ENTRY
雑記
ご依頼・お問い合わせ
雑記,ヤフコメ,Yahoo!ニュース

『Yahoo!ニュース』のコメント欄(ヤフコメ)は昔から誹謗(ひぼう)中傷の温床であり、ネット・SNS上でも、

  • 「なんでヤフコメって閉鎖されないの?」
  • 「ヤフコメの民度は本当に低すぎる」
  • 「ヤフコメは知ったかぶりの上から目線ばかりで不快」
  • 「Yahoo!は誹謗中傷を見て見ぬふりをして野放しにしている」

という意見はまま聞かれるものです。ただ、いくら問題があるからといって「底辺」や「ゴミ」といった攻撃的なコメントを並べる人も本質的な同類になってしまうので、その点は気をつけてもらいたいところ。

最近では、ヤフコメのようにコメント欄を実装するネットニュースサイトが多くなっていますが、そちらにも言える内容ですので、ご参考にしていただければと思います。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

『Yahoo!ニュース』がコメント欄を廃止・閉鎖しないのはなぜか?

あくまで推測になりますけど、結論から言うならば、「安定した広告収入を得るためだから」という可能性が高いです

その前に、一応公式(2015年)もコメント欄がある理由を発表しているため、以下に紹介・抜粋すると、

インターネットが登場する前は、ニュースは読者にとって「受け取るもの」に過ぎませんでした。そのため、Yahoo!ニュースも日々流れてくるニュースをサイト上で提供しているだけでは、インターネットがなかった時代と同じ、一方通行の体験をユーザーに提供するだけのサービスで終わってしまいます。

ニュースを「見て終わり」ではなく、出会ったニュースに関する多様な価値観・解釈を共有しあうことで、ユーザーが考えを変えたり、共感したり、意見を述べたりといった、何らかのアクションを起こすきっかけを提供したい。こうした、民主主義社会を活性化する上で最も重要な環境を提供したい――。そのような思いの中で生まれてきたものが「Yahoo!ニュース 意識調査」であり、そして「コメント機能」でした。

Yahoo!ニュースがコメント機能を続ける理由~1日投稿数14万件・健全な言論空間の創出に向けて~|Yahoo! newsHACK

要は「一方的に発信するではなく、閲覧側も意見交換をして、自分も意思を表明し、民主主義社会を活性化させる。それがヤフコメであり、ニュースとユーザーをつなぐ場」ということですね。

しかしながら、意見することと誹謗中傷することは全く別の話であり、2015年当時からすでに、そのような場はツイッターなどのSNSがすでに台頭しているため、コメント欄がある理由としては弱いものです。

相手に落ち度や非に対し、攻撃的な言葉(ゴミ・クソ・死ね・ガ○ジなど)を並べ立てたり、誹謗中傷(人格攻撃・ヘイトスピーチ)もOK……これらを『批判』だと本気で思う人が多く、正直ヤフコメを見ても、「正しい批判」をする人なんて1%もいないでしょう(というか、『批判』を正しく使える人はライターになっているか、個人ブログやnoteで書くと思う)。

とにかく否定すれば意見した気になっている(=批判と思い込んでいる)というのは危ういですね。否定だけするってのは小学生でもできることです。

Yahoo!すらも公式見解記事を見る限り、批判・批難の定義・区別がわかっておらず、「『言論の自由』『表現の自由』があるから」と弁解するのはよろしくなく、ヤフコメに苦言する人もまた、「ヤフコメは批判ばかりでうんざり」と苦言しますが、彼らも『批判』を文句・悪口と同じ意味・ニュアンスで使うなど、批判と批難を混同しています。

書く側も、公式側も、苦言する側も、『批判』の意味を間違って使っている……これはヤフコメのみならず、誹謗中傷問題を論ずる上で考えなければいけない課題です。

『批判』という言葉を否定的に捉えたり、安直に使う人や組織ほど、実は批判の意味をよく理解しておらず、誹謗中傷との違いもわかっていないと思いますね。なぜここまで自分が『批判』にうるさいかといえば、

  • 意見扱い】『批判』を正しく把握しないと、誹謗中傷でも「意見」として解釈され、「辛口」「毒舌」と称して正当化や開き直る人が出てくる。
  • 噛み合わない】『批判』の目的がわかっていなければ、互いに議題や論点が平行線で噛み合わず、正しく論ずれないし、物事の本質をみることもできない。
  • 非生産的】『批判』の意義を認知しないと、攻撃的な言葉を使ったヘイトや悪口のぶつけ合い、誹謗中傷に誹謗中傷で返す不毛な口喧嘩になる。

このような事態を招きますし、というより、ヤフコメなどで実際にそうなっているのは、見ればわかるとおりですよね。だからこそ、「批判するのはよくありません」「批判を許さないなんておかしい」と堂々と主張する人は、高度なギャグにしかなっていない。

意見をする前に、まず「『批判』とは何か」を理解しなければなりません。「『批判』と『誹謗中傷』の違いを理解していないのは話にならない。ちゃんと調べてからもう一度表明し、論じていただきたい」と、自分は思いますね。

ひとりでも多く認識できれば、誹謗中傷する人は多少減るでしょうし、議論も建設的な内容が増えるでしょう。このあたりは以下の記事で詳しく述べていますので、ご参照ください。

  • 【考察】正しい日本語指摘や、批判・非難を混同・誤用して違いがわからない人【ソニックトゥーン】
  • 関連記事  »
    【考察】正しい日本語指摘や、批判・非難を混同・誤用して違いがわからない人【ソニックトゥーン】

……さて、話がずれましたが、Yahoo!側もモラルが低い投稿者がいるのは公式見解で認めていて、非表示機能や通報・削除もありますが、遠回しの表現などを使われて結局いたちごっこであり、対策にはなっていません。

先ほど話したように、公式側が批判・批難の区別がついていないのもそうですが、後述する「Yahoo!側が言う、利用者は記事の意図を理解して有意義なコメントを発信する」の部分自体も危ういんですよね。

となると、廃止しない別の理由が考えられますし、以下のことを考えれば、「広告収入が目的であるという可能性が高いのでは?」と推察(すいさつ)できるので、次から記載していきます。

ある意味人間の卑しい心理をついたシステム

『Yahoo!ニュース』のページをよく見ればわかるように、広告やスポンサー企業のPRバナーが至るところに貼られていますよね。

広告収入の利益を発生させるには、アクセス数を稼いで広告クリック数を獲得する必要があり、その不安定な収入を確定化・安定化させるには、「センセーショナル(話題性)な見出しタイトルをつけたり、常連を増やしてアクセス数を維持すること」が考えられます。話題性がある極端な見出しはクリック率が高く、常連がいればアクセス数を固定化することができますからね。

見出しはキャッチーな(ウケがいい)内容にするとして、どう常連を増やして固定化するのかを考えると、定期的に覗きに来させる、回遊率を高める仕組みを閲覧者に提供すればいいわけです。

ニュースやセンセーショナルな記事を扱うのなら、その話題に敏感な人を集めるシステムを作ればいいんですね。しかも、そういった人たちは(質はともかく)自己主張がよくも悪くも大好きですから、これらの目的と彼らに刺さる(アピールできる)形が、コメント欄という存在です。

かつてヤフコメを書いていた経験者の方のコメントがありましたが、「当時、ヤフコメは日課であり、ある種のいきがいのようなもの。仕事や社会に不満・ストレスを抱え、ヤフコメを書くことが発散になっていた。タイトルだけでコメントを書き、正直、記事の内容はどうでもよかった」と語っています。

また、2015年に発表したYahoo!の独自統計によれば、ヤフコメを書く人(ヤフコメ民)の大半は男性であり、40代以上が多いとのこと。その年代だと大体は働き盛りで、仕事や不満のストレス発散になっている(=心が満たされていない)のは容易に想像でき、あながち間違いではないでしょう。

これも上記の経験者の方が語っていた内容と重なりますが、充実した人生や生活を送る人は、誰かや何かに攻撃的な言動はとらず、その時間を交友関係や好きなことなどに使って没頭するもの。喧嘩腰に八つ当たりをしたって、自身の境遇や労働環境は改善されないし、非生産的で自身の人間性を下げる愚行であることは理解できるはずですからね。

ほかにも誰かや何かに高圧的な態度をとったり、何かとすぐ攻撃的になる人は経験上、

  • 「歪んだ家庭環境や学校生活を過ごしてひねくれた人」
  • 「全体主義・同調圧力などの日本の民族性に強い影響を受けた人」
  • 「自分が正しいと信じ、0か100で考える潔癖症気質・利己的な人」
  • 「思いやりや想像力が働かず、思ったことをすぐ口に出す思慮が浅い人」
  • 「何が悪いのかすらも理解できない、客観視能力(メタ認知)が低い人」

これらを複合してこじらせている場合も考えられますが、どちらにせよ、「自己主張は大好きだけど、自分の行動を疑えずに方向性を間違えている人」なのは確かです。その熱意を正しい方向に使えば有意義なのに、本当にもったいない。

それに加え、ヤフコメにはコメント評価(高評価・低評価ボタン)もあることから、共感される内容だとどんどん「そう思う(いいね)」がつけられます。これは中毒性が高く、「俺の意見が評価された……もっと褒めてほしい、もっと高評価してほしい」と、さらに依存性が高まり、評論家気取りの上から目線が加速したり、刺激欲しさでより過激になるんですね。

投稿者は承認欲求が満たされ、「ストレス発散、または自分の意見・存在が認められる場」と錯覚して頻繁に来るようになり、提供側も広告収入に必要な常連を獲得するわけですから、需要と供給が成立します。こう考えるとヤフコメって、人間の卑(いや)しい心理をついたシステムと言っても過言ではないでしょう。

広告収入(アフィリエイト)自体は間違ったことではありませんが、相手への不当な攻撃(誹謗中傷)を助長させかねない姿勢を黙認して金銭を得る行為は、健全な広告収入だとは言い難いでしょう。徹底的な姿勢をとらないのも、もしかしたら平和的空間を実現すると書き込む人が減る(=常連が離れて広告収入が減少する)から、あえてグレーの姿勢という可能性もありますよね。

とはいえ、「なぜひどいコメントを書くのか」の部分はヤフコメ特有の問題ではなく、まとめサイトのコメント欄で口汚い言葉や攻撃的な書き込みをする人、レビューサイトでひどいコメントを投稿する人、ツイッターや掲示板で相手を煽(あお)り、ドヤ顔で論破と称して評論家気取りをする人など、似たシステムがあるサイトやSNSではよく見られます。

なぜひどいコメントを書く人がいるのか、誹謗中傷がなくならないのかは、別記事により詳しく掘り下げて書いていますので、併(あわ)せて参照していただければと思います。

  • 【考察】なぜ日本人のレビューはひどい、低俗で民度が低いと言われるのか【コメント問題】
  • 関連記事  »
    【考察】なぜ日本人のレビューはひどい、低俗で民度が低いと言われるのか【コメント問題】
  • 【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】
  • 関連記事  »
    【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】

ヤフコメ民が底辺と言われる理由【ヤフコメ民の正体は?】|カスカスブログ

なぜ人々はヤフコメだと上から目線なのか(有料記事)|プレジデントオンライン

Yahoo!ニュースがコメント機能を続ける理由~1日投稿数14万件・健全な言論空間の創出に向けて~|Yahoo! newsHACK

「ヤフコメはひどい」? 「Yahoo!ニュース」のコメント欄、投稿者は男性が80%以上、40代が突出|ITMedia NEWS

最後に:そもそも情報って有料だということ

上述のとおり、Yahoo!側もヤフコメのモラルは一応問題視しており、AIを活用したコメントの選別や、非表示にできるボタンも実装しています。コメントの内容に対する注意書きも出るようで、その効果で誹謗中傷をするアカウントも13.5%減少したそうです。

とはいえ、この上記記事や「なぜヤフコメが必要なのか」の公式表明を見れば見るほど、Yahoo!側が主張していることと、利用者の実態やモラルの低さが反比例している状態で、13.5%は劇的な効果なのかと言われると微妙なところ。

海外では2014年、当時13歳の少女が開発した『Rethink』によって、93.4%が投稿を踏みとどませたという調査結果が発表されています。もちろん年齢層や国が異なるので単純な比較はできませんが、これを見るとなおさらそう思ってしまいます。

たとえ13.5%は防止できたとしても、全体的に見れば、ニュース記事でコメント欄の自浄(自治)作用がうまく働いていないのは、見ればわかるとおりで、誹謗中傷の根本的な対策にはなっていません。

AIを導入しているのにも関わらず、東京2020オリンピック記事では、選手や他国へのひどいコメントが上位に並んでいることもあり、「誰かや何かを批難・誹謗中傷して記事の中身すらもしっかり見ていない。これが民主主義社会の活性化なのか?」と、正直自分にはよくわからないですね。ぶっちゃけヤフコメは「言葉の暴力という汚物を吐き捨てる公衆トイレ」だし、民主主義ではなく無政府主義(アナーキズム)の間違いではないかと。

だからこそ、「なぜ心ないコメントや誹謗中傷が多発して10年以上前から苦情を言われているのに、廃止・閉鎖をしないのだろうか」という疑問は、表向きの公式表明よりも、「安定した広告収入を得るため」と考えると、合点がいくのではと。

ただ重ねるように、広告収入が目的ではないかという話は、自分が考えられる可能性から導いた仮説です。公式の見解ではないことはご留意ください。

また、これも推測話として見ていただきたいのですが、そもそも、ニュースを載せるって本来はお金がかかるものだということです。

ライターや出版社だって慈善事業でやっているわけではないですし、サイトの維持・コメントの選別・パトロール・削除などにも費用がかかるものであり、広告収入で「どうにか無料にしよう」という見方もできますよね。

Yahoo!やコメント欄を実装するニュースメディアサイトを擁護(ようご)するわけではなく、この記事を見ても根本的解決にはなりませんけれど、こういった「大人の事情」も、今一度考えてみてもいいかもしれません。

最後になりますが、仮に広告収入目的が絡んでいるのであれば、ヤフコメの廃止・閉鎖はほぼ絶望的です。そして前半で述べたように、ヤフコメの1%にも満たないとはいえ、中には良識あるコメントや正しい批判はありますけれど、「百害あって一利なし」です。

知見が広まるよりも、自分の心がすさんでしまったり、人間の本音・本性に心を痛めてしまう確率のほうが圧倒的に高いでしょう。ネットニュースは別にYahoo!ニュースだけが配信しているわけではないんですから、これを機にいろいろと探してみてはいかがでしょうか?

ある意味では、有料会員登録が必要なネットニュースサイトのほうが、今後コメント欄を実装されることもないし、いろいろな意味で「健全」でしょうね。

ヤフコメの“パトロールAI”、NewsPicksなどに無償提供 不適切コメントを排除|ITMedia NEWS

Yahoo!ニュースにおけるAIを活用した投稿時注意メッセージの掲出効果について|Yahoo!

「送信」ボタンを押す前に──ネットいじめを元から絶つには?|TIME&SPACE

  • 【考察】なぜ日本人のレビューはひどい、低俗で民度が低いと言われるのか【コメント問題】
  • 関連記事  »
    【考察】なぜ日本人のレビューはひどい、低俗で民度が低いと言われるのか【コメント問題】
  • 【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】
  • 関連記事  »
    【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

カテゴリ: 雑記他

#  #  #

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にはご注意ください。また、期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。内容の承諾にはいくつかの注意事項があります。詳細は「詳しくはこちら(ご依頼・お問い合わせ)」をご参照ください。

詳しくはこちら