ENTRY
雑記
オリジナル,雑記

時折テレビやネットで槍玉に挙げられる「ゆとり世代」の非常識行動。同じゆとり世代の人間として、仕事・職場の面を中心に掘り下げていきます。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

よく言われる「ゆとり世代の問題行動」

さて、ゆとり世代について取り上げられると、

  • 「帰れと言ったら本当に帰った」
  • 「ドタキャンしても知らん顔」
  • 「叱られることを極端に怖がる」
  • 「敬語を使わず馴れ馴れしい」
  • 「プライドが高くて非を認めない」
  • 「待ち時間にご飯を食べ始めた」
  • 「読解力・国語力がなさすぎる(行間が読めない)」
  • 「口だけは達者で文句やいちゃもんは一人前」

こういった体験談をよく聞きます。

しかし同じゆとり世代の自分から言わせれば、ゆとり世代の自分もビックリで、現にこちらも以前、学生バイトやフリーター、パートさんたちに指示や指導する部門リーダーの立場でしたが……

  • 先に上がってもいいよと伝えたら、次の日には挨拶もなしに勝手に上がる。
  • 「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)は大切」だと概要を説明し何度も伝えているのにできず、何度も理由を含めた注意をしているのに改善しようとしない。もしくは数週間で忘れている。
  • そもそもこちらの連絡を確認せず、配った資料も目を全然通していなかったり、連絡を文章をちゃんと読まず、内容や単語の一部分や印象で勝手に解釈。
  • 面接の際に確認したのに、土日祝、年末は休みたいと言い出したり、相談して互いで了承した内容を後からギリギリでできないと伝えて手のひら返し(本当にギリギリなので、こちらの仕事を後回しにして急遽対応しなければならない)。
  • 休みの日に連絡。内容はこちらがわざわざしなくても、出勤しているほかの人との相談で解決できるものばかり。
  • ドタキャンを繰り返し、理由を問い詰めたら「不眠症だから」と言い出して自分語りを始める。
  • 学校が忙しいから、嫌なことがあったと、連絡もせず無断で辞める。

……は、実際に体験した学生・20代バイトたちの行動集です。学生は学業が本分ですし、精神的にも成熟していない面があるから致し方がない部分は除いても、悩まされた点は多々ありました。

土日祝、年末年始の労働に関しても、ぶっちゃけ日本の異常な部分で悪いところではあるんですが、項目にも書いたように、店も鬼じゃないからちゃんと面接の際に確認します。

学生のバイトですから、ウソをつく理由もなく自由に職場を選べますし、むしろ働けるとウソをつかれるほうがタチ悪いですね。

連絡の内容を勝手に解釈された件だと、

「シフトを現状維持するか、シフトを短くするか、どちらにしましょうか?」

実際にあったケース

という趣旨の100字未満な連絡相談を、

「現状のシフトから短くしてくれませんか?」

実際にあったケース

と解釈されて激怒し、上に報告されたこともありました。

あとで問いただすと勘違いでしたと認めましたが、弁解に駆け回ってどれだけの心労に苛(さいな)まれたか……文章をちゃんと読まないなんてのは、ネット・SNSの世界でお腹いっぱいですよ。

しかし、かといってゆとり世代全員が非常識ではないのはご留意ください。

もちろん自分も経験しているだけに、そう言いたくもなる気持ちは理解できます。しかし、そもそもゆとり世代を作った世代がゆとり世代を批難するのは、なんだかなぁって感じです。

今も昔も世代間の不毛な争いは絶えないですからね。一部のゆとり世代の問題を挙げましたが、同時に中高年・高齢者のモラル・マナー問題も同じく悩まされましたよ。

「非常識な奴はどの世代にもいる」などという、大して知りもしないのに達観者気取りの綺麗事は嫌いなので言いませんが、各世代にはそれぞれに問題があるのも考えてもらいたいですね。

おかげでネット・SNSではおつむが弱い、非常識な若者を総じて『ゆとり』と呼び、言葉が独り歩きしているような有様。こちらも好き好んでなったわけじゃないですから、いい迷惑ですね。

本当にゆとり世代は非常識で問題世代か?

ゆとり世代は非常識で問題世代かというと、先に述べたとおり答えはノーです。

その理屈で言えば、世界の恵まれない国にボランティア活動をする若い世代や、プロの若手スポーツ選手まで非常識人間ということになりますからね。

ではなぜ彼らがこのような行動をとるのかといえば、

  • 無垢な状態】失敗体験や能動的に行動する社会経験が少ない。
  • 親の消費者意識化】叱ると親からクレームが来る現代の教育環境。
  • 過保護・教育放棄】適切な教育やしつけを行っていない家庭問題。
  • 読解力・理解力の低下】コミュニケーション不足や活字離れ ネット・SNSの普及。
  • 発達・精神障害起因】ADHD(注意欠如多動性障害)・アスペルガー症候群・パーソナリティ障害など。

以上の点が挙げられるでしょう。

つまり、大体は非常識なのではなく、単に社会のルールを知らない世間知らずの無知だからこそ起きる行動です。

ビジネスマナーとか社会のルールは、自分も周りに迷惑をかけ、失敗しながら身につけたものです。

そもそもネット・SNSの件と親の消費者意識化の部分を除けば、上記の要因は昔からずっとあることで、正直「ゆとり世代は使えない」と垂れる彼らの指導力と判断力に問題を感じます。

ただ数ヶ月たっていて何度も細かく指導しているのに、全く改善する気がない……というより、する気がなく舐めきっている、本当の意味での非常識人間を相手にしているならば、同情しますけどね。

自分だってそういった反省も自己研鑽(けんさん)もしない畜生さんは容赦なく見捨てるよ?

しかしそういう事情でもなければ指導もせず、余裕のなさから指導や教育が面倒になっているその体たらくで言っているのであれば、単にそれは自分を棚に上げて言い訳しているだけ。即戦力になる若い人材って、昔からポンポンいましたか?

現に指示待ち人間、嫌なことがあったから無断で辞める、柔軟な対応ができない40代の主婦やシニア世代の従業員はいますし、逆に適切な指導により、立派な戦力になったゆとり世代の人材も存在します。

そりゃレッテル貼りで済ませれば楽でしょうが、指導や教育が面倒になっているのを正当化しているだけでは?

それこそ「ゆとり」を「最近の若者」に置き換えれば、繰り返す歴史的行為に思考を停止して呑まれているだけ。だからこそ自分は、

  • 失敗は糧(かて)であり、失敗を隠すほうが問題だと伝える。
  • 的確な指示を与えるだけでなく、する理由も説明して考えさせる。
  • 悪い部分はハッキリと伝え、よい部分はちゃんと評価する。
  • 高圧的に接さず、ときには友人のように話を合わせる(出過ぎると甘やかす結果になるので注意)。

ビジネス用語でいう、いわゆる『おひたし(怒らない・否定しない・助ける〈状況による〉・指示する)』と呼ばれる行動を実行していました。

しかし全員が指導で成長するわけではなく、精神疾患・発達障害、歪んだ家庭環境が起因のタイプは指導しても改善しない場合が少なくありませんし、協調性を求める職場は向かないでしょう。

また先述のようにバイトだったら「どうせバイトだし」と、完全に舐めきった態度をとるタイプも同様です。

ゆとり世代ではなく主婦パートの話で申し訳ないですが、発達障害の疑いが強い人がいて、誰かが作業代行すると「仕事を奪うな」としつこく詰め寄り、物を動かすとすごい形相でキレる上、とにかく謝らない人でした。

というより、相手が表面的に怒っていなければ、「怒ってないの? じゃあ謝らなくてもいいや!」と考える感じでしたね。

厳しい言いかたですが、協調性が必要な職場で人間関係の配慮も行えず、柔軟性のない人は職場のチームワークを乱す存在でしかありません。

結局自己都合で辞めましたが、そうでない場合は適材適所の業務を進言するか、最悪辞めてもらい、その人に合った転職先を探してもらったほうがいいです。

これは主婦パートの話でしたが、ゆとり世代でもこういった人がいたら同じように対応するしかないと思います。

最後に:まずは原因と本質を見よう

最後に重ねますが、反省もしないし舐めた態度で指導に耳を向けない、協調性もなく非常識な人間を相手にされているなら同情します。

しかし、これといった教育もせず「ゆとり世代だから非常識」だと、本質から目をそらして世代叩きをやっているのは、指導ができない人間がすること。その非常識と称する相手と、同じレベルに堕ちているのを自覚すべきでしょう。

どの時代でも若い世代には仕事から社会人のマナーまで、適切な指導を継続的に行って育ててあげるものです。即戦力ばっかり求めて、自分たちの教育力の低さを、体(てい)のいい「ゆとり」という言葉を使って現実から目を逸らしていませんか?

何度も言うように、根気よくやっても何度言っても、相手に甘えて全く改善する気のない残念な人がいるのは事実。

それはゆとりではなく自省しないタイプなので、改善はほとんど見込めません。方向性を変えたり別の仕事に振ったり、最悪転職してもらいましょう。

  • 職場は即戦力ばかり求めて社員教育を放棄していないか?
  • その人は単なる青二才で精神的に成長できる余地があるタイプか?
  • その人は人に甘えてばっかりで、その性格を直す気もなく反省もしないクソッタレか?
  • 「ゆとりは非常識だ」と思ってしまうほど精神的に病んでいないか?

ゆとりとレッテルを貼る前に、これらをまず見極め、周りと相談しながら考えてみてください。

構い続けて自分の精神を病むなんて事態は避けるべきで、治療にお金もかかるし自分のためにもならず、舐めきっている相手だと、それを申し訳なくすら思いませんし、ただ腹立たしさが残るだけです。

自己研鑽も自省しない、舐めきった態度で相手に甘え、つけあがったり改善しない奴は元から改善する能力が欠けているので、見捨てるべき。見捨てることもひとつの優しさだ

これが持論ですので、学ばない人材は切られても仕方がありません。それが社会です。

  • 【実体験】文字は分かるが文は読めない人の問題行動【ソニックトゥーン】
  • 関連記事  »
    【実体験】文字は分かるが文は読めない人の問題行動【ソニックトゥーン】
  • 【カスハラ】悪質クレーマーの心理・対処法を心理学・脳科学・実体験で考える【モンスター消費者】
  • 関連記事  »
    【カスハラ】悪質クレーマーの心理・対処法を心理学・脳科学・実体験で考える【モンスター消費者】
  • 【考察】綺麗事の何が悪いのかを体験・現実から語る【綺麗事ばかり言う人の心理・問題点】
  • 関連記事  »
    【考察】綺麗事の何が悪いのかを体験・現実から語る【綺麗事ばかり言う人の心理・問題点】

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/120225-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら