R-15
レビュー, 版権絵

サウスパーク,カイル,アイク

大変遅れまして、これで18シーズンも終了です。今シーズンは今までとは異なる特殊な構成でしたね。

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。


第18シーズン8話『Cock Magic』

今回は『マジック:ザ・ギャザリング』を主軸に、ランディが披露した「マジック」とかけた話でした。地下闘技場の雰囲気からケニーが死ぬんじゃないかと思ったけどそういうことはなく、チンポーさん再登場は嬉しい。

『マジック:ザ・ギャザリング』は今の『遊戯王』や『デュエルマスターズ』などに続く、トレーディングカードゲームの原点であり頂点ですからね。

しかしカードゲームと闘鶏(とうけい)になんの関係があるのかと思い調べたら、サブタイトルの「Cock Magic」のCockってランディが披露したイチモツという意味の他にも、『おんどり』の意味もあったんですね。

他にも、警察とランディのイチモツマジックを見せつけられた子供の親とのやりとりで、「Dick(イチモツ)」を「Deck(デッキ)」と聞き間違えたりするなど、言葉遊びが多い印象を受けました。闘鶏で主人公たちの鶏の名前がマクナゲッツ(マクドナルドのナゲット)で、開催場所が中華料理屋ってまさか……

第18シーズン9話『REHASH』

カイルが『コールオブデューティ』の新作をアイクと一緒にやるつもりが、アイクはそのプレイ実況動画を楽しんでいるのを目の当たりにし、その話を聞いたカートマンがカイルたちをネットに実況中継して人気となり……という話で、次回の話へ続きます。

アイクや幼稚園児たちのやっていることって、いわゆる「動画評論家」に近いものです。しかしながら、ゲーム内容を実況動画を通じて楽しむところまでで、ゲーム自体にケチつけてませんから、本物よりマシというか、比較的健全ではあるんですけどね。

スタンの「ゲームはリビングでやるものであって、人の意見を見るもんじゃない」は、動画だけでゲームした気分になっている人たちに言ってあげたい。

どこかのブログで「ゲームは買うものだなんて時代遅れ、今の時代、ゲームはスポーツであり、ゲームは観るものだ」と、動画評論行為を正当化し、論理破綻をしているブログ記事もありましたっけ。

しかし「ゲームを買って遊ぶこと」と「eスポーツや実況動画を観戦する」のとは、全く話の次元が異なるものです。野球をするのと、甲子園を観るのとでは、目的も意識も違うのと同じ。野球をするのだってお金がいりますからね。

第18シーズン10話『HappyHolograms』

話の序盤でスマホやPCの画面に夢中で~とカイルが語りますが、自分も食事中や会話中、歩きながらでもスマホをいじる人を見て、現代人の情報中毒・依存症の割合はどれほどかと、考えてしまいますね。昔も昔で新聞に夢中になる人も多かったらしいですが……

話の最後でカイルがアイクに「君のことを理解せず僕と同じことをやればいいと思っていた。でもお前をお前だと認めなくちゃいけない」と話しましたが、これも価値観の問題でしょう。

メリハリをつけ、画面よりも人の顔を見ることを増やさないと、誰かとコミュニケーションを図る機会を失ってしまいますし、人と話してる最中にスマホやタブレットをいじられたら失礼だとは思いますが……そう考える自分もおじいさんかもしれない。

グルテンにロード、レッドスキンズに専用トイレ、例のカスタマーサービスなどなど、18シーズンはすべての話が1つの物語として繋がっていたんですね。そして黒人男性の首締めとはまた時事ネタな……

自サイトのリニューアルコーディングはようやく5割完成。

アイコンやロゴ制作はまだだし、ChromeとSafariで表示が違う問題の解決として、双方のブラウザで随時確認しながらデバッグ修正していく形式をとっているぶん、進捗は遅めだけれど、少しずつ前に進んでいる感じがするね。

まあしっかし、今のサイトデザインのコードが汚すぎて泣ける。素人時代に作ったものとはいえ、クラス名が非常にわかりにくい。WEB業界用語でいう「セマンティックな構造じゃない」だね。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。