R-15
雑記他

雑記

ネット・SNSや一部の当事者・団体・自治体で、「自殺」を「自死」と呼び、「障害者」を「障碍者・障がい者」と表記するのを、見たことや疑問に思った人も多いと思います。

この問題は非常にデリケートで、様々な意見がありますから、「これは正しい・それは間違っている」と一概に言えない部分はあるものの、こちらの見解と一意見として参考にしていただければ幸いです。また、当事者などを全否定する意図はなく、純粋な疑問であることをあらかじめお断りしておきます。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


表記・呼称問題の個人的見解

結論としては、「『自殺』を『自死』にしようが、『障害者』を『障碍者・障がい者』にしようが、問題意識や実態の解決になっておらず、むしろ遠のいているし、過度な配慮だ」というのが個人的見解です。当ブログの記事では類語の使用はあれど、一貫して「自殺」「障害者」の言葉を用いています。

ゲーム『メタルギアライジング(MGR)』で、ドクトル(ヴィルヘルム・フォークト)という作中のドイツ人科学者が、この問題を表すかのようなセリフを語っていて、

「言葉を換(か)えることで実態から目をそらす……人間の脳の優れた現実逃避能力だ」

— 『メタルギアライジング リベンジェンス』ドクトル —


自分の見解はドクトルのセリフのとおりなんですね。

言いかたは悪いですが、当事者や配慮を求める人たちが考える、問題の解決手段が「言葉の使いかたを変える」になっている。もしくは、問題に直面した彼らと向き合うことができなかったなどの自己嫌悪感・罪悪感・後ろめたさの感情を、「言葉のせい」にして正当化(自己防衛)しているように見えます。

言葉を変えるそもそもの意味

一般的に、言葉を伏せ字や類語などに変えたり、マイルドな表現に変更するというのは、

  • 現代の価値観】昔はともかく、現代では誰から見ても(公共的にも)差別的で人格否定的、不適切な言葉だから。
  • 公序良俗(りょうぞく)に反するから】過激な単語や下品な表現だったり、セクシャル的で問題になるから。
  • 文法的にも適切な類語が存在する】別の言いかたが元々定義されている(ただし伏せ字としての意味合いはない)。

という「客観的」な理由があるからであって、「自死」や「障碍者・障がい者」はむしろ「主観的」であり、上記の該当するニュアンスは(言いかたの問題や文脈を除けば)含まれていません。だから、言葉狩りや自己満足、現実逃避と言われがちなのかもしれませんね。

強いて言えば、「障碍」は「障害」になる前に使われてきた古来の言葉だそうですけれど、文部科学省では「議論の余地はある」としつつも「障害」という表記を採用し、政府の公文書では「障害」を使っているとされます。 


ゆえに「障碍」の表記は場合によって、不適切とされる場面もあるでしょう。障害者手帳だって、「障碍者手帳」でもなければ「障がい者手帳」でもありませんからね。

「当事者の配慮」か「自己満足で現実逃避」か

以下の記事を見てもわかるように、当事者の中にも表記を変えることに疑問を抱く人は少なくないようです。


4番目のサイト様が掲載されている統計によれば、「(障害者表記に関して)議論の根底には偏見(へんけん)・差別意識などがあったのを忘れてはならないが、言葉を変えたところで当事者への態度はほとんど変わらなかった」とのことですから、断定は早計としても、本当に意味のあることなのかと思ってしまいますね。

双方の主張を大まかに分けるならば、

  • 賛成派】字面による先入観・悪印象から遠ざけて当事者を守ってあげたい
  • 否定派】言葉を変えるだけでは根本的な解決にならないし結果は変わらない

目指す意識は同じでも、その場の「感情」で考えるのか、解決への「論理」で考えるかの違いとも言えるでしょう。

ただ賛成派の意見にも、場や状況によって使い分ける人、漢字の定義を根拠に語る人、『ポリコレ(ポリティカル・コレクトネス:政治的にも中立的で正しい言葉遣い)』の立場からの意見もあり、前者を感情的だとは言い切れない部分はあります。

ここまで否定的に書いてはいますが、賛成派の言いたいことも理解はできますし、「人として」考えるならば、当事者感情の配慮は決して間違った行動ではありません。しかし、その言葉尻を捉える行為は果たして本当に問題解決や救済になるのかを、しっかり考えるのが当事者のためになるのではと考えています。

最後に:ボキャブラリーに富む言語だからこその問題

一応重ねるように弁解しておきますが、この記事はこれらの言葉を使う当事者などを全否定する意図はありません。

あくまで個人的な見解にすぎず、賛成派の行為を「言葉狩り」と安易に称するのも好ましく思っていません。「言葉を変えるだけでは問題は解決しないし、むしろ問題の実態から目をそらして向き合ってないように思えたり、過度な配慮でむしろ違和感を感じる」という純粋な疑問から生まれたものであり、それが真意です。

これらの表記問題は、ボキャブラリー(言葉の多様性)に富む日本語という言葉だからこそでしょうね。

TINAMIのポイント購入しても1週間反映されず、お問い合わせ欄で苦情(もちろん大人の礼節をわきまえて)を入れたら反映してくれたけど、事後報告の返信が一切ないのはどうなんだろう?

要望の話やサービス改善、応えられない質問なら、返信を差し控えるのは分かる。でも今回は「入金トラブルで、その原因は会社側の確認ミスだった」という話。

メールアドレスも間違えてないし、そのためにもう一回お問い合わせするのも印象悪いし、ちょっとモヤモヤするなぁ。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。