ENTRY
雑記
雑記,どうぶつの森,あつまれどうぶつの森,あつ森

ブログのつぶやき欄に書いたことですが、いつまでも残すわけでもないので記事として再構成しました。

『どうぶつの森』シリーズを初代から20年近くやり続けていたのにも関わらず、ニンテンドースイッチの『あつまれどうぶつの森(以下、あつ森)』を買わなかった理由を、シリーズの思い出を交えながら以下から述べていきます。

最初にお断りしておきますが、『あつ森』やプレイヤーを否定する内容ではありません。あくまで考えかたの相違の話ですので、ご容赦ください。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

初代ニンテンドウ64版から約20年

もう20年経つのか…

『どうぶつの森』シリーズは結構長いシリーズで、2001年に発売された初代ニンテンドウ64版から換算して20年近くになるんですね。

どうぶつの森(初代:2001年)

どうぶつの森+(2001年)

どうぶつの森e+(北米逆輸入版:2003年)

おいでよどうぶつの森(2005年)

街へいこうよどうぶつの森(2008年)

とびだせどうぶつの森(amiibo+:2012年〜2016年)

あつまれどうぶつの森(2020年)

任天堂

『ハッピーホームアカデミー』『ポケットキャンプ』などは外伝的な位置づけなので省いていますので、ご了承ください。

DS版の『おいでよ』を初代と思っている人が多い

SNSやブログ記事は、DS版の『おいでよ』を初代だと本気で思い込む勘違いさんをSNSやブログ記事でチラホラ見ますが、あれ4作目ですよ?

この勘違いは特に若い世代が多いらしく、どこをどうしたら4作目を初代と思うのかが不思議ですね。

『e+』までも、『クレヨンしんちゃん』とのコラボマンガやファミ通で専用特集ページ、テレビCMもやってたんですが、初代からやっていた身からすれば、すごく複雑な気分になります。

シリーズの思い出

64版から遊びました

自分は重ねるように、初代のニンテンドウ64版から遊んでいたユーザーでした。当時は小学生で、自分の部屋を持っていないこともあり、あの初代のCMは心ひかれましたね。

『64』から『+』まで

ちなみに『初代』はソフトへの衝撃が非常に弱く、再プレイしたら「申し訳ありませんが村のデータが壊れてしまいました。また最初からやり直してください」と、とたけけと奏でるギター音は未だにトラウマです。

今と違い、昔のハロウィンイベントは恐怖そのもので、ものすごく頑張ったのに、セーブデータが消えてしまった衝撃は今でも覚えています。それだけ当時の自分にはショッキングな出来事だったんでしょう。

ファミコン家具は衝撃的で、本編そっちのけでファミコン家具を遊んでしましたし、あれはバーチャルコンソールの前身とも言えるでしょう。

『+』から様々な要素が追加されて遊びや利便性が向上し、特にラジオ体操に関しては、そのためだけに夏休みを毎朝早起きしたのも懐かしいですね(時間をいじるとズルとみなされおじゃんになる)。

『e+』はシリーズで一番やりこんだゲーム

一番やりこんだのは3作目の『e+』で、特定の住人がやってきたり、特別なプレゼントをもらえる『あいことばシステム』をしたいがために、近所のおもちゃ屋まで行ってキャラクターカードを集めていました。

『カードeリーダー』という端末をゲームボーイアドバンスとつなげて遊べるミニゲームが好きで、家のジオラマキットがホビーとして発売されていたので、それも集めていましたよ。

ゲームとは関係ないものの、インターネットでどうぶつの森のコミュニティ掲示板やチャットがあり、そこで情報共有したり、どうぶつの森を語り合ったりと、それも含めて当時は熱中していました。

『e+』までの哀愁・ブラックさ・曲のセンス

この頃がもっともブラックというか、住人たちもお節介で嫌味を言われ、リセットさんは泣くほど恐れる存在かつ、ぺりみとグレースは性格ひん曲がっていると、いい意味でも悪い意味でも田舎感がありました。

また、お出かけの際はすごく哀愁(あいしゅう)が漂い、今でこそ、ほかのプレイヤーの村に行くときは「行ってきまーす♪」なんですが、この頃は「また会う日までバイバイ」と、しんみり雰囲気でしたね。

曲も今と比べるとかなりチープで、サンプリングを多用した音源ではあるんですが、それが独特な世界観をつくっていたと思います。

タイトル曲もこの頃が一番好きで、ちなみに『大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)』のむらびと勝利ファンファーレは、『e+』までのタイトル曲が元ネタです。

『おいでよ』から『とびだせ』について

それ以降の作品だと、『おいでよ』は携帯機で遊べることや、帽子が脱げるのは評価点で、「いつでもどこでも遊べるどうぶつの森」は衝撃的でした。

しかし、村サイズが縮小された上にイベントも大幅削除され、好きな人には申し訳ないものの、あまり楽しめなかったですね。大好きだったBGMがほぼすべて一新されたのもありましたが。

着替えが充実しているのは好印象でしたが、ファミコン家具の削除や、プレイヤー間のシェアハウスは慣れませんでした。なお、『街へいこうよ』は「けもの道システム」と操作方法がイヤすぎて全然やらなかった。

それから時が経ち、『おいでよ』の大幅改善版ともいえる『とびだせ』は、『e+』の次ぐらいにやりこんだゲームでした。

グラフィックもキレイだし、しずえさんは可愛いし、『e+』の発展型とも言える公共事業や、かっぺいが船頭に戻ったのも好印象でしたね。友人と持ち寄って一緒に遊び、マイデザインで様々な服をデザインするのは面白かったですね。

……と、このように20年近くシリーズをやってきたのにも関わらず、あつ森を買おうと思わなかったのは以下になります。

買わなかった(プレイしなかった)最大の理由

好きな人、ごめんなさい

初代ニンテンドウ64版からやり続けた身としては、

村に無計画・ほぼ無一文で引っ越してきて、どうぶつたちとの交流生活をし始めるのが好き」であって、「管理者として島を開拓して村を作る、サバイバル&クリエイトをしたいワケではない

が、最大の理由です。

無計画の中で村へ投げ出され、借金を工面しつつ村人との田舎のような交流生活が好んでいたので、『マインクラフト』のような創作ゲームを求めていなかったんですね。

マインクラフトは好きだけど、それをどうぶつの森本編でもやりたいかと言われると……

実はドラム缶地形にも慣れない

それに『おいでよ』から採用されているドラム缶地形や、家がみんな正面向きばかりって未だ慣れないし、それを今作でも続投したのも理由のひとつです。

『e+』までのどうぶつの森は見下ろし視点で、斜めに建つ家(たぬきちの店や仕立て屋など)がありましたし、思い出補正もあるかもしれませんけど、そっちのほうが好きだったりします。

とはいえ、あつ森のクリエイト要素自体は『とびだせ』や『ポケットキャンプ』『ハッピーホームアカデミー』から発展したものですから、その流れを汲(く)むのは自然なことです。好むユーザーも多いでしょうからね。

ゆえに、あつ森の方向性や楽しんでいるプレイヤーたちを否定しようとは全く思っていません。冒頭にも説明したとおり、単に懐古的思考による考えかたの違いですからね。

最後に:あつ森はつまらないゲーム…というワケではない

あくまでも価値観の違い

結局のところ懐古的な主張によるものなので、

  • 「つまらなそうだから買わなかった」
  • 「あつ森はコレジャナイ感がある」
  • 「あつ森のソシャゲ感が気になる」

と、このように叩く意図は一切ありませんし、そのようなアンチ・ヘイトをまき散らす批難的行為は好みません。

シリーズを20年もやればマンネリも出るし、『とびだせ』や外伝作品のクリエイト要素の発展は、確かに需要があったことが今作でより証明されました。

ソーシャルゲームみたいなシステムも、64DD時代に考案された初期コンセプトやイベント行事を考えれば、ようやく時代が追いついた感がありますからね。

ただ、自分の知るどうぶつの森からは完全に離れてしまったかなと。それだけの話であります。

曲も今のシリーズみたく、楽しさや開放感を全面にしたのは好きではあるんですが、やっぱり『初代』から『e+』までのモノ悲しさや悲壮感、サンプリングを多用するチープ感あるBGMが一番しっくりくるし、実は睡眠BGMにもしているぐらい。

最近のどうぶつの森は楽しい遊び要素が増えましたが、深夜のたぬきちの店を叩き起こし、ポケットピカチュウを届けたり、グレースの車をボタン連打で磨くなど、しょうもない遊びやコネタがあまりないんですよね。

昔のどうぶつの森は上述したように、哀しさと毒々しいブラックな要素も魅力でした。だから最近のも楽しかったけど、みんな優しすぎて少し物足りない。

いうなれば、「放送当初はローカルな深夜番組で、過激で放送コードギリギリな部分が面白かったのに、ゴールデン番組に移行してからは、大衆向けに改変されマイルドになり、なんか違う感がある」という感覚に近いかと。

いつか任天堂ハードで64やゲームキューブ作品が再びできるようになって、『e+』までの過去作を配信してくれたら相当のめりこめそうですね。

言っている内容が完全に懐古主義的だけれども。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/200322-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら