R-15
創作他, 雑記他



自分はpixivなどのSNSを利用し、ツイッターを更新報告・作品公開・情報収集の場として主に活用しています。前置きとして、ツイッターはSNSではなく(公式見解上)情報発信ツールであるという話もありますが、便宜上ここではツイッターもSNSの一つとして扱いますのでご容赦を(というか、以下に書いてある事の8割はツイッター関連です)。

なお、ツイッターを使っているとは言っても、ツイッターにのめりこもうとはあまり思っていませんし、それ以外のSNS利用を他の人に薦めようとは思いません。というのも、主に以下が理由になりまして、

  • 一部利用者のマナー問題とツイート内容
  • 100数字程度の文字で表現する事に向いていない
  • 書きたいことは全てブログに書いているから


最初の理由が一番大きいですね。最近はネチケット(ネットマナー)やネットリテラシーをまともに身につけず、リスクや怖さを知らない人達が利用するのが当たり前の時代。顔出しや実名登録のフェイスブックですら問題発言する人がいるほどなので、実名義務化で解決できるような単純な問題ではなくなっています。

まあ当時のネット上にも、住所晒しや執拗(しつよう)に叩く行為はありましたけど、書き込む事や情報発信のリスクを理解しようとする風潮がありました。しかし今ではネチケットは死語になり過去の遺物ような扱い。言い分が昔は良かったと垂れる老人ですが、過去の風潮にさせず、未来にも残さねばならないと思うのは自分だけでしょうか?

もちろん理解した上で利用される、ネットリテラシーを身につけ、わきまえている同士のやりとりは有意義で微笑ましいものです。実際にそういった人達とツイートするのは楽しいですからね。しかし一部利用者の行動が目に余るのも事実。

なお一番の理由を掘り下げて、昨今のSNSの問題点を以下に書いてみました。その前に、何故SNSをしなくても生きていけると表題に書いたのか、そこを先に記述しておきます。

主にSNSを指して書いています

ネットでも言える内容ですが、基本的にSNSを指します。



SNSはしなくても生きていける

昨今ではSNS……特にツイッターを利用する事が当たり前のような風潮がありますが、使わなくても生きていけますし、使わなくても日常生活に大方支障はありません。ソースは友人や仕事先の先輩。

別にしなくてもご飯は食べられますし、していないせいで手続きに困ることもありませんからね。せいぜい居酒屋で割引が効かないぐらいでしょう(どちらかというとフェイスブックが多いですが)。もちろんSNSは情報拡散が強い一面があるため、絵描きなどのクリエイターや、何かを訴えたり意見を発信する情報提供者なら、宣伝にはもってこいのツールですし、災害時の状況にもその一面が発揮されています。そこは大きなメリットです。

ですがそうでない場合、無理に使う必要はありません。むしろ流行っている理由でなんとなく利用する方が一番ダメです。最低限のネチケットやネットリテラシーは大前提。何をしても言われる筋合いはない……だと、いずれ警察のお世話になります。

規模が大きいツイッターではツイートする=情報発信者になるをより自覚せねばならず、悪い情報や人間達から自衛し、常に研磨し続けなければなりません。それ故に自信がない、特に必要だと感じていない場合は利用しない勇気を持つのも大切で、恥でもありません。

もし知り合いに利用を強要する人がいれば、その人はツイッターやSNSの性質やリスクを理解していない可能性が高く、いずれツイートや写真にいいねやリツイートを付けさせる未来が目に浮かびます。そしてやってないなんて恥ずかしい、非常識と垂れる人達も同じく、安直な動機で明確な目的もなく始めたような人達でしょう。

怖さを知らないですから、いずれ痛い目を見ますね。

匿名の問題と二元論、二極化

ここからは一部利用者のネチケットとネットリテラシー不足が招いた問題について、もう少し掘り下げて説明します。ネット・SNSの民度やモラル低下を批判する記事には、

  • この記事もそうだろ
  • こいつらも同じ事やってる
  • マスゴミ(マスコミ)の常套(じょうとう)手段


など、自分を棚に上げて何でもかんでもマスコミのせい。報道姿勢に問題があるとしても、それで自己正当化する考えは卑怯であり無責任であり、CMやドラマやアニメなどでネットの誹謗中傷を題材にすると「寒い」とコメントする人と同じです。普段からそのような行為を日常的にやっているから、後ろめたいのでしょう。

彼らは自由を拡大解釈しているのも特徴で、荒らしや問題ツイートへの対策が出されると「言論統制」「ディストピア化」「言論の自由を侵害」と主張しますが、自由とは、仮に発信内容が原因で問題が発生した場合、その責任も払えるまでが自由です。自由には責任を伴うとはよく言ったもので、今の惨状は発言の自由がある世界などではなく、ただの無法地帯でしかありません。

その結果が、炎上、私刑、ヘイト、差別、排斥行為になるんですよね。ネット・SNS全体における問題で、『スマイリーキクチネット中傷被害事件 』や『2ch個人情報流出問題 』は記憶に新しく、共通するのは自分の行動に責任を持たない事です。

一言で言えば『ネットイナゴ』です。SNSの登場でさらに悪質・常態化が加速した感があり、彼らにとって、炎上・私刑・ヘイト・差別・排斥は娯楽でありご馳走。そのエサを貪るのが目的で学習せず、脊髄反射的な思考で行動し、また新たなエサを求めて監視し徘徊(はいかい)するので、

  • もし誤報だったらどうするのか?
  • 似た名前の別人、別会社だったら?
  • 憶測のせいで周辺地域に風評被害が発生したら?
  • 無関係な人物が犯人に仕立て上げられた場合の責任は?
  • もし晒しあげてその人が自殺したら?
  • 犯罪に無関係な親族に飛び火して逆に訴えられたら?


彼らの頭にはそれが浮かんでいませんし、今の日本や警察は無能だと、言うだけ番長でしかなく、指摘されれば被害者面をして俺は悪くない論。仮にいい年こいた大人が、こうゆう事を平気ですると思うとゾっとしますね。

ネット・SNSは、職業や年齢、立場の壁を取り払った社会そのものですし、他の誰かの意見をさも自分の意見のように振舞う人も問題ですね。自分の意見も持たないし自分の言葉に責任を持たないのはどうかと。

思考力とネットリテラシー

思考力とネットリテラシーが乏しい人達の末路が、数年前にメディアに取り上げられた『バイトテロ』、『バカッター(“バカ発見器”とも)』、『デマの拡散問題』のツイッターを中心にした騒動で、実害も発生した社会問題。ネットユーザーが好む言い方をすれば、いわゆる『情報弱者』と呼ばれる人達です。

本来情報弱者とはIT環境が満足に利用できない国や地域、世帯を指しますが、ここでの定義はネットで言われている内容と同じように、

ツールの誤った認識、情報を精査せず鵜呑みして翻弄(ほんろう)されるなど、思考力とネットリテラシーが乏しい事を自覚せずに利用し、トラブルを起こすリスクが非常に高い人達。

— 「ウマコセ」 —



……とて定義しておきます。上記の他にも、

  • パスワードを使いまわしたり、パスワードの保管がずさん。
  • 住所、通学先、本名、プリクラ写真(顔出し)を公開(ビジネスの場合は除く)。
  • 第三者が映った写真やプリクラや自分の子供の写真を無加工で載せる。
  • 無許可でイラストの転載どころか加工をして、自作のオリジナル作品のように公開する。
  • 情報の一次情報サイトではなく、まとめサイトや5chばかり見ている。
  • 記事の見出しやタイトルだけを見て脊髄反射。


これらも情報弱者に該当する行為ですね。別の記事でも書きましたが世界的な問題らしく、ネット・SNS利用者の6割が、共有の欲求を満たす目的しか持っておらず、内容はどうでも良くてタイトルだけで拡散する という、ワシントンポストの統計記事がございます。

情報が事実なら深刻な問題ですよね。なお思考力やネットリテラシーは、本人の自覚次第でいくらでも鍛えられます。

「無言フォロー禁止」「FF外から失礼します」?

全員ではないですが、こういった「情報弱者」と思われる人ほど、

  • 無言フォロー(フォローしても挨拶をしない)は禁止です
  • FF(フォロー・フォロワー)外から失礼します


これらをSNSで使う傾向がありますけど、自分から言わせれば全く意味不明な謎のやりとりで、ものすごく違和感。SNSって相手と気軽に・広く・浅くつながる文化じゃないんですかね?

百歩譲って無言フォローが嫌なら、アカウントに鍵をかけて、非公開にすればいいという話になりますからね。まあ自己承認欲求が高いなどの理由で、無言フォロー禁止と言っておきながら、アカウントを公開している感が否めませんけれど、そういう人ほどSNS利用には向いていないと思わざるを得ません。

SNSは気軽にフォローして気軽にコメントするもので、パソコン通信時代(80年代)やFlash黄金期(21世紀初頭)の頃からネット利用している人ほど、同じ事を思っている人が多いようです。情報弱者というよりかは「初心者」と言った方が良いかもしれませんね。なお「FF外から失礼」は日本だけしか使われておらず、海外でも日本独自のローカル文化だと紹介されています。 

丁寧な文化だと記事ではコメントされていますけども、自分からしたら皮肉に聞こえない。

他にも見受けられる数々の行動

ツイッターやSNSの登場でさらに深刻化しているケースとしましては……

ソーシャルクレーマー、いきすぎたファン達
偏(かたよ)りがあるかもしれませんが、サブカルチャー関連でよく見られます。

まあせっかく楽しんでいるのに出来なくなったり、復旧時間が延長されてやり場のない気持ちが沸くのは、一度くらい誰にでもあるでしょう。しかしお詫びは用意されて当然、出来て当たり前なんていうお客様は神様姿勢を取っていいものでしょうか?

販売店に来る言いがかりクレーマーもアレですが、顔が見えないからとやりたい放題。ある意味彼らの方がタチ悪く悪質だと思うことがあります。悪質クレーマーを嫌う人が多いと見せかけて、人の事言えないんじゃないかと。

アニメだったらやたら作画作画と騒ぎ、キャラクターデザインが気に食わないだけで作画崩壊。まるで粗探しのためだけに観て、批判という名の批難をする人もいますよね。後述しますが、批判と批難は全く違います。違いがわかっていない人が本当に多いですね。

……こういった思い上がった行動の極め付けが、自身の二次創作物や考察こそ真実の展開であり、公式の設定や展開はニセモノだと豪語する人や、二次創作物を公式が後年偶然似たものを出したら「公式が自分の作品をパクった 」と言い出す人でしょう。二次創作は元作品に敬意を払い成立するもので、人のフンドシで相撲を取っている事は忘れてはならず、大変おこがましい行為でしかない。


記事に対して……
問題行動ではありませんが、思考力の乏しさという意味ではこちらも挙げられます。よくニュース記事のツイートで、

  • くだらん
  • どーでもいい
  • 興味ないわ
  • 誰?


……と、いちいち書く人います。本当に興味なかったらそのまま無視をするのに……って思いますが、こんな見解を見ました。

ニュースもブログ記事も、自分としては一生懸命理解しようと聞いたり読んだりしたが、その結果は中身がなくて、どうでもよい事ばかりばかりである! と言う抗議です。

ニュースにわざわざ「興味がない」とコメントする人



この回答者に対し、質問者さんはこの主張を「書き込む人の日本語力、表現力不足ではないか?」と返答、分析していましたが、その回答者は、そもそも内容に興味ないんだからその表現で十分とし、その後の質問者さんへの反論がちょっと内容の趣旨が外れていたのが気になりましたね。

実社会と同様、不満な部分は具体的に説明しないと改善のしようがありません。恐らく回答者は表現力不足の他にも、情報発信者の自覚や議論・討論経験が少ないのでしょう。反論の文面からも意見交換の経験が少ない事が察せます。話が通じそうな人なだけに、耳を傾けない姿勢はもったいない。


自称社会派の人達
まず断っておくと、社会派なツイート自体はあってもいいと考えています。しかし(炎上商法ならともかく)スポーツ応援でもないのに日の丸を掲げ、政治的思想で法律や特定の国に差別的・排他的なプロフィールや内容を掲載。故意犯は置いておいて、なぜ日の丸を掲げたがるのか。その一つの要因として挙げられるこんな言葉があります。

自分に自信のない人間は、自国民である事を心の拠り所にし、自分たちの不満を外国人に向けてスケープゴート(責任転嫁)をする。

— 『メタルギアライジング リベンジェンス』ケヴィンとの無線会話より —



……まあゲームのセリフですが(笑

実生活では自慢や誇れる特技や技能もなく、実績も持っていないコンプレックスのカタマリな悲しい人間ですと、自分から言っているようなもので、それで過激な行動に走っていれば目も当てられない。それにそうゆう人ほど、批判を勘違いしているケースが非常に多いですよね。

批判と批難(非難)の違いですが、

  • 批判:良否を見てどこを伸ばすべきか、どう問題・改善すべきかを論理的に掲示する。
  • 批難:相手を感情的に叩き、バッシングがネガティブキャンペーン(ネガキャン)、人格否定を行う感情的行動。


批判と批難の区別すらできない人は、まさに『半年ROMってろ(ネチケット、ネットリテラシーを身につけるまでは書き込むなの意)』ですね。


ゲームの宗教化
特定のゲーム会社やハードに肩入れし、何かとグラフィック(実機ではなく投稿動画の画質で判断)やスペック、性能差に執着。極め付けは日本のパッケージ販売のみで売れ行きを語る、ゲームよりも宗教戦争が楽しいと思う人達。そもそも本当にゲームが好きだったら、ハードごと買って楽しんでいるでしょう?

昔は個々が自覚し専用の掲示板(隔離板)で住み分けがありましたが、無自覚な人達が増えてしまいました。このゲームの宗教化がいかに不毛かは、海外映画・ドラマは字幕か吹き替えか、車の免許でAT限定とMTで罵り合っている人達を想像していただけると理解しやすいかもしれません。


議論・討論のレベル
自分は話題に問題提起を起こしたり、筋が通ったコメントに返信することはあっても、議論・討論は極力せず、持ちかけられても基本スルーします。何故なら議論・討論は書いたりツイートするよりも、実際に顔を合わせてやった方が有意義だから。

それに、SNSの討論・議論は本来の意味とは全くかけ離れている有様で、ただのマウント取りな水掛け論・罵倒合戦でしかない。トンチンカンな意見は無視しても良いですが、有益な意見までも聞く耳持たないのはいかがなものかと。経験者なら<議論・討論は論者の性格は無関係という事と、相手の顔を見ることや敬意を持つ事も大切であると気付くはずです。

まあ自分も議論・討論経験は威張れるほど豊富ではないですが、少なくともSNSのは、程度が低い言い争いであるのは言えます。


このような人達をタイプ分けしてみる

……と、ここまで様々な行動・思考を書きましたが、過去のツイートや様々な考察記事から分析すると、

  • 劣等感とコンプレックスのカタマリタイプ
  • 精神的病気・症状を患っているタイプ
  • マウント取りがしたいうっぷん晴らしタイプ
  • いわゆる情報弱者、おつむが弱いタイプ
  • 故意犯タイプ


大まかに分ければ、主にこのパターンが考えられますし、複数持ち合わせている人もいるでしょう。ある意味、彼らは現代が生み出した負の産物と言っても過言ではないのかもしれません。

SNSそのものは悪ではない

ここまで言っておいてSNSを利用しているのは、ツール自体は便利で素晴らしいから。ツールを否定するつもりは全くないですし、ここまで読んでいただいた方にはご理解いただけるでしょうが、


SNSツール自体が問題なのではなく、使う人間側が問題という事。


もちろん、導入ハードルの低さ、アカウント作成が容易すぎるリスクを熟考していなかった企業側の問題はありますが、包丁を正しく使えば人を喜ばせる。しかし誤った使い方は人を傷つけるのと同じで、ネット・SNSは、職業や年齢、立場の壁を取り払った社会そのものです。

まとめ(要はこうゆう事)