R-15
雑記他

雑記

ブログのつぶやき欄に書いたことですが、いつまでも残すわけでもないので記事として再構成しました。

どうぶつの森』シリーズを初代ニンテンドウ64版から20年近くやり続けていたのにも関わらず、ニンテンドースイッチで発売された『あつまれどうぶつの森(以下、あつ森)』をプレイしようとは思わなかった理由を、以下から述べていきます。

『あつ森』やプレイヤーを否定する内容ではありません

あくまで考え方の相違の話ですので、ご容赦ください。



初代ニンテンドウ64版から約20年

『どうぶつの森』シリーズは結構長いシリーズで、2001年に発売された初代ニンテンドウ64版から換算して20年近くになるんですね。



『ハッピーホームアカデミー』『ポケットキャンプ』などは外伝的な位置付けなので省いています。

DS版の『おいでよどうぶつの森』を初代だと本気で思い込む勘違いさんをSNSやブログ記事でチラホラ見ますが、あれ4作目ですよ?どこをどうしたら4作目を初代と思うのだろうか……?

64版はソフトへの衝撃が非常に弱く、再プレイしたら「申し訳ありませんが村のデータが壊れてしまいました。また最初からやり直してください」と、とたけけと奏でるギター音は未だにトラウマですね。今と違い、昔のハロウィンイベントは恐怖そのもので、ものすごく頑張ったのに消えてしまうなんて……


……と、このように20年近くシリーズをやってきたのにも関わらず、あつ森を買おうと思わなかったのは以下になります。

買わなかった(プレイしなかった)最大の理由

初代ニンテンドウ64版からやり続けた身としては、

「村に無計画・ほぼ無一文で引っ越してきて、どうぶつたちとの交流生活をし始めるのが好き」であって、「管理者として島を開拓して村を作る、サバイバル&クリエイトをしたい」訳じゃない。

が、最大の理由です。

無計画の中で村へ投げ出され、借金を工面しつつ村人との田舎のような交流生活が好きなワケで、『マインクラフト』のような創作ゲームを求めていなかったということ(マインクラフトは好きだけど、それをどうぶつの森本編でもやりたいかと言われると……)。

あつ森の要素自体、前作やポケットキャンプ、ハッピーホームアカデミーから発展したものですから、その流れを汲むのは自然なことです。それを好むユーザーも多いでしょうからね。

故に、あつ森の方向性や楽しんでいるプレイヤーたちを否定しようとは全く思っていません。冒頭にも説明した通り、単に懐古的思考による考え方の違いですからね。

最後に:あつ森を楽しめる人は全力で楽しむべきだよ!

結局の所、懐古的な主張によるものなので、何度も言うようにソフトやプレイヤーを否定するつもりはありません。20年もやればマンネリも出るし、とびだせや外伝作品の延長になったクリエイトの発展は確かに需要があったことが今作でより証明されました。

ただ、自分の知るどうぶつの森からは完全に離れてしまったかなと。それだけの話であります。

曲も今のシリーズみたく、楽しさや開放感を全面にしたのは好きではあるんですが、やっぱり初代〜e+までのモノ悲しさや悲壮感、サンプリングを多用するチープ感あるBGMが一番しっくり来るし、実は睡眠BGMにもしているぐらい。

タイトルBGMもその頃が一番好きで、『大乱闘スマッシュブラザーズ(スマブラ)』におけるむらびとの勝利ファンファーレも初代のタイトル曲ですしね。

思い返せば、初代からe+までは今じゃ考えられないほど哀愁(あいしゅう)が漂っていて、他の村へは「行ってきまーす♪」ではなく「また会う日までバイバイ」というしんみり雰囲気。住人たちもやたらお節介だったり嫌味を言われたり、リセットさんが本当に恐れる存在かつ、ぺりみとグレースは性格ひん曲がっていると、良い意味でも悪い意味でも田舎感がありました。

本編そっちのけでファミコン家具を遊び、ラジオ体操のためだけに夏休みを毎朝早起きしていたのも懐かしい(時間をいじるとズルと見なされおじゃんになる)。いつか任天堂ハードで64やゲームキューブ作品が再びできるようになって、64〜e+の過去作を配信してくれたら相当のめりこめそうですね。

ゲームと連動する(あいことばでプレゼントが貰えるなど)キャラクターカードのみならず、家のジオラマキットがホビーとして発売されていた時期があり、それも集めていましたよ。そのぐらい当時は熱中していました。

言っている内容が完全に懐古主義的だけれども。

自己主張をどう表すかによって、益にもなれば害にもなるよね。例えば物書きや絵描き、動画制作などに充てると、「自己表現」や「情報発信」となって、益となる具合に。

ただ、まとめサイトや百科事典サイト、wikiのように、公益性よりも自己主張や自己中心的行動を優先する人の場合、自己主張がモラルやマナー問題に発展して害になることがままある。メタ認知が低い人はクリエイティブな自己表現に向いていないとも言えるね。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判(建設的批評)・批難(非難:感情的否定)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人」。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。