ENTRY
スターウォーズ,スターウォーズ ビジョンズ,アニメ,ディズニープラス,STAR WARS
ご依頼・お問い合わせ
スターウォーズ,スターウォーズ ビジョンズ,アニメ,ディズニープラス,STAR WARS

9月22日から『ディズニープラス』で配信されている『スターウォーズ:ビジョンズ(以下、ビジョンズ)』を観た簡単なレビューです。

スターウォーズ:ビジョンズ|ディズニープラス

ネタバレ注意 この記事にはネタバレが含まれています

日本アニメ会社が作った『スターウォーズ』

『ビジョンズ』は日本のアニメ会社が集ってつくりあげた短編映画集で、日本アニメだというのを海外の人たちにもアピールするためか、全編をとおして和風テイストが強調されています。

日本版の声優陣も、アニメをよく観ている人からすればみんな知っているような有名・大物な方々が多く、海外のアニメファンなら、日本語音声の英語字幕で楽しみそうですね。

1話完結で各話の制作会社も違う

それぞれの話は独立していて、世界観も制作会社(一部は2話担当している場合もあり)も異なります。時系列もジャバ・ザ・ハットが存命中の時代、銀河帝国があった頃、銀河帝国が滅びた後など、バラバラです。

  • 1話『The Duel』
    神風動画
  • 2話『タトゥイーン・ラプソディ』
    スタジオコロリド
  • 3話『THE TWINS』
    トリガー
  • 4話『村の花嫁』
    キネマシトラス
  • 5話『九人目のジェダイ』
    プロダクションI.G.
  • 6話『T0-B1』
    サイエンスSARU
  • 7話『The Elder』
    トリガー
  • 8話『のらうさロップと緋桜お蝶』
    ジェノスタジオ
  • 9話『赤霧』
    サイエンスSARU

全体的に共通しているのが、作風が映画本編のスターウォーズとは割と離れている内容が多かったということ。

作風の例で一部を挙げると、トリガーが担当した『THE TWINS』は生身で宇宙空間バトルを繰り広げるという、スターウォーズというより同社が制作した『グレンラガン』や『キルラキル』感がかなり強く、『サイエンスSARU』による『T0-B1』はスターウォーズという名の『鉄腕アトム』で、かなり異彩を放つ内容でした。T0-B1ってとどのつまり、「T0-B1=トビオ=アトム」ですし。

そのため、スターウォーズとして観るというより、「スターウォーズの名前と設定を借りた、SFオリエンタルな日本アニメ作品」を観ている感じですね。『のらうさロップと緋桜お蝶』や『赤霧』は特にそんな感じで、ライトセーバーも日本刀のような刀身になっています。ダークセーバーの親戚?

ゆえにスターウォーズを「神話」として大切に考えている人からすれば、受け入れにくい内容かもしれません。

どちらかといえば、『ビジョンズ』は最近になってスターウォーズを観た、DVDや地上波放映で視聴したような、若い世代やファミリー層に向けた感じでしょうか?

個人的に好きだった作品

個人的に好きだったのは、『The Duel』と『九人目のジェダイ』 の2作品ですね。

『The Duel』は黒澤映画を意識したモノクロ映画作品で、水墨画が動いているようなアニメーションと、ライトセーバーや光源のみが色づいている世界観はすごく印象的。黒澤映画はスターウォーズの原点のひとつでもあり、原作者のジョージ・ルーカス氏のリスペクトとも言えます。番傘ライトセーバーが凶悪すぎる……

『九人目のジェダイ』はフォースがテーマになっていて、「ライトセーバーはフォースの使い手によって、刀身の色が変化する」という設定を最大限に活かした内容で、短いながらも、成長物語として上手くまとまっています。ただ、このライトセーバー(カイバークリスタル)の設定変更はファンたちの間でかなり賛否を呼ぶ内容であったらしく、人によっては受け入れがたいストーリーかもしれません。

スターウォーズ、『ライトセーバーの色』設定改変で賛否両論!シスの赤は『血の色』だった?|THE RIVER

総評:観る人を選ぶ短編アニメ映画集

『ビジョンズ』は日本アニメ制作会社がつくりあげた、若い世代やファミリー層向けといえる内容で、リアルタイムでスターウォーズを追ってきた長年のファンや、スターウォーズを「神話」だと考える人からすると、受け入れるのが難しい印象です。

続三部作(フォースの覚醒・最後のジェダイ・スカイウォーカーの夜明け)の内容に懐疑(かいぎ)的・拒否反応を見せた人なら、『ビジョンズ』はずっとそれ以上なのでオススメはできないかなぁと。

自分はリアルタイムに追っていたのではなく、高校生ぐらいにDVDで全作品を観て知ったレベルの人間ですから、割り切った気持ちで楽しむことができました。

作画はどの短編も迫力があるし、翻訳特有のおかしな日本語も特にないですから(日本産アニメだから当然といえば当然ですが)、『ビジョンズ』はそういった人たちや、スターウォーズをそこまで詳しくない人たちが観やすく、純粋に楽しめるんだろうと思います。

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にはご注意ください。また、期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら