食べられ、手続きに困ることもありませんからね。せいぜい居酒屋で割引が効かないぐらいでしょう(どちらかというとフェイスブックが多いですが)。

もちろんSNSは情報拡散が強い一面があり、絵描きなどのクリエイターや、何かを訴えたり意見を発信する情報提供者なら、宣伝にはもってこいのツールで、災害時の状況にもその一面が発揮されています。そこは大きなメリットです。

ですがそうでない場合、無理に使う必要はありません。むしろ流行っている理由でなんとなく利用するほうが一番ダメで、規模が大きいツイッターでは、「ツイートする=情報発信者になる」を自覚する必要があります。自信がない、特に必要だと感じていなければ利用しない勇気を持つのも大切で、恥でもありません。

もし知り合いに利用を強要する人がいれば、ツイッターやSNSの性質やリスクを理解していない可能性が高く、連絡目的なら、メッセージアプリや電話・メールを活用すればいいだけの話。やってないなんて恥ずかしい、非常識と垂れる人たちも、安直な動機で明確な目的もなく始めたような人たちでしょう。怖さを知らないですから、いずれ痛い目を見ますね。

SNSをやみくもにすすめない理由

自分がSNSを相手に強要しないのは、

  • リテラシーが低い人たちの問題】一部利用者のマナー問題とツイート内容。
  • シンプルだからこそ】100数字程度の文字表現という気軽さと難しさ。

特に最初の理由が一番大きいでしょう。

今は小学生すらもSNSを利用できるからこそ、人間の悪意や嘘の情報、極端な論調や誹謗(ひぼう)中傷など、無自覚・故意犯問わず、問題のある人や内容がたくさんあるのを知らねばなりません。こういった情報を発信する人、もしくは問題のある人を、当記事では「リテラシーの低い人たち」と定義します(後述)。

SNSを利用するとは、そういった人や情報を正しく精査し、国語力・読解力を磨き、身を守る自衛行動(リテラシーが高い行動)を取り続けなければならず、自己研鑽(けんさん)する力も必要です。

これってかなりのエネルギーと能動性が必要になるからこそ、SNSをむやみに推(お)し進めたりはしないんですね。ゆえに重ねるとおり、SNSを利用しないことも選択のひとつです。

「リテラシーが低い」とは?

先ほど触れた「リテラシーが低い」の定義を、より明確に説明するならば、

  • 国語力・読解力】リテラシーが低い人は、国語力・読解力に問題がある。
  • 情報精査・能動力】リテラシーが低い人は、受動的で情報を正しく調べられない。
  • 客観的視点・自己研鑽力】リテラシーが低い人は、自分を客観的に見ることができない。
  • SNSの理解力】リテラシーが低い人は、SNSのメリット・デメリットを理解しない。

当記事でのリテラシーとは、本来の定義である「国語力・読解力」のほか、『情報リテラシー』『ネットリテラシー(ITリテラシー)』『メディアリテラシー』の意味をすべて包括(ほうかつ)した表現を用いています。

以下から、彼らの具体的な特徴・問題行動を列挙しましょう。

国語力・読解力

わかりやすく言うならば、「日本語はわかるけど文章が読めないし書けない人」です。

単に文章が読めないならまだしも、すぐに攻撃的・喧嘩腰になったり、書いていないことを勝手に補完して、それを根拠に拡散させて風評被害を広める人たちで、誹謗中傷やクソリプと呼ばれるものや、SNS上で悪質クレーマー的行動をする人もこれに含まれます。

これらは日本のみならず、世界中で社会問題となっていて、SNSにおける一番の問題点でしょう。

また、よくニュース記事のツイートや、アニメ・ドラマの実況タイムラインにおいてだと、

  • 「記事の内容がくだらん。読む価値ない」
  • 「どーでもいいし興味ないわ」
  • 「つまんね。作品の脚本が寒すぎ」
  • 「誰? 俺が知らないってことは無名でしょ」

……と、このような「つまらない・無関心・無知アピールをする人」もまた、国語力・読解力が乏しい人がやる行動のひとつです。

なぜ彼らはこのような言動をするのかといえば、様々なサイトを見る限りでまとめると、

  • 不満の抗議説】読んだ(観た)のに面白くなかった・つまらなかったという抗議。
  • 斜に構えている説】「大衆や流れに従わない俺かっこいい」と思っている人。
  • ボキャブラリー(語弊力)が乏しい説】作文力が低く、ネットスラングや定型文を多用したがる。
  • ツンデレ説】どうでもいいと思っているように見せかけて、実はどうでもよく思っていない。
  • かまってちゃん説】「不満しかなかった! みんなもそう思うよね?」と共感と自己主張をしたい。

このような心理があるのではないかと言われています。

国語力・読解力が高ければ、もっと建設的な内容が書けるのに、非生産的でもったいないですよね。

  • 【実体験】文字は分かるが文は読めない人(文章が読めない人)の行動・心理と対処【ソニックトゥーン】
  • 関連記事  »
    【実体験】文字は分かるが文は読めない人(文章が読めない人)の行動・心理と対処【ソニックトゥーン】

情報精査・能動力

「情報を自発的かつ適切に調べる」ことで、この能力が低い人がやる一例が、デマ拡散や過激主張行為です。

前者のデマ拡散でよくあるのが、

  • 「いいね・リツイートが多いから」
  • 「有名人が拡散しているから」
  • 「専門家がそう言っているから」

このような理由だけでの拡散ですね。

しかし、熟考しない拡散は風評被害や冤罪(えんざい)被害が出ることもあり、幾度もニュースに取り上げられていますから、知っている方も多いでしょう。

いいね・リツイートが多いから、有名人や専門家が言っているから拡散する人は、仮に誤った情報を拡散して加害者の一員になるリスクは理解してほしいもので、実際、いいね・リツイートが裁判沙汰になったケースもあります。 

このような事例があってもなお、当事者たちは「いいね・リツイートは同意・支持ではありません!」とプロフィールに書いていたりと、本質からずれた行動をしているのは、本当に悩ましく思う部分です。

まずは安易な拡散を自省し、情報発信や拡散を慎重に行う改善意識を持つのが先です。それがわかっていないから、「同意・支持ではないですよ」というアクション(行動)を起こしてしまいます。

なお、よく読まずに拡散する問題は世界的にあるらしく、ネット・SNS利用者の6割が、共有の欲求を満たす目的しか持っておらず、内容はどうでもよくてタイトルだけで拡散する という、ワシントンポストの統計記事があるそうですよ。

SNSもネットも、職業や年齢、立場の壁をとり払った社会そのものであり、自由とは問題が発生した場合、その責任も払えるまでが自由という規範意識のもとに成り立つ概念です。責任をとらない自由はただの無法地帯です。

橋下氏批判の「リツイート」は名誉毀損 二審も判決支持|朝日新聞デジタル

記事読まずにコメント6割 「タイトルだけで反応」のネット民|J-CASTニュース

次に、後者の過激主張の例だと、対象の国に差別発言・ヘイトスピーチする『ネット右翼』や、ツイッターでは『ツイフェミ』と呼ばれる、男性向け作品・作風をバッシングしたり、女尊男卑・男性嫌悪な言動(ミサンドリー)をする女性たちは典型的ともいえます。

時折メディアで報道され(某外国人学校問題や某献血ポスター問題など)、企業にも実際に被害が出ているなど、SNSだけに収まる問題ではなくなっています。

また、以前は優しかったのに、ネット・SNSの偏(かたよ)った内容の情報を信じて感化され、人が変わったかのように「ネットやSNSには真実が書かれている!」「これは政府の陰謀だ!」と、陰謀論めいた過激主張で周りを巻き込む人もまた、リテラシーが低い人がやる行動でしょう。

ネットスラングでいう『ネットde真実』に近いものがあります。

この心理要因として挙げられるものとして、ゲーム『メタルギアライジング(MGR)』のセリフを引用すると、

「自分で考えるってのはなかなか大変だからな。誰かに与えられた意見や規範を、そのまま受け入れたほうが楽なのさ」

『メタルギアライジング リベンジェンス』 ケヴィン

自分で考えて行動しない純真な人ほど、一方的なメディア・ネット・SNSの情報に感化され、過激な主義・思想・差別的言動に走ってしまうんですね。だからこそリテラシーを高めるのは必要なことで、ちゃんと情報を精査する必要があります。

脳科学者の中野信子氏も、「人間はそもそも、基本的に信じたい情報しか信じない愚かな生き物」と自著に述べ、ベネディクト・キャリー氏は、「社会情勢が不安定であったり、政府に不信感があると、陰謀論がはびこりやすく、信じる人も増える」のだと記述しています。

特にSNSはネットやメディア媒体(ばいたい)以上に、いい情報や悪い情報、正しい内容・間違った内容もあふれかえっています。極論も多く拡散力も高いことは知らなければなりません。

『人は、なぜ他人を許せないのか?(株式会社アスコム)』第4章 「正義中毒」から自分を開放する|中野信子著

研究で判明「陰謀論を信じる人」に共通する性格|東洋経済オンライン

客観的視点・自己研鑽力

情報精査・能動力の話とつながる部分がありますが、リテラシーが低い人は、客観的視点・自己研鑽力が乏しい一面があります。

  • 客観的視点】いわゆる『メタ認知能力』。自分の行動を客観的に判断する能力。
  • 自己研鑽力】メタ認知を駆使して自己反省し、改善して次につなげていく能力。

それを表すのが私刑(ネット私刑)と呼ばれている行為で、問題を起こした組織や人、犯罪者などをSNS上で拡散させ、個人情報を晒(さら)し上げてバッシングする行為です。

これって見方を変えれば誹謗中傷そのものなんですが、当人たちは「悪い奴を叩いて何が悪い」「犯罪抑止力だ」と聞く耳を持たないんですね(そもそも、私刑行為は日本だと、犯罪者相手であっても法律で禁止されています)。

実際、そこからデマや冤罪(えんざい)被害も発生して、ネット私刑に加担した人やメディア運営者が警察に検挙されましたが、それでもなお「俺は捕まった奴らとは違う」「マスゴミ(マスコミ)や週刊誌だって同じことやってる」と開き直り、削除してなかったことにしようとするなど、自分の行動を改めようとしません。

  • 【解説】ネット私刑は必要、賛成、何が悪い…でもちょっと考えてみて?【誹謗中傷】
  • 関連記事  »
    【解説】ネット私刑は必要、賛成、何が悪い…でもちょっと考えてみて?【誹謗中傷】

SNSの理解力

SNSはメリットもある一方、拡散力が強いため、個人情報・商用物などの取り扱いは最新の注意を払わなければなりませんし、世界中で見られるオープンな場所であることも忘れてはなりません。

だから、「これを見て不愉快に思う人がいるかもしれない」と考える必要があるんですが、リテラシーが低い人はこれを踏まえず、思慮の浅い行動に出るんですね。

これはケース例が多いため、以下から別途にまとめます。

バイトテロ・バカッター(バカ発見器)

一昔前に社会問題になった『バイトテロ』『バカッター(バカ発見器)』は、SNSのリスクをよくわかっていない未成年や学生が陥りやすい行動で、「SNSはオープンな公共空間」という認識が低いために起こったケースです。

これはただのSNS上の問題行為では済まされず、クビや退職、損害賠償への発展など、人生を棒に振ってしまう場合もあり、とても笑えないですよね。

住所・通学先・本名の公開は、ビジネスといった意図した目的、信頼関係が関わるといった意図があれば別ですが、安易な公開は親族や知り合いに迷惑をかけてしまいますし、重ねるように、人生を棒に振ってしまう恐れもあります。

個人情報の延長線上で言うと、第三者が写っている写真を無加工で載せるのは、肖像権やプライバシー問題にもなりかねません。「テレビに映ってる群衆はどうなんだ?」については、肖像権侵害の例外項目を事前に調べて確認しましょう。 

肖像権|人物の撮影→公表は肖像権侵害になる|差止・損害賠償請求|弁護士法人みずほ中央法律事務所・司法書士法人みずほ中央事務所

パスワード使いまわし・スパムメール

パスワードを様々なサービスで使いまわし、パスワード保管がずさんなケースもまた、SNSサービスの無理解から招いた行動といえるでしょう。

しかも、乗っ取り被害にあっても「アカウントが乗っ取られた!」ばかりで、管理の甘さをあまり考えない人が多いですね。

怪しいスパムメールを疑いもせずにクリックしてしまうのもそうで、最近は内容が巧妙化していますが、利用者に向けたメールの文面の法則性、アドレスの確認などをちゃんとしっかり見れば、ほとんど見破ることは可能です。世の中、あの手この手を使って悪さをする、悪意ある人が多いことは知っておいたほうがいいでしょう。

ペットの遺体写真・動画を載せる

ペット系のアカウントに目立つのが、死んだペットの亡骸写真を弔(とむら)いとしてSNSに投稿する行為です(YouTube動画でも載せる人がいますが……)。

当人は悲しみの共有や気持ちの整理でしょうけど、第三者から見れば、「動物の死体をいきなり見せつけられている」だけです。なぜ文章報告に留めたり、元気だった頃の写真にしないのかとか、限定公開ツイートや非公開ブログに載せる選択肢を考えないのでしょうか?

価値観の違いもあるかもしれませんが、不特定多数の人が見る場に死体写真をあげるというのは、客観的想像力と道徳心の欠如と言われかねないもの。

大切な家族だというのなら、人間の家族でも葬儀のご遺体写真を撮って、同じようなことをするのかってなりますし、もし「それとこれとは話が違う」と弁解するのであれば、勝手なエゴでペットを無意識に家族ではなく、ただの動物だと暗に認めているのと一緒ですからね。

現金プレゼント企画のリツイート

2020年のコロナ禍(か)を機に、「フォローしてリツイートしてくれたら現金〇〇万円をあげますよ!」という現金プレゼント企画をするアカウントが増えました。

中には本当に善意でやっている人もいるらしいですが、99%は詐欺。

以下の参考記事によれば、札束の山は偽札やレンタルを使い、口座確認の動画も、どこぞのネットバンキングのHTML・CSSデータをコピペして、簡単に作成できるとのこと。前者はともかく、後者なら自分でも1時間あれば自作できる、単純なサイト構造です。

「現金プレゼント」ツイートって何が目的? リツイートしても大丈夫?|So-net

Twitterの「現金プレゼント企画」はなぜ危険なのか? 応募者を“養分”と呼ぶ詐欺の手口、NHK「クロ現+」で明らかに|ねとらぼ

月収12億円の“悪徳”元情報商材屋が明かす「新型コロナ商法」の実態|livedoorニュース

世の中には「うまい話には裏がある」「タダより高いものはない」という言葉があるのに、ダマされる人がいるんですよね。実際にフォローしてリツイートすると、裏社会で「カモリスト」に記入されたり、闇金の融資、アカウント売買でフォロワー数を荒稼ぎするなどが目的といわれています。

最近では詐欺側も海外の公式アカウントを闇市場で購入し、あたかも「公式マークがついた本物」と偽ってツイートしているとか。自分も実際見かけたことがあり、見事にダマされたフォロワーさんがいましたね。

SNSで高収入バイトを紹介するツイートを流し、結果的に犯罪行為を行わせる『闇バイト』もそうですが、世の中にはそんなうまい話があるワケがない。

作品・作家の紹介行為

サブカルチャー系では、自分の好きな作品・作家を紹介する人がいます。それだけであれば問題ないのですが、その紹介先のURLが違法アップロードサイトや、それに準ずるまとめサイトを載せる人がいるんですね。

これ、クリエイターの気持ちを考えたら不愉快極まりないでしょう。「紹介をするならせめて、公式サイトや通販サイトにリンクしてあげてよ!」って言いたくなります。

うろ覚えですけれど、昔『黒執事』というマンガ作品がアニメ化された際、ファンレターのなかに「(無断)動画サイトで全話視聴しました!」と送ってきた人がいて、作家さんは「そこは嘘でもリアルタイムやDVDで見ましたと言ってほしい」という旨を述べ、とても複雑な気持ちになったそうです。

本当にクリエイターのことを思っているのであれば、重ねるように公式サイトや通販サイトにURLを飛ばしてあげるべきです。

補足1:情報弱者と「無言フォロー禁止」「FF外から」?

以上のように、リテラシーが低い人は上記のような行動を実際にやっていますし、見かけます。世の中には『情報弱者』という言葉があり、本来は「IT環境が満足に利用できない国や地域・世帯」を指しますけれど、

  • 情報弱者】ネット・SNSを正しく使う能力が乏しく、トラブルを起こすリスクが高い人たち。

ゆえにある意味では、「リテラシーが低い人=情報弱者」と言えるかもしれません。実際、ネット・SNS・メディア上では、上記の定義を用いる場面をよく見かけるため、当記事でもこの定義を採用します。

そして、このような人たちによく見かけるのが、

  • 「無言フォロー(フォローしても挨拶をしない)は禁止です」
  • 「FF(フォロー・フォロワー)外から失礼します」

こういった「実生活と同じ(?)礼儀・マナー」と称して、暗黙のルールを持ち出すんですね。しかしながら、自分から言わせれば全く意味不明な謎のやりとりかつ、ものすごく違和感があります。SNSってそもそも、相手と気軽に・広く・浅くつながり・切れる文化ではないでしょうか?

確かに見知らぬ他人に、礼節や礼儀を払う自体は必要ですが、上記の内容はマナーでもなく勝手なマイルールです。数万・数十万人のフォロワーがいる有名人(インフルエンサー)は、その全員に対して挨拶ツイートをさせていると思っているのでしょうか?

また、「FF外から失礼」は日本独自のローカル文化だと海外で紹介されていて、このようなことをしているのは日本だけということがわかります。 

丁寧な文化だと記事ではコメントされていますけど、自分からしたら皮肉に聞こえない。

仮に無言フォローが嫌なら、アカウントに鍵をかければいいのに、それもせず矛盾していますし、FF外をつけないのが失礼と思うなら、「フォローしませんけど言わせて」を略語で伝えるほうがよっぽど失礼。その字数分を意見へ回せるのに、ますます非生産的で不思議に思います。

「余計なトラブルに巻き込まれないための処世術」という見方もできますが、そういったマイルールがないと怒るような人はトラブルを起こしやすいため、そもそも関わらないほうが身のためです。

Japanese Twitter users figured out a polite way to mansplain|Mashable

補足2:「嫌なら見るな」は正論か的はずれか?

不愉快にさせかねない画像などの投稿行為へのよくある反論に、「嫌なら見るな」があります。これは人によって「そのとおりの正論だ」と言う人もいれば、「的はずれな反論だ」と考える人もいて、自分の意見は「状況による」ですね。

たとえば、テレビで自分が好きじゃない番組があったり、検索したら不愉快なサイトが出てきたりする場合、これらは能動的に行動して、事前に回避することができます。つまり、「嫌なら見るな」は通用します。

しかし、YouTubeのおすすめ動画やSNSのタイムラインで動物の死体画像なり、センシティブ(不適切)画像が流れてきた場合、ほとんどは事前の回避ができず、いきなりかつ大々的に見せつけられるものです。この場合の「嫌なら見るな」は通用しません。

事前に対策ができ、自ら調べに行って「嫌なら見るな」はそのとおりで、自分で墓穴を掘り文句を言っているだけのおかしな人。しかし、急に不適切な画像・動画を、モザイクも注意喚起もなく見せつけられ、それなのに「嫌なら見るな」はただの自己正当化です。

その「嫌なら見るな」はどちらに属するのか、今一度冷静に考えたほうがいいでしょう。

最後に:SNSそのものは悪ではない

ここまでいろいろ言っておいてSNSを利用しているのは、ツール自体は便利で素晴らしいからなんですね。ツールを否定するつもりは全くなく、ここまで読んでいただいた方にはご理解いただけるでしょうが、

結局はSNSツール自体が問題よりも、使う人間側(リテラシーが低い人)の問題が非常に多いということ。

もちろん、導入ハードルの低さや甘さ、アカウント作成が容易すぎるなど、企業側の課題はあります。とはいえ、「包丁を正しく使えば人を喜ばせるが、誤った使いかたは人を傷つける」のと同じで、ネット・SNSは、職業や年齢、立場の壁をとり払った社会そのものです。

正しい使いかたをしてこそ、SNSは真価を発揮します。

必要性を感じていない、リスクがあると思うのであれば、自分の意思を貫いて「利用しない勇気」を持つのも大切ですし、利用するのであれば、リテラシーを高める努力は怠らないようにしましょう。

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

カテゴリ: 創作他 / 雑記他

#  #  #  #

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にはご注意ください。また、期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。内容の承諾にはいくつかの注意事項があります。詳細は「詳しくはこちら(ご依頼・お問い合わせ)」をご参照ください。

詳しくはこちら