雑記
雑記,版権,二次創作,ミーハー,ファンティア,ファンボックス,スケブ,パトロンサイト

pixivやツイッターなどの投稿サイトなどでは、

  • 「続きはFANBOXで」
  • 「Fantiaで公開中」
  • 「好きなキャラを描く」
  • 「Skeb納品しました」

このように、支援サイトへ誘導したり、有料リクエストを受けて納品などといった絵描きは、ネット・SNSだとよく見かけるものです。

これがオリジナルだとほぼ問題ありませんが、二次創作だと話が変わってきます。

二次創作の場合、著作権問題やガイドラインなどをしっかり把握しておかないと、リスクを負ったりトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるんですね。

二次創作で誘導や描く自体は否定しないものの、ちゃんと理解しているかしていないのか、利点とリスクを考えているのと考えていないのとでは大きく違いますので、自戒も込めて記載します。

二次創作に対する詳しい著作権の話は以下の記事にまとめましたので、あわせてご参照ください。

一個人の見解です ほかの人の意見も参照願います

「続きは支援サイトで」はうざい?

嫌われるのには
原因がある

  • 「『続きはFANBOXで』は本当にうざい」
  • 「画像小さいし『Fantiaで公開』はやめてほしい」
  • 「サンプルなのはまぎわらしい」

このように、有料記事前提での投稿公開を不愉快に思う方が少なくないですから、「ちゃんと二次創作のガイドラインを読んで、支援サイトの有料記事にしているのか」の延長として記載します。

こちらの問題は、「権利元のガイドラインと節度を守って利益侵害をせず、支援サイトの規約に従っているのなら、二次創作の『続きは支援サイトで』は決してダメではない」もので、原則問題ありません。

無料が当然の考えかたは誤った日本教育・風潮の刷り込みだと、当該記事に記載したとおりです。

嫌われる要因は絵描きのモラル

しかしながら、

  • 「二次創作は好きなものを描けばいい」
  • 「(二次創作で)無断転載・アップロード禁止です!」

……と、善意や応援で描く気持ちは尊重するにしても、見せかたに対する客観的視点・配慮に欠いて考えも甘く、他者より自己権利を考えがちな思考・言動になっている絵描きは問題です。

二次創作の法的問題を裁定者気取りで騒ぐ人のみならず、リテラシーが低い一部の絵描きも問題で、好きなジャンルを好きに描いて権利主張や益を得る前に、これらの配慮や考えも忘れてはなりません。

要は、「モラルと思いやりに欠いた、不勉強な絵描きが目立つ」ということですし、特に二次創作を中心に活動する絵描きに見られますね。

「ルールを守れば自由」ではない

せめてタイトルには
書いてあげよう

たとえば、支援サイトへ誘導して金銭を得るのは悪いことではありませんが、

  • ただのサンプル紹介】実質的なサンプル紹介で、その旨がタイトルに全く書かれていない。
  • 値段表記が不親切】金額が概要欄に未記載で、初見では非常にわかりにくい。
  • 露骨な誘導】画像サイズが小さく、有料記事を見させる前提の投稿。

このような見せかたは、オリジナルであっても二次創作のルールを守っていても、心証はよろしくないものですし、見る側からすれば不快に感じる可能性があります。

  • サンプルだと書かれていない
    → 「開いたらサンプルとかうざいわ」
  • 値段表記がない
    → 「何円払えば見れるの?」
  • 露骨に誘導される
    → 「気になったのに見て損した」

こういった閲覧者の気持ちを考えられるかということであり、下手すれば自身のイメージダウンや機会損失にもなります。

見る人の気持ちを考えてあげる大切さ

ゆえに自分の場合、特殊差分(裸体表現など)のサンプルを紹介する際は、

  • タイトル表記】「有料記事サンプル」だとタイトルに表記。
  • あくまでもおまけ】有料記事は「任意のおまけ」の立ち位置として扱う。
  • 金額の明記】有料記事を見るのに必要な金額は、しっかり概要欄に明記。
  • 画像のサイズ】無料でも横幅1000pxサイズで公開する。
  • ガイドライン厳守】有料記事絵は、創作ガイドライン厳守が大前提。

このように心がけています。

「自分が見る側だったらどう思うか」という、ユーザー目線の意識と優しさを持つのは本当に大切なことであり、このぐらいの配慮はクリエイターなら、できていないといけません。

「二次創作を好きに描く」の問題

友達の見せ合いっことは
ワケが全然違う

次に「二次創作を好きに描く」の話で、こちらも同じく好きに描く自体は否定しません。

とはいえ、自分は安易に気になる・流行の作品を(全くしないわけではないですが)積極的に描いて掲載する行為は避けています。

これは、「安易な理由で二次創作を描き、それをネット・SNS上に載せる行為には大なり小なりリスクがある」からです。

ネット・SNSに載せる場合、様々なトラブルや問題が発生するリスクが100%ないとは言い切れないことを、知っておかなければならないと考えています。

便乗(ミーハー)行為をよく思わないファンもいる

「話題・ブーム作品の二次創作に便乗する」は、言いかたを変えれば「しょせんはアニメやテレビで知ったような『にわか』だけど、この作品好きなんですよねー」って、自分から言っていることになります。

もちろん「好きなキャラクターを描いてくれて嬉しい」と好意的に考えるファンもいれば、「ブーム去ったら別を描くような尻軽なんだろ?」と、心変わりするさまに嫌悪感を抱くファンも同時にいるものです。

自分はどちらかといえば後者のタイプで、ファンと名乗るなら原作や関連商品を買ったり、定期的に情報チェックしたり考察してみたりと、深く知るところまで知るのが、ファンの皆さんに対する礼儀と考えています。

誤解しないでいただきたいのは、「ファンのことを考えて全く描かない」というわけではありません。あくまでも「無料であれば描くときもたまにあるけれど、積極的には描かない」ということです。

二次創作のネット・SNS掲載を禁止するジャンルもある

(二次創作の大前提ではありますが)作品の中には、二次創作のネット・SNS掲載行為を禁止している権利元があるのを知らなければなりません。

まだゲームやアニメオリジナル、新規アニメ映画であれば、公式サイトで創作ガイドラインを参照できてわかりやすいとはいえ、マンガ・ライトノベル(ラノベ)作品の場合は著作者が発表しない場合がほとんど。

「ファンアートは応援の証」と考えてもらえる権利者が多数ですが、全員が全員そうという保証はありません。

真偽は不明とはいえ、『はてな匿名ダイアリー』で「ある作品の原作者だけど、なんでも二次創作を許容しなければならない風潮はやめてほしい 」という投稿がなされ、ツイッターでもトレンドに上がるほどの物議に発展した事例があったそうです。

その自称原作者さんに指摘するならば、「それは原作者のあなたが、事前にガイドラインなどで意思表明していないのが問題だし、そう思うなら匿名で言うべきじゃない」と苦言しますし、本当に原作者なのかがわかりませんからね。

とはいえ、いたずらに二次創作を描く行為はアウトのケースに当たってしまう可能性を、頭のすみに入れないといけない部分には同意です。

「二次創作が嫌いだ」匿名ブログがきっかけで議論に 有名漫画家や作家も相次いで言及(リンク切れ)|nifty

二次創作の有料リクエスト問題

何も考えないで
やっていない?

「二次創作を好きに描く」の中でも一番問題になりやすいのは、支援サイトの有料記事や、『Skeb』といった有料リクエストで二次創作を描く行為です。

もちろんこちらの場合も、ガイドラインを読んで節度を守ってリクエスト絵を描いているなら問題ありません。実際にSkeb規約では「二次創作リクエストは権利元のガイドラインを守りましょう」と明記されていますからね。

ただ、このSkebの表記はほとんど「建前」で、自己責任状態なのが否めず、実際に「ちゃんと権利元の見解を確認して、二次創作の有料リクエストを納品しているの?」と言いたくなるケース(絵描き)があまりにも多いんですね。

厳格・不明確な権利元の一例

たとえば初音ミクをはじめとする『VOCALOID(ピアプロ)』はガイドラインで、「非営利でも金銭のやりとりが発生した場合は、権利元へ申請および問い合わせをしなければならない 」としています。

初音ミクなどを有料で描いた絵描きや依頼者はちゃんと認知し、権利元へ申請したのだろうか……となってしまいますよね。

また『バンダイナムコゲームス』作品の場合、一部作品を除き二次創作のガイドラインそのものが存在せず 、有名どころの『アイドルマスター』や『デジモン』にもガイドラインは存在しません。

無料なら下げやすいものの、有料の二次創作だと渓谷(けいこく)をロープで綱渡りをしているような状態です。

キャラクター利用のガイドライン|ピアプロ

利用規約|バンダイナムコゲームス

理解してやっている絵描きは少ない

とはいえ、これらの権利元も二次創作の物量が多く黙認の姿勢でしょうし、「君はガイドラインを守っていない!」などと、独善的な正義感や自治気取りで騒ぎ立てるのも褒められた行為ではありません。

何度も言うように、理解しているのとしていないとでは大きく違うという話で、実際にそれを覚悟してやっている絵描きは、正直多くないのが現状です。

仮に問題が発生したら、リクエストを頼んだ人は依頼者ではなく、共犯者になってしまいます。そんな事態になる可能性は低いですが、ゼロではありません。

そうなったら、リクエスト依頼者にも迷惑がかかってしまいますし、責任取れないですよね。

だから、ガイドラインを熟読するなどの権利問題・法的観点の認識を知って、自身や支援者の身を守るのも考えた上で行動しましょうねという話です。

実在人物を描く権利問題・デリケートな部分

肖像権はややこしいよ

少し趣旨は外れ、作品ではなく実在人物(同人作品だといわゆる『ナマモノ』)の話で、センセーショナル(話題)になっている実在人物を描くのは、慎重な判断をしなければなりません。

不祥事・問題を起こしたからと、安易に面白がったり「風刺」と称して実在人物をモチーフに描いてトラブルになったのは、日本のみならず海外でもある事例で、少し検索してもザラに出てきますね。

もちろん、覚悟してやっているのなら別です。しかし、

  • 「面白ければ何してもいい」
  • 「ノリ・風刺だから問題ない」

このように考える人は、非常識に大騒ぎしてメディア報道される若者と同じレベルです。

クリエイターの中には、覚悟もなく「表現の自由」だと拡大解釈して正当化する人もいますし、「クリエイターは『表現の自由』と言えば、何をしても許されると思っている連中」という風評被害にもつながりかねません。

実在人物モチーフで人格否定や名誉を傷つけ、訴えられた場合、しかるべき処罰を受け入れる覚悟をもってほしいもの。それをしっかり認識してやっていただきたいものです。

お悔やみ絵はより慎重になるべき

そして、実在人物モチーフでも特にデリケートなのが、当該人物への訃報(ふほう)やお悔やみとして、その人物の肖像画を描いてネット・SNSに掲載する行為です。

これは法的な問題ではなく心情・情緒・倫理(りんり)観の話になり、こちらも人によって賛否が分かれます。

たとえば芸能人の志村けんさんが亡くなったとき、追悼(ついとう)としてバカ殿や変なおじさんなどを描く人をプロ・趣味問わず見かけ、「心からの追悼か、訃報に便乗したいいね稼ぎか」って、考えてしまいますね。

モラルの問題か、価値観の違いか

当人や支持派の意見を見た限り、

  • 「心の整理が目的」
  • 「潰れそうだから、悲しみの共有」

これらの理由が多く、まあ現代的といえば現代的で、そこに悪意はないのだろうと信じたいところ。

ただ、過去にツイッターで賛否両論となった黙祷(もくとう)ツイートの是非や、ペットの遺体を写真や動画に撮って、それをネット・SNSへ大っぴらに全体公開する行為と似ているんですよね。

リテラシーや想像力の問題なのか、それとも価値観の違いなのか……

仮にこちらが哀悼の意で描くことはしても……ネット・SNSに掲載をしようとは思わないかなぁと。もちろん、対象人物がフィクションなどの架空の人物に対する追悼ならその限りではありません。

最後に:ルールと節度を守ってやるということ

そのために
ガイドラインがある

冒頭で述べたように、「続きは支援サイトで」は100%おかしいわけでも、便乗して二次創作を載せる、金銭を得る行為を全否定しようとは思っていませんし、持論も押しつけるつもりはありません。

記事内容を要約すると、

CHECK!

「自分の場合」、創作・二次創作を考えなしにやると、様々な問題が出るリスクがあるので、むやみに便乗して二次創作絵を描いて掲載したり、ガイドライン不明なジャンルの有料依頼は受けない。

ということになります。

絵は創作絵よりも二次創作を数多く描き、金銭が発生する内容もやるからこそ、同じぐらい二次創作の姿勢を真面目に考えているのが伝わればと。

じゃないと、トラブルが発生したときに適切な対処ができないし、特に有料二次創作の場合だと権利者のみならず、お金を払ってくれた人にも迷惑をかけてしまいますから、よりシビアに考えて活動しています。

大切なのは「理解して動く」こと

この記事の内容も「一意見」であって「すべて」ではありません。とはいえ、やるからには「周りに従っておけばいいや」ではなく、

  • 「ちゃんと権利元を確認したか」
  • 「リスクも知っているのか」
  • 「承知の覚悟で活動しているのか」

大切なことなので何度も書きますが、「理解しているのとしていないのとでは大きく違う」ものです。これは自分や支援者の身を守ることにもつながりますし、自分で考えて行動すれば、ちゃんと意見できるものです。

ネット・SNSを見ると意識が低く、リテラシーが低い絵描きが目立つので、しっかり考えていただきたいと思います。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/notes/201111-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち
  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

勝手ですみませんが、2023年くらいまではプライベートの事情のため、ご依頼・リクエストをお休みします。

プライベートに引きづられてご依頼が遅くなる、期限ギリギリになることが多発しているので、まずは環境を見直してから再開する次第です。

また、最低価格も市場価値を見直し、10,000円〜に引き上げます。これまでのご依頼でも10,000円以上の価格でご提示されていたので不都合はあまりなかったりしますが、ご周知していただけますと幸いです。

イラストレーター・ライター・コーダー&WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ
雑記

内容・ジャンルをタグで探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるくすぐりとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロケモミミゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックオリジンズソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックフロンティアソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メスガキメタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリクエストリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!百合考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS遊戯王ゴーラッシュ!!雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION