R-15
雑記他



今のネットでは、検索すればほぼ必ず煽りや不快なタイトルでアクセス数を稼ぐまとめブログ(コピペブログ)や、まとめブログのようなタイトル、感情論すぎる文面で釣ろうとするニュースサイト、個人サイトも多くなり、ウザい・不愉快と思っている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、そのような不満を抱く皆様のために、このようなサイト・ブログを検索結果から除外し、健全なネットライフを送る手段を、メリット・デメリットを含めて3つご紹介します。

しかしその前に、何故このようなブログやサイトが出回っているのかを触れておきます。例えは合っていないかもですが、“まず敵を知る”ですね。

どの方法にもメリット・デメリットがあります

組み合わせるなど、自分なりのやりやすい方法を探してみてください。



このようなサイト・ブログが増えた理由と弊害

さて、なぜこのようなサイト・ブログが増えたのか。巷で言われているのは、

  • アクセス数を稼いで広告収益を得るため(アフィリエイトブログ)
  • ネットは匿名だから何を書いても良いと思い込む思慮の浅い人が増えた
  • 正常な判断ができない一部の精神疾患・人格障害・発達障害者もネットに書き込める時代になった


これらが挙げられ、「ビジネスとして意図的にやっている(故意犯)」「単に想像力・思考力が乏しい人(無自覚)」に分けられますが、そのほとんどは前者のケース。

個人的に、彼らは詐欺師と一緒だと思います。稼ぎ方の多様化・アフィリエイトによる広告収入自体は否定しませんし、むしろ積極的に活用すべきですが、かといって相手を恣意的に不名誉へと陥れて、荒稼ぎをする行為を良いとは言えないでしょう。

また裏を返せば、それだけ自分の信じたい情報や、論理的に考えず感情論に身を任るおつむの弱い人……端的に言えば、想像力が低く、思考停止して情報に踊らされるおバカさんが一定数いるという事。つまりニーズ(需要)があるわけで、そういった層が無くならない限り、現状はどうしようもないという事です。

さらに言えば、これを見た子供やネット初心者が毒され、「ネットは罵倒も悪口も何を書いても良い」と誤解してしまい、より治安悪化の遠因になります。なお別記事でも触れましたが、Youtube公式動画でコメント投稿を禁止しているのは日本特有の処置だそうです。海外でも似た罵詈雑言はありますけど、「褒める>叩く人」が多く日本ほど深刻化していなかったり、少数派の場合がほとんどですからね。

中には情報リテラシー・ネットリテラシーと称し、こういった負の情報を見るのも大切だと説く人もいますが、それは真の情報リテラシー・ネットリテラシーではないと考えます。

確かに真逆の意見を取り入れる事は大切ですが、収益目的で書かれたような質の低い情報まで取り入れる必要はありません。むしろ除外をする事で検索の質を向上させ、情報の取捨選択・精査が出来るもの。サービス業のクレームだって、「有益なご意見」と「悪質クレーム」は分けて考え、後者は切り捨てるものです。

さて、次からは本題の対策方法をお伝えします。

対策1:マイナス検索を活用する



特別な知識もなく行える方法として、『マイナス検索』を利用する方法があります。マイナス検索は除外したい単語の文頭に「-(半角ハイフン)」を付けると、そのワードを除外する機能です。

難しい知識も必要も無くスマホでも利用でき、明確に指定するので、除外という意味合いでは最も優秀な方法です。ただし書くのが大変という欠点があり、事前にマイナス検索リストを作って、それをコピペする方法が必要になるかもしれません。

マイナス検索のメリット
  • スマホでも使える。
  • サジェスト機能(単語予測)を表示させずに回避できる。
  • 単語やURLを指定するので、画像や動画検索でも明確な除外が可能。


マイナス検索のデメリット
  • 一々打つのが面倒。場合によっては自作のマイナス検索リストを用意する必要がある。
  • あまりに除外ワードが多すぎると、検索できなくなる場合がある。


対策2:ノイズレスサーチを使う



パソ活ラボ様が作られた『ノイズレスサーチ 』を使い、検索する方法もあります。これは事前に悪質・不要・邪魔と判断されたサイトのURLが事前に登録されているので、手間がなく利用できます。また意見を取り入れて除外サイトが追加されているので、新たな不適切サイトが出てきても対策がなされます。

スマホにも対応していて、こちらの方法を使えばウィジェット機能として使う事も可能です(説明はAndroid版)。 最もスマホ向けの除外方法と言えるでしょう。

しかし人によっては不快と思わないサイト(Amazonやツイッターなど)も除外されているので、独自に調べてリストをカスタマイズしたり、普段使っている従来の検索エンジンで検索し直すなど、精神衛生という意味では少し乏しい面があります。

ノイズレスサーチのメリット
  • スマホでも使え、設定次第ではウィジェット機能としても使える。
  • 利便性が高く、ユーザビリティ(使いやすさ)としても優秀。
  • 特別な用意が必要ない。


ノイズレスサーチのデメリット
  • 不快と思わないサイトも除外されている可能性がある。
  • 場合によっては従来の検索エンジンも併用しないといけないため、精神衛生の観点では少し弱い。
  • 非SSL(https化していない)サイトなので、将来的にブラウザ側から閉め出される可能性があるなど、セキュリティ面では不安。


対策3:除外を行うブラウザ拡張プラグインを導入する



上述のノイズレスサーチをChrome拡張機能化した『ノイズレスサーチ+ 』や、Firefoxなら拡張プラグイン『Personal Blocklist (not by Google) 』を使用する方法があります。自分は後者を使っているので、こちらの説明をさせていただきますね。

『Personal Blocklist』は自分で邪魔なサイトのアドレスを設定し、除外が可能なプラグインです。カスタマイズ性が高く、普段使っている検索エンジンでも利用できるメリットがありますし、必要によっては一時的な解除も可能です。

詳しい設定方法は以下のサイト様が詳しいので、こちらでは割愛します。



欠点として、PCでしか扱えない事と、独自ドメインではないサイトは除外できない(ライブドアブログなど)事、たまにバグで除外設定が反映されないケースがありますので、安定性という意味では欠け、設定カスタマイズが出来る中級者向けです。

Personal Blocklistのメリット
  • カスタマイズ性が高く、自分好みに設定可能。
  • 普段使っている検索エンジンでも利用可能。
  • 必要によっては一時的に解除する事もできる。


Personal Blocklistのデメリット
  • PC専用でスマホでは使えない。
  • 独自ドメインではないアドレスや、画像・動画検索は除外できない。
  • たまにバグで反映されない場合がある(再起動しても全く機能しない場合はFirefoxをリフレッシュしてください)。
  • 設定いじりが苦にならない中級者向け。


最後に

以上、除外方法3つをメリット・デメリットを踏まえてご紹介させていただきました。それぞれ一長一短があるので、併用で互いの短所を補い合い、より精度を高める事が出来るでしょう。

なおこれらの方法の共通的利点は、AdBlock(広告除外アプリケーション)を使用しないので、サイト内の広告問題からは関係なくなるという所でしょうか。そもそもサイトを見る前に消しているわけですからね。

なお具体的な除外すべきサイトについては、当ブログの引用源にすべきではないサイト一覧記事 が参考になるかもしれませんので、微力ながらお力添えさせていただきます。

たまたまぐるナイを付けたら、順位発表BGMに未だ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』のOP曲「BRAVE HEART」が使われていたことに驚きを隠せない。

自分たちのレツゴー世代からすれば、「BRAVE HEART」はミニ四駆にハマっていた頃の思い出の曲だけど、今の世代の子からすればそうでもないんだよなあというジェネレーションギャップ。

まあ、MAX編は大神マリナの人気こそあれど、存在自体が蛇足と言われてましたけどね。知り合いも「MAX編で主人公変わったから観なくなった」と言ってましたし…

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。