雑記
雑記

最近はネットを見ていると、無理やり押させるような広告、健全なサイトでも性的でアダルトな内容やホラーなど、不愉快・不健全な広告が出され、見かける頻度が多くなりました。

また、こういった広告を消させないためのAdBlock(広告除去)禁止ブログもあり、「広告とは何か」と言わんばかりの負の連鎖になっていますので、こちらの問題を以下から述べていきます。

この記事は「なぜコメント禁止にしているブログが増えているのか」という記事を分割し、再構成した内容です。よろしければこちらもご参照ください。

不快にさせる広告が非常に多い

大手もやっているのが
悩ましい

一昔前の広告は、単に文章だけだったり、簡単な画像のバナー広告がほとんどでした。

しかし昨今では、

  • アニメーション広告】アニメーションを多用した広告。
  • スワイプ広告】スワイプ動作を強制的にタップ行為にさせる広告。
  • 釣り広告】不健全・刺激的な内容で注目を集める広告。
  • 誤タップ広告】閉じるボタンをややこしくしたり、押しにくくした広告。
  • ショッキング広告】「ウイルスに感染」など、音や文言で不安にさせる広告。

このような、「なんで規制されないの?」といわんばかりの悪質な広告が増えていますし、「不快」「気持ち悪い」という声も増えています。

スワイプ広告だと、大手のAmazon(Kindle)もやっていますから、「今のネット広告はどうなっているんだ」と思ってしまうのは必然です。

マンガ・電子コミック系が一番問題

特にマンガ・電子コミックサイト(『Renta!』『コミックシーモア』など)の成人向けエロマンガ(R-18)を思わせるような性的な内容や、ホラーや暴力といった、ショッキングで不快な内容を流したり……

お役立ち系、日常ブログなどといった全年齢サイトでも、このような場違い広告が流れますからね。自分もセンシティブ(年齢制限)な絵を描くとはいえ、健全な場で出されるのは気分のいいものではありません。

今の時代、ほとんどの人がサイトをスマホから見ていて、小学生でもスマホを持っていることを考えると、規制されずに野放しなのかが不思議ですよね。

何より場違いかつ、刺激的な部分だけを抜き取る広告は、作品の印象を損ねさせる風評被害も発生します。実際読んだらいい作品だったのに、広告のせいでネガティブなイメージになるのは、作家さんも可哀想です。

読者を増やすためだと言えど…電子コミックの過激なバナー広告について議論|おたくま経済新聞

「UXを不便にさせる」という風潮

サイト運営の観点だと
本末転倒

これらに共通するのが、「いかにUXを不便にさせるか」という、SEO(検索優位性)で示しているGoogleの信念とは、真逆の指標が流行しているということです。

  • UX】「ユーザーエクスペリエンス」の略。「使いやすい・見やすい・ストレスフリー」のユーザー体験の指針。

サイト運営者からすれば、

  1. 広告収入(アフィリエイト)を導入する。
  2. サイトに広告が表示される。
  3. しかし内容・表示手法が不適切。
  4. 「ここのサイトに出てくる広告うざいわ」と思われる。
  5. 離脱され、二度と来ない。

ユーザー目線で考えれば悪循環になっていることを、なぜ気づかないのかが不思議です。

苦情にもつながるこの手法がトレンド(流行)になっていて、なぜ誰も止めようとしないんでしょうね。GoogleもUX視点のサイト設計はかなり厳しく指摘するのに、広告のUXがゆるいのは矛盾を感じます。

背景を考えればわかるけれど…

納得はしないが
理解はできる

とはいえ、ではなぜこのような不快指数の高い広告が増えたかと言えば、ネット広告の仕組みを考えれば理解できます。

ネット広告はクリック・タップされることによって金銭が発生します。サイト内広告(ディスプレイ広告)の平均的なクリック率(CTR)は約1%前後で、「100人いたら1人が広告を押す」という計算ですね。

広告を押されるということは、宣伝にもなるということですから、「いかに広告に注目させるか、押させるか」を考えるようになるのは必然でしょう。

マンガなどの広告であれば、「1枚のバナーでどうやって作品を伝えるか」も考えないといけません。マーケティング業者や広告代理店も、CTRの結果が高くしよう(=利益を発生させよう)と知恵を絞るんですね。

ある意味、人間のサガ

結果的には、

CHECK!

物理的な誤動作や、刺激的・ショッキングな内容を狙う広告のほうが、CTR率が圧倒的に高い。

長年の計測からこのような結果を得られたため、同業の業者がこぞって同じことをやりはじめたんだろうと推察(すいさつ)します。

実際、人間という生き物は「刺激・単純」な内容に目が入りやすく、無意識に視線が止まります。まとめ(コピペ)ブログやトレンドブログの見出し、YouTube動画サムネイルでも同じですよね。最近のYouTubeはまとめサイト化している……

また、「押されないのなら押させればいいじゃない」と、閉じるボタンを視認しにくくしたり、誤認させるのも、単純な理屈としては理解できます。

しかしながら実に資本主義的というか、「お金や宣伝のためならモラルなんてどうでもいい」という、拝金主義に毒された感じは否めず、調査の思考を捨てた質の低い業者が増えたと感じさせます。

UXに反した広告を載せるのは信頼を損ね、サイト自体も嫌われてしまいます。長期的な運営戦略を考えるなら、サイト運営者は一度考えたほうがいいでしょうね。

CTR(クリック率)とは!広告でもよく使われる意味を解説|MarkeTRUNK

業種毎の平均クリック率をご紹介!|ノウハウブログ

Adblock禁止サイトについて

理由を考えずにするのは
読者離脱するだけ

さらにこの手の話題を話すと出てくるのが、Adblockなどの広告除去プラグインを使うとサイトが見られなくなる広告除去禁止サイトの存在であり、これらも同様に年々増えています。

ただ、理由の探求もせずに一方的に「広告を消す閲覧者を悪」とするのは、逆に読者離脱のデメリットでしかないのを一考する必要があります。

広告収入でブログ運営する人にとっては確かに痛手で悩みの部分であり、広告除去プラグインは言ってしまえば必要悪です。使わないに越したことはありません。

だからこそ運営者はまず、「なぜプラグインを使っているのか」を知る必要があります。

広告の内容と手法が問題

ここまでの文章を読めばわかるように、閲覧者は広告そのものを嫌っているのではなく、「内容に無関係で不健全・不愉快、閲覧の邪魔になる広告を嫌っている」んですね。

それを反映するように、AdBlockは「利用者の約75%のユーザーが控えめな広告なら出してもいい」と答えている統計を発表し、 控えめな広告を許可するのが初期設定でONになっています。

Google関係の広告は、広告主はどのような広告内容にするかを選ぶことはできないため、そのあたりの事情は察しますが、かといって「広告除去は悪」とするのは違うようにも感じます。

Adblock Plus and (a little) more|Adblock Plus

歩み寄る姿勢が必要

広告除去禁止に対する意見を反映してか、「広告運営で成り立っています。Adblock(広告表示制限)の解除にご協力ください」という文言を出し、任意選択させる方式が多くなりました。

こういった感じでかつ広告も控えめで関連性があれば、印象は悪くないですよね。

「広告除去なんてやめろ!」ではなく、「運営のご協力にお願いいたします」という姿勢で、広告も内容に関連した健全な広告であれば、次第に広告除去プラグインを使う必要性はなくなってきます。

金銭のやり取りの基本は「信頼」であり、ここは不労所得でも同様のことが言えます

相手を金づるとしか思わない短絡的・短期的なコンテンツよりも、長期的スパンを考え、ファンや常連者を作るコンテンツが結果的に利益が上がるのは、健全なアフィリエイトブログ成功者の例を見ればよくわかります。

最後に:不健全な広告は評判にも響く

当サイトの広告実装予定は
ありません

刺激的な内容にしたり、UXを不便にさせて押させようとする事情・マーケティング戦略はわかりますが、目先しか考えていない手法であり、サイトや宣伝元にも風評被害が発生しかねないものです。

「そんなのは理想論でしかない」と、運営者や業者は思うかもしれません。

ただ、商売やマーケティングの基本は「信頼」です。信頼を得られなければ、いずれ力尽きて淘汰(とうた)されていくものです。

それに、サイトの雰囲気に合っていない、CTR目当ての恣意(しい)的な広告は、元となった作品や商品も印象が悪くなる風評被害・悪循環になってしまいます。

ゆえに今は「過渡期」でありつつも、現状の対策は、

  • 「気持ちをおさえて広告を押さない」
  • 「広告除去のプラグインやアプリを使う」

これしかないでしょうね。考えてみれば広告除去プラグインのせいで、余計に不健全な広告が増えている可能性もあるかもしれない。

なお、当サイトでは気持ちよく内容を読んでいただきたいという観点から、広告を使用せず、支援サイトによるご支援で金銭を得て、それを運営維持費に充(あ)てています。

広告だけが金銭を得る手段ではないですし、支援サイト・有料記事・投げ銭・ブロマガ・オンラインサロンなどといった選択肢があることも、知っていただければと思います。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/notes/220410-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち
  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

勝手ですみませんが、2023年くらいまではプライベートの事情のため、ご依頼・リクエストをお休みします。

プライベートに引きづられてご依頼が遅くなる、期限ギリギリになることが多発しているので、まずは環境を見直してから再開する次第です。

また、最低価格も市場価値を見直し、10,000円〜に引き上げます。これまでのご依頼でも10,000円以上の価格でご提示されていたので不都合はあまりなかったりしますが、ご周知していただけますと幸いです。

イラストレーター・ライター・コーダー&WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ
雑記

内容・ジャンルをタグで探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるくすぐりとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロケモミミゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックオリジンズソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックフロンティアソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メスガキメタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリクエストリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!百合考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS遊戯王ゴーラッシュ!!雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION