R-15
雑記他



今のネットでは検索すると、まとめコピペブログやいかがでしたかブログが検索上位に出ることも珍しくなくなりました。

  • まとめブログ(まとめコピペブログ)】内容が引用・転載ばかりで構成されたブログ。煽(あお)りや過激・不快なタイトルの見出しで書かれたものが多い。
  • いかがでしたかブログ(トレンドブログ)】話題性のあるホットなネタを取り扱うブログ。まとめブログと同じく内容のほどんどを概要やSNSの転載で済ませ、「いかがでしたか」「調べてみましたが分かりませんでした」などで締める粗悪記事を量産するケースが多い。


特に芸能系・サブカルチャー(アニメやゲームなど)・時事・ニュースを扱うブログは法的・モラルの観点でも問題点が多く、精神衛生上もよろしくないので、「ウザい・不愉快・邪魔・消したい」と思っている人も多いのではないでしょうか?



実際、Googleのサジェスト(検索予測)では、

  • トレンドブログ うざい
  • まとめブログ 嫌い
  • いかがでしたかブログ 除外


と、ウザい(不快)と思っている、消す方法を模索する人が多く見られるのが分かります。この記事ではそんな不満を抱く人達のために、検索結果から除外して健全なネットライフを送る手段を、メリット・デメリットを含めていくつかご紹介します。

しかしその前に、何故このようなサイトが出回っているのかを触れておきます。例えは合っていないかもですが、「まず敵を知る」ですね。

どの方法にもメリット・デメリットがあります

組み合わせるなど、自分なりのやりやすい方法を探してみてください。



このようなサイトが増えた理由

まとめコピペブログ、いかがでしたブログの運営者は大まかに分けて、「ビジネスとして意図的にやっている(故意犯)」か「単に自己主張しているだけの、想像力・思考力が乏しい人(無自覚)」に分けられます。

そのほとんどは前者のビジネス目的で、ぶっちゃけ彼らは詐欺師や悪質転売ヤーと一緒です。気軽に始められる、簡単に金稼ぎができる点でも、これらは近年増加傾向にあります。

運営者も詐欺師も悪質転売ヤーも、建前上は「世の中のため」「需要を見据えたデジタル時代の賢いビジネス」と主張しますが、実際は他者事情や権利を顧(かえり)みず、話題のエサにむさぼりつき自己利益だけを追求する、拝金主義に毒されたイナゴのような人達で、「捕まらなければ犯罪じゃない」と思ってる傾向が強いです。

彼らの弁解も、罪悪感どころか資本主義に則(のっと)った正しいことだと本気で思い、悪びれもなく反省すらしない場合も多いですからね。

お金は卑(いや)しいとか金稼ぎは悪いというのは、日本教育の間違った刷り込み、悪く言えば洗脳でしかありませんが、誰のためにもならない自己中心的な卑しい愚行を正当化するのは全く別の話です。ソシオパス(後天的サイコパス)やパーソナリティ障害かどうか、医療機関で診断を受けた方が良いと思う。

そもそもビジネスは需要と供給だけではなく、「双方の信頼」も大切な要素。サイト運営の広告収入なら、「他者・権利を不当に陥れない、創造性と価値がある情報の提供」で読者から信頼され常連(ファン)になり、対価を得られる。このような関係を大切にする広告収入(アフィリエイト)ブログは健全に成立しますし、本来あるべき姿です。

そんな真っ当な精神で作られたまとめブログ・トレンドブログなら益になるでしょうけれど、目先の金儲けで不当に人やモノを傷つけ、煽るだけ煽って中身のない粗悪記事を作る行為は、最初こそ過激さが目について利益は上がろうとも、中身の薄さに呆れて読者の定着には結びつきません。

……と、言いたいところですが、残念ながら世の中には、自分の信じたい情報だけを信じ、イナゴのように情報というエサを食い散らかす、ネットリテラシーが無いおバカさん(読者、カモ)が一定数いるので、彼らを元手に需要と供給のビジネスが成立してしまっています。

そういった層がいなくならない限り、今後も過激さ、特定騒ぎの片棒を担(かつ)ぐ粗悪ブログは増産されます。故に廃絶は難しく、Googleも対策は行っていますがイタチごっこが現状なので、個人で除外する自衛手段を利用するしかないでしょう。


さて、話が長くなりましたが、次からは本題の対策方法をお伝えします。

対策1:マイナス検索を活用する



特別な知識もなく行えるものとして、『マイナス検索』を利用する方法があります。

マイナス検索を説明すると、除外したい単語の文頭に「-(半角ハイフン)」を付けてワードを除外する機能で、画像では除外ワードを前にやっていますが、先頭でも後ろでも両方大丈夫です。

難しい知識も必要無くスマホでも利用でき、明確に指定するので、除外という意味合いでは最も優秀な方法です。ただし書くのが大変という欠点があり、事前にマイナス検索リストを作る方法を使うのが無難。

ユーザー辞書に登録すれば、容易にマイナス検索一覧を一発で出せるので、以下のサイト様の情報を用いて登録することをおすすめします(2番目の記事は不要になった予測変換を削除する方法です)。



なお個人的におすすめのマイナス検索は以下になります。

-まとめ -速報 -soku -ゲハ -ww -ww -炎上 -犯人 -顔画像 -特定 -ヤバイ -は誰
-ニコニコ -ピクシブ -アニヲタ -togetter -知恵袋 -いかがでしたか

こちらは「ま」と打てば全て出るようにしています(一番初めに半角スペースを入れておくと、連続記入した時に楽です)。ユーザー辞書に同一の文字を登録しても大丈夫なので、このように長すぎて分割登録する場合は、同じ単語にした方が利便性は高まります。除外の理由は以下になります。

-まとめ -速報 -soku まとめサイトでよくあるブログ・ドメイン名。
-ゲハ ゲーム関連の煽動記事を載せる、通称ゲハブログの除外。
-ww -ww -炎上 【悲報www】や「ざまああwwww」などの記事や炎上速報を除外。wwは半角と全角両方用意。
-犯人 -顔画像 -特定 -ヤバイ -は誰 -いかがでしたか いかがでしたかブログ(トレンドブログ)の除外。
-ニコニコ -ピクシブ -アニヲタ -togetter -知恵袋 ニコニコ大百科、ピクシブ大百科、アニヲタwiki、togetter(Twitterのまとめサイト)、Yahoo!知恵袋などの除外。これらは主観で偏向的になりやすく、正しい情報があるとは言い難いため。

だいたいこれを登録しておけば、まとめサイトのほとんどは除外されます。

マイナス検索のメリット

  • スマホ(iOS、Android)でも使えて、自分の好きなブラウザでも使える。
  • 前に持ってくれば、サジェスト機能(単語予測)を表示させずに回避できる。
  • 単語やURLを指定するので、画像や動画検索でも明確な除外が可能。


マイナス検索のデメリット

  • ユーザー辞書を使った方法は字数制限があるので、長くなる場合は分割登録をする必要がある。
  • あまりに除外ワードが多すぎると、検索できなくなる場合がある。


対策2:ノイズレスサーチを使う



パソ活ラボ様が作られた『ノイズレスサーチ 』を使い、検索する方法もあります。これは事前に悪質・不要・邪魔と判断されたサイトのURLが事前に登録されているので、手間がなく利用できます。また意見を取り入れて除外サイトが追加されているので、新たな不適切サイトが出てきても対策がなされます。

ノイズレスサーチ

— パソ活ラボ —



スマホにも対応し、こちらの方法を使えばウィジェット機能として使う事も可能です(説明はAndroid版)。 最もスマホ向けの除外方法と言えるでしょう。

しかし人によっては不快と思わないサイト(Amazonやツイッターなど)も除外されているので、独自に調べてリストをカスタマイズしたり、普段使っている従来の検索エンジンで検索し直すなど、精神衛生という意味では少し乏しい面があります。

ノイズレスサーチのメリット

  • スマホ(iOS、Android)でも使え、設定次第ではウィジェット機能としても使える。
  • 利便性が高く、ユーザビリティ(使いやすさ)としても優秀。
  • 特別な用意が必要ない。


ノイズレスサーチのデメリット

  • 不快と思わないサイトも除外されている可能性がある。
  • 場合によっては従来の検索エンジンも併用しないといけないため、精神衛生の観点では少し弱い。
  • 非SSL(https化していない)サイトなので、将来的にブラウザ側から閉め出される可能性があるなど、セキュリティ面では不安。


対策3:除外を行うブラウザ拡張プラグインを導入する



上述のノイズレスサーチをChrome拡張機能化した『ノイズレスサーチ+ 』や、Firefoxなら拡張プラグイン『Personal Blocklist (not by Google) 』を使用する方法があります。自分は後者を使っているので、こちらの説明をさせていただきますね。

『Personal Blocklist』は自分で邪魔なサイトのアドレスを設定し、除外が可能なプラグインです。カスタマイズ性が高く、普段使っている検索エンジンでも利用できるメリットがありますし、必要によっては一時的な解除も可能です。

詳しい設定方法は以下のサイト様が詳しいので、こちらでは割愛します。



欠点として、PCでしか扱えない事と、独自ドメインではないサイトは除外できない(ライブドアブログなど)事、たまにバグで除外設定が反映されないケースがありますので、安定性という意味では欠け、設定カスタマイズが出来る中級者向けです。

Personal Blocklistのメリット

  • カスタマイズ性が高く、自分好みに設定可能。
  • 普段使っている検索エンジンでも利用可能。
  • 必要によっては一時的に解除することもできる。


Personal Blocklistのデメリット

  • PC(Windows、Mac)専用でスマホでは使えない。
  • 独自ドメインではないアドレスや、画像・動画検索は除外できない。
  • たまにバグで反映されない場合がある(再起動しても全く機能しない場合はFirefoxをリフレッシュしてください)。
  • 設定いじりが苦にならない中級者向け。


なおこのPersonal Blocklistの後継として『ゴシップサイトブロッカー 』というプラグインがあります。



こちらは日本の方が作ったものなので日本語に完全対応し、それだけではなく、

  • 非表示設定が反映されないバグが改善されている
  • 特定のタイトル・単語を指定して削除が可能
  • 一時解除可能な非表示・検索からの完全削除も可能
  • 動画検索でも反映される(画像は要検証)
  • エクスポートすればPersonal Blocklistのフィルタリストがそのまま使える


と、かなり優秀なので、検索除外プラグインならコチラの方が使い勝手が良いかもしれません。使い方は以下のブログ様を参照してください。



最後に

以上、除外方法3つをメリット・デメリットを踏まえてご紹介させていただきました。それぞれ一長一短があるので、併用で互いの短所を補い合い、より精度を高めることが出来るでしょう。

なおこれらの方法の共通的利点は、AdBlock(広告除外アプリケーション)を使用しないので、サイト内の広告問題からは関係なくなるという所でしょうか。そもそもサイトを見る前に消しているわけですからね。

なお具体的な除外すべきサイトについては、当ブログの引用源にすべきではないサイト一覧記事 が参考になるかもしれませんので、微力ながらお力添えさせていただきます。

ハードディスクとかファイルの中に、学生時代に描いた絵を見つけるとすごく恥ずかしくなる。よくもまあこんな下手くそな絵で満足していたなぁと。

半年前でも似たような感覚に陥るのに、10年前なんて目も当てられない。ただ今と違って、あの頃は何かに取り憑かれていたように毎日描いていたよ。

絵の技術は上がったけど、パッション(情熱)は昔の方があった。社会人として苦労と経験を重ねて色々冷めたんだろうし、当時は友人達と絵の品評会をしていたのも刺激になってたかも。今はそんな機会めったに無いからねぇ。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシーの扱い、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いには少々シビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。