ENTRY
雑記
雑記,文章が下手な人,文章が下手くそ,悪文,典型例

ネット上には様々な文章が存在し、あまりにも文章が下手な人が書いた内容を読むと、見にくく感じたりイライラした人も少なくないと思います。

それだけで済めばいいのですが、極端な主張や配慮に欠けた内容を書いたばかりに、周囲から反感を買ってしまって炎上騒ぎになるケースもあるんですね。

文章が下手な人の典型例・改善ポイントを以下に列挙しますが、当記事の文章が下手な人や叩かれるの意味を定義すると、

  • 文章が下手な人】文法や国語力のほか、文章の客観性・建設性・思考性・思慮が乏しい内容を書く人も同様に扱う。
  • 叩かれる】誹謗(ひぼう)中傷や罵詈(ばり)雑言のみならず、「厳しいが正当な批判・意見」も含む。

このように定義して書き進めていきますので、そこを踏まえた上でお読みください。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

文章が下手な人は極端で自己主張好き

思慮が浅く自己中心的

文章が下手な人は自己主張が激しく感情的で、ネットスラングでいう『主語が大きい』と言われるものですね。ネット・SNSで見かける種類を挙げると、

  • 人種差別・排外主義】過激な政治的主張やヘイトクライム。『ネット右翼』『ネット左翼』など。
  • フェミニスト(自称)】女尊男卑や男性向け作品のヘイト行為。『ミサンドリー』『ツイフェミ』など。
  • 動物愛護・菜食主義者(自称)】食肉文化などを異様に敵視。『動物愛誤』とも。
  • 天然・無添加信仰】食品添加物やうま味(化学)調味料を絶対悪として拡散する。
  • 障害者・健常者ヘイト】障害者バッシング、または障害当事者の健常者や社会への強要行為。
  • 叩き・称賛】「否定して叩く」か「持ち上げて称賛」の二極化。
  • 警鐘系】「〇〇には危険性がある」「〇〇は詐欺」と主張。著名人や学者などが発信者の場合も。
  • 不謹慎ネタ】不謹慎なネタや混乱させる文章を発信する。『炎上ビジネス』とも。

ほとんどの場合、「自分の意見は正しい。意見する奴は全員間違っているか勘違いしている奴らだ」という、自己正当性を焦点に流布するのが目的になっていて、見識を広めようとか、そんなことは思っていないんですね。

ジェンダー問題を例に考えてみる

たとえば昨今でよく議題に挙がるジェンダー(性別の平等)問題、特に女性の表現の場合だと、

  • 「海外はジェンダー問題を真剣に考えているのに、日本は未だアニメ・ゲームで女性を性的対象に見ている」
  • 「この露出の高い衣装は女性の尊厳を軽視している」
  • 「日本は男尊女卑的で、サブカルチャーを見ても、女性を卑下(ひげ)しているのがよくわかる」

という主張をよく見かけますけれど、

  • 女性優位問題】育児や専業主夫、痴漢問題など、男性が未だ不利に扱われる場面は考慮しないのか?
  • 因果関係】そういった創作物があるから女性差別を助長する統計データや因果関係を証明できるか?
  • 女性向け作品】女性向け作品に登場する男性の表現に一切触れないのはなぜか?
  • 男性の肉体美】男の肉体美・ラインの強調した創作物やショーは男性差別的・性的ではないと言い切れるか?
  • 女性アイドル】女性らしさを全面に出した女性アイドルの衣装は性的か?
  • 女性イラストレーター】女性作家が女らしさ・ボディラインを強調した絵を描けば、それは女性軽視か?

このように抜けた論点も多く、ここを指摘されても無視したり、「セクシャル表現の女性は性的差別。セクシャル表現の男性は純愛だからOK」という理屈で正当化する人を見かけたこともあり、これには唖然(あぜん)としましたね。

また、過去にバーチャルYouTuberのキズナアイの格好が性的すぎるとツイッターで苦言した弁護士の太田啓子氏に対し、「女性イラストレーターがデザインしている」と反論されると無視し、問題視されたこともありました。

文章が下手な人は、問題提起の内容が非建設的で、適切な意見を書けておらず、ただの主張の押しつけになっています。この問題に限らず、偏見(へんけん)や先入観で叩く人の主張は、客観的ではなく必ず穴があるものです。

自分も女性をセクシャルな表現で描くことは多々ありますが、だからといって女性軽視を支持するつもりはなく、真剣に問題を考える自体はいいことです。

とはいえ、現実問題や創作物のTPO(時・場所・場合)と、フィクションやその表現は分けて考えるべきです。

差別根絶を言いながら差別をするのは笑えない

ジェンダー問題や性の平等性を考えるのはいいことですが、現実とフィクションをごちゃまぜにして、単に自分が気に入らない作風・創作物の話を、あたかも社会問題のように論点をすり替えて扱うのは、本質からずれた行動です。

相容れない対象を性別や立場も関係なく、差別的に見下したり強い言葉で誹謗中傷して煽(あお)る姿勢や、自分を客観視せずに正当化し、反省もしない姿勢のほうが、人としてよっぽど問題でしょう。

差別差別言っておきながら自分が差別的になっているのは笑えないですし、真剣に問題を語るなら、それこそ言葉を選んで思慮深く発言してほしいものです。

文章が下手な人は同調する内容しか求めない

同意が欲しいだけ

次に、文章が下手な人は聞く耳を持たず、自分の同調する意見しか求めないのも特徴的ですね。

自分の主張を擁護(ようご)して同調する以下のような賛同コメントがほしいだけになってしまい、自分と同じ思想の人が集まって、「自分は正しかったんだ」とそれに勘違いし続ける、負の連鎖に陥る結果にもなりますね。

  • 「荒らしに負けるな!」
  • 「叩きたいだけの連中には〜」
  • 「ネットトロール(荒らし)に目をつけられて大変ですね」

なぜなら文章が下手な人(特に自己主張が強いタイプ)の目的は、見識を広めるために文章を書いているのではなく、「私はこうとしか思えなかった! みんなもそうですよね?」と、承認されたいだけだからです。

これってかなり危うい考えかたで、一方的な観点しか見ない視野の狭い人物になってしまいます。

単に閉じられた身内同士でのやりとりなら問題になりませんが、それをネット・SNSへオープンに公開しているのは、話が変わってきますね。

文章が下手な人は「読ませる」意識がない

独りよがりな文章を書く

だから文章が下手とも言えるんですが、読ませる意識がない人は文法も支離滅裂な場合が多いです。

  • 句読点の使いかた】句読点(、。)の使いかたがバラバラでバランスも悪い。
  • 不適切な改行】まるで論文を書くかのような長文を改行なしで書いたり、逆に一行ごとにいちいち改行。
  • 内容がくどい】長文で余計な言い回しが多く、意図や内容がわかりにくい。
  • 非建設的】定義・仮説・結論の掘り下げがしっかり伴っていない。
  • マイルール文法を優先する】正しい文法用法よりもマイルール(手癖)を優先している。
  • 自分の言葉や伝わる言葉を使わない】レッテル貼り・定型文・スラング・横文字・感情記号(〈笑〉やwww)の多用など。

いくら個人のブログであっても、「ネット・SNS上に公開している」時点で、公然の場に持論を書いた紙を貼るのと同じだってことは意識してほしいですね。

あとはフリー百科事典あたりで見かける、「自分の中ではウケる文章だと思っているけど、文章能力が乏しい上にライティング・文法の基本ルールもめちゃくちゃで、ただの質が低く痛い文章になっている」パターンもそうですね。

文章が下手な人は事後対応も悪い

誠実な対応が
できない

これは二次的な問題も含まれますが、文章に正当な批判や指摘がくると、自己弁護や相手を荒らし扱い、無視や削除などの対応をした結果、火に油を注ぐことになるケースです。

それを表す記事(次世代電池の話題で検索上位)がありますので、あえてリンクを掲載します。

電気自動車の進化に必須といわれる「全固体電池」は実用化できない?|EVsmartブログ

記事構成が否定的に傾き、それに関するプラスのフォローもなければ「あくまで技術者の一意見である」という断り書きがありません。

そして記事の広報担当者も、建設的なコメントでも技術的内容でなければ、門前払いや突っぱねる返信をしたり、

「内容が不満なら、ちゃんとお金払ってご自身でインタビューを受けたらどうでしょうか(要約)」

EVsmartブログ

このような、鼻につくような対応を繰り返していたためにコメント欄が大いに荒れてしまい、せっかく題材がいいのに、記事構成の悪さとコメント対応のせいで台なしになってしまう悪例です。

文章が下手な人はメタ認知が低い

要は客観視できない

  • メタ認知】自分の行動や発言を客観的に見る能力。もう一人の自分が後ろにいて、チェックしてもらうイメージ。

つまり、文章な下手な人は総じてメタ認知能力が低いともいえます。

そもそもメタ認知能力が高ければ、そこから反省にも繋がって改善意識に持っていくことができるだけではなく、感情の冷静なコントロールも行えますからね。

そう考えれば、炎上商法でわざと叩かれる文章を書いている人は、ある意味メタ認知能力が高いのかもしれない。

アスペルガー症候群の人は叩かれる文章を書きやすい

発達障害のひとつである『アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)』の人は、(個人差はあれど)脳の構造上メタ認知能力が低いとされ、知識量はあっても一方的な視点かつ自己主張が強い文章になりがちだそうです。

一部では皮肉のように、『自分が正しい症候群』『嫌われ病』と揶揄(やゆ)される一因ですね(なおアスペルガーといっても様々なタイプがあり、この場合は積極奇異型・尊大型と言われるようです)。

実際にアスペルガーを公言している著名人を例にとると、

  • 勝部元気氏:社会派コラムニスト】フェミニストを自称するが、実は本人も無自覚な女性軽視をする発言が少なくなく、名指しされた女性たちから反論や苦言されてしまう。
  • 南雲玲生氏(DJ nagureo):ゲームクリエイター】「大企業が自社の商品をパクるな! 」とツイッター上で苦言したが、先に作ったことを公表したユーザーが意見すると無視し、ほとぼりが冷めてからツイートを削除。
  • グレタ・トゥーンベリ氏:環境活動家】演説で「環境問題を考えて!」と涙ながらに語り日本でも有名になったが、「私は正しい」と我(が)が強いタイプで、ツイッターでは意見の異なる相手に挑発や煽りもするため、好みが分かれやすい。

「こんな文章を書くんだから、こいつはアスペ(アスペルガー)に決まってる」と勝手に決めつけるのは論外ですが、彼らは重ねるように、アスペルガーであると公言する著名人なので、意図的に記載しました。

……とはいえ、彼らの場合は「アスペルガーだから」というより、診断を受けて「アスペルガーを開き直っている」のが一番の問題で、攻撃的口調・思慮の浅い意見の何が悪いのかを理解せず、直そうともしません。

だから、いつまでたっても文章が上手くならない(思慮深い文章が書けない)といえます。

「文章はタクティクス」と考えると上手くなる

文章とは戦略である

個人的な経験談になってしまいますけれど、文章を上手くしたいのであれば、「文章はタクティクス(戦略)で書く」と考えるのがいいと思います。

ネット・SNS上の文章は意外にも読んでもらえないものですし、自分なりの文章を上手くするコツとしては、

  • 読みやすい文章】適切な改行と明確な起承転結。文章の勉強を怠らない。
  • 真意を記載】真意を事前に書く。長文の場合は先に結論を。
  • 思いやりのある文章】クッション言葉や、相手への理解を忘れない。
  • 定義づけ】言葉の定義や論拠は明確にし、読者と筆者に共通認識を。
  • 事前リサーチ】書く対象については、可能な限り広い視野で調べる。
  • 過度な自己愛は敵】自分は正しいと思わないこと。
  • 自分の言葉で書く】自分で考えた、自分の文章を書く。
  • 校正チェック】何度も文章を見直して書き直す。

これらを意識できるようになって、メタ認知能力を高めて自己研鑽を怠らない姿勢も忘れなければ、「脱・文章下手」と言えるかと。最初から上手くなるなんてのはほぼ無理ですから、ひたすら実践と改善のトライアンドエラーですね。

最後に:文章が上手くなっても叩く人はいる

間違いはあるけど
正解はない

仮に上手い文章を書いたとしても、叩かれるときは叩かれますし、この記事は「文章が下手な人の典型例を見ることで、どう反面教師にして見直し、対策するか」であって、「絶対に叩かれない文章の書きかた」ではありません。

どんなに秀逸(しゅういつ)な文章が書けても、物書きをしていればそんな人たちに一度は絡まれます。こればっかりは「住む世界が違う人」と無視して大人の対応をするしかありませんし、関わったら精神病みます(※経験者は語る)

最後に余談になりますが、恥ずかしながら自分も学生時代は叩かれやすい文章をブログに書いていました。

今と比べて当時は相当なひねくれ者で、文章構成の勉強が未熟だったこと、言葉遣いが悪いのもさることながら、若さゆえにメタ認知も低く、自分の行動を客観的に見れなかったのでしょう。

だからある意味では、この記事は過去の自分自身への反省と反面教師という側面もあります。以上、お役立てしていただければ幸いです。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/200215-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら