ENTRY
雑記
雑記,ネットリンチ,私刑,誹謗中傷,クソリプ,ネット,SNS

悪質クレーマーや詐欺、あおり運転、生徒・教師同士のいじめ、有名人の問題発言、腐敗した組織の不祥事と、モラルを疑う行為やハラスメントが次々と明らかになる昨今。皆さんはどのようにお考えですか?

おそらく大多数の人が、

  • 「許せない」
  • 「親の顔が見たい」
  • 「罪の重さを自覚しろ」
  • 「被害者が可哀想だ」

と、思うでしょう。これは自分もそうですし、人としてあるべき善い感情です。

しかしながらネット・SNSを中心に、そこからエスカレートして彼らの実名などといった個人情報を、我先にと特定して晒(さら)したり、誹謗(ひぼう)中傷や人格攻撃で叩き、炎上させようとする制裁行為があります。

いわゆる『ネット私刑(ネットリンチ)』と呼ばれる行動で、少し古いデータですが、日本人の6割は私刑行為に理解を示し、必要と感じたり、賛成だと考えているそうです。

また最近では、少しニュース関連を検索しても、

  • 〇〇事件の犯人は誰?
  • 〇〇殺人の容疑者を特定! 本名、経歴は?
  • 〇〇容疑者の素性がヤバイ!
  • 〇〇の問題行動や炎上まとめ

と、このような行為を肯定するような見出しのブログ(トレンドブログ・まとめコピペブログ)も珍しくなくなりました。しかし、ネット私刑(私刑行為)というのは、本質としても法律的にも大変問題が多い行動なのをご存知でしたか?

一体ネット私刑という行為は何が問題なのか、今一度再考するきっかけになれば幸いです。

犯罪者に対する「ネット私刑」、6割以上が「理解」 J-CAST調査|J-CAST

正確な情報を求む 情報に誤りがあればご連絡ください

法的観点からの私刑行為

私刑は法律で
定義されている

まず結論から申し上げると、私刑行為自体が違憲(いけん)行為とされます。

【日本国憲法第三十一条】何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。(原文ママ)

電子政府の総合窓口 イーガブ

そう、ネット私刑は「法に反する問題行為」であり、必要・賛成という人は「問題・犯罪行為に対し、制裁の名目で法を犯してもいい」と、おかしなことを言っている形になります。

個人なら『侮辱罪』や『威力業務妨害罪』『名誉・信用毀損(きそん)罪』などが適用されることもある、立派な犯罪です。

賛成派は開き直った主張が多い

「マスコミなどのメディアが、国民の知る権利を阻害しているから」という反論もありますが、「知ること」と「制裁・叩き行為」は別問題。

よく私刑行為を正当化する人たちは、

  • 「みせしめや犯罪抑止力として、私刑による制裁は必要」
  • 「マスゴミ(マスコミ)・週刊誌だって同じことをしている」

このような主張する場合が本当に多く、結局は私刑を正当化する大義名分に過ぎず、開き直りでしかありません。

晒すことで犯罪抑止力になっている統計データは見たことないですし、仮にマスコミ・週刊誌に問題があったとしても、「だから同じようにやっても問題ない」という考えは子供の発想です。

ネット私刑と誹謗中傷は同じ

向ける感情・対象が
違うだけ

ネット私刑を肯定しようと、理論武装しようが大義名分を掲げようが、

  • 「クズクレーマーは死ね!」
  • 「犯罪者のクズは死刑にしろ!」
  • 「人に迷惑かけるやつは○せ!」
  • 「叩かれて当然でしょ」
  • 「自業自得だろ」
  • 「特定して追い詰めろ!」

向ける感情・対象が違うだけで、本質は誹謗中傷そのものであり、負の連鎖にしかなっていません。

みせしめや抑止力・自業自得と称し、相手の疑惑・非にはバッシングや暴言OKで、間違いなら無視や責任転嫁(か)って、それこそ誹謗中傷加害者と同じです。

合法だったら正義とは主張しませんが、かといってそのような行為は慎(つつし)まなければなりません。

有名人の一般人晒し上げ問題

晒し上げも
ネット私刑と同じ

SNSでは、有名人が一般人の書き込みを引用(リツイート)して晒し上げたり、オープンに返信して暴言を吐いていることがありますが、こちらも本質はネット私刑と同じです。

  • 某歌手】盗撮した相手のアカウントを名指しでツイートし、拡散させる。
  • 某お笑い芸人】一般人が相方の苦言を書いたので、煽(あお)って応酬。
  • 某歌手】捨て猫ツイートの一部分だけを見て感情的に反応し、ファンたちが当事者へ誹謗中傷や特定晒しを行う。
  • 某元子役】上記の捨て猫ツイートを見て、当事者への誹謗中傷に持論展開して加担する。

これって、「影響力とファンを悪用し、誹謗中傷に誹謗中傷で報復したり、罪のない相手でも集団でリンチ」をしていて、いじめグループのリーダーが、取り巻きを使って攻撃させるようなものです。

自分を棚に上げる人の言葉は響かない

当人たちは「誹謗中傷から自分の身を守っている」「有名人だって人権はある」と主張していますが、確かに誹謗中傷に声を上げるのは間違っていませんし、こちらも「有名税」なんて言葉は好きではありません。

ですが、やりかたを間違えていますし、このような有名人の言動・行動を見ると、

  1. 配慮に欠く発言や晒し上げで、信じたファンが一般人を攻撃する。
  2. 自分の言動やファンの暴走に対し、適切・誠意ある対応を怠る。
  3. それがきっかけで有名人の誹謗中傷問題が発生する。
  4. 「誹謗中傷する人は法的処置をとります! 思いやりを持って!」

誹謗中傷に立ち向かう姿勢は立派ですが、自分のリテラシーの低さを反省しないケースが目立つんですね。誹謗中傷に敏感なのに、自身が原因となった相手の誹謗中傷には、他人のふりや無関心でいられるのが不思議です。

事務所にとおして対処するなり、「この内容は公開しないでください」とDM(ダイレクトメッセージ)でやりとりすればいいのにも関わらず、オープンに応酬するあたり、リテラシーのなさが感じ取れます。

「誹謗中傷に立ち向かう」「有名人も人間だ」の前に、まずは自分の行動が結果的に私刑行為(=誹謗中傷)になっていないかを自己分析・反省するのが先です。

リテラシーの低い人がSNSをするリスク

このように、ネット私刑は一般人だけの問題ではなく、有名人もやらかしているケースがままあります。

というか、一般人も有名人も関係なく、リテラシーのない人、言動が問題だらけの人はSNSをやっちゃいけないと思うんですよね。こういうのを見ると、誹謗中傷対策と同じく、リテラシー教育が必要だと思わざるをえません。

様々な行動原理・心理説

あくまで仮説

なぜネット私刑を行い、賛成してしまうのか。考えられる行動原理・心理説としては、以下のケースが挙げられます。

  • 歪んだ正義感説】一方的な「許さない」の感情で、相手を叩く人。
  • メタ認知・自己肯定感の問題説】自分を客観的に見られず、満たされていない人。
  • 脳の疾患・性質・ホルモン説】脳腫瘍(しゅよう)、生まれ持った脳の反応など。
  • 発達・精神障害説】アスペルガー症候群、統合失調症など。

なおこれはあくまでも、医学観点・経験上からの「考えられる要因」「傾向」による仮説であり、決めつけやレッテル貼り、ヘイトの目的で書いているわけでないのはご容赦願います。

歪んだ正義感説

他人に厳しく
自分に甘い

一番言われるのが、ネット私刑は事件・事故・不祥事の当事者を許さないと思う、正義感からの行動だというものです。しかし問題行為なのをひとまず置いておき、本当に正義感から行っているのでしょうか?

『スマイリーキクチ中傷被害事件』から考えてみましょう。20世紀末から21世紀初頭にかけ、ネットや暴露本などを通じて「ある凶悪事件の犯人」と濡れ衣を着せられ、10年近くも心ない誹謗中傷にさらされ続けた事件です。

スマイリーキクチ中傷被害事件|Wikipedia

何人かが警察に検挙され、彼らの動機を見てみると、

  • 「ネット・暴露本にだまされた」
  • 「最初にデマを書いた奴が悪い」
  • 「みんなやってるだろ」
  • 「人間関係など私生活でつらいことがありムシャクシャしていた」
  • 「離婚してつらかった。キクチは中傷されただけで、自分のほうがつらい」
  • 「ほかの人は何度もやっているのに、なぜ一度だけの自分が捕まるのか」
  • 「キクチは芸能人だからよいが、自分は一般人で将来もあるから嫌だ」

彼らの意見を見て、正義による制裁や被害者を考えていると思いますか?

真っ当な良識を持っているのなら、

  • 「なんて自己中心的な!」
  • 「自分ばっかで、被害者のことなんて本当はどうでもいいんだね」
  • 「自分がやった言動・行動に対し、責任を持つ意識はないのか」
  • 「人のせいにして保身ばかり」
  • 「動機が幼稚で子供っぽい」

このように感じる人が多いのではないでしょうか。しかもこの加害者たちは、キクチ氏に対し最後まで謝罪をしなかったそうです。

キクチ氏自身も、「彼らには情報の精査・自分で考える・情報を疑う能力が欠けている(=リテラシーが低い)」と自著にそう記し、ほとんどは日常や社会などの不満などを身勝手な正義感に変換して、行為を働いていたのがわかりますね。

正義ではなく「自己満足」

彼らにとって正義感とは二次感情に過ぎず、

  1. 日頃から日常や社会、自分自身に不満があり、心が満たされていない。
  2. はけ口が欲しい(一次感情)。
  3. 事件が起こり、報道される。
  4. 事件を許せないと感じる感情と、発散したい感情が混ざる(二次感情)。
  5. 直情的な私刑行為で制裁。
  6. 一時的な快感(発散)は得られる。
  7. しかし一過性で、また溜まる。
  8. 以降もまた別の「標的」を見て繰り返す(誹謗中傷中毒)。

少なくとも、この事件における行動原理はこう表せます。さらに言えば、この正義感は「一般社会的なもの」ではなく、「個人の主観的なもの」だということを留意しなければなりません。

実際、検挙されなかった加害者の中には、その事件の被害者をも侮辱(ぶじょく)し、茶化す書き込みもあったそうで 、正義どころか犯罪者と同レベルの所業です。

正義感から「許さないからやった」「正しいと信じてやった」というより、リテラシーが低い人によるストレス発散が、結果的に歪んだ正義感になったという感じですね。

ネット中傷の三段活用…最後は「死んで証明しろ」【スマイリーキクチさん・上】|弁護士ドットコム

中傷被害を乗り越え「ネットの力をプラスに活かしたい」【スマイリーキクチさん・下】| 弁護士ドットコム

メタ認知・自己肯定感の問題説

客観視できない
受け入れられない

『歪んだ正義感説』の延長線上の話で、メタ認知や自己肯定感が低い人もまた、同じく歪んだ正義感にかられやすくなります。

  • メタ認知】自分を客観視する能力。
  • 自己肯定感】自分の心と向い、本当の姿を認める意識。

自身を客観的に見られなかったり、コンプレックス持ちな人であればあるほど、処罰感情・不寛容といった感情的・衝動的行為を働く可能性が高くなるそうです。

「なぜ日本人のレビュー(コメント)はひどいのか」の記事 と同様に、専門家の要約した見解も載せておきますが、引用したお二方は「歪んだ正義感が原因」と定義しています。

実際、行為に参加する6〜7割の動機は「許せない・失望からやった」だったと、山口氏が自著で調査を発表していますね。

「人は誰しも、主観的な正義感で他者に制裁を与えるとドーパミンにより快楽状態となる。深刻化すると誹謗中傷に依存して『正義中毒』に陥り、ささいなことでも許さなくなる不寛容な人物になる(要約)」

『人はなぜ、他人を許せないのか(株式会社アスコム)』より|中野信子氏(脳科学者)

「強い言葉を使う極端な人は、心が満たされていない。これは年齢・年収関係なく、悪質クレーマーにも共通する特徴。他者の攻撃で心を満たそうとし、何かしらの使命感に駆られている場合も多い(要約)」

『極論を振りかざす「極端な人」の正体(光文社新書)』より|山口真一氏(統計学者)
  • 【考察】なぜ日本人のレビューはひどい、低俗・民度が低いと言われるのか【コメント問題】
  • 関連記事  »
    【考察】なぜ日本人のレビューはひどい、低俗・民度が低いと言われるのか【コメント問題】

心が満たされている人は攻撃的にならない

単純に考えればわかる話で、そもそも自分を認め、心が満たされる充実した人生を送る人は、赤の他人に制裁を与えようだとか、暴力的な言葉で攻撃したりしないものですからね。

一昔前は、「ろくな職にもつかず才能もなく、匿名空間でストレス発散している、暇人でレベルが低い社会不適合者」と言われることも多かったですが……

しかし今ではそれは誤りであり、「私刑などの誹謗中傷をする人は、定職に就き見た目は普通の人が多く、むしろ高年収・高学歴も少なくない」と、キクチ氏や山口氏は自著に述べています。

脳の疾患・性質・ホルモン説

知っていれば
つき合いかたは変えられる

たとえば、認知症や脳に腫瘍ができると、元々おとなしかったのに攻撃的になったり、口が悪くなる事例は、経験がある人ならわかると思います(脳の腫瘍は映画『グリーン・マイル』でもありますよね)。

認知症に及ぶほどの高齢者のネット・SNSユーザーは、対象が少ないので微妙なところですが、脳の腫瘍は中高年世代でも若い世代でも陥る可能性があり、適切な治療やネット・SNSのつき合いかたを考えなければなりません。

また、感情を司る脳の扁桃(へんとう)体が大きく、論理思考の前頭葉が(相対的に)小さい人は感情が先行し、ストレス耐性が低い、うつ状態の人は扁桃体が肥大化しやすく、攻撃的になりやすいそうです。

女性の場合なら、ホルモンなどの影響で、意図せず攻撃的になってしまったりする『PMS(月経前症候群)』や『更年期障害』のケースもありえます。

女性ホルモンとPMS(月経前症候群)|DRAGユタカ

更年期障害|公益社団法人 日本産科婦人科学会

発達・精神障害説

自分の行動を
自覚する努力は必要

書き込みに直接影響が出やすい発達・精神障害は、

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム:特に積極奇異型・尊大型と呼ばれるタイプ)|ブレインクリニック東京

統合失調症|厚生労働省

パーソナリティ障害(境界性・自己愛性・反社会性などといった一部のもの)|厚生労働省

これらが挙げられますが、医学的見地から言われている傾向として、

  1. 1ビット思考】0か100の極端思考で考え、感情コントロールもできない。
  2. 絶対に正しい】「私は正しい」の認識が強く、他人に厳しく自分に甘い。
  3. 無自覚なダブルスタンダード】実際はその加害者と同じという自覚がない。
  4. 被害者意識が強い】被害者アピールや粘着・ストーカー行為まで行う。
  5. 結論バイアス】ひとつの意見で全否定したり、耳障りのいい情報しか集めない。
  6. 拡大解釈】「だろう」「傾向」を、「決まっている」「全員」と断定的な意味にすり替える。
  7. 言葉選びが下手】配慮がない発言や、口が悪く攻撃的。
  8. 反省・謝罪・改善しない】自分の非を認めない。そのため同じ失敗を繰り返す。
  9. 知識が偏(かたよ)る】調べかたに偏りがあり、独善的・偏った知識になる。
  10. 文脈が読めない】行間や文脈が読めず、見当違いな持論展開、意味不明コメントを出す。

「こういう症状・障害・病気だから」で努力できない言い訳にするのは論外で、それは同じ悩みや生きづらさを持ちながらも頑張る人たちにまで、信頼性や心証が悪くなるだけです。

さきほど『正義中毒』という話を触れましたが、経験上、こちらは『正義潔癖症』と言ったほうがいいかもしれない側面もあります。

自分が正義と思っているというか、潔癖レベルの勧善懲悪(ちょうあく)なんですよね。

要因は人それぞれ

決めつけではなく
参考程度に

……重ねるとおり、これらは「考察による可能性・仮説」です。

「知識」の話や見解であって、医者じゃないのに傾向で相手を病気や障害と決めつけるのは、ネット私刑と同じく許される行為ではなく、該当者全員が行為に賛同しているわけでは決してありません。

なお別の考察や体験談については、以下の記事などにありますので、ご興味があればご覧ください。

  • 【カスハラ】悪質クレーマーの心理・対処法を心理学・脳科学・実体験で考える【モンスター消費者】
  • 関連記事  »
    【カスハラ】悪質クレーマーの心理・対処法を心理学・脳科学・実体験で考える【モンスター消費者】

ネット私刑のビジネス・娯楽化

まとめサイトやツイッターは
特にひどいよね

そして、この私刑感情を利用して広告収入を得ているのが、上述した犯人特定・経歴・顔画像などを掲載する、時事・事件系といったトレンドブログ・まとめコピペブログ(キュレーションサイト)です。

彼らも「お金を稼げる不労所得ビジネス」として加担していますが、2019年の高速道路あおり運転にて、拡散された同乗女性(ガラケー女)が全く無関係な女性だと判明すると、謝罪も訂正もせず消した運営者が多く見られました。

書けるライターやプロの人は、高いリテラシー能力で情報リサーチし、

  1. 「調べに来ている」
  2. 「理由を知りたい」
  3. 「その理由をしっかり書く」
  4. 「見た人は満足する」

このロジック(論理)を熟知しています。

だから内容がしっかりしていて執筆放棄しないのですが、ただの金稼ぎ目的の人は、アクセス稼ぎのために過激に書いて内容がスカスカ、引用ばかりで内容も無責任と、ぜんぜんできていませんからね。

不労所得によるお金稼ぎ自体は悪いことではないですし、それを卑(いや)しいとか、「汗水出してちゃんと働け」と思う人は、江戸時代から続く日本の誤った教育・風潮を、今でも疑いもなく信じ込んでいる人です。

しかし、相手を不当に傷つけて利益を得ようとする「拝金主義に毒された卑しい人間の愚行」は、社会通念的に問題でしょう。

ネットの“ぬれぎぬリンチ”深刻化 「いつか犠牲者出る」被害者の恐怖 加害者にならないために|西日本新聞

需要があるからなくならない

ただ残念ながら、そういった内容でアクセス数が伸びるのは、その情報を求める層が一定数いるからでもあります(需要がなければそのような記事は書かない)。

「自業自得」「疑われるのが悪い」と言っておきながら、「正義なんてどうでもよく、私刑行為で利益を得る連中の金稼ぎ」に都合よく利用され踊らされている様は、本当にリテラシーが低いと言わざるを得ません。

特にデマに関しては深刻な状態で、泣き寝入りを強いられるケースも多々あります。ネット私刑を必要・賛成と考えるならば、こういった冤罪被害に対し、

  • 「真犯人特定への仕方のない犠牲」
  • 「冤罪は運が悪かった」
  • 「間違ってたら謝らずに消せばいい」

このような無責任がまかり通っている状態はどう説明するのでしょうか。それで「正義感・許せない心から、断罪・制裁するために私刑は必要だ」と言われても、説得力がありません。

いじめ相手をいじめている

次に同年に起きた神戸の教師いじめだと、加害者教師の謝罪文を赤ペン先生のように添削 したり、動画を生配信して学校を突撃 したり……

「いじめ教師(組織)を許さない」ではなく、「いじめ教師(組織)のいじめに面白がっている」状態へと変わっています。

いじめ(パワハラ)を許すなと言いつつ、その加害者を匿名空間でいじめる矛盾行動(ダブルスタンダード)は問題でしょう。実態は加害者・当事者と同じ行為であり、同族嫌悪だって気づかないものなのか……

東須磨小・加害教員の謝罪コメントが炎上…何が悪かったのか「謝罪マスター」に聞く|MSNニュース

学校の前で加害教師に“生電話”?YouTubeで投稿…「単なる悪ノリにしか思えない」|MSNニュース

数百年前の人類と変わっていない?

人は過ちを繰り返す

そもそも私刑という行為は昔からあり、いわゆる『村八分(村内でのいじめ)』『魔女狩り』などが該当します。

「疑わしきは罰せよ」「みせしめ」として側面が強かった悪しき風習ですが、文明もモラルも発達した21世紀では、これらがネット私刑として形を変えたとも言えます。

さらに歴史をさかのぼれば、古代ローマ時代のコロッセオは「罪人や剣士に殺し合いをさせて、自分たち(観客)は安全圏から面白がっている」ものでした。

そしてこの「安全圏から、誰かを煽ったり対象が攻撃される様を娯楽にしている」という意味では、本質は同じものでしょう。

つまり必要・容認するとは、これらの行いを楽しんでいた当時の人類と精神構造が同じといえるかもしれません。

それとも、人間はそういう下賤(せん)な行為を昔から繰り返してきた、攻撃的で野蛮でゲスなのが本質の生き物だと開き直るのでしょうか?

最後に:ネット私刑は必要?

本質を見ないから
なくならない

冒頭のとおり、事件・不祥事・ハラスメントに対して「許せない」「被害者が可哀想」と思う自体は人として正しい反応です。

しかしながら昨今見かけるネット私刑の数々は、

  • リテラシーが低い】内容を調べる力・自分で考える力・情報を疑う力が乏しく、法よりも感情を優先する。
  • 正義感は二次感情】正義感を盾にするが、根底は日頃のストレス発散やコンプレックスが主な要因。病気や発達・精神障害などが原因の場合も。
  • 誹謗中傷中毒】晒し・叩きをすることが発散・快楽行為になっている。行動が極端で聞く耳を持たないことも多い。
  • ビジネス・娯楽化】ネット私刑そのものがビジネス・娯楽と化している。大昔の村八分や魔女狩りと変わらない。
  • 自己保身】被害を受けた当事者へ謝罪する人がほとんどおらず、自己保身、証拠隠滅を図る。

と、様々な問題を抱え、加害者たちと同様にモラルが問われるものです。

ネット私刑とは、「誹謗中傷の正当化」です。

怒りの感情を抱く自体はわかりますが、そこから感情優先で法を破ってもいい理屈にはなりませんし、いかなる相手でも、やっていることは人間性やモラルが問われるのを考えたほうがいいです。

「私刑も誹謗中傷も根底は一緒である」「批判と批難は違う」と一人ひとりが気づかない限り、健全なネット・SNS社会にはならないでしょう。

別記事:アンチネット私刑問題と誹謗中傷はなくならない問題

ご参考にどうぞ

ネット私刑をする人を特定し、その相手を名指しで糾弾(きゅうだん)や晒すという『アンチネット私刑』とも言うべき人と少々関わったことがあり、言うなれば「ネット私刑をネット私刑する」状態で、本質はただの誹謗中傷です。

当人は「私は発達障害です」とおおっぴらにしていただけに、先述した起因説そのままの相手で、発達障害を都合よく免罪符に利用し、それに悪びれないどころか開き直っている悪例です。

もちろん誰だったのかは伏せていますが、その人に関しての出来事を詳しく触れています。

  • 【pixiv】『ピクシブ百科事典』の問題点・荒らし行為と運営への疑問【フリー百科事典】
  • 関連記事  »
    【pixiv】『ピクシブ百科事典』の問題点・荒らし行為と運営への疑問【フリー百科事典】

また記事でも軽く触れましたが、誹謗中傷はなぜなくならないのかの詳細な分析・根本的原因をまとめました。双方の問題を深く理解するためにも、参考のひとつにしていただければ幸いです。

  • 【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】
  • 関連記事  »
    【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/191019-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら