R-15
雑記他

雑記

『テラスハウス』に出演した女子プロレスラーの木村花さんの自殺を機に、ネット・SNSや報道メディア問わず誹謗(ひぼう)中傷問題が連日問題視されるようになりました。こちらとしても長年ネットを利用し、誹謗中傷を受けた過去もあるので、とても他人事のようには思えません。

ただ、この一連の流れに違和感や問題点を感じた部分があるので、以下に述べていきます。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。



なぜ今になって問題化されたのだろう?

この痛ましい事件により誹謗中傷問題が議論され、国もこれらに関する法律を変えようと動きはじめました。しかし疑問なのが、「なぜ今更になって、誹謗中傷問題がここまで問題視されたの?」ということですね。

誹謗中傷自体は20年以上前からあり、20年以上前から問題視されてきたはずですし、泣き寝入りした人のみならず、今回の彼女のように、これを苦に自殺をした人だって少なくないはず。

韓国の「指殺人(書き込みで著名人を精神的に追い詰めて死にやったことに対するスラング)」など、今になって始まったことではないのに、本当に今更というか遅すぎるというか、違和感を覚えますね。

まあ、この辺りを語ると非生産的な邪推しか出ませんから省略するとして、ここはもう「遅まきながらも、ようやくネット・SNSの誹謗中傷の異常性・問題性を国が理解してくれた」と好意的に解釈するようにしています。今後彼女のような人を増やさないよう、徹底的に見直してもらいたいものです。

ただワイドショーで「匿名性をやめて実名化すべきだ」とコメンテーターが語っていたのは大きな間違い。

確かに素性を隠せば態度が大きくなる人は一定数いるし、科学的な実証もされています(『ペルソナ効果』)。しかしながら、実名や顔写真をさらけ出してでも誹謗中傷をする人がいるのは、韓国をはじめとした海外の例や、著名人の一部などを見れば分かる通り。根本的原因は他にも考えられます(後述)。

「メディアはSNS(ネット)のせいにするな」の前に見直すべき要素

(案の定というか)この問題に対して、

  • 「メディアも同じことをやっている」
  • 「SNSより先にメディアや制作側を処罰しろ」


という論調がネット・SNS上で多く見られましたね。あの乙武洋匡氏ですら、「メディアはSNSのせいにするな」って言うレベルです。丸山穂高議員は平常運転なのでご割愛。



しかし、この論理は前提を考えると破綻していますし、そもそも誹謗中傷問題は「ニワトリが先か卵が先か」という話ではなく、免罪符にもなりません。

別にメディアの肩を持ったり擁護(ようご)もするつもりはなく、制作・発信側にも一定の責任があるのは確かです。ですがメディアの場合、問題が発覚すれば審議され、コメンテーターや出演者も発言に非があったことが確定すれば、責任を取らされます。

一方、ネット・SNSの場合はどうでしょうか?

誹謗中傷したり心ない言葉をぶつける人たちは、顔出しや本名でない人であればあるほど、自分たちに問題があったことが分かると責任転嫁(か)や、削除して無かったことにしようと無責任な行動を取るだけではなく、

  • 「俺は悪くない」
  • 「みんなやってる」
  • 「有名税だろ」


と、自己正当化や被害者意識をむき出しにします(批判・批難の区別すらついていないのは言わずもがな)。

これは過去のスマイリーキクチ中傷事件や3.11放射能差別、あおり運転デマ、自粛警察などで検挙された加害者たちや、擁護・正当性を主張する人たちを見ても明らかです。

これで「メディアも同じようなことをしている。ネット・SNSに責任転嫁するな」とするのは無理があります。その理屈を通すなら、(匿名だろうが本名だろうが)ネット・SNSユーザーも皆、自分の言動に責任を持ち、問題があれば素直に非を認めて、しかるべき処罰を受け入れることを常に覚悟している前提がないと成立しません。

すぐメディアのせいにする人は自分から言わせると、「物事を表面的にしか捉えていない、犯人探しをしているだけの思慮の狭い意見だ」と感じてしまいますね。むしろ、誹謗中傷問題をメディアに責任転嫁する人ほど、普段からそうゆうことをやっているから、後ろめたいのではないでしょうか?

それから、「アンチ(誹謗中傷)は有名になった証」「有名税」という言葉は被害者側が使う言葉であって、加害者側や第三者、傍観者が免罪符にして正当化するものではありません。「お客様は神様」は店側の言葉で、客が使う言葉ではないのと同じですね(双方とも、時代遅れで使うべき言葉ではないですが)。

誹謗中傷する人は歪んだ認知を持っている

ネット・SNSにおける誹謗中傷問題をタイプ別するならば、

  • サイバーカスケード】共通する思想・主張に集団になって過激化し、極端かつ先鋭(せんえい)的な内容であふれかえる。
  • 被害者叩き】被害者のほうが悪いとするタイプ。それがたとえ死んでしまった人に対しても行われる。
  • 特定晒し】『ネット私刑』とも。加害者の個人情報を晒して制裁する行為。
  • クソリプ】ツイートに対して無価値な内容や攻撃的な文面を送りつける。SNS上の悪質クレーマー。
  • マウンティング】マウント取りとも。俺が上アピールで優越感に浸りたい人。


大まかにこれらが問題にされやすいでしょう。共通点は主に「歪んだ認知(偏った考え方)」が原因と言われますが、簡単に心理分析を述べていきます。

『サイバーカスケード』の心理

サイバーカスケードに呑まれやすいのは、

  • 自分の意見を持たない人
  • 信じたい意見しか認めない人


とされています。

炎上している当事者のツイート・コメントや、それを扱うブログのコメントを見たことがある人であれば、「これ上の人が書いた意見を、そのまま自分の意見のように書いているよなぁ」って感じる場合が多々あるのではないでしょうか?

特にツイッターやまとめブログ・5ch・質問サイトでは顕著(けんちょ)に見られますよね。

要は頭が良くない(無知で思考力・想像力・論理性が乏しい。良く言えばピュア)から、すぐに同調圧力に流されたり、意見に「洗脳」されやすいのでしょう。「国民の8割はバカ」なんて俗(ぞく)説がありますが、その8割に該当する人間なのかもしれませんね。


『被害者叩き』の心理

これは心理学用語でいう『公正世界仮説』で説明できるとされています。

簡単に言うと、

  • 「普段からそうゆうことやってるから恨まれるんだ」
  • 「疑われるようなことをするからだ」
  • 「そんな危険な場所・治安の悪い地域に行くからだ」


といった、自己責任論・因果応報・自業自得的な考え方です。これは木村花さんやスマイリーキクチ氏の件しかり、ネット上の逆恨みで殺害されたブロガーのhagex氏のケースにも該当します。

自分を含め、ニュースを見て誰でも一度はふと心の中で思ったことがある、心当たりがあるでしょうが、かといって傷つけられた被害者や、殺された人の死体を蹴るような誹謗中傷をするなんてのは、社会通念上許される行為ではありません。


『特定晒し』の心理

こちらは以下の記事に詳しく書いているので割愛しますが、

  • 正義感と称した日頃のうっぷん晴らし・自己肯定感を高めている
  • 脳の先天的・後天的要因から直情的な正義感に駆られる


大体の理由はこれです。彼らは正義だの制裁だの息巻いていますが、私刑は犯罪と知らない場合がほとんど。

こういった人たちは自分のやっている行為が正義と信じて疑わず、「俺は間違っていない! 俺は正しい!」と頑固で、「元凶が悪い。みんなやってる」と、デマや誤報と分かると犯人探しに躍起(やっき)になって、自己正当化を図ろうとするんですよね。

しかし厄介なのは「(うっぷん晴らしを除けば)基本的に悪意がある人たちではない」部分ですよね。無論、悪意がないからって免罪符にはなりませんし、その自己中心的で無責任な愚行をしっかり改めるべき。


『クソリプ』の心理

これについては様々な仮説があるようです。

  • 国語力・読解力がないから攻撃的になる説
  • 共感性と自己肯定感が低い構ってちゃん説
  • ネット掲示板やニュース記事のコメント欄に書く感覚説(当人ではなく“文章に”攻撃)





様々な人によって考察されていますが、クソリプを送りつける人のほとんどに共通するのは、フォロー・フォロワーもほとんどいない使い捨てアカウント(捨て垢)から発信していることですね。そしてこの「ネット掲示板やニュース記事のコメント欄に書く感覚説」のマンガを描いた森園氏の考察は目からウロコでした。

心ない誹謗中傷は許されざる行為であるものの、自分宛にたまに来るクソリプもこれが当てはまるので、すごく納得。ただ、同時に会話が成り立たっておらず、支離滅裂だったり意味不明な内容ばかりですから、「頭のおかしいヤバイ人が、ニュース記事のコメント感覚でクソリプを送っている」に近いでしょう。
 


『マウンティング』の心理

マウンティング……というより、「相手を見下す」自体はやらない人はいないでしょう。無論、人種・職業差別などは論外ですが、成績が下の人・仕事ができない人・礼儀知らずな人・おつむが弱い非常識な人を見下すなどは、大なり小なり誰でもやるものです。

動物だって立場を示す目的でマウンティングするのですから、生き物の本能のようなもの。

ただ、普通は自制心を働かせて心にしまうか、仲間内だけで愚痴り合うだけか、問題提起で指摘・正当な批判の範囲に留めるもの。それを他者を眼前で、ましてや赤の他人に対して人格攻撃しようとはしません。

「相手を傷つけないため」か「余計なトラブルを避けるため」かはともかく、良識ある人間ならまずしないものです。

しかしネット・SNS上では匿名でタガが外れるのか、相手に対して誹謗中傷を用いたマウンティングを行なう人が目立ちます。こういった人ほど、差別語やレッテル貼り、ネットスラング(定型文)や語録などを多用する傾向があります。

国語力が低いけどマウンティングしたいから用意された言葉を使いたがるのでしょうが、心理構造的には『特定晒し』の件と同じく、

  • 自分が満たされていないから説(日常・社会の不満・コンプレックス)
  • 精神疾患・発達障害・パーソナリティ障害説


これに尽きますね。心が豊かで満たされていれば攻撃的なマウント取りなんてしないから、当人たちの脳に構造的な問題がある可能性があります。この辺りは後述します。


誹謗中傷する人はモラルの問題だけではない

この問題に対して、「適切なネットリテラシー教育や『画面の向こうには人がいるんだ』と理解することが大事」と、誹謗中傷を防ぐには教育が必要だという意見も見られます。確かに教育は大切ですし、良心に呼びかけて自分を見直して反省し、誹謗中傷しなくなる人は少なからずいるでしょう。

ですが、抑止力にはならないだろうと思います。というのも、

  • 慢性的な誹謗中傷中毒になっている人
  • 発達障害・精神疾患・パーソナリティ障害でそもそも理解できない人


こういった人たちは先に上述したように、根本的に歪んだ認知を持っていますので、良心の呼びかけや教育だけでは不十分です。

慢性的な誹謗中傷中毒になっている人
『誹謗中傷中毒』について説明すると、コンプレックスの解消や自己肯定感の向上、ストレス発散などを口実に、誹謗中傷が快感だからやめられない感じですね。「信者かアンチ、面白いかクソか」みたいな二極思考の極論が好きで、「死ね・ガ○ジ・キ○ガイ」など、ネガティブで否定・差別的、モラルを疑うレッテル貼りをするのは典型例。

依存性も高いので、一種の薬物依存だと言っても過言ではなく、実際にスマイリーキクチ事件の加害者の中には、「もうしません」と謝罪の言葉を口にしておいて、数時間後にはまた誹謗中傷をしていたケースがあったそうです。

ここまで来ると重度の薬物依存者です。ちゃんとしかるべき治療を受けたほうがいいですし、モラル教育が抑止力にならないことを物語っています。


発達障害・精神疾患・パーソナリティ障害でそもそも理解できない人
そして次に、発達障害・精神疾患・パーソナリティ障害者のケース。彼らは誹謗中傷中毒者と同じく、相手を傷つけて謝罪の言葉は口にしても反省も改善もしませんし、本名だろうが匿名だろうが行動に差はほぼないだろうと、海外や著名人のケースを見るとそう思わざるを得ません。

なぜなら脳の構造上、思いやりや想像力、自分を客観的に見る「メタ認知」能力が乏しく、思っても言ってはいけない言葉や、反省や改善の意味が分からないからだそうです。反省しなければ改善できないし、悪いと思っていないから「俺のほうが被害者」を持ち出してはまた同じことを繰り返します。

一般的な人の場合、失敗すれば「これは悪いことだったんだな。落ち度があったなら次からは気をつけよう」と意識を持っていけます。

しかし彼らの場合、

  • 「なにか悪いことした?」
  • 「反省って何? 謝るのが反省じゃないの?」


と思いがちらしく、反省や改善って、自分を見直して相手のことを考える「客観的に見る力と思いやりの心」から生まれる概念ですからね。

謝罪の言葉は社交辞令・通過儀礼でしかなく、「何が問題だったかを見直してどう改善するか、次からどうするのか」までを考えないと意味がありません(少し外れますが、「謝罪を強制する人はどうかと思う」と主張する人は、大体この辺りを分かってない場合が多いです。ただ「謝罪しろ!」と声高に叫ぶ人も、謝罪の意味を履き違えていますけどね)。

こちらも幾度か関わったり見聞きして経験しましたが、本当に反省の意味が全然分かっていない。彼らの主張もモラルの問題というより、そもそも善意も悪意も関係なく、思ったことを素直にかつ、直情的に書いているだけという印象も覚えました。

悪いと思っていないから被害者面をしがちで、人物や作品にストーカーめいた粘着をしたり、精神疾患・発達障害・パーソナリティ障害を自己紹介でカミングアウトしたりするケースもしばしば。

注意に対しても「何か分からんけど謝っておこう、従っておこう」みたいな態度の人もいれば、「俺は悪くない」と絶対に非を認めないタイプもいて、どちらにせよ社会通念上の常識が通用しないってつくづく思い知らされました。

もちろん、彼らの全てが犯罪者予備軍とかではなく、自覚して改善の努力を怠らない勤勉で真面目な方もいるのは承知ですが、これは実体験のみならず、医師の人ですら認める事実。特に発達障害は病気ではなくその人の個性だから、自覚して能動的に改善を行わない限り「治す(矯正する)」ことはできないそうです。

非行から見えてくるもの:1(藤川教授)

— 朝日新聞 —

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

— 心療内科・精神科 キムラクリニック —

医師も逃げ出す迷惑アスペルガー

— 治しやすいところから治す--発達障害への提言 —

アスペルガーは反省しないの?

— アスペルガー特徴.com —



以上のように「誹謗中傷する人の大半」は、上記2つの症状をこじらせた人たちだと自分は考えていて、「悪意ある書き込みや特定晒しで検挙された人が数多くいるのに、未だ書く人が後を絶たず、動機も悪びれたり反省もしていない理由」は、この理由だとつじつまが合うのではないかと。

彼らにとって「画面の向こうには人がいるんだから、思いやりを持ちましょう」は理解できない世界なのでしょうし、何より一番恐ろしいのは、歪んだ認知だからこそ逆恨みをする可能性があること。

重ねるように、社会通念上・一般的モラル上では明らかな問題行為でも、悪いと思っていない(悪いと認識できていない)から逆上し、場合によっては命を危機に晒しかねないリスクがあり、特に論理破綻した自己正当化や、意味不明な言動で被害妄想に囚われている相手は危険。

故に教育や良心では抑止力にならず防ぎきれないので、告訴のハードルを下げたり、罰則に重点を置くのが効果的に思います。海外の誹謗中傷対策もそういった対処を重点的にしていますからね。

最後に:もはや「便所の落書き」は通用しない

誹謗中傷問題は加害者がどう思ったかではなく、被害者がどう思い、受け止めたかで冗談では済まされなくなるのは、ハラスメントやいじめ問題と同じですね。そして人が集まれば、何かしらのマイナス行為を働く層が出現し、これは人間の集団社会である以上、仕方のないことである点も同じです。

しかしだからこそ「度が過ぎれば罪になる」と、問題をどう対応するか、被害者のケアはどうするかという事後対策と、厳しい罰則とルール作りが必要になります。

元2ch創設者のひろゆき氏がテレビのワイドショーで「所詮は民間会社がやっているサービスに過ぎない。嫌ならSNSやめればいいんですよ」と言っていましたが、それは今の無法地帯ぶりは普通だと言っているようなもので、自己責任論を持ち出した極論です。

利用しない勇気を持つこと、必要性がなければ使わない意思を貫くのは間違いではないですし、正しい選択の一つですが、かといってSNS(ネットも含む)は昔言われたような便所の落書きではもうありません。民間企業の一サービスであっても、社会的影響力は無視できないものになっています。

それに誹謗中傷やマナーの問題を除けばSNS自体は便利なツールであり、より便利にするためにルール作りをしっかりしていくのは、何らおかしなことではありません。むしろ「ネット・SNSは悪口もバッシングも私刑(制裁)も何書いてもいい」という無法地帯を許している、今の風潮・システム自体がおかしいのです。

かつて、こういった無法行為がまかり通っていた汚点の時代があった」と語れるよう、ルール作りと厳しい罰則を設ける風潮は今後も続いていくべきでしょう。



ネット上で自分のサイトを「とても分かりやすい」「説明が丁寧」と評されることが多いので、本当に感謝。

分かりやすい文章を書ける理由は、「元々自分が頭の悪いバカだったので、当時のバカ(自分)でも分かる文章を書くようにしている」から。

学生時代、国語も正直赤点ギリギリで、だから物書きがてら執筆勉強はそれなりにした。プロの考察家や評論家みたいな文章は書けないけど、理解しやすい文章は自分の能力なので、今後も引き続き書いていきたい。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判(建設的批評)・批難(非難:感情的否定)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人」。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。