R-15
雑記他

雑記

『テラスハウス』に出演した女子プロレスラーの木村花さんの自殺を機に、ネット・SNSや報道メディア問わず誹謗(ひぼう)中傷問題が連日問題視されるようになりました。こちらとしても長年ネットを利用し、誹謗中傷を受けた過去もあるので、とても他人事のようには思えません。

よく議論されている問題ではありますが、こういった人たちをタイプ別で考え、なぜ検挙者も出ているのに、未だになくならないのかを見ていきます。しかしその前に、この一連の流れに違和感を感じた部分があるので、以下に述べていきます。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


20世紀末から存在する誹謗中傷問題

この痛ましい事件により誹謗中傷問題が議論され、国もこれらに関する法律を変えようと動きはじめました。しかし疑問なのが、「なぜ今更になって、誹謗中傷問題がここまで問題視されたの?」ということですね。

誹謗中傷自体は20年以上前からあり、20年以上前から問題視されてきたはずですし、泣き寝入りした人のみならず、今回の彼女のように、これを苦に自殺をした人だって少なくないはず。

韓国の『指殺人(書き込みで著名人を精神的に追い詰めて自殺させるネットスラング)』など、今になって始まったことではないのに、本当に今更というか遅すぎるというか、違和感を覚えますね。

まあ、このあたりを語ると非生産的だから省略するとして、「遅まきながらも、ようやくネット・SNSの誹謗中傷の異常性・問題性を国が理解してくれた」と好意的に解釈するようにしています。今後彼女のような人を増やさないよう、徹底的に見直してもらいたいものです。

ただワイドショーで、「匿名性をやめて実名化すべきだ」とコメンテーターが語っていたのは大きな間違い。

確かに『ペルソナ効果』など、素性を隠せば態度が大きくなる人が一定数いることを示す科学的な実証はあり、これはネットスラングでいう『ネット弁慶』と呼ばれる人たちがそれに該当します。文章同士のやり取りという「相手のしぐさ・表情が分からず態度が大きくなる」なのも、攻撃性に拍車をかけています。

これは全盲(視覚障害者)の人がある種の証明で、彼らも視覚の非言語コミュニケーションが不可能だから、口調が厳しくなりがちですからね(全員がそうじゃないですが、自分が出会った全盲の人は皆、悪気はないけど言葉のキツい人が多かった)。

しかしながら実名や顔写真ありでも、たとえビデオチャットでも誹謗中傷をする人がいるのは、韓国をはじめとした海外の例や、有名人の一部、テレワークのハラスメント行為などを見れば分かるとおり。根本的原因は他にも考えられます(後述)。

「メディアはSNS(ネット)のせいにするな」の前に

(案の定というか)この問題に対して、

  • 「メディアも同じことをやっている」
  • 「SNSより先にメディアや制作側を処罰しろ」

という論調がネット・SNS上で多く見られましたね。あの乙武洋匡氏ですら、「メディアはSNSのせいにするな」って言うレベルです。丸山穂高議員は平常運転なのでご割愛(かつあい)。


しかし、この論理は前提を考えると破綻していますし、そもそも誹謗中傷問題は「ニワトリが先か卵が先か」という話ではなく、免罪符(めんざいふ)にもなりません。

別にメディアの肩を持ったり擁護(ようご)もするつもりはなく、制作・発信側にも一定の責任があるのは確かです。ですがメディアの場合、問題が発覚すれば審議され、コメンテーターや出演者も発言に非があったことが確定すれば、責任をとらされます。

一方、ネット・SNSの場合はどうでしょうか?

誹謗中傷したり心ない言葉をぶつける人たちは、顔出しや本名でない人であればあるほど、自分たちに問題があったことが分かると責任転嫁(か)や、削除してなかったことにしようと無責任な行動をとるだけではなく、

  • 「俺は悪くない」
  • 「みんなやってる」
  • 「有名税だろ」

と、自己正当化や被害者意識をむき出しにします(批判・批難の区別すらついていないのは言わずもがな)。

これは過去のスマイリーキクチ中傷事件・3.11放射能差別・あおり運転デマ・自粛警察・感染者叩きなどで検挙された加害者たちや、擁護・正当性を主張する人たちを見ても明らかで、「メディアも同じようなことをしている。ネット・SNSに責任転嫁するな」とするのは無理があります。

その理屈を通すなら、(匿名だろうが本名だろうが)ネット・SNSユーザーも皆、自分の言動に責任を持ち、問題があれば素直に非を認めて、しかるべき処罰を受け入れることを常に覚悟している前提がないと成立しません。

責任転嫁する人ほど、普段からそういうことをやっているから、後ろめたいのだろうとしか思えませんし、「アンチ(誹謗中傷)は有名になった証」「有名税」は被害者側が使う言葉であって、加害者側や第三者、傍観者が免罪符にして正当化するものではありません。

誹謗中傷の分類と心理

ネット・SNSにおける誹謗中傷問題をタイプ別するならば、

  • サイバーカスケード】共通する思想・主張に集団になって過激化し、極端かつ先鋭(せんえい)的な内容であふれかえる。
  • 被害者叩き】被害者のほうが悪いとするタイプ。それがたとえ死んでしまった人に対しても行われる。
  • 特定晒(さら)し】『ネット私刑』とも。加害者の個人情報を晒して制裁する行為。
  • クソリプ】ツイートに対して無価値な内容や攻撃的な文面を送りつける。SNS上の悪質クレーマー。
  • マウンティング】マウントとりとも。俺が上アピールで優越感に浸りたい人。

大まかにこれらが問題にされやすいでしょう。共通点は主に「歪んだ認知(偏〈かたよ〉った考えかた)」が原因と言われますが、簡単に心理分析を述べていきます。

『サイバーカスケード』の心理

サイバーカスケードに呑まれやすいのは、

  • 自分の意見を持たない人
  • 信じたい意見しか認めない人

とされています。

炎上している当事者のツイート・コメントや、それを扱うブログのコメントを見たことある人なら、「これ上の人が書いた意見を、そのまま自分の意見のように書いているよなぁ」って感じる場合が多々あるのではないでしょうか?

特にツイッターやまとめブログ・5ch・質問サイトでは顕著(けんちょ)に見られ、頭が良くない(思考力・想像力・論理性が乏しい)から、意見に「洗脳」されやすいのでしょう。『国民の8割はバカ』『大衆は感情で動き論理が通じない』なんて俗(ぞく)説もありますからね。

『被害者叩き』の心理

これは心理学用語でいう『公正世界仮説』で説明できるとされています。

簡単に言うと、

  • 「普段からそういうことやってるから恨まれるんだ」
  • 「疑われるようなことをするからだ」
  • 「そんな危険な場所・治安の悪い地域に行くからだ」

といった、自己責任論・因果応報・自業自得的な考えかたです。これは木村花さんやスマイリーキクチ氏の件しかり、ネット上の逆恨みで殺害されたブロガーのhagex氏のケースにも該当します。

自分を含め、ニュースを見て誰でも一度はふと心の中で思ったことがある、心当たりがあるでしょうが、かといって傷つけられた被害者や、殺された人の死体を蹴るような誹謗中傷をするなんてのは、社会通念上許される行為ではありません。


『特定晒し』の心理

こちらは以下の記事に詳しく書いているので割愛しますが、

  • 正義感と称した日頃のうっぷん晴らし・自己肯定感を高めている
  • 脳の先天的・後天的要因から直情的な正義感に駆られる

厄介なのは「(うっぷん晴らしを除けば)基本的に悪意がある人たちではない」部分ですが、悪意がないからって免罪符にはなりませんし、誹謗中傷をした相手を誹謗中傷(特定晒し)している場合は、「本質は同じ低レベル同士。同族嫌悪をしているだけ」でしかありません。


『クソリプ』の心理

これについては様々な仮説があるようです。

  • 国語力・読解力がないから文章が読めずに攻撃的に反応する説
  • 共感性と自己肯定感が低いかまってちゃん・ひねくれ者説
  • ネット掲示板やニュース記事のコメント欄に書く感覚説(当人ではなく“文章に”攻撃)



様々な人によって考察されていますが、共通するのはフォロー・フォロワーもほとんどいない使い捨てアカウント(捨て垢)から発信していること。そしてこの「ネット掲示板やニュース記事のコメント欄に書く感覚説」のマンガを描いた森園氏の考察は目からウロコでした。

要は、「クソリプをする人はネット・SNSに書かれた文章を『人格を持った個人が書いたもの』ではなく、機械がつくったのような『ただのコンテンツ』として見ている」ということ。「非現実なコンテンツ(娯楽)」としか思っておらず、「実生活の延長にある個人同士のやりとり」という感覚がないのでしょう。

自分宛にたまに来るクソリプもこれが当てはまるので、すごく納得。


『マウンティング』の心理

マウンティング……というより、「相手を見下す」自体はやらない人はいないでしょう。人種・職業差別などは論外ですが、成績が下の人・仕事ができない人・礼儀知らずな人・おつむが弱い非常識な人を見下すなどは、大なり小なり誰でもやるものです。

動物だって立場を示す目的でマウンティングするのですから、生き物の本能のようなもの。

ただ、普通は自制心を働かせて心にしまうか、仲間内だけでグチり合うだけか、問題提起で指摘・正当な批判の範囲に留めるもの。それを相手の見える(特定できる)前で人格攻撃して噛みつこうとはしません。

このような度の超えたマウンティング行為は、良識ある人間ならまずしないでしょう。過激なマウントを行う人ほど、差別語やレッテル貼り、ネットスラング(定型文)や語録などを多用する傾向があり、

  • 自分が満たされていない心が貧しい説(日常・社会の不満・コンプレックス)
  • 精神疾患・発達障害・パーソナリティ障害説

心が幸せなら攻撃的なマウントとりなんてしないから、当人たちの脳に構造的な問題もあるでしょう。

「今後も誹謗中傷は絶対なくならない」と言える理由と根本的原因

この問題に対して、「適切なネットリテラシー教育や『画面の向こうには人がいるんだ』と理解することが大事」と、誹謗中傷を防ぐには教育が必要だという意見も見られます。確かに教育は大切ですし、良心に呼びかけて自分を見直して反省し、誹謗中傷しなくなる人は少なからずいるでしょう。

ですが抑止力にはならず、誹謗中傷は絶対になくならないものと断言できます。というのも、

  • 慢性的な誹謗中傷中毒になっている人。
  • 発達障害・精神疾患・パーソナリティ障害でそもそも理解できない人。
  • 誹謗中傷撲滅を訴えながら無自覚で誹謗中傷をやる人。

こういった人たちも歪んだ認知を持っていますので、良心の呼びかけや教育だけでは不十分ですし、誹謗中傷がなくならない根本的な原因です。

慢性的な誹謗中傷中毒になっている人
誹謗中傷中毒』について説明すると、コンプレックス(劣等感)の解消や自己肯定感の向上、ストレス発散などを口実に、誹謗中傷が快感だからやめられない感じですね。「信者かアンチ、面白いかクソか」みたいな二極思考の極論が好きで、「死ね・ガ○ジ・キ○ガイ」などの心ない言葉や攻撃的言動を好むのは典型例。

依存性も高く、一種の薬物依存のようなもの。以下の文章を述べても、

  • 『誹謗中傷』中毒者は、定期的に『誹謗中傷』をやらないと禁断症状になる。その解消に『誹謗中傷』をする負のスパイラルに陥ってやめられない。
  • 『誹謗中傷』の依存・衝動を自力で治すことが困難。治すには生活改善や専門家の助けが必要であり、治療後も頼らない生活を維持し続けなければならない。

この『誹謗中傷』の部分を『ドラッグ』に置きかえても違和感がないもので、お金もあまりかからない分、ある意味ドラッグよりもタチが悪いです。実際にスマイリーキクチ事件の加害者の中には、「もうしません」と謝罪の言葉を口にしておいて、数時間後にはまた誹謗中傷をしていたケースがあったそうです。

そして誹謗中傷にハマる人であればあるほど、感情コントロールもできずに衝動的な行動ばかりを行っては、自分の行動を正当化したり、理屈を並び立てて開き直り、非を絶対に認めたがらないのも特徴です。

  • 「昔からやっている癖みたいなもんだし今更直せない。便所の落書きだろ?」
  • 「ネットとリアルは人格違うから」
  • 「相手が悪いんだから叩かれて当然。アンチも多いし俺は悪くない」
  • 「最初に書いた奴が悪い。みんなやってんのになんで俺だけ言われるのさ?」

ここまでくると重度の薬物依存者で、こういった人たちには良心だとか、モラル教育が抑止力には決してならないことを物語っています。


中には「誹謗中傷する人は元からそういう人種。依存症ではない」と語る人もいますが、後述する発達障害起因の先天的要因ならそうでしょうが、精神疾患や病気、ストレスは後天的なものであり、なる前はいたって普通の人物だった可能性を考慮していません。

誹謗中傷中毒になる理由は多種多様であり、まるで「悪質クレームを入れる奴は元からそういう人」と通ずる、未経験で現実を知らないから言える視野の甘さを感じます。


発達障害・精神疾患・パーソナリティ障害でそもそも理解できない人
そして次に、発達障害・精神疾患・パーソナリティ障害者のケース。

彼らは相手を傷つけた場合、謝罪の言葉は口にしても反省も改善もしません。なぜなら脳の構造上、思いやりや想像力、自分を客観的に見る『メタ認知』能力が乏しく、思っても言ってはいけない言葉や、反省や改善の意味が分からない(認知のずれで根本的な勘違いをしている)からだそうです。

一般的な人の場合、失敗すれば「これは悪いことだったんだな。確かに今思い返せば問題だと自分も思うし、落ち度があったなら次からはここを直して気をつけよう」と意識を持っていけますが、

  • 「何か悪いことした?」
  • 「反省って何? 謝るのが反省じゃないの?」

と彼らは思いがちらしく、反省や改善って、自分を見直して相手のことを考える「客観的に見る力と思いやりの心」から生まれる概念ですからね。

謝罪の言葉は社交辞令・通過儀礼でしかなく、「客観的に何が問題かを見直し、改めるのか」までを考えないと意味がありません(少し外れますが、「謝罪を強制する人はどうかと思う」と言う人は、このあたりを分かってない場合が多いです。「謝罪しろ!」と声高に叫ぶ人も、謝罪の意味を歪曲していますが)。

こちらも幾度か関わったり見聞きして経験したものの、本当に反省の意味が分かっておらず、悪いと思っていないから、一方的な被害妄想や被害者面をしがち。人物や作品に粘着行為をしたり、自己紹介で疾患や障害をカミングアウトしたりするケースもしばしば。

彼らにとって「画面の向こうには人がいるから思いやりを持ちましょう」は理解できない世界でしょうし、誹謗中傷中毒と同じく感情的・衝動的に動きますが、顔出しでも大して変わらない点が大きな違いです。精神的な疾患・障害を公表する一部の有名人のツイートを見れば、それがよく分かるかもしれませんね。

もちろん、彼らのすべてが犯罪者予備軍ではなく、改善の努力を怠らない真面目な方もいるのは承知ですが、これは実体験のみならず、医師の人ですら認める事実。特に発達障害は病気ではなく個性だから、自覚しないと「治す(矯正する)」ことはできないそうです。

非行から見えてくるもの:1(藤川教授)

— 朝日新聞 —

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

— 心療内科・精神科 キムラクリニック —

医師も逃げ出す迷惑アスペルガー

— 治しやすいところから治す--発達障害への提言 —

アスペルガーは反省しないの?

— アスペルガー特徴.com —


誹謗中傷撲滅を訴えながら無自覚で誹謗中傷をやる人
上記2つの延長線上のケースで、誹謗中傷はダメと言っておきながら、実は自身も無自覚で誹謗中傷をしているのは非常にタチが悪いですね。

大体この場合、「誹謗中傷被害経験がある、正義感が強くて自分が正しいと思う感情的な人」がなりやすく、自身の問題行動・攻撃的言動や暴言には反省せず、論点をそらしたり屁理屈を述べて正当化して、開き直っていることも多いです。

いじめの根絶を訴えているが、当の本人がいじめを無自覚にやっていた」のと同じで、自分の行動を客観的に見られない(メタ認知が低い)人とも言えます。

たとえば前者の場合、こういった誹謗中傷する人がニュースや特集で取り上げられると、

  • 「誹謗中傷するクズどもは死ね」
  • 「こういうゴミ(誹謗中傷する人)はさっさと死刑にしろ」

このような攻撃的な口調を使う人は、立場が違うだけで加害者と本質は同じであり、「誹謗中傷相手を誹謗中傷している」状態です。

後者の人もそうで、人間である以上、失敗や間違った行動は仕方ないにしても、それを棚に上げて「誹謗中傷を許すな」は虫がよすぎるもの。不当な攻撃への毅然(きぜん)対応と同時に反省する姿勢も必要で、「君こそ普段から相手を傷つけてるのに、被害者面してんじゃねーよ!」と言われかねないものです。

これについての具体例を挙げるならば、はるかぜちゃんこと春名風花さんのケースですね。メディアなどで不当な人格攻撃や誹謗中傷への毅然とした対応の大切さを説き、このあたりは正しい行動なので異論はありません。

ただ、彼女は過去に罪のない一般人(退会済)を悪者扱いしたツイートへ便乗し、人間性を疑うほどの暴言で応酬ツイートをしたことがあり、経緯を周囲から説明されても、「私の主義主張だから認められない」と、誹謗中傷をしたことについて、一般人の方に一切謝罪をしなかった出来事がありました。

2020年に「あれは一般人にではなく、一般人を支持した一部の過激派が、わざと不愉快にさせる動画を見せて盛り上がる行動に怒っていた。断片的に切り取らず真意を見てほしい」と、彼女本人のものと思われる弁解記事をnoteに掲載しました。

しかしこれは、「一般人の方のアカウントを、自分が外野で追い打ちをかけて閉鎖させたのは誤解です」という内容で、「思想・持論を理由にして、結果的に一般人の方を誹謗中傷した謝罪・反省」ではなく、当時の騒動を知る人たちが怒っているのは、後者の問題行動です。

意見を持つ自体はいいことですし、誹謗中傷問題に立ち向かった姿勢は立派だと思いますが、自分に都合の悪い部分は無視しているのは卑怯というか、自己愛が過ぎるというか……弁解記事でも言葉の節々に「私は常に正しい」という我(が)の強さがにじみでていましたね。

ゆえに「どんな理由でも、相手を不当に攻撃してはいけない」という言葉に関してだけは、彼女も元加害者で未だ反省していないので、説得力を感じません。誹謗中傷へ毅然に立ち向かうだけではなく、どんな持論であれ、結果的に自身の行き過ぎた行動を素直に認め、反省することも同じぐらい大切。若気の至りとか関係なくですね。

それをしてはじめて、説得力が生まれますし、「思想から問題提起すること」と「攻撃的な強い口調を用いること」は全く別の話です。彼女はその部分をおろそかにしていますから、鼻につく人が少なくないんでしょう。

自身の攻撃的言動を棚に上げ、自分の不当な攻撃には許さない態度は、反感を買いかねないものです。どんな思想や理由であれ、自分の行動は客観的に見なければなりません。


……以上のように「誹謗中傷する人の大半」は、上記3つの症状をこじらせた人たちだと考えていて、「悪意ある書き込みや特定晒しで検挙された人が数多くいるのに、未だ書く人が後を絶たず、動機も悪びれたり反省もしていない」のは、この理由だとつじつまが合うのではないかと。

一番面倒なのは、『表現の自由』を都合よく拡大解釈したり、歪んだ認知だからこそ逆恨みをする可能性があること。論理破綻した自己正当化や、意味不明な言動で被害妄想に囚われている相手は要注意。

ゆえに教育や良心では抑止力にならず防ぎきれず、今後もなくなることはないので、告訴のハードルを下げたり、罰則に重点を置くのが効果的に思います。海外の誹謗中傷対策もそういった対処を重点的にしていますからね。

最後に:もはや「便所の落書き」は通用しない

元2ch創設者のひろゆき氏がテレビのワイドショーで「所詮は民間会社がやっているサービスに過ぎない。嫌ならSNSやめればいいんですよ」と言っていましたが、それは今の無法地帯ぶりは普通だと言っているようなもので、自己責任論を持ち出し、臭いものにフタをしただけの極論です。

利用しない勇気、使わない意思を貫くのは正しい選択のひとつですが、かといってSNS(ネットも含む)は昔言われたような便所の落書きではもうありません。民間企業の一サービスであっても、社会的影響力は無視できないものになっています。

仮にSNSをやめても、自分が知らない関係ないところで火がつき、それが伝言ゲームのように回り回った結果、風評被害や実害に繋がってしまえば、「嫌ならやめればいい」が根本的解決にはならないことが分かるはず。

誹謗中傷やマナーの問題を除けば、SNS自体は便利なツールであり、より便利にするためにルール作りをしっかりしていくのは、何らおかしなことではありません。むしろ「ネット・SNSは悪口もバッシングも私刑(制裁)も何書いてもいい」という無法地帯を許している、今の風潮・システム自体がおかしいのですよ。

ひろゆき氏の意見は参考になる場合もあるけど、今回のように極端な意見が鼻につくし、ヘラヘラしながら人を小バカにするかのように話す口調や表情、威圧感のある目を見開く表情・視線が多いから、個人的に苦手なタイプ。

ちなみに、誹謗中傷する人は全ネットユーザーの中でも0.5%以下だと2016年に統計したデータがあるらしく 、動機もほとんどが愉快犯的行動ではなく、独善的で歪んだ正義感からだったそうです。あと、記事の内容的には批判じゃなくて批難だよね。批判という言葉を誤用してはいけない。


0.5%と言われると本当にごく少数だと錯覚しますが、この確率を人数で計算すると、ざっと50万人(ネット・SNS利用者を1億人と仮定)はいる形です。たかが50万人されど50万人ですし、ひとつの内容でも気が滅入るのに、その「正義中毒に侵された悪意のない50万人」が複数回も書き込んでいるのだから、たまったものじゃありません。

かつて、こういった無法行為がまかり通っていた汚点の時代があった」と語れるよう、ルール作りと厳しい罰則を設ける風潮は今後も続いていくべきでしょう。


仕事上では『WEBデザイナー』としてやってるんだけれども、デザイン制作からコーディング、SEO対策、Sass(SCSS)の活用、PHP動的サイトの制作、イラスト制作など、「イラストレーターでフロントエンドもやるWEBデザイナー」と化しているんだよね自分。

そしてブログでは絵も描くし記事も書く(仕事でも記事執筆している)から、「イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナー」という肩書きに。バックエンドまでは無理かなぁ……そこまで頭がよくないから。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。