R-15
雑記他

雑記

自分のブログも含め、最近ではコメント欄を閉鎖(コメント投稿を禁止)したブログが増えたなと感じますね。読者の中には「コメント欄ないの? 筆者の言い逃げにならない?」と思われるかもしれませんから、なぜ自分のところのコメント欄も閉鎖したのかも併せて、ブログ運営者がコメント欄を閉鎖する理由を考察しましょう。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。



コメントのマナー・モラル問題

恐らく、多くのコメント投稿を廃止したブログ管理者が挙げる一番の理由でしょう。特に名無しで自由にコメントできる場所であればあるほど、特定のキーワードやタイトルで過剰(かじょう)反応。読解力が低いというか、全体の行間・文脈を見ておらず、批判と批難の区別がついていなさを感じ取れます。

もちろん自分自身も、国語の成績が最高だったとか、行間や文脈を完璧に把握できるプロフェッショナルってワケじゃありません。書き手側も意図の履き違えがないよう結論を先に書き、要約する文章をまとめとして記載するなど、読みやすい配慮は必要です。しかしそのような努力を日々精進していても、叩く人は叩きますからね。

見た限り、同意や同意の上で異なる意見を言う人は、冷静な論理的意見を述べる場合が多く、叩く人はまず喧嘩腰で攻撃的、ずれた持論や都合のいい恣(し)意的なデータを持ち出してあたかも自分の意見のように語りだすんですよね。

「文字は分かるが文は読めない」に共感したという記事 や、職場であった実体験記事 をご覧になれば分かるように、彼ら行間を読めない、読解力に問題のある人は思い込みが激しかったり、対話ではなく「気に入らないから叩く」「都合の良いサンドバッグ」が目的なので、相手をすればするほど無益であり、無駄にエネルギーを消費して疲れるだけ。

行間や文脈を見ない・読解力に問題がある代表的な行いとして、「言ってないのに『言った』と決めつける」が挙げられますが、これは「その人の中に答えがあり、結論ありきで斜め読みしているから」らしく、読んで妙に納得。はじめから「こいつは気に入らない」じゃ、文章を踏まえた意見なんて書けるわけがない。

匿名を悪用してネット弁慶(べんけい)している様は、卑怯で情けなくて非常にみっともない。そういった人ほど、普段からまとめサイトやトレンドブログ、ツイッターやグノシーの内容などを鵜(う)呑みにし、心ない言葉をぶつける行為を、普段からしている可能性が高いでしょう。

「誹謗(ひぼう)中傷やヘイト、口汚い喧嘩がネットの文化」という、自分の頭で少し考えればおかしいと分かる歪んだ認知にすら、気付いていないし手のひらで踊らされているワケですから。

中には視野とメンタルを鍛えるため、こういった意見にも耳を貸したほうがいいと語る人や、有象無象(うぞうむぞう)な粗悪コメントにも律儀に返事を書く方々がいます。しかし、攻撃したいだけの相手にそこまでするより、その時間を記事の充実や楽しいことに使うのが有意義です。クレームを「善いクレーム」と「悪質クレーム」に分けて取捨選択するのと同じ。

またこれらの問題点をより詳細に書いた、議論した記事が数多くありますので、読める人は参考の一つとしてぜひ読んでみてください。


なお行間の理解・読解力・思考力に問題のある人や、他国と比べて日本のネット・SNSにおけるモラルが低く見えがちなのは、

  • 子供・低学歴・貧乏人・おバカでもスマホが持てる時代だから説
  • 発達障害・精神疾患・人格障害者が増えた(可視化された)説
  • (不況なども含めた)ストレス社会の結果説
  • そもそも日本語がボキャブラリー(語弊)に富む言語だから説

などがよく言われますが、結局は「日本の文化・気質が原因ではないか」と考えています。

通説における日本人は、精神論・我慢・同調圧力が美徳の文化、ディスカッション(議論)・ディベート(討論)が苦手で、ストレス発散も下手くそ。批判を悪口・否定と同一視しているのもそうですね。単に否定するのは批判的思考じゃなく、ただのひねくれ野郎。

適切な自己主張ができないのは結果として、性格がひねくれたりコンプレックス(劣等感)の要因にも繋がります。

だから90年〜2000年代のネットでは『ネチケット』や『半年ROMれ』など、個々が掲げて皆が意識していたから、(一部を除き)最低限のネット社会のモラルが築けていたのかもしれません。

これも一種の同調圧力ではありますが、いい意味で使われていましたね。




読者への配慮

上記の項目に通じますが、荒れたコメントがあるブログは連鎖反応でさらに荒れる傾向が高まり、議論などによって律儀に返事を書けば必然的にコメントは全て公開し、残さないといけません。

それを見た読者が不愉快な思いをしてしまうことから、あえて読み手の精神衛生上の観点でコメント欄の閉鎖をする場合があります。

よくスーパーやデパート、病院のお客様の声掲示板で、暴言や難癖、言いがかりに近い内容がいくつも掲載されると、建設的なご意見より、悪口が連鎖反応的に埋まる現象と通ずるところがあります。例えそのような意見も拾うという意向・誠意の表れであろうが、帰る時に罵詈(ばり)雑言を見せられれば気分悪いですよね。

またネット・SNSの議論・討論も見れば分かる通り、ネット・SNS世界で議論・討論は、相手を尊重しないただの口喧嘩であり荒らし合いだから関わらない=コメントを受け付けないと考えるブログ運営者もいます。

だったらコメントを定期的にチェックしたり、承認制にすればいい」と思われるかもしれませんが、そもそもよっぽど熱心、もしくは小規模の趣味でやっているブログでもない限り、コメントの管理ってそれだけでもかなり手間・コストがかかるもので、多忙であまり更新しないサイトなら気付くまでにタイムラグが発生し、ビジネスブログなら逐一でコメント確認するのは非効率的。

こういったブログの多くはコメント欄を閉鎖する代わりに、意見を聞いてほしい・返信がほしい人のためにメールアドレスを掲載したり、お問い合わせフォームなどを設置しています。

実際、コメント欄が設けられた亀更新(更新頻度が低い)ブログ、ビジネス系ブログはコメントも荒れ放題でまとめサイト化していることも多く、承認制ブログもコメントが多いところはほとんど確認されずに放置されています。これではブログ運営者の人間性に批判が出かねず、良いサンドバッグにされてしまいます。

5chまとめブログの場合は意図的にコメント欄を炎上させますけれど、管理者がコメントを書くのは稀ですしここでは除外します。

実はSNSのほうがコメントをもらえる

自分のブログでもそうなんですが、コメントを書いてくれる場合はブログのコメント欄じゃなく、ツイッターやフェイスブックのほうが圧倒的に多い場合もあり、意見・感想をSNSで好きにつぶやいてもらうのを優先し、ブログのコメント欄を閉鎖するところもあるようです。(SNSのコメントは多いのに)ブログコメントが全然ないから過疎化・底辺ブログだと勘違いされるリスクを除外できるメリットもあります。

この選択肢は、『エゴサーチ(自分で自分のサイトを調べる)』でもしなければ評価の目につかず、そこからさらに話し合いの輪が広がる連鎖反応を生みだすこともでき、うまくいけば拡散で有名度や読者・アクセス数を伸ばせます。フォロワーも増えれば一石二鳥。

ただ、書いた記事の方向性・正確性を確認するために、少しは記事の反応を見たほうがいいかもしれません。自分もたまにエゴサーチをして反応や意見をチラ見しています。もちろん意見の取捨選択は必要ですが。

反論は聞きたくない系

まあ人それぞれではあるとはいえ、正直これはどうなの? と思わざるをえません。

このタイプのブログ運営者も上記の彼らと同じ、批判・批難を同一視し、何が言いたいのか分からない脈略のないダラダラした文章や、一方的な主張、攻撃的な口調を使いがちです。言うなれば書き手に問題があるケースです。

中には「批判はしないでください」と書き込んでいる場合もあり、こういった人を見ると「いやいや……批判=悪口じゃないし、ちゃんと批判の意味を調べてから書こうよ……」って思っちゃいますね。批判は褒めたり評価することも大事な要素なんですがね。

伝えようにも連絡先を徹底して見せないようにしたり、無視されたりする場合も少なくなく、伝えることすらできない。

要はブログを「反論を認めない、時には罵詈雑言も交えた愚痴吐き日記帳」として扱っているのにも関わらず、自己主張を世界中に見てもらいたいダブルスダンダード(自己矛盾)な承認欲求も見て取れます。もしこれを「私はこんな苦しい体験を受けましたので、同じような方々の助けになればと思います」という内容なら、それは救済活動の一環であり素晴らしい行動です。それで救われる人もいるでしょうからね。

しかし単に愚痴吐きで終わって、コメントを許さず連絡先すら明記しないのは、個人的には理解しがたい。自分のブログだから好き勝手書いてもいいという意見は別に間違っていませんが、ブログを世界中に公開している以上は、コメント機能を付けようが削除しようが、読み手のことを考えて書く、読みやすい配慮をするのは最低限の礼儀だと自分は考えています。

本当に愚痴の吐き溜めであればネットやSNSに公開しようとは考えず、日記帳アプリにでも書くと思うのですが……構ってちゃん的なメンドくさい性格をしているのか、単に日記アプリの選択肢を考えなかった詮索力がない人なのかもと疑ってしまいます。

ただ、中には「ブログをやってるけど、精神病的理由から個別に対する返事がものすごく苦手で、コメントを書かれるだけで少しパニックになるから閉鎖している」なんて人もいるみたいです。上記の自分の反論を聞きたくない系とは違い、こちらは一定の理解を示したいですね。

もしその場合はブログのどこかのページに事情を書いておいたほうが、余計なトラブルを避けられるかもしれません。



まとめ・余談

以上のように、コメント欄を閉鎖するのは、

  • コメントのマナー・モラル問題
  • 読者への配慮
  • 実はSNSのほうがコメントをもらえる
  • 反論は聞きたくない系

が考えられるのではないかという考察でした。

なおこのブログのコメント欄を閉鎖しているのは、最後の項目を除いた、上記3つが理由に当てはまります。もしご感想・ご意見があるのでしたら、メールやSNSのDM(ダイレクトメッセージ)で送ってください(ただ前述のように、内容が恣意的で問題がある、誹謗中傷目的のものなどは返信しない場合があります)。

まあ挙げたほとんどがコメントの民度みたいになっていますけれど、実際Youtubeにおいて、公式動画などのオフィシャル系でコメント欄を閉鎖・書き込み規制をしているのは、世界広しといえど日本特有の処置らしいですよ?

それだけ今の日本ネット・SNSの民度は問題であると言えるのかもしれません。このように、コメント欄閉鎖しているブログは単に「反論が聞きたくないからコメント欄を閉じている」パターンだけではないことを少しでも知っていただければと思います。

余談:Adblock禁止ブログについて
余談ですが、ブログ運営つながりでAdblockなどのプラグインを使っていると、サイトが見られなくなる広告除去禁止ブログも増えていますけど、逆に読者離脱のデメリットでしかないかと。広告収入でブログ運営する人にとっては確かに痛手ですが、じゃあ「なぜプラグインを使っているのか」を知らないと意味がありません。

ネットの意見を見れば広告そのものを毛嫌いしている人は少なく、

  • 性描写・暴力・ホラー系、もしくはそれを思わせる画像を用いている。
  • 詐欺まがいな内容と心臓に悪い音・画面で閲覧者に不安を与える。
  • PCにメモリ負荷がかかる無駄なアニメーション。
  • 閲覧の邪魔になるぐらいに大きくて派手。

これらの広告を嫌ってるのであって、健全で閲覧に支障がない広告はOKと考えているユーザーが多数派です。

それを反映するように、AdBlockは「利用者の約75%のユーザーが控えめな広告なら出してもいい」と答えている統計を発表し、 控えめな広告を許可するのが初期設定でONになっていますからね。

Adblock Plus and (a little) more

— Adblock Plus —


自分もこういったものなら全然良いと考えています。

本当に、近年の広告は度が過ぎているというか、AdBlockを入れないとまともに閲覧できないものばかりで、百歩譲って『Renta!』を代表とする電子コミックサイトのエロ・グロばかりの気まずい不健全広告はともかく、最近の『MacKeeper』の広告は精神的ブラクラ(ショッキングな画像や音・内容で驚かせる)で悪質な詐欺そのもの。

一時期はAppleからマルウェア(悪意あるソフト)扱いされました。


想像してみてください。

  • 普通のサイトを見ているだけで、突如ヘッドホンから心臓に悪い大音量と、「警告!:ウイルスに感染していますのでMacKeeperをインストールしてください!」と画面全体に表示される。
  • 急に新規ウィンドウが開かれ、「あなたのパソコンはウイルスに感染しています!」という趣旨のモーダルウィンドウ(画面が暗転して中央にメッセージが書かれたボックス)が表示され、背景には赤いアラート文字がチカチカ光っている。

……これらは実際に体験したMacKeeperの広告です。画像を撮ってないのでアレですが、これをされて広告除去を使わないと貫ける人はまずいないと思います。しかもこの広告は上記の広告除去禁止ブログでもやられるので、ますます心証が悪い。

そもそもこちらは既に有料セキュリティソフトの『ESET 』を導入しているからウイルス検知はすぐ分かり、不愉快な上にウザいの一言。

MacKeeper自体は5、6年ぐらい前に一度だけ試しにインストールしたことがありますが、除去の精度が悪く、アンイントールしようにも引き止めてくるわ中国語が書かれているわで胡散臭かったですね(最近その辺りは改善されたらしく、ソフトの評判自体はいいらしいですけれど)。



最近ではそういった意見を反映してか、「このサイトは広告運営で成り立っています。宜しければ、AdBlockの解除にご協力ください」という文言を出し、その場でホワイトリスト(除外)設定ができるサイトがメディアサイトを中心に多くなりました。こういった感じでかつ広告も控えめであれば、印象は悪くないですよね。

余談にしては長くなりましたが、AdBlock禁止ブログは、プラグイン禁止を掲げる前に広告の表示方法を見直すべきだと言いたかった内容でした。

自分もそうだったけど、「優しいいい人」「親切な人」になる(演じる)のは、「不幸になるから絶対やめておけ」と経験者は定期的に語る。

犯罪肯定や困っている人は見捨てろ……という意味ではなく、優しさを見せれば、「頼っても構っても甘えてもいい人」みたいに、過剰干渉や粘着、付きまとう人間が一定数いて、情緒不安定や発達障害系、孤立中高年、認知症の人がほとんど。

色々要求ふっかけられ、断ると嫌味や逆ギレされる「悪意のないタチの悪さ」には幾多も遭遇したから、ジーザスやブッダ並の鋼の心を持つ聖人でなければ、いい人ぶるのは精神すり減って不幸にしかならない。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。