R-15
版権絵, 雑記他

ソニック,ソニックトゥーン,ソニックブーム,マリオ&ソニック AT リオオリンピック,ソニックロストワールド,ザズ,スティックス,SONIC BOOM

ザズとスティックス、『マリオ&ソニック』に出場おめでとう!


ネット・SNS上の日本のソニックファンの一部では、別ブランドシリーズの『ソニックトゥーン(海外での名称はソニックブーム“SONIC BOOM”)』をゲーム版だけで文句や否定をしている人たちがいます。

この「ソニックトゥーンはアニメが主軸である」をろくに調べずに、叩く行為を繰り返す彼らに思うことがあるので、持論を交えて意見を述べていきます。

2016/11/3:『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』のプレイ感想・評価の記事を掲載しましたので、宜しければこちらもどうぞ。



なお誤解されそうな箇所や、再度内容を見直して記事の一部内容・表現・タイトルも変更しました。

批判要素が多めです

「正しい批判」を心がけていますが、一応ご容赦ください。


当初は賛否あったが…

確かに発表当初はビジュアルや開発体制から国内外で賛否両論を受け、ゲーム版で言えばそれ以上に評価が分かれ、海外では相当こき下ろされましたからねゲーム版は。

アイランドアドベンチャー(3DS版)』はプレイしましたが、面白い部分はあったものの後半は探索ばかりで、

  • ボタンのテンポが本家より遅い。
  • ブースト攻撃解禁はラスボス手前の終盤。
  • クリスタルをあれだけ盛り上げて、全部集めてもガチャガチャのメダルが手に入るだけ。
  • エッグマンは実質いないようなもの。
  • 曲や演出が印象に残らない。
  • スタッフロールにおける開発会社の自己主張の強さ。

このように、内容がお粗末さと粗削り感が否めませんでした。

太古の秘宝(WiiU版)』については未プレイなので、否定も肯定もしません。やってないゲームなのに評価を下すなんて、それではただのエアプレイヤー(エアプ)、動画評論家に成り下がるだけですからね。

しかしアニメ版のほうは国内外から高く評価されたなど、ソニックトゥーンのブランド自体は独自の路線を歩み、成功していると個人的には認識しています。その例をいくつか挙げますと……

アニメの年齢別視聴者ランキング

ソニックトゥーンはアニメが主軸のシリーズです。飯塚プロデューサーもアニメについては公式の場で何度も言及していますし、雑誌やネット媒体(ばいたい)でもゲーム版の紹介にアニメにも触れる場合も多く、日本ネットは鎖国ではないんですし、検索すればアニメを知ることが可能です。

アニメはフランス・韓国・ポルトガル・オーストラリアなど、世界中で放映され、2016年6月時点で世界100カ国で放映されました。

ゲームの続編がソニックトゥーン仕様

ソニックダッシュ(Sonic Dash) 』というソーシャルゲームがありますが、その続編はソニックトゥーンをベースに作られています。ウィスプっぽいアイテムなど、本家リスペクトもありますね。

日本公式もデザインを逆輸入

スティックスの日本公式イラストとプロフィールを掲載し、『マリオ&ソニック』にも出場。25周年記念ページではクラシックソニックとモダンソニックに並び、トゥーンのソニックも並べられています。一部ファンはゴリ推(お)と言いますが、海外戦略・グッズ売れ行きは好調、スティックスの海外人気、このブランドは大切に続けたい公式の暗喩(あんゆ)ではないでしょうか?

アニメ版は日本ファンの間でも

『ニコニコ動画』でも字幕なし、一時期は字幕つきのものが上がっていまして、アニメへの好意的意見が日本ファンの間でも非常に多く見られました。アニメでオーボット、キューボットの魅力を再認識させられた人もいるとか。


確かに最初のゲーム版の出来はお世辞にもいいものとはいえませんが、それはゲームだけを見たらの話。

アニメやグッズなどは商業的にも好調で、設定がハチャメチャなアメコミ版やOVA版のように独自の世界観を築き、トゥーンもトゥーンで愛されています。もし黒歴史だったり失敗していたら、100カ国でアニメ放映して第2シーズンなんてしませんし、採算がないのにゲームの続編を作ったりしないでしょう?

なお、アニメ版は2018年までに数々の賞にノミネートや受賞をしていることが公表されています。このあたりは英語版Wikipediaの記事が詳しいです。 

Sonic Boom (TV series)

— Wikipedia —


文句・否定論者のほとんどは情報リテラシー不足

次にここから本題ですが、ソニックトゥーンに対して文句や否定的な意見のほとんどが、本家と並行して展開、アニメを主軸にしたメディアミックスなのを知らず、ゲームの評価のみを槍玉に挙げ、ゲームだけでブランド全体の評価にすり替えています。

評価をする以上、否定論や低評価自体はあってもいいのですが、アニメも踏まえた上での正しい評価・批判をする否定派はほんの一握り。ゲームの評価だけなら前置きとして明記すべきで、「日本はゲーム版しかないから」という意見も、『情報リテラシー(情報を能動的に正しく調べる力)』不足を正当化するような言い訳にしか聞こえないのが本音。

それどころか上記の内容を言っている人たちは、実際にゲームすらもプレイしていない可能性が高いです。

なぜなら実際にプレイした人たちからは「良くはないけど、悪くもない」評価が圧倒的。自分も3DS版は荒削りな内容だと書きましたが、つまらなくはないんですよ。プレイした上でクソゲーと言っている人を探すほうが難しい。

ろくに調べずアニメやコミックを無視して、ビジュアルやゲームのプレイ動画のみで文句や否定し、嫌いだから悪い部分しか見ない。たとえば『いってる公式コミュニティ(現在は閉鎖)』や『ニコニコ動画』、一部のSNSにて、従来のソニックとは別系統と公式で明言されているのにも関わらず、

  • 「今後もこのキャラデザ(特にナックルズ)でいくのかが不安」
  • 「これからのソニックはこれでいくの?」
  • 「デザインを元に戻せ」
  • 「このソニックはニセモノのパチモノ」
  • 「これは黒歴史」
  • 「(指摘に対して)プッシュされてるからそう思うのは仕方ないだろ」

発表段階で書いたならまだ理解できますが、未だに書く人は「書く前に調べる」をしないのが不思議で、そもそもキャラクターデザインの変更は、新規の若い世代やファミリー層にアピールする側面が強く 初めてソニックに触れる視聴者にビジュアルだけでキャラクターが分かるようにするため と明言されています。



ソニックトゥーン

— Wikipedia —


テイルスがゴーグルと工具ベルトを身につけているのも、ナックルズがマッスルズなのもそれですよね。そのキャラクターデザインの方向性は正しかったかは議論の余地はありますが、米国セガ社長も語った事実であり、これも調べたらすぐ分かること。

他にもネタか本気かソニックトゥーンの字幕つきアニメ動画(現在は削除)に「トゥーンはニセモノという意味らしいぞ」と、悠々に書き込む人がいましたけど、おそらく遊戯王のトゥーンシリーズから着想を得たのでしょう。ですがトゥーン(toon)をニセモノと呼ぶ媒体を見たことありません。

大方カートゥーンの略語、マンガの意と表記され、遊戯王のも同義。 『ソニックトゥーン』は日本と韓国(アニメ版)限定で原題は『ソニックブーム“SONIC BOOM”』なので、完全に筋違いによるこじつけです。

これらの主張をする人の推測ですが、日本展開の『ソニックアドベンチャー』以降の作品やアニメの『ソニックX』しか知らず、エアプレイ・動画評論家行為に何も疑問を抱いていない可能性があります。好きにファン歴や知識の深さは関係ないといえど、評価・(正しい)批判するなら分かる範囲でリサーチはするもの。

さらに言えば、「ソニックは日本生まれの海外コンテンツ」という逆転現象が著しいシリーズです。ブランドの是非を語るなら前提として、力を入れている海外展開事情を知るのがスジではないでしょうか?

『太古の秘宝』(WiiU版)を作った後、開発スタッフが総退社した話

また、ゲームのソニックトゥーン否定をする際の常套(じょうとう)句で、

  • 「WiiU版を作った後、開発スタッフはこの作品の不出来さを認識していたので、バッシングを恐れこぞって退社した」
  • 「内容がクソゲーだから叩かれるのを恐れて逃げ出した」

というリークが確信的な証拠のように使われます。

ですがこれ、ウワサの域を出ない都市伝説なのです。


この3番目の引用元に、WiiU版を製作したプロデューサーの経歴が載っているのですが、開発会社を辞めたのが、ちょうどWiiU版の発売前後だったんですね。他の開発スタッフも同時期に辞めていたので、それを見た海外ファンがウワサし、それを海外メディアが記事にしたのが元になったようです。

ここで考えていただきたいのは、以前(※2015/11/24現在)フランスのとあるゲーム会社を訪れた際、 

「海外のゲーム会社は日本と違い非正規雇用な扱いで、作り終えたら退社し、次の会社に行くケースがある」

— フランスの某ゲーム会社に在籍する社員より —


と、社員の方が話されていたんですね。



実際にそのプロデューサーのプロフィールを見ると、幾つかの会社へ掛け持ちをしていた事実がハッキリ記されています。つまりバッシングを恐れて退社した……という可能性は否定できませんけど、このケースが当てはまる可能性も考えられますよね?

新規スタジオな上、作ったものがトゥーンぐらいならなおさらで、先に説明したように、その海外リークはそのファン逹のウワサを元に書かれた(らしい)もので真偽は不明、確証づける証拠もありません。現に引用記事では、「推察(すいさつ)」「だろう」と言葉を濁した表現を用いています(そのようなタイトルをつけたブログ執筆者も問題ではありますが)。

百歩譲ってゴシップやリークの発信者ならともかく、このような真偽不明情報を真実のように語るのはSNSのデマ拡散問題と同じ。

  • 「ネット・SNSで叩かれているし散々な評価だから、悪口もヘイトも自由に書いてもいい」
  • 「叩くことに色々言われる筋合いはない(タチが悪い場合はこれらを『批判』と称する)」
  • 「表現の自由だから、ネットやSNSにどのように書くのも自由」
  • 「(俺が気に入らないから)叩かれるのは当然」

これらを本気でそう言っているのなら、ネチケットやネットリテラシーが乏しい、歪んだ認知による間違った考えかたです。

その感情的主張と印象論の裏には、本家のソニックが好きで愛情があるのも分かりますが、受動的に一部だけを見て、あることないことを平然と書く。

「それでコンテンツが正しく評価できるのか? ファンのする行いなのか?」と、否定派のほとんどの人たちに抱く一番の理由はそこで、それをネット・SNSに公開しているんですよ。

こういった「調べない・疑わない・考えない」人たちはネチケット的にも宜しくなく、主観的になる場合は、語弊のないよう前置きとして明記すべきでしょう。



誤解されないように正しい情報とモラルを持ち合わせるのは、情報発信するファン全員の務めです。

最後に:重ねて伝えたいこと

ここまでの文章を読んでいただけたら、

否定・低評価そのものへの疑念ではなく、正しい批判や議論・討論経験がない人たちが、ゲームだけの情報や記事の文脈の一部分の切り取り、断片的要素を槍玉に挙げて論点がずれたバッシングをしている。これは「一部分だけで全体を貶(おとし)めるネガティブキャンペーン・ヘイト行為」である。

ということを、理解していただけるのではないでしょうか?

実際、こちらのブログに寄せられた意見や前ブログのコメントを見ても、適切な意見を寄せた人はほんのわずかであり、

  • 「クソゲーを擁護(ようご)してる奴がいる」
  • 「あのクソゲーを擁護したいならちゃんと書けば?」
  • 「タイトルと見出しだけで十分 見る価値がない」
  • 「(都市伝説問題に対して)だってクソゲーだし」
  • 「(当記事のまとめ文書を引用して)あのゲームの評価は海外でも〜」

これは実際に言われたツイートやコメントで、正直言葉を失いましたね。ここまで文章が読めない人、情報を調べないのを開き直れるものなのかと(どこを読んだら自分がゲーム版を擁護していると行き着くんだろう?)。

確かに投稿直後は今と比べて精神的に未熟な面があったため、あることないことを言いふらす状態に呆れ、彼らを逆上させかねない文面も色々使ったのは事実であり、そこは反省しなければなりませんが、断片的な都合のいい内容しか見ない、情報リテラシーがないのを開き直って話すのは違うと思います。

近年ではタイトルだけを見て記事を読んだ気になっている、「読解力・思考力がない人がネット・SNSを中心に広がっている」「日本語は分かるけど文章を読めない人が多い」と、物書きを中心に各所で言われていますが、上記の彼らはそれに該当する形です。



キャラクターデザインの印象など、単純に好みの問題だけならここまで書きませんし自由ですが、上記コメントを見れば分かるように、「アニメが主軸のメディアミックス」という基本情報をろくに調べず、ゲームの情報だけでヘイト行為。自分に都合のいい情報や都市伝説を事実のように流し、エアプレイや動画評論家行為といった思慮の浅い行動を振りまいています。

これらはファンとして恥ずべき行為であり、自身でリテラシー能力の乏しさを露呈させているのを戒めるべきでしょう。

結局、adobeの『XD』を使うためにMojave(10.14)にしました。Illustrator CS6を使えるようにするためにややこしい作業をしたのを除けば、以前と変わらない挙動で一安心。

同じUIデザインができるなら『Sketch』を使うことも考えたんだけど、日本語対応していないし有料だし、XDのほうが職場で慣れているからね。

半年以内に新しいブログデザインへ完全移行ができたらと思う。WordPressのクラシックエディタも今年で使えなくなるし、全記事をグーテンベルク形式に書き直さないと……

絵描き・物書き+WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。