R-15
雑記他

雑記

悪質クレーマーや詐欺、あおり運転、生徒・教師同士のいじめ、腐敗した組織の不祥事と、モラルを疑う行為やハラスメントが次々と明らかになる昨今。皆さんはどのようにお考えですか?

恐らく大多数の人が、

  • 「許せない」
  • 「親の顔が見たい」
  • 「罪の重さを自覚しろ」
  • 「被害者が可愛そうだ」


と、思うでしょう。これは自分もそうですし、人としてあるべき善い感情です。

しかしながらネット・SNSを中心に、そこからエスカレートして彼らの個人情報や実名を我先にと捜索・特定し、それを晒して(炎上させて)集団で叩こうとする制裁行為があります。いわゆる『ネット私刑(比喩として謝らせて死なせたい病と言われることも)』と呼ばれる行動で、少し古いデータですが、日本人の6割は私刑行為に理解を示し、必要と感じたり、賛成だと考えているそうです。 

また最近では、少しニュース関連を検索しても、

  • 〇〇事件の容疑者は誰?
  • 〇〇殺人の容疑者を特定! 本名、経歴は?
  • 〇〇容疑者の素性がヤバイ!


と、このような私刑行為を肯定するような見出しのブログ(トレンドブログ・まとめコピペブログ)も珍しくなくなりました。しかし、ネット私刑(私刑行為)というのは、本質としても法律的にも大変問題が多い行動なのをご存知でしたか?

一体ネット私刑という行為は何が問題なのか、今一度再考するきっかけになれば幸いです。

正確な情報を求めています

もし内容にミスや誤記があればご報告ください。



法的観点からの私刑行為

まず結論から申し上げると、私刑行為自体が犯罪であり違法行為です。

【日本国憲法第三十一条】何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。(原文ママ)

電子政府の総合窓口 イーガブ



そう、私刑はそもそも「犯罪」なのです。つまりネット私刑も必要・賛成という人は、「犯罪行為に対し、制裁の名目で犯罪を犯しても良い」と、おかしな事を言っている形になります。

「報道・マスコミなどのメディアが、国民の知る権利を阻害しているから」という反論もありますが、「知る事」と「制裁・叩き行為」は別問題。中国の『愛国無罪(たとえ暴力行為でも愛国心からの行動なら無罪)』ではないのだから、情報を知る事自体は良くても、そこから罪を裁かせるには、ちゃんと法的なプロセスを経なければなりません。

知る権利を盾にして、それをしてしまえば法治国家ではなくなってしまうし、許されるのはアニメやマンガ、ドラマといったフィクションのキャラクターだけです。

また、「悪人だから、国民も制裁を加えなければならない」という意見も、まったく無関係の冤罪だったらどうするのか、犯人だとしても「これだけの社会的制裁を(ネット・SNSから)受けた」と罪が軽くなるといった、判決に影響が出る可能性も一部で指摘されています。それを私刑賛成派は望んではいないでしょう。

合法だったら正義とは主張しませんが、かといってそのような行為は慎まなければなりません。

行動原理は本当に正義感?

そしてネット私刑は主に、事件・事故・不祥事の当事者を許さないと思う、正義感からの行動と言われます。しかし違法なのをひとまず置いておき、本当に正義感からネット私刑を行っているのでしょうか?

スマイリーキクチ中傷被害事件 』から考えてみましょう。この事件は20世紀末から21世紀初頭にかけ、ネットや暴露本などを通じて「ある凶悪事件の犯人」だという濡れ衣を着せられてしまい、10年近くもネット私刑行為によって晒され続けた事件です。

何人かが警察に検挙され、ネット私刑を働いた動機を見てみると、

  • 「ネット・暴露本に騙された」
  • 「友人・知人のせい」
  • 「人間関係など私生活で辛いことがありムシャクシャしていた」
  • 「離婚して辛かった。キクチはただ中傷されただけで、自分のほうが辛い」
  • 「他の人は何度もやっているのに、なぜ一度しかやっていない自分が捕まるのか」
  • 「キクチは芸能人だから書かれてもよいが、自分は一般人で将来もあるから嫌だ」


彼らの意見を見て、正義による制裁や被害者の事を考えていると感じますか?

むしろ「なんて自己中心的な!」「自分ばっかで、被害者の事なんて本当はどうでも良いんだね」と感じる人が多いのではないでしょうか。しかもこの加害者達は、キクチ氏に対し最後まで謝罪をしなかったそうです。

キクチ氏自身も、「彼らには情報の精査・自分で考える・情報を疑う能力が欠けている」と、刑事の方の話から自著にそう記し、ネット私刑で検挙された人は心の底からの正義感で動く人は少なく、ほとんどは日常や社会などの不満を正義感に変換して、私刑を働いているのが分かりますね。

彼らにとっては正義感とは二次感情に過ぎず、

日常や社会に不満→このイライラのはけ口が欲しい→事件が起こる→許せないと感じる感情+発散したい思い→正義感の暴走→ネット私刑行為

少なくとも、この事件における私刑行為の行動原理はこのように表せます。

実際、このネット私刑を行った多くの加害者の中には、その事件の被害者をも侮辱する(茶化す)書き込みもあったそうで 、正義どころか犯罪者と同レベルの所業です。

情報を精査せず極端な論調の波に呑まれて過激化するのを、専門用語では『サイバーカスケード』と呼び、「自分で考えた自分の意見」を持っていない場合も少なくありません。思考を停止して誰かが書いた意見をそのままオウム返しするだけなので、「コピペしただけ。赤信号はみんなで渡れば怖くない」「沢山いるからばれない」になってしまうんですね。

別の行動原理・心理

二次感情による怒りのすり替えや、リテラシー能力が乏しい他に考えられる行動原理・心理としては、以下のケースが挙げられます。

  • 脳の疾患・性質・ホルモンバランス説】脳腫瘍、生まれ持った脳の反応、PMSなど。
  • 精神疾患・発達障害説】アスペルガー症候群、統合失調症、自己愛性・強迫性といった一部のパーソナリティ障害など。


なおこれはあくまでも、医学的観点からの「考えられる要因」「傾向」による仮説であり、決めつけやレッテル貼り、ヘイトの目的で書いている訳でない事はご容赦願います。

脳の疾患・性質・ホルモンバランス説
例えば、認知症や脳に腫瘍ができてしまうと、性格がまるっきり変わってしまい、元々おとなしかった人が攻撃的になったり、口が悪い人になってしまうという事例は、経験がある人なら分かると思います(脳の腫瘍は映画の『グリーン・マイル 』でもそのようなシーンがありますよね)。

そのため、結果として問題だったとしても、本人の真意ではなく「つい」ネット私刑を行ってしまった……という可能性もあるでしょう。

認知症に及ぶほどの高齢者のネット・SNSユーザーは、他世代と比較すると少ないので微妙な所ですが、脳の腫瘍については中年世代でも若い世代でも陥る危険があり、適切な治療やネット・SNSの付き合い方を考えなければなりません。

また、感情を司る脳の扁桃(へんとう)体が大きく、論理で考える前頭葉が(相対的に)小さい人は、論理よりも先に感情が先行したり、さらにストレス耐性が低い人、うつ病の人は扁桃体が肥大化しやすく、(自制心や解消する方法を学んでいない限り)直情的・感情的・攻撃的になりやすいそうです。以下かコチラの記事リンク先でも別途触れています。 

女性の場合なら、生理前によるホルモンバランスの影響で、意図せず攻撃的になってしまったりする『PMS(月経前症候群) 』のケースもあり得ますよね。


精神疾患・発達障害説
書き込みに直接影響が出やすい精神疾患・発達障害は、『アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム) 』や『統合失調症 』『(一部の)パーソナリティ障害 』などですが、医学的見地から言われている一般的傾向として、

  1. 極論でしか見れない』 → 正義か悪の二元論でしか判断できず、相容れない相手、気に入らない相手を「こいつに良い所は1つもない」と敵認定する。
  2. 自己愛が強く自分が正しいと信じて疑わない』 → 「私は正しい・あなたは間違ってる」という認識が強く、「こうゆう意見もある」を受け入れられない。
  3. 無自覚なダブルスタンダード』 → 自分は正しいと思い、実際はその加害者と同じ事をしているという自覚がない。もしくは自分だけは許されると思っている。
  4. 思い込みが激しく被害者意識が強い』 → 過去の体験・経験が誇張され被害妄想が強くなる場合や、対象への過剰な感情移入、時には自己投影から代弁者のように振舞い、加害者と認定した相手には攻撃的になる。
  5. 一部の情報だけで結論や答えを求めようとする』 → 結論バイアスと呼ばれる症状で、特に被害者意識や被害妄想が強い人ほど陥りやすい。耳障りの良い情報しか集めずに決めつけるのも同様。
  6. 拡大解釈をする』 → 「だろう」「傾向がある」といったぼかし表現を、「決まっている」「全員」と断定的な単語・意味にすり替える。
  7. 言葉選びが下手』 → 言葉の選定をせず思った事をそのまま出す事から、本人は無自覚でも客観的に見て攻撃的、誹謗中傷的な内容になる場合がある。
  8. 反省・謝罪・改善しない』 → 自分が悪い事をしている自覚・認識がなく、注意を理解できず、言い訳や上辺だけの謝罪、時には責任転嫁(か)をする。行動を改善せず同じ失態を繰り返し、周りから「反省・改善しない奴」「自己中心的」と思われがち。
  9. 知識が偏る』 → 特定の事象・情報には興味を示し徹底的に追求するが、必ずしも客観的見地を持っているとは限らず、独善的・偏った知識になる。
  10. 空気・文脈が読めない』 → 行間や文脈が読めず、特定の単語や要素を額面通りに受け取り、過剰反応や脊髄(せきずい)反射、見当違いな意見や極論を出す。


……と、これらの症状の程度の差は人により様々で個人差はあれど、大まかには上記が特徴だと言われています。


以上のように、ネット私刑を行う人の行動原理・心理の中には、このような要因も考えられ、要約すれば直情的な感情の正義だけが先行して、衝動的にネット私刑を行ってしまうパターン。

(そうであると仮定したとして)こちらはある意味「純粋な気持ちからの正義感」と言えるかもしれませんが、仮に病気・障害起因だったとしても、本心ではないにしても、そのつもりは全く無かったとしても、直情的・独善的な考えでやってしまったネット私刑行為が容認される事は決してなく、免罪符にはなりません。

理解と寛容は別問題で、今後はそのような事をしないよう、時には周りに助けてもらいながら反省して対策・改善する事が先決です。

重ねる通り、この2つの説は「考察による可能性・仮説」です。「こうゆうケースもあり得るから知識として知っておこう」という話であって、医者じゃないのに傾向だけで相手を病気や障害と決めつけるのはネット私刑と同じく許される行為ではなく、該当者全員がネット私刑に賛同している訳では決してありません。

なおこれらについての別の考察や体験談については、以下の記事などにございますので、ご興味があればご覧ください。





ネット私刑のビジネス・娯楽化

そして、この私刑感情を利用してアクセス稼ぎによる広告(アフィリエイト)収入を得ているのが、上述した犯人特定・経歴・顔画像などを掲載するトレンドブログ・まとめコピペブログ(キュレーションサイト)の記事です。

彼らも「ビジネス」として私刑行為に加担していますが(ただし違法だという自覚・認識は低い可能性が高い)、2019年の高速道路あおり運転にて、拡散されていた同乗女性(ガラケー女)が全く無関係な女性だったと判明すると、謝罪も訂正もせず消した運営者が多く見られました。 

彼らも正義や純粋に被害者の事を考えてはおらず、一番に情報を載せたいという自己本位な競争心・我欲と、目先のアクセス目当て=広告収入が目的だった証左であり、大変責任感に欠け、モラルが問われる行動です。魚拓やキャッシュでバレるのにね。

物書きの観点から見ても記事の質が低く、事件の概要や「ネットの意見」「みんなのコメント」と称した引用と偏向(へんこう)的抜き出しを行い、文末も「いかがでしたか」「調べてみましたが分かりませんでした」などの定型文(テンプレ)で締めているのを見れば、執筆力も素人レベル。

悪質な場合だと、どこかのサイト記事をそのままコピペし、『SEO(検索優位性のための法則)』を悪用した粗悪な記事量産を行っては検索順位を上げ、記事に大量の広告を貼って利益に結びつけようとする業者もあるそうです。

書けるライターやプロの人は、高いリテラシー能力を基に、様々な視点から情報をしっかりリサーチし、「調べに来ている → 最後まで知りたい」を熟知しています。なのでこのような引用ばかりで中身がスカスカな記事を手がけたり、執筆放棄とも言える行動はしません。

所詮は素人が「ネットで稼ぐ」と、安易な方法でお金稼ぎをしているだけで、そこには正義も何もない。仮にブログ運営は別で委託執筆だった場合、ためにならないし風評被害に加担しているのを自覚して手を引くべきですし、もし収入目的でなければ承認欲求を満たそうと、炎上やウケそうな記事を書くだけの寂しい人でしょう。



しかしそういった内容でアクセス数が伸びるのは、その情報を求めている層が一定数いるからでもあります(需要がなければそのような記事は書かない)。

ネット私刑を必要・賛成と考えるならば、これらの冤罪被害に対し、

  • 「仕方のない犠牲」
  • 「運が悪かった」
  • 「間違ってたら謝らずに消せばいいや」


このような無責任がまかり通ってます。先の冤罪女性の件はツイッターでもデマ拡散した人達が検挙を恐れ、削除していましたからね。これで「正義感・許せない心から、断罪・制裁する為に私刑は必要だ」だと説得力がなく、根幹も揺らいでしまいます。


次に同年に起きた神戸の教師いじめだと、さらに加害者教師の謝罪文を赤ペン先生のように添削 したり、動画を生配信して学校を突撃 したり……

「いじめ教師(組織)を許さない」ではなく、「いじめ教師(組織)をいじめる事に面白がっている」状態に変わっています。いじめ(パワハラ)を許すなと言っておきながら、その相手をいじめる事を楽しむ矛盾した行動(ダブルスタンダード)になりつつあるのも、今のネット私刑における問題点です。チビッコのモラル・ネットマナー教育にも悪いよね。

正直自分は当事者より、いじめ加害者をいじめる事を楽しんでいる今のネット・SNSの風潮の方がよっぽど闇を感じて恐ろしく感じます。その加害者・当事者と同じ事を自分達はしているって、気付かないものなのか……

数百年前の人類と変わっていない?

そもそも私刑という行為は昔からあり、いわゆる『村八分(村内でのいじめ)』『魔女狩り』などが該当します。「疑わしきは罰せよ」「みせしめ」として側面が強かった悪しき風習ですが、文明もモラルも発達した21世紀では、これらがネット私刑として形を変えたとも言えます。

つまりネット私刑を必要・容認するとは、これらの行いを楽しんでいた当時の人類と精神構造が同じだと言えるかもしれません。それとも、人間はそうゆう下賤(せん)な行為を幾年も繰り返してきた、野蛮でゲスなのが本質の生き物だと開き直るのでしょうか?

最後に:ネット私刑って本当に必要?

冒頭の通り、事件・不祥事・ハラスメントに対して「許せない」「被害者が可愛そう」と思う自体は人として正しい反応であり、正義感自体は素晴らしいものです。

しかしながら昨今見かけるネット私刑の数々は、

  • 私刑は犯罪行為である事を全く知らない。無知は罪なり。
  • 確証性や法よりも、目先で得た感情を優先すべきだと思っている。
  • 正義感は二次感情で、日常・社会の不満やそれを発散したい思いが大きい。
  • 冤罪でも謝る人は皆無であり、「俺は悪くない」と削除・自己正当化・責任転嫁と開き直る。
  • ネット私刑がビジネス・娯楽と化している。


と、様々な問題を抱えていて、決して褒められる行動ではなく、むしろ加害者達と同じぐらいのモラルが問われる惨状です。

過去にも「周りがやってるから」「そうゆう風潮」「匿名だしばれない」と思って逮捕・検挙されてしまった人は数多く(侮辱罪や名誉毀損罪など、別の罪状のケースが多い)、この法の認知度やリテラシー能力が高まらないと、今後も感情を先行させて、ネット私刑を必要・合法だと勘違いしている人は増え続けるでしょう。

自分からすれば現状のネット私刑は正義や制裁ではなく、匿名を悪用して感情で動く集団リンチであり、相手に非が落とし所があるなら、徹底的に叩いて死なせたいが、冤罪といった法的問題が起きても責任を取らずに無かった事にして知らんぷりという、自分がかつて出会ってきた悪質クレーマーの思考と似ている部分があります。


重ねますが、ネット私刑は憲法第31条に違反する犯罪です。賛成・制裁・国民の断罪が必要とかではなく、そもそも「違法行為」であり、仮に相手が犯罪者だとしても「侮辱罪」や「名誉毀損罪」が成立され、晒した側が検挙されてしまったケースも過去多くあります。


怒りの感情を抱く自体は分かりますが、そこから逸脱して、感情優先で法を破っても良いという理屈にはなりませんし、

  • いくら法に不満があろうが、法治国家の日本に住んでいるという自覚。
  • その正義感や許せない気持ちは建前で、本当は自分が抱える別の感情やコンプレックスを発散したいだけじゃないのか?
  • 晒しや叩く事そのものに快感を覚えているのではないか?
  • 今もネット・SNSで突然犯罪者扱いされ、風評被害に苦しむ人がいる事実。
  • デマや誤報に対し、ちゃんと冤罪被害者に謝罪する人がほとんどいないという事。


と、今一度自己を見直して私刑は犯罪だと認識した上で、客観的・論理も踏まえて在り方を考えるべきでしょう。

余談:アンチネット私刑も問題

ネット私刑をする人を特定し、その相手を名指しで糾弾(きゅうだん)や晒すという『アンチネット私刑』とも言うべき人と少々関わった事がありますが、あれもあれで問題でしたね。言うなら「ネット私刑をネット私刑する」というダブルスタンダード状態。



もちろん誰だったのかは伏せていますが、その人に関しての出来事は上記記事で詳しく触れていますので、関心のある方はご一読を。

リングフィットアドベンチャーをやってるとあれだね……リングコンにUSB充電できる挿入口があれば楽なのにと思ってしまう。

もう片方のレッグコンのジョイコンも充電スタンバイとしてリングコンに接続出来るようにすれば、一々本体から抜く手間も省けるし、ながら運動も一気にやりやすくなる。

「本体から毎回、ジョイコンを外して付ける作業」が、やり続けていると面倒に感じるんだよね。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いにはちょこっとシビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省と自己研鑽(けんさん)の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。