R-15
レビュー



ゲイフィッシュカニエ・ウェストが再登場とは……初登場の融通の利かない過激な性格と比べるとずいぶん丸くなりましたよね。言動は相変わらずですが。

これで今年のサウスパークも終了。10話に短縮されると短く感じますねぇ……18シーズンも楽しみにしています。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。


第17シーズン10話『The Hobbit』

チアガールズのメンバーの一人で、パっとしない容姿と内気な性格のリサに勇気を付けさせる為、キャプテンのウェンディが彼女が片思いをしているバターズにデートへ誘うようアドバイスをする事に。

ですがバターズは他の子以上に年相応で純粋な性格なだけあって、ストレートな言い方で彼女を振ってしまいます。バターズはキム・カーダシアンのようなキレイな女性が好みだそうですが、ウェンディ曰く実際の彼女は指輪物語に出てくるホビットと同じ体型であり、さらにフォトショを使えばどんな人でも超絶美人になるのだと、リサの写真を実際に編集してバターズに証明してみせました。

ですがウェンディの真意とは別の方向にこじれてしまったようで、フォトショで加工されたリサの写真をバターズがネット上に流した事で学校中で評判となり、たちまち彼女は人気者。ウェンディが弁解しても、クラスメイト達やマッケイさんにはウェンディがリサに嫉妬していると思われ、リサもリサで妙な自信がついてしまいました。対抗する為にウェンディ以外のチアガールメンバー達は、彼女と同じようにフォトショを使って……が話の大筋です。

実際に日本の雑誌でも、フォトショでグラビアモデルの傷痕やシミ諸々を消去していると聞きますね。その程度の補正ならまだしも、あそこまでの大改造を習得するには最低でも数ヶ月、さらにマウス操作のみで行うならそれ以上の時間がかかるでしょうに……とマジレスしてみる。

軽々と扱っている事に目がいきがちですが、小学校にフォトショがあるって事自体スゴいです。主人公達が授業をサボってネトゲをやっていた話もありましたし、どれだけ環境が恵まれているんでしょうね。ウェンディは過去に嫉妬した相手を太陽に放り込んで殺害した事があるも今回はそうはならず、素直に自身の行いを認めていました。

でもラストの後味が悪いもので……あれではウェンディが報われない。

背景を無限ループさせていましたが、メモリ負荷が大きくユーザビリティ(利便性)を大きく損なうし、代替も考えたけど動きは要素(デザイン構成)で動きを付けているし十分かと思い、思い切って廃止にしました。

見た目より質重視ということで。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシーの扱い、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いにはちょこっとシビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。