ENTRY
雑記
雑記,文章が読めない人,読解力が低い人,読解力がない人

自分が書いた文章の反応や、ネット・SNSで何かしら話題に上がった議題でコメントを見ると、「あ、この人は文章読まずに書いているなぁ」と感じることは少なくありません。

しかし特に厄介なのが、読解力がないことに加えて、攻撃的で喧嘩腰なパターンで、誹謗(ひぼう)中傷や人格攻撃、根拠のない風評被害と、精神的に疲れるんですよね。

ゆえに当サイトでは、文章を読まずに記事シェアする行為はプライバシーポリシーで禁止しているほどです。

文章を読む読まないは個人の自由ですが、思い込みや憶測、書いていない内容で拡散するのはまた違う話ですからね。彼らには苦い汁を飲まされ続けられただけに、本当に悩ましい限りです。

この記事では、

  • 「読解力がないと攻撃的になりやすいのかどうか」
  • 「特徴と心理分析」
  • 「絡まれた際の対処など」

これらについて、実体験などで得た知見をもとにまとめました。統計学ではなく主観の話ではありますが、一意見として見ていただければと思います。

そしてこの記事は、「文字は分かるが文は読めない人」の記事を分割し、再構成した内容になります。

文章が読めない人の体験談などは、以下を参照していただけますと幸いです。

  • 【実体験】文字は分かるが文は読めない人の問題行動【ソニックトゥーン】
  • 関連記事  »
    【実体験】文字は分かるが文は読めない人の問題行動【ソニックトゥーン】
一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

『読解力』とは何か

まず、『読解力』とは何かですが、

  • 読解力】文章を読み、内容を理解した上で述べる能力。

ただ文章を読むのではなく、文章を読んだ上で「理解」し、解釈して述べる力のことです。

どこの辞書でも似たような意味でしょうし、この能力が低い人を当記事では便宜(べんぎ)的に、「文章が読めない人」と呼称します。

SNSが普及した現代では長文が読めない人が増えているという話があり、たった100字程度や、5行以上の文面も読み解くことができない人が多くなっているそうです。

2010年代にはPIAAC(ピアック:国際成人力調査)において、「日本人の3分の1は文章をしっかり読むことができなかった」という統計結果の話もあるぐらいですからね。まあ世界先進国だと半数の人は文章をちゃんと読めないそうですが。

文章を読むことが困難な障害を『難読症(ディスレクシア)』と呼びますが、ある意味では『デジタル難読症』と言える状態ですね。

学歴による社会の分断 「日本人の3人に1人は日本語が読めない」調査結果も|マネーポスト

日本の生産性を引き下げている「文章を読めない人」|JBpress

気が付けば、私も「5行以上の長文が読めない状態」になっていた|Books&Apps

「適当に読める文章」の氾濫で、日本人の読解力が下がっている。|Books&Apps

読解力と攻撃性の関係

「読解力がないと攻撃的になりやすいのか?」についてですが、経験上言わせていただくと、「特にネット・SNS上の世界では、その傾向が強い」と言っても過言ではありません。

そういった人が行う問題行動が、

  • クソリプ】SNSのリプ(返信)で、内容がずれた主張や、コラ画像などで煽(あお)る。
  • 誹謗中傷】根拠のない内容や心ない言葉で攻撃する行為。
  • 炎上】問題行為などに対し、集団で糾弾(きゅうだん)をする状態。指摘することと炎上することは違う。
  • デマ拡散】内容を精査せず、誤った情報を拡散させる風評被害。

これらが挙げられるもので、ネット・SNSで読解力がない人の問題がよく取り上げられるのは、上記の行為が原因になっている場合がほとんどです。

とはいえ混同してほしくないのが、世の中には「文章が読めないだけ」で、人間性的に何ら問題のない人。読解力がないことに悩む人までをひっくるめて、「読解力がない人は問題だ」と言うつもりは一切ないということです。

まあ生産性に問題があったり、対応に疲れたり苦労はしますけれど、自覚して直そうとする姿勢があるだけ全然いいですし、そういった人たちは攻撃的どころか、むしろ謙虚な人が多いものです。

ただ、ネット・SNSの世界では「読解力がない」と「攻撃的である」はセットで語られる場合が多く、それに苦言する人、(自分含め)被害を受けている人がいるのもまた事実なんですよね。

次からは、読解力がなく攻撃的な人の特徴について述べていきます。

文章が読めない人に共通する特徴

文章が読めない人には、

  • 作文能力の問題】ネットスラングや定型文(語録)を多用する。
  • 思考力の問題】誰かの意見・評価を自分の言葉のように振る舞う。

このような共通の特徴がよく見られます。

作文能力の問題

まず作文能力の問題。最近のネット・SNS上でよく使われるのは『淫夢語』『なんJ語』と呼ばれるものが代表的で、

  • 「こいつ〇〇で草」
  • 「うわーこれはいたい」
  • 「〇〇とか言ってて草不可避」
  • 「(〇〇〇)ないです」
  • 「あっ……(察し)」

……などなど、関連話題・ネタでもない真面目な話にまでネットスラングや定型文を多用するのは、自分の言葉で述べたり文を作る能力が低い(=文章をちゃんと読めない)のではないかと。そもそも淫夢やなんJネタと知らずに使っている気がする。

無論、「ネットスラング・定型文多用=読解力が低い」と安直に言い切れませんし、場と状況・節度を考えて使っているのであれば問題はないものです。

ですが文章を読まずに攻撃し、ネットスラングや定型文で相手へ優位に立とうとする人であればあるほど、読解力がないケースが多かったんですね(つけ足せば、コラ画像で煽る人もね)。

思考力の問題

思考力の問題については、まとめサイト(まとめコピペブログ)・ネット掲示板・SNSの話題(バズっている)ツイート閲覧などを「日常的な娯楽」にする人ほど、

  • 「叩かれているから〜」
  • 「〇〇って言われてるからクソ」
  • 「俺も見たけどゴミだったじゃん」
  • 「事実を言って何が悪い」
  • 「本当のことを言ったら発狂するとかwww」

という、「一部もしくは、偏(かたよ)りのある意見」を「デジタル世論の意見・ファンの総意」みたいに扱い、「有名人など、誰かが言っていた(書いていた)極端な意見」を答えや正解にしがちで、それにこだわって斜め読みします。

答えありきで読むから文章を読む姿勢がなく、相容れない単語や反論の文面に目がとまると感情的に反応し、主張もころころ変わって聞く耳を持たないんですね。

このプロフィールの人は要注意

  • 「言いたいことを書きます」
  • 「毒舌注意」
  • 「いいね・リツイートは賛同の意味ではありません」

SNSのプロフィールで、このような文面をプロフィールを書く人もまた、読解力が低く喧嘩腰な人である可能性があります。あとは、何も書かれていないような捨てアカウント(捨て垢)もそう。

「言いたいことを書く」「毒舌」と言っておきながら、批判と批難を混同して自分の言動に責任を取らないのは文字どおり無責任であり、その表明は言い逃げすることを宣言しているようなもの。

なお、いいね・リツイートを支持ではないと弁解する人がいるのは、元大阪市長の橋下徹氏の裁判がきっかけのようです。

ですが大切なのは、「安易ないいね・リツイートの前に、ちゃんと記事やツイートの流れを読んだり、情報源を確かめるといった、読解力とリテラシー能力を身につけて慎重になろう」です。

にも関わらず、「いいね・リツイートは同意の意味じゃないよ! 勘違いしないでね!」は、行動がずれているんですね。

橋下氏批判の「リツイート」は名誉毀損 二審も判決支持|朝日新聞デジタル

文章の読めない人が攻撃的になる要因

単に読解力がないだけで礼節がある人、社会的常識がある人なら、お互いに意見し合って穏便に済ますことができます。

たとえ読解力が低くても、しっかりとお互いに礼節を払う。本来はそうあるべきなんですよね。

しかし残念ながら繰り返すように、ネット・SNSの世界だと文章を読まず攻撃的になる人が目立ち、いかに問題なのかは先述したとおりです。

経験談やいろいろ調べて考えてみましたが、

  • 客観視の問題】自分を客観的に見られず、視野の広い判断ができない。
  • 思慮の問題】しっかり考えず、衝動的・反射的に反応するため。
  • 正義感問題】自分が正義だと疑わず、非常に潔癖であり利己的。
  • 他人事の問題】他人の文章はひまつぶしの認識で、そもそも読む気がない。
  • ストレス問題】ストレスによる思考力低下。文章が読めず、感情的に反応する。
  • 多数派思想問題】多数派が正しいと考え、少数派意見を潰そうとする。
  • 正当化の問題】「俺は100%正しい」と思いこみ、正当性の証明に必死。
  • 議論下手の問題】意見する相手を敵と認識し、結論ありきで斜め読みする。
  • 障害の問題】発達・精神障害などで文が読めず、思いやることも困難だから。

読解力がないに加え、上記のような要因もあるからではないか?」と、自分なりの結論を見いだしました。

ネット・SNSは気軽に書き込めるし顔が基本的に見えないという性質上、思いやる心や思考力が大切で、それこそ文章だけで相手の意図を把握する『読解力』は必須項目です。

それができないから表面的に判断して感情的に反応するし、気軽に書き込めるから、そういった人がより可視化されるんでしょう。

また、ネット・SNS上で他者に攻撃的になった人の6〜7割は、ストレス発散よりも一方的な正義感であったという話もあり、そこに読解力のなさが関わっている可能性も大いにあります。

「単に国語が苦手で、おつむが弱いからではないか」と考えたこともありましたが、高学歴の人や専門家の人もやるケースがあり、勉強の出来や学歴の話だと安直に言い切れないんですよね。

危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに(2ページ目)|AREA dot

記事読まずにコメント6割 「タイトルだけで反応」のネット民|J-CASTニュース

「国語が苦手な人はいじめっ子に…」尾木ママ発言の真意 |zakzak

ツイッターで「クソリプ」を返す日本人多数 大半は読解力不足|livedoorニュース

『極論を振りかざす「極端な人」の正体(光文社新書)』|山口真一氏(統計学者)

絡まれた場合の対処と心構え

もし、文章が読めない人に絡まれた場合、名指しや外野問わず、「(私生活や業務を妨害する悪質行為でなければ)無視をして関わらない」のが、最大の対処・対策です。

「冒頭で引っぱっておいてその程度の対策かよ」と思われるかもしれません。

しかし実体験だからこそ言えますが、

  • デリケート】相手には威圧的なのに、自身への指摘を受け入れない。
  • コンプレックス】優しく意見を伝えても、バカにされたと解釈。
  • 低いメタ認知】「自分の解釈違いかも」という自己診断ができない。
  • 思考が極端】「神・クソ」「信者・アンチ」と、物事を0か100で考える。
  • 被害者意識が強い】名指しでなくても「悪口を言われた」と思い込む。
  • 拡散好き】敵認定した相手はすぐに拡散させようとする。
  • 自分が正しい】「俺は間違っていない! みんなそう思うよね?」と自己保身。
  • 対話拒否】対話ではなく、「いかに相手を叩き潰すか」しか考えていない。

本当にこういった反応をされますし、文章を読まずに攻撃したことを謝罪・反省したり、それを直そうと努力する姿勢を見せた人は、正直見たことがありません。

むしろそのあたりを指摘しても、「へーそうなんですかー」と、他人事のようにしか思ってないみたいなんですよね(これも実体験)。

そもそも彼らに意見・指摘自体が火に油を注ぐ行為で、下手に関わると逆上され、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そして、何が悪いのかわからないタイプだと、たとえ心ない言葉で相手を傷つけても、「何か悪いことをした?」ときょとん顔で、そのまま何もなかったかのように戻る人もいました。

そんな人に建設的な話はできないというか、脳の構造が違う・違う世界の住人と言えるレベルなんですね。だから、無視の対応が最適だという形です。

ただ、自身の風評被害を防ぐため、「そんなことはどこにも書いていないので、誤解のないようにお願いします」と、こっそり大人の対応をするのも必要でしょう。

彼らに返信して口喧嘩・晒し合戦をするのは、間違ってもしてはいけない行為です。それは同じレベルに堕ちる愚行であることを理解すべきです。

最後に:謝罪は期待できない

以上、「読解力が低いと攻撃的になりやすい」話の個人的見解と、なぜそのようになるのか、経験上の対処の仕方を述べました。

記事では「無視しろ」と書いているものの、人として考えると、「自分の読解力に問題がありました。軽率な行動をして申し訳ありませんでした」と、彼らに誠意ある姿勢をしてほしいと思うものです。

そう言いたくなるのはわかりますけど、それができるのは、「文章は読めなかったけど、人として誠実であり、自分の間違いを認められる人」だけです。

実体験でもちゃんと謝りに来たのは、ひとりかふたりだけでしたからね。

直接謝りに行くどころか、その問題点を自覚しないまま無視されるか、逆上するか、なかったことにして時間で忘れさせようとする態度をとられます。

むちゃくちゃな言いがかりをつける悪質クレーマーが、後日に謝りに来ることはほとんどないのと一緒です。

思慮の浅い行動をしておきながら、自分の行動に責任が持てないという、(言葉は悪いですが)精神年齢が低いんですよね。やっていることが。

これは聞くところによると、「自分に自信がなく、相手への関心がないから」のも理由のひとつなんだそうです。

依存的な人、自信が無い人の多くが、自分の行動に責任を持てない(持たない)理由|減らすブログ

ことばに責任を持たない人|自分をたいせつにする心理学

まだ公人や著名人、イメージを損ねると周囲に迷惑がかかる人であれば、謝罪文を出すケースが多く、期待はできるかもしれません。

しかし一般ユーザー相手だと絶望的で、真面目に対応すれば泣き寝入りするリスクのほうが圧倒的に高いでしょう。

読解力がなく攻撃的なタイプに絡まれたらとにかく無視して、機会を改めて大人の対応をするのが現実的。彼らは指摘されると無視するか開き直るか、逆上するタイプが多く、一般ユーザーなら謝罪も期待できません。

正直、自身の言動・行動に無責任な人にも、ネット・SNSに書き込ませる権利を与えるのはどうなのか……この考えは意見が分かれるでしょうけれど、そう感じずにはいられないものですね。

読解力がないだけならまだしも、読解力がなく攻撃的な人は害にしかなりません。一人ひとり、自分の行動には責任を持って、気をつけていきたいものですね。

  • 【実体験】文字は分かるが文は読めない人の問題行動【ソニックトゥーン】
  • 関連記事  »
    【実体験】文字は分かるが文は読めない人の問題行動【ソニックトゥーン】

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/211031-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら