R-15
雑記他

雑記

最近知った話ですが、どうも「オタクとヤンキーは似ている」はよくある話なんだそうです。正直「オタクとヤンキーなんて正反対の存在じゃないの?」と思っていましたが、記事を読んだり以下にまとめてみると、以外に共通点が多いんですよね。


もちろんオタクだから、ヤンキーだからと、すべてひっくるめて極端に決めつけるのは良くないですから、あくまでも「イメージ・傾向」として具体的にどこが似通っているのかを、個人経験や他サイト様の意見を参考に、以下から知見を述べていきます。

題材の性質上、共通点の比較はネガティブ寄りになっています。ご了承ください。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


オタクとヤンキーのネガティブな共通点

繰り返すように、一概に「オタクはこうだ」「ヤンキーはこうと決まっている」とは決めつけられませんから、あくまでも「典型例・一般論」です。

専門家レベルで詳しいが、社交的でコミュニケーション能力に問題のない『ギーク』や『隠れオタク』、見た目はヤンキーだけど、親切に道を教えたり探してくれたり、実は成績上位で頭がいい『マイルドヤンキー』や『インテリヤンキー』というイレギュラー(例外)的な存在や、両方の性質を持つタイプもいますからね。

話を戻し、このふたつの共通点を述べていくと……

典型的なオタクのネガティブ特徴
  • こだわりが強くマネをしたがる】専門的とも言えるものの、ジャンルの執着や評論家気取りをして通ぶるが、それ以外には一切興味を示さない(例:作品・キャラクター・声優・アイドル・芸能人の話ばかりなど)
  • 自分が正しいと思っている】異なる意見を受け入れない我(が)の強さ。非があっても責任転嫁(か)や開き直る(例:「『〇〇』はクソなのに擁護〈ようご〉してる奴はアホ」「俺間違ったこと言ってないけど?」など)
  • 視野が狭い】自分のことしか考えない自己中心さ。周りがどう思うかやリスクの想像力・思考力がない(例:誹謗〈ひぼう〉中傷・オタクファッション・SNSのアニメアイコン・撮り鉄マナーなど)
  • 喧嘩腰・攻撃的】意見が異なる、賛同してくれない相手だと喧嘩腰・攻撃的な反応や言葉を使う(例:手のひら返しや、「てめえみたいな〇〇は黙ってろ!」「お前こそ何様だよ」など)
  • 国語力・読解力がない】専門的でも脈略がなく文章のまとめ方が下手だったり、文章(行間・文脈)もちゃんと読めない(例:ネットスラング・定型文・コラ画像の多用など)
  • 対人関係の乏しさ】人間関係を作るのが下手(例:ネットに居場所を求める)
  • 自己嫌悪】オタクを卒業すると過去の愚行が恥ずかしくなる(例:中二病など)

典型的なヤンキーのネガティブ特徴
  • こだわりが強くマネをしたがる】身なりや所持しているモノに強いこだわりを見せたり、悪い友人や先輩などに影響されて、自分もマネして同じ行為をする(例:車やバイクの趣味・染毛やピアス・ファッションなど)
  • 自分が正しいと思っている】問題行動を起こしても、全く反省せず開き直るごう慢さ(例:「俺は風潮やルールに流される連中とは違う」と思ったり、警察に捕まっても「新鮮な経験」「ポリ〈警察〉に拉致られる」と称するなど)
  • 視野が狭い】自分のことしか考えない自己中心さ。周りがどう思うかやリスクの想像力・思考力がない(例:暴走族・迷惑行為・プリクラのSNSアイコン・バカッター〈ツイッターに非常識写真を自慢気に掲載する行為〉など)
  • 喧嘩腰・攻撃的】意見が異なる、賛同してくれない相手だと喧嘩腰・攻撃的な反応や言葉を使う(例:「俺にケンカ売ってんの?」と啖呵〈たんか〉を切る行為など)
  • 国語力・読解力がない】「ちゃんと学校で座学を勉強してこなかったんだろうなぁ」と思える文章力の低さ(例:ギャル文字などの表現・語弊力の乏しさなど)
  • 対人関係の乏しさ】人間関係を作るのが下手(例:たまり場で限られた仲間内とつるむ)
  • 自己嫌悪】ヤンキーを卒業すると過去の愚行が恥ずかしくなる(例:若気の至りなど)

本当にマイナス面寄りの羅(ら)列になりますけど、方向性が違うだけで本当に似通っているんですよね。

双方に共通する欠けているもの

彼らがここまで共通するのには、問題点も共通する部分が多いからなのかもしれません。先ほども箇条書きにしてまとめていましたが、

  • コミュニケーション力(コミュ力)】多様な人間関係の構築や思いやる心、相手の意図・行間を考え、自分の考えを正確に伝える国語力・読解力などのリテラシー力。
  • アンガーマネジメント力】衝動的な怒りや攻撃的な感情を抑え、広い視野で冷静に物事を考える能力。
  • メタ認知力】世間の一般常識や社会通念上のモラルと照らし合わせ、自分という存在を客観的に見て評価し、考える自己分析力。

これらの能力が欠けている傾向があるから、感情的かつ自己中心的な行動で因縁つけて噛みついたり、場の状況や空気が読めない的はずれな言動・行動をするし、その結果、世間や社会から疎(うと)まれて邪険(じゃけん)にされ、嫌われるか距離を置かれるかで、つまはじきにされがちなのでしょう。

まあヤンキーに関しては上下関係に厳しいといった、自由奔放(ほんぽう)の割にそこがしっかりしていますけど、それが社交的かと言われれば、そうでもありませんからね。そこはオタクと共通する部分です。

だからこそ、オタクとヤンキーは水と油のように見えても、実は似た者同士だといえるのかもしれません。

最後に:ある意味では同族嫌悪

よくツイッターでアニメアイコンの人(もしくは返信にアニメ・マンガのコラ画像、スクリーンショットで煽〈あお〉る人)が、ヤンキーや半グレ(DQN・オラオラ)系に反応して攻撃ツイートや誹謗中傷をするのを、見たことがある人は少なくないと思います。

でもあれってある意味、見方を変えると同族嫌悪をしていただけの可能性も出てきますね。

何度も言うように、オタクだから喧嘩腰で粘着質な犯罪者予備軍だとか、ヤンキーだから反社会的で高圧的な落ちこぼれと極端に決めつけることはしません。しかし「オタクの執着性と攻撃性などは、ヤンキーのこだわりや高圧的な部分と似ている」と考えるのは、的を射(い)ているというか、スッキリ腑(ふ)に落ちるんですよね。

オタクにしろヤンキーにしろ、ちゃんと節度とモラルを持ち合わせていないと、周りから嫌われて孤立するのみならず、思わぬところで警察のお世話になってしまいかねません(実際ニュースでも、いかにもな人が迷惑行為やネットの脅迫とかでよく連行されているし……)。

自分もオタク気質なので、しっかりとリテラシー研鑽(けんさん)や自制心、メタ認知を巡らせる努力は怠らないようにしたいものです。とはいえ、昔ほどアニメやゲームには熱中しなくなった「半脱オタク」状態ですけどね。多分リアル友人たちの中では一番ゲームが下手になったと思う。

TINAMIのポイント購入しても1週間反映されず、お問い合わせ欄で苦情(もちろん大人の礼節をわきまえて)を入れたら反映してくれたけど、事後報告の返信が一切ないのはどうなんだろう?

要望の話やサービス改善、応えられない質問なら、返信を差し控えるのは分かる。でも今回は「入金トラブルで、その原因は会社側の確認ミスだった」という話。

メールアドレスも間違えてないし、そのためにもう一回お問い合わせするのも印象悪いし、ちょっとモヤモヤするなぁ。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。