R-15
雑記他

雑記

ネット上には様々な記事が存在し、叩かれやすい(反感を買いやすい・炎上しやすい)文章というのが「法則」として存在しますが、そこから叩かれにくい文章を書くにはどうすればいいのか、経験則を基につづっていきます。

なお当記事の「叩かれる」とは、「誹謗(ひぼう)中傷や罵詈(ばり)雑言のみならず、『厳しいが正当な批判』といった適切な意見を全てひっくるめたもの」とします。そしてこの記事を読む際に、気を付けていただきたい点を2つ挙げておきますが、

  • 経験則と観察から執筆した内容なので、あくまでも一意見、参考程度に留めておく。
  • 今回紹介するのは「叩かれにくい」であって、「絶対に叩かれない」文章ではない。

まずはこれらを念頭に置いてください。考え方の一つなので、仮にこれらを全て実行し、炎上トラブルが発生しても責任は取れないですし、絶対に叩かれない文章・記事というのは人間の価値観の観点やネットに公開している以上、残念ながら存在しない産物です。

もし絶対に叩かれない文章を書きたい人がこの記事を読まれているのであれば、それはもう深層WEB(検索拒否・完全非公開)形式ブログを運営するか、日記アプリに書くしかないでしょうね。

そこを踏まえた上でお読みください。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


叩かれやすい文章の特徴・傾向

「叩かれにくい文章」を書く前に、まずは叩かれやすい文章の特徴・傾向から見ていきましょう。

叩かれやすい文章1:自己主張の強さ
恐らくは叩かれやすい一番の要素です。ネットで見かける典型的一例に挙げると、

  • 人種差別・排外主義・政治的主張】〇〇人は害悪、政治家の一方的否定など、批判という名のヘイトスピーチを平然と主張する。ネット右翼・ネット左翼思想もこの分類。
  • フェミニスト(自称)】いわゆる女性権利の向上活動家。しかしネット・SNSでは女尊男卑とも言える、男性および、男性向け作品・文化への差別や嫌悪、ヘイト行為(男性嫌悪:ミサンドリー)で、ツイッターで主張している場合は『ツイフェミ』と呼ばれることも。
  • 動物愛護・菜食主義者(自称)】食肉文化を徹底的に排除しようとし、「動物が可愛そう」という感情だけが先行した動物崇高・人間軽視。
  • 障害者・健常者ヘイト】障害者を一方的に否定するヘイトや、逆に障害当事者が健常者(定型発達者)や社会に対し、被害者意識で理解や権利向上を強要する逆差別行為。
  • 叩き・称賛レビューやインタビュー】作品や商品・技術などを、叩くか称賛するかの一方的な視点のみで記載する。
  • 警鐘系】「〇〇には危険性がある」「〇〇は詐欺」と主張する。著名人・専門家・学者・医者などが言っている場合も多く、一見説得力がありいいことを言っているように見えるが、自分の都合のいいデータを並べ、持論の正当性を主張したいだけのケースが目立つ。
  • 不謹慎ネタ】話題の事件やニュースに便乗して、不謹慎なネタや混乱させる文章を発信する。どちらかといえば無自覚よりも、炎上商法・ビジネスを狙った故意犯が多い。

相手を叩き潰すかのような過激主張・断定口調や、見出しやタイトルで不安や危険性を煽(あお)るものだとより反感を買いやすく、思いやりも感じられない叩かれる文章と化します。

これらの自説・持論はほとんどの場合、「自分の意見は正しい。意見する奴は全員間違っているか勘違いしている奴らだ」という、自己正当性を焦点に流布するのが目的になっていて、

見識を広めるために建設的な理論武装をする(=物事を多角的に捉える・無知からくる探究心 → 視野が広い)

ではなく、

自説・持論を正当化するために感情的な理論武装をする(=物事を一方的に捉える・無知からくる傲〈ごう〉慢 → 視野が狭い)

……という形になります。

しかもそれに擁護(ようご)して同調する以下のような賛同コメントが現れると、「自分は正しかったんだ」とそれに勘違いし続ける、負のスパイラルに陥る結果にもなりますね。

  • 「荒らしに負けるな!」
  • 「叩きたいだけの連中には〜」
  • 「ネットトロール(荒らし)に目をつけられて大変ですね」

正当な批判・意見すら悪者扱いにし、見当違いな応援コメントが書かれるのは、見たことがある方もいるかもしれません。彼らのような存在は、モラルを守り正しい認識で精力的に活動する正統派(本来の意味で行動する)な人たちからは嫌われているようです。

これを無自覚(歪んだ認知・認識)でやっているのか、わざとやっているかで話は変わってきますが、今回は前者を中心に話を進めていきます。なお、聞く耳持たずに持論を言い続けている人、日本語がおかしい支離滅裂、意味不明な内容であれば、「絶対に関わってはいけないヤバイ人」なので、100%無視しましょう。

叩かれやすい文章2:擁護・否定の一方的な偏りと掘り下げの甘さ(論理力不足)
先程の箇条書きで軽く触れた部分の掘り下げで、褒めるだけか否定だけかの一方的・極端な文章だったり、論理的・建設的に書かれていない論理力不足な内容は叩かれやすいです。

たとえば芸能人ネタだとポジティブの場合、まるで神様や教祖のように崇拝して、芸能人でも人間だから間違えることはあったとしても、それを全面的・盲目的に擁護し、外部の正当な指摘を嫉妬やひがみ、アンチの嫌味のような解釈を行います。

逆にネガティブなら徹底的に叩き、「こいつにいいところなんて1つもあるワケ無いだろ」と、まるでこの世にいちゃいけない極悪犯罪者と言わんばかりにバッシングして、過去の経歴や家族構成まで持ち出して陥れようとする感じですね。

否定的・悪口しかないネガティブよりもポジティブのほうが印象がいいと思われる方も多いかもしれませんが、ポジティブすぎると楽観的・擁護行為・盲目(宗教信者)的と捉えられがちなので、双方とも、そうとは思わない人からの反発も大きいことは頭に入れておくべきでしょう。

論理力不足の例は、実際見かけたものを基に箇条書きにすると、

  • 無料で文句を言う行為 → 「文句は言ってもいいだろ! スポンサーからカネもらってるんだし、そんなのは言論統制だ!」
  • Macでスタバ行為 →「カフェで勉強でも同じじゃん! 叩いてる奴は意味分からん」

これを見れば分かるように、「行為に対する定義づけ」「なぜ文句を言われてしまうのかの仮説立て」「そこから導かれた結論を踏まえた見解」ができていません。(大体こういう主張をする人は、コメント拒否している場合も割と見かける)。

世の中の出来事の多くは、白黒の2つで分けられるほど単純な作りにはなっていませんし、『批判:建設的批評』と『批難(非難):感情的否定』を混同している場合も非常に多く、ネット・SNS上にある批判と称したネガティブ意見はほとんど批難で、誤りです。

自分の意見を「辛口」「批判的に書きます」と称して否定や悪口・バッシングを書き、「批判はやめてください」などと主張している人たちは、正しい批判は好意的評価や同意をすることも大切なのを知りません。だから、一方的に貶(おとし)める文章か、称賛しか許さない文章しか書けないんですね。

批判の誤用に関しては、時折見かける「相手を攻撃する心理」「横暴な上司の対処法」などの解説記事でもそうですね。結構いい内容が書かれているのに、「このように相手を“批判”する人は〜」って書かれていると、説得力皆無(かいむ)だとつくづく思います。


叩かれやすい文章3:文章が下手すぎる
下手な文章は相手にイライラさせるだけではなく、適切な構成がされていないのでダブルスタンダード(自己矛盾)を抱えていて揚げ足取りがされやすく、誤読も招いてしまいます。

よくある典型例としては、

  • 句読点(、や。)の使い方がめちゃくちゃ(句読点の不必要な多用や全然使っていないなど)
  • 適切な改行(段落付け)をしていない
  • とにかく長文で余計な言い回しが多い(意図や内容がまとまっていない)
  • 正しい文法用法よりもマイルール(手癖)を優先している
  • レッテル貼りや横文字(カタカナ語・IT/ビジネス用語)の多用(自分の言葉で書いていない)

自分はこういう文章を形容として、「下手な文章」「読み手を考えない文章」と呼びますが、心のなかでは「頭の悪い文章」と思っています。

先にも触れた部分で、正しい定義の批判と、かけ離れた批判モドキの文章であればあるほど、息が詰まる記事構造になる傾向が高くなり、相手の読解力のせいにしがちな人も多いので注意です。読解力のない人は確かに一定数いますが、まずは大多数が真意を汲(く)める文章を書けるようになるのが先。

それから下手な文章ではないですが、「正しい日本語の文法で書きましょう」のテーマにした記事なのにも関わらず、「事・こと」「ところ・所」などの適切な用法や使い分けができていなかったりするのは、むしろ高度なギャグなので、物書きなら気をつけましょう。

叩かれやすい文章4:想像力の無さと対応の悪さ
これは二次的な問題も含まれますが、叩かれる文章を書く人ほど、重ねるように主張・持論を正当化する目的で情報収集して雄弁に語る分、論理に穴や矛盾(ダブルスタンダード)を抱える場合も多いので、正当な批判がくると、自己弁護の屁理屈や相手を荒らし扱いし、無視や削除、逃亡して無かったことにしようとします。

ごめんなさい。好きな人もいるでしょうが自分は好きになれません」「人それぞれで嫌いな人はいるのは分かるけど、それでも自分は応援します」って言えば済むレベルの話に、なぜ自分から墓穴を掘るややこしいことをするのか……って感じですね。

「人に厳しく自分に甘い」「批判するなら批判される覚悟も必要」とはよく言ったもの。著名人なら名前に傷を付ける結果にもなりかねません。

また、投稿した後から追記や別途取材で釈明する形で書く場合や、記事の内容はいいのに執筆者の反感を買う態度によって、叩かれる結果になる場合があります。これは著名人や顔出し活動する人がやっている印象ですね。

執筆・制作者の真意や意図は、初回のうち(投稿時)にかつ、早い段階から文中で説明して完結させるものです。後述のように文章は意外と読んでもらえないし読解力の低い人が一定数いるからこそ、対策しなければなりませんし、正当な意見であれば真摯(し)に聞き入れて素直に謝って反省し、次回に活かすべきでしょう。

真意はこうだ。なんか勘違いしているようだけど?」みたいな様を見せられても、スラングでいう『後釣り宣言(反感を買いかねない文章を書き、後から「何だまされてんの?」と見苦しい弁解をする行為)』とほぼ同じ状態ですからね。

それを表す記事(次世代電池の話題で検索上位)がありますので、反面教師としてあえてリンクを掲載します。


見れば分かるとおり、記事構成が否定的に傾き、それに関するプラスのフォローがほとんどないため、上記の叩かれやすい条件に含まれているのが分かります。「あくまで技術者の一意見である」という断り書きがしっかりしていれば、ここまで反感は買われなかったでしょう。

しかしそれだけではなく、記事の広報担当者にも問題があり、技術的内容でなければ、正当な意見でも門前払いや突っぱねる返信をしたり、「ちゃんとお金払ってインタビューを受けたらどうでしょうか(要約)」など、鼻につくような上から目線の対応を繰り返した結果、大いに荒れてしまった形です。

せっかく内容に益があり、裏も取れている良い記事なのに、記事構成とコメント対応の悪さで台無しになってしまう悪例です。「記事の内容は問題提起だった」みたいな弁解も見られて、担当者は「読み手を考えた文章の書き方」をしっかり学んでほしいもの。

技術者としての知見や造詣(ぞうけい)の深さは一流ですが、物書きとして三流だと言われても仕方がありません。

以上、叩かれやすい文章の代表的パターンを挙げましたが、(安直な理論ではあるものの)逆のことをすれば叩かれにくい文章を書けるという理屈になり、上記の叩かれる傾向の共通点が書き手の『メタ認知』の低さです。

叩かれる文章を書く人はメタ認知が低い

『メタ認知』とは、「自分の行動や発言を客観的に見る能力。もう一人の自分が後ろにいて、チェックしてもらうイメージ」を指し、この能力が低いと上記の行動や、文章力や言葉選びが下手であったり、主観的・一方的で説得力が乏しい内容になってしまいます。

記事が炎上すると「隅々まで読んでもらえば真意が分かる」などと、「読みにくい文章で語弊を招いたかもしれません」ではなく、「ちゃんと読まないお前らが悪い」と他責思考が出てしまう人はまさにそれでしょう。

そもそもメタ認知能力が高ければ、そこから反省にも繋がって「次からはもっと内容の発信には気を付けよう」「読みやすい文章をもっと検討して直そう」という改善意識に持っていくことができるだけではなく、感情の冷静なコントロールも行えますからね。

それをしないのは、重ねるようにメタ認知の能力が低いからと言えるかもしれません。そう考えれば、炎上商法でわざと叩かれる文章を書いている人は、ある意味メタ認知能力が高いのかもしれない。

アスペルガー症候群の人は叩かれる文章を書きやすい
発達障害のひとつである『アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)』の人は(個人差はあれど)脳の構造上、メタ認知能力が低く、働かせるのは困難だとされ、知識量はあっても一方的な視点かつ思いやりに欠けた自己主張になりがちだそうです。

一部では皮肉のように、「自分が正しい病」「嫌われ病」と揶揄(やゆ)される一因ですね(なおアスペルガーと一口に言っても様々なタイプがあり、この場合は「積極奇異型」「尊大型」と言われるようです)。

故に当人に悪意はなくても、結果的に叩かれる文章を記載してしまう場合があります。個人名を晒すのが目的ではないので「誰か」は伏せるも、寄稿記事やネット上で、アスペルガー症候群だとカミングアウトしている著名人たちによる実際の事例を述べると、

  • フェミニストを自称し、自分は常に正しいと言わんばかりに男性の女性差別を問題提起する記事をよく寄稿しているが、実は本人も無自覚な女性軽視をする発言が少なくなく、名指しされた女性たちから反論や苦言されている、某社会起業家のコラムニスト。
  • 「大企業が自社の商品をパクるな! 起源は俺たちなんだから連絡しろ!」と、ツイッター上で苦言したが、それより先に作ったことを公表した個人ユーザーが当人に意見すると無視を決め込んで炎上騒ぎになり、ほとぼりが冷めてからツイートを削除した、某元ゲームクリエイターのIT会社社長。
  • 演説で「環境問題を考えて!」と涙ながらに語ったのが日本でも有名になったが、「私は正しい、あなたは間違っている」と、たとえ正当な批判でも意見の異なる相手には耳を貸さないので、ツイッターではそういった相手に煽り返しや挑発もするなど、一部では反感も買った某環境活動家。

このように、主張と行動が矛盾していたり、実際は一方的な理想や自己主張を押し通そうとするケースが見られます。

もちろん、アスペルガー症候群でも健常者に近い思考形態ができるよう、認知矯正の努力をしている人はいますし、「こんな文章を書くんだから、こいつはアスペ(アスペルガー)に決まってる」と勝手に決めつけるのは論外。

ただ、上記行動をした著名人たちは診断を受け、「アスペルガーを受け入れる」よりも「アスペルガーを開き直っている」ので、メタ認知の低い行動を改善・矯正しようとしません。

もし、アスペルガー症候群である人が叩かれる文章を書きたくないのであれば、カミングアウトして免罪符(めんざいふ)や開き直るのではなく、メタ認知能力を向上させる自助努力や、通院などによる認知矯正も必要になります。

これらを踏まえて叩かれにくい文章を書く

叩かれにくい内容の書き方を言うなれば、「メタ認知能力を高めて自己研鑽(けんさん)を怠らない」かつ、「執筆はタクティクス(戦略)である」と考えています。


少し具体的に見ていきましょう。

ネット文章に論文や紙媒体形式は持ち込まない(読みやすい配慮)
ネットの文章は意外にも読んでもらえないもので、論文や紙媒体(ばいたい)と同じ感覚で書かれた詰め詰め文章は、まず読まれません。

見出しの項目分けするだけではなく、思わせぶりな見出し名(項目で説明すると「見出しで十分」と言われかねない)、文章の読み終わりには空白を開け、ほどよい句読点の利用、色付き文章などで可読性を上げ、結論を冒頭や文末に書くなどを意識しましょう。

今はモバイル端末でサイトを見る時代。書いた文章がどのように見えるかを、実際にスマホなどで確認しておきたいですね。

「自分が正しい」と思わないこと
自分が正義であり正解と思うのは、信念があると言えるかもしれませんが、文章として反感を買うだけではなく見識・視野も狭めます。たとえ統計データや深堀りした考察など、一見正当な批判を書いているかのような文面であっても、このような考え方だと台無しになりかねません。

  • 「自分の意見は100%正しいとは言い切れない」
  • 「正しいの押し付けは傲慢で偏(かたよ)った思考形態ではないか?」

この姿勢を常に心がけることで、異なる正当な意見への思いやりや、謙虚な姿勢は生まれるものです。

というより、絶対に正しい考え方は存在しない産物。自分が正しいと思うことを強要し、異を唱える意見を間違いだと決めつける行為自体が、果たして正しいと言えるのでしょうか?

だから議論や討論といった概念があるワケですからね。

執筆の勉強
下手な人ほど頭がいいと思われたいのか、難しい漢字や横文字をとにかく多用しがち。「お前らにこの文章が読めるのか(笑)」という印象を抱かせかねないので、(絶対に使うなとは言いませんが)使うなら注釈を入れる配慮を行いましょう。

カッコのそれぞれにも用途があるので、使い分けを学んでおきたいところです。

一方的主張やネットスラング・レッテル貼りは極力避ける
「自分が正しいと思わない」とかぶる部分がありますが、記事前半を見れば分かるとおり、一方的な主張や「これだから〇〇は……」といったネットスラング・レッテル貼りの多用は反感を買う元です。

  • 「もし自分が相手の立場だったらどう思う?」
  • 「こういう意図もあるのでは?」
  • 「自分の嫌いは相手の好きかもしれない」
  • 「こういった理由があった可能性がある」
  • 「一部の少数派が問題なのかもしれない」
  • 「該当しない人間もいることを伝えた上で」

参考として、自分の基本スタンスは「(過激な主張やモラルに反しなければ)どちらの味方でもない」です。どちらかに肩入れするワケでもないから、褒めるところは褒めるし、問題があるなら問題を言うスタイルを成立させています。

しかし誤解すべきではないのは、決していいところもあるんだから擁護しろとか、寛容になれという意味ではありません。

客観的な視点も必要だということです。甘えさせる口実や免罪符にしてはいけません。

真意の繰り返し記載やクッション言葉の多用
使いすぎは良くないものの、真意は多少クドいぐらい繰り返し書いておけば、誤った解釈をされることを少しは防げます。

また、以下のようなクッション言葉(前置き)で挟み、反応を予測して先回りしてあらかじめ記載しておけば、解釈の語弊、文体の印象が和らぐ効果もあります。

  • 「あくまで主観的意見」
  • 「もちろん全員ではない」
  • 「こういう意見もあるでしょうが〜」
  • 「中には『〇〇じゃないのか?』と思われる方が〜」

文章が上手い人ほど、これらの使い方も上手いです。

批判と批難は分ける
正しい批判には褒めることや評価も必要で、内容を感情的ではなく建設的に述べるよう心がけましょう。批判するのであれば、批判される覚悟も忘れてはいけません。

悪いところ(改善点・マイナス点)を書いたら、次はいいところ(評価点・プラス点)を書く。その逆もしかりです。 

ちゃんと調べる(リテラシーを身に付ける)
まとめサイトや偏向(へんこう)メディアの引用、自分の都合のいい情報しか収集しないのはご法度(はっと)。「オリジナルの情報元(ソース)はどこか、冷静な分析意見なら相反した内容でも排除せず素直に耳を傾ける」のを忘れずに。やむをえず信憑性が低い情報を引用する場合は、その旨を明記しておきましょう。


読み返す(校正チェック)
誤字脱字だけではなく、

  • 「この表現は使ってもいいのだろうか?」
  • 「感情的になりすぎていないだろうか?」
  • 「主張が偏っていないだろうか?」

と、問題ある記載ならマイルドな言葉に変え、類語で異なる表現を用いましょう。無論、見出しやタイトルに不安や危険性を煽るような単語を強調するのは論外です。

ネットの文章は一発勝負で書くのではなく、プロット(構成)作りと下書きといった下地作りが重要。個人ブログであれば、投稿した後も直していく姿勢は必要になります。


これらを意識すれば、叩かれにくい文章を書くことが可能です。

最後に:それでも叩く人はいる

叩かれにくい内容を書くレクチャーをここまで述べましたけれど、仮に全てを網羅しても叩かれる時は叩かれますし、あくまで叩かれるリスクを減らす努力に過ぎません。

その理由が単に文章力や配慮が未熟による勉強・経験不足だった、詰めが甘いケースも少なくないですが、

  • 重箱の隅(すみ)をつつき、とにかく意見に難癖つけて揚げ足を取り、否定して叩きたいだけの人。
  • 物事の捉え方や論点がずれて話が噛み合っておらず、トンチンカンな主張で永遠に平行線な人。

ちゃんと適切な努力を続けているのであれば、この「読み手に問題があるケース」が出てきます。記事内で「正当な批判」よりも「叩かれる」という表現を強調して使っているのは、こういった想定も含まれているからです。

残念ながら、世の中にはこのような論理が通じない残念が人たちが一定数存在し、文章を公開する以上絡まれる可能性があるのは覚えておきましょう(自分はこういった合理性に欠ける、生産性の無い人を「おバカな人」だと形容しています。無論人格否定やレッテル貼り行為なので、よほどのことがない限り使いません)。

もうこればっかりは「住む世界が違う人」と無視するしかありませんし、関わったら精神病みます(経験談)

中には「個人なんだから自分の好きに書かせろよ」と思われる方もいるでしょう。ですが、情報発信している以上は下手でも勉強と自己研鑽はしないよりしたほうがいいですし、叩かれたくないのであればなおさらです。ただ、これらのレクチャーは任意です。

実行するかはしないかは個人で決めるべきですからね。結局責任を取るのは自分自身ですので。


最後に余談になりますが、恥ずかしながら自分も学生時代は叩かれやすい文章をブログに書いていました。今と比べて当時は相当なひねくれ者で、文章構成の勉強が未熟だったこと、言葉遣いが悪いのもさることながら、若さ故にメタ認知も低く、自分の行動を客観的に見れなかったのでしょう。

だからある意味では、この記事は過去の自分自身への反省と反面教師という側面もあり、今でも知り合いから「この表現は分かりにくいから変えたほうがいいよ」とアドバイスを貰っては、随時記事を修正して勉強しています。

とてもありがたいことですね。以上、お役立てしていただければ幸いです。



DCアメコミドラマ『フラッシュ』のシーズン4でシスコが「(フシギダネは)めちゃくちゃかわいいんだ!」と言っているの最高に好き。

シーズン2まで「幸せの肉」Tシャツとか、よく分からない日本語Tシャツを着ていて癒やし要素だったのに、物語の展開上仕方がなかったとはいえ、シーズン3前半までのバリー(フラッシュ)との険悪ムードや話が暗すぎたから、その反動もあるかもね。

確かにフシギダネは可愛い。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。