R-15
雑記他

雑記,二次創作,ミーハー,ファンティア,ファンボックス,スケブ,パトロンサイト

『pixiv』などの投稿サイトなどで「続きは支援サイトで」と、『Fantia』や『FANBOX』のパトロン(支援)サイトに誘導したり、話題・ブームの作品やジャンルなどに便乗して、「好きな作品を好きなように描く(または有料リクエストを受ける)」絵描きは、ネット・SNSだとよく見かけるものです。

しかしこれらはちゃんと、著作権問題や二次創作ガイドラインなどをしっかり把握しておかないと、リスクを負ったりトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。支援サイトの二次創作に対する著作権の話は以下の記事にまとめていますので、併(あわ)せてご参照ください。



この記事を書いたのは、「よく分からないけど、慣例っぽいし前例者に従おう。他の人もやってるし」と、深く考えずに自由にやっている絵描きがいるからなんですよね。誘導や描く自体は否定しませんが、ちゃんと理解しているかしていないのか、リスクを考えているのと考えていないのとでは大きく違いますので、自戒も含めて記載します。

ただし、記事の内容は「自分が気をつけていることで、あくまでも一意見でしかない」ことを念頭に置いてください。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


「続きは支援サイトで」はウザい?

「続きは支援サイトで」と、有料記事前提での投稿公開を不愉快に思う方が少なくないですから、「ちゃんと二次創作のガイドラインを読んで、支援サイトの有料記事にしているのか 」の延長として記載します。

こちらの問題は「(特に二次創作の場合)権利元のガイドラインと節度を守って利益侵害をせず、支援サイトの規約に従っているのなら、『続きは支援サイトで』は決してダメではない」もので、原則問題ありません。無料が当然の考えかたは誤った日本教育・風潮の刷り込みだと、当該記事に記載したとおりです。

しかしながら、

  • ただのサンプル紹介】絵の内容を小出しにしすぎていて、もはやサンプル紹介と化している。それなのにも関わらず、その旨がタイトルに全く書かれていない。
  • 値段表記が不親切】有料記事を見るために必要な金額が概要欄に未記載で、いくらかかるのかが非常に分かりにくい。
  • 露骨な誘導】投稿された画像サイズが小さすぎるなど、無料閲覧ではまともに見られない。明らかに有料記事を見させる前提の投稿になっている。

これらの不親切要素は反感を買う元で、不愉快と思われてしまうのは理解できます。これは規律やルールというより「絵描きのモラルの問題」になり、特に二次創作を中心に活動する絵描きに見られます。

こういった絵描きによく見られるのが、

  • 「二次創作は好きなものを描けばいいじゃん」
  • 「(二次創作で)無断転載・アップロード禁止です!」

……と、善意や応援で描く気持ちは尊重するにしても、二次創作に対して考えが甘かったり、他者より自己権利を考えがちな思考と言動です(前者については後述)。

二次創作の法的問題を裁定者気取りで騒ぐ人のみならず、節度やルールを軽く見ている一部の絵描きも問題で、好きなジャンルを好きに描いて権利主張や益を得る前に、これらの配慮や考えも忘れてはなりません。ある意味では大変おこがましく失礼な行為で、同じ絵描きでもあまり好感を抱きませんね。

自作絵は海外サイトによく無断転載されるけど、アクセスアップや宣伝として逆に利用し、海外勢コメントなどでメリットしか感じない。ウソ投稿対策なら絵にサイン入れるし、アイコンや素材利用も「オリジナルや仕事じゃないしね」の認識。「二次創作で権利主張するな」とは言わないけど、二次創作の考えが甘い絵描きはダメ。

仮にルールを守っていても、配慮に欠く姿勢や支援サイトへの不親切な誘導は嫌われるのを、自戒を込めて考えるべきでしょう。「ルールを守れば何をしてもいい」ワケではなく、有料とは「興味を持った方がわざわざお金を払っていただく」もの。

先述の誘導行為は「商売意識」で考えれば、褒められた行為ではありません。自分も投稿の中で、特殊差分(裸体表現など)のサンプルを紹介することはありますが、

  • 有料記事はあくまでも、「任意のおまけ」の立ち位置として扱う。
  • 有料記事を見るのに必要な金額は、しっかり概要欄に明記。
  • 無料でも横幅1000pxサイズで公開する。
  • ブログの投稿では値段のみならず、さらに「有料記事サンプル」だとタイトルに表記。
  • そもそも有料記事に掲載する絵は、創作ガイドラインを厳守しているものだけ【ここ重要】

「無料が当然」というモンスター消費者のような思想も問題ですが、「見たいのか? なら金払え」と露骨に迫るのも考えものです。

誘導して金銭を得る行為が悪いのではなく、「趣味だから好きにやればいい」だとか、「ルールを守れば何やってもいい」といったような、見せかたや姿勢の問題。一部の迷惑な閲覧ユーザーは論外として、これが反感を買われてしまう部分なんですね。

「二次創作を好きに描く」は問題か

次に「二次創作を好きに描く」話で、こちらも同じく好きに描くこと自体は否定しません。当ブログでも閲覧者さんたちが好きな作品・キャラクターを検索していて、こちらの作風に興味を持っていただけたのには大変喜ばしく光栄ですが、自分は安易に気になる・流行っている作品を積極的に描くことは基本的にしません。

これは、「安易な理由で二次創作を描き、それをネット・SNS上に載せる行為には色々リスクがある」からです。ネット・SNSに載せる場合、様々なトラブルや問題が発生するリスクがあることは、知っておかなければならないと考えています。

便乗(ミーハー)行為を快く思わないファンもいる

「話題・ブーム作品の二次創作に便乗する」は、言いかたを変えれば「しょせんはアニメやテレビで知ったような『にわか』だけど、この作品好きなんですよねー」って、自分から言っていることになります(原作ありきではない、新規の単発アニメ映画などに関しては後述)。

悪く言えば「ファンを気取る知ったかぶり」であり、原作を知る本当のファンにとっては快(こころよ)く思わず、不愉快であり失礼に思われる可能性は知っておいたほうがいいでしょう。にわかが嫌われるのは、「大して知りもしないのに、ファンを自称して知ったかぶるから」だと、よく言われますからね。

たとえば、少年ジャンプマンガ作品の『鬼滅の刃』は原作終了後に一大ブームを巻き起こし、そういった二次創作が一気に増えたことも記憶に新しいですよね。

正直、メディア・企業が鬼滅ブームに便乗し、鬼滅コラボ・プッシュの異常なゴリ推(お)しをやるからしつこく感じて食傷気味。だから意図的にテレビを観ないよう避ける行動しているけど、作品自体に罪はないから、従来のファン層や作品が可哀想だし、「鬼滅ウザい」とかの風評被害やアンチ化にならないか心配。

もちろん「ミーハーでも、知名度向上に貢献してくれるなら嬉しい」と好意的に考えるファンもいれば、「ブーム去ったら別の流行ジャンル絵を描くような、自分アピールで尻が軽いんだろ?」と、流行でころころと心変わりする様に嫌悪感を抱くファンも同時にいるものです。

自分はどちらかといえば後者のタイプで、ファンと名乗るなら原作や関連商品を買ったり、定期的に情報チェックしたり考察してみたりと、深く知るところまで知るのが、ファンの皆さんに対する礼儀と考えています。現にブログに載せている絵のほとんどは、それに準じた行為を経ています。

深く知った作品は、その分愛情もあるということ。裏を返せば、「今は描いていなくても、今後ハマってファンになるレベルに達し、特に創作ガイドラインがあるジャンルなら、描く可能性は十分にあるよ」ということでもありますからね。

二次創作のネット・SNS掲載を禁止するジャンルもある

(二次創作の大前提ではありますが)作品の中には、二次創作のネット・SNS掲載行為を禁止している権利元があるのを知らなければなりません。

まだゲームやアニメオリジナル、新規アニメ映画であれば、制作会社や公式サイトで創作ガイドラインを参照できて分かりやすいとはいえ、マンガ・ライトノベル(ラノベ)作品の場合は著作者が発表しない場合がほとんど。「ファンアートは応援の証」と考えてもらえる権利者が多数ですが、全員が全員そうという保証はありません。

真偽は不明ですが、『はてな匿名ダイアリー』で「ある作品の原作者だけど、なんでも二次創作を許容しなければならない風潮はやめてほしい 」という投稿がなされ、ツイッターでもトレンドに上がるほどの物議に発展した事例があったそうです。


その自称原作者さんに指摘するならば、『はてな匿名ダイアリー』に書く時点でどうかと思うのみならず、「しかるべき大人の対応」や「事前のガイドライン策定」ができていません。「それは原作者のあなたが、事前にガイドラインなどで意思表明していないのが問題」と苦言しますし、そもそも本当に原作者なのかが分かりませんからね。

とはいえ、いたずらに二次創作を描く行為はアウトのケースに当たってしまう可能性を、頭のすみに入れないといけない部分には同意です。そこから金銭が発生する事案だと、さらにややこしいトラブルになる可能性があります(後述)。

二次創作の有料リクエスト問題

「二次創作を好きに描く」の中でも一番問題になりやすいと個人的に思うのが、支援サイトの有料記事や、『skeb』といった有料リクエストで二次創作絵を描き、公開することです。

支援サイトでの話は上述や冒頭の別記事で紹介したので 割愛(かつあい)するとして、ここでは「有料の二次創作リクエストの場合」について記載していきます。

ただし、ガイドラインを読んで節度を守ってリクエスト絵を描いているなら問題ありません。実際にskeb規約では「二次創作リクエストは権利元のガイドラインを守りましょう」と明記されていて、それでも「権利元がー」や「著作権がー」と騒ぐなら、ただの迷惑な人ですからね。

ただ、このskebの表記はほとんど「建前」で、自己責任状態なのが正直否めないものです。

たとえば初音ミクをはじめとする『VOCALOID(ピアプロ)』はガイドラインで、「無料なら申請不要、クレジット表記は努力義務(一部例外あり)。しかし非営利でも金銭のやり取りが発生した場合は、権利元へ申請および問い合わせをしなければならない 」としています。

初音ミクなどを有料で描いた絵描きや依頼者はちゃんと認知し、権利元へ申請したのだろうか……となってしまいますよね。

また『バンダイナムコゲームス』作品の場合、一部作品を除き二次創作のガイドラインそのものが存在せず 、有名どころの『アイドルマスター』や『デジモン』にもガイドラインは存在しません。無料なら下げやすいものの、有料の二次創作だと渓谷(けいこく)をロープで綱渡りをしているような状態です。

とはいえ、これらの権利元も二次創作の物量が多すぎるため、細かく詮索(せんさく)せず黙認の姿勢でしょうし、「君はガイドラインを守っていない!」などと、独善的な正義感や自治気取りで騒ぎ立てるのも褒められた行為ではありません。押しつける意図はありませんからね。

キャラクター利用のガイドライン

— ピアプロ —

利用規約

— バンダイナムコゲームス —


何度も言うように、理解しているのとしていないとでは大きく違うよねという話。だからこそ後ろめたさとか背徳感を持たず、「ルールと節度を守って有料創作・二次創作をやっていますよ」としておきたいと自分は思います。今後もそれを崩さないよう肝に銘(めい)じておきたいものです。

実在人物を描く権利問題・デリケートな部分

少し趣旨は外れ、作品ではなく実在人物(同人作品だといわゆる『ナマモノ』)の話になりますが、センセーショナル(話題)になっている実在人物を描くのは、慎重な判断をしなければなりません。

不祥事・問題を起こしたからと、面白がったり「風刺」と称して実在人物をモチーフに描いてトラブルになったのは、日本のみならず海外でもある事例で、少し検索してもザラに出てきますね。

実在人物モチーフで人格を否定したり名誉を毀損(きそん)する事態となった場合、しかるべき処罰を受け入れる覚悟をもってほしいもの。クリエイターの中には「表現の自由」だと拡大解釈して正当化する人もいますが、「クリエイターは『表現の自由』と言っておけば、何をしても許されると思っている連中」という風評被害にも繋がりかねません。

そして実在人物モチーフでも特にデリケートなのが、当該人物への訃報(ふほう)やお悔やみとして、その人物の肖像画を描いてネット・SNSに掲載する行為です。

たとえば芸能人の志村けんさんが亡くなったとき、追悼(ついとう)としてバカ殿や変なおじさんなどを描く人が、プロ・趣味問わず見かけました。しかしながら個人的見解だと、「心からの当人への追悼か、訃報に便乗していいね・リツイートを多く貰いたい自己顕示(けんじ)欲なのか」って、邪推(じゃすい)ながら考えてしまいます。

当人や支持派の意見を見た限り、

  • 「心の整理が目的」
  • 「潰れそうだから、悲しみを共有するため」

これらの理由が多く、まあ現代的といえば現代的で、そこに悪意はないのだろうと信じたいところ。

ただ、自分は「人の死に対する悼(いた)みは、個人の心の中か厳粛な場で謹(つつし)みもって行うもの。安易な共有や自己主張を目的とするものではない」と考えています。

過去にツイッターで賛否両論となった黙祷(もくとう)ツイートの是非や、自身が飼っていたペットの遺体を写真や動画に撮って、それをネット・SNSへ大っぴらに全体公開する行為と似ていますね。リテラシーや想像力の問題なのか、それとも価値観の違いなのか……

仮にこちらが哀悼の意で描くことはしても……ネット・SNSに掲載をしようとは思わないかなぁと。もちろん、対象人物がフィクションなどの架空の人物に対する追悼だった場合はその限りではありません。

最後に:創作・二次創作はルールと節度を守ってやるのが無難

冒頭で述べたように、「続きは支援サイトで」は100%おかしいわけでも、便乗して二次創作を描いて載せる、金銭を得る行為を全否定しようとは思っていませんし、持論も押しつけるつもりはありません。

記事内容を要約すると、

『自分の場合』、創作・二次創作に対して考えずにやると、リスクやデリケートな問題が色々出る恐れがある。だから配慮に欠いた支援サイト誘導や、むやみに便乗して二次創作絵を描いてネット・SNSに掲載したり、ガイドライン不明なジャンルの有料依頼は受けない

ということになります。

絵は創作絵よりも二次創作を数多く描き、金銭が発生する内容もやるタイプだからこそ、同じぐらい二次創作の姿勢を真面目に考えているのが伝わればと。じゃないと、トラブルが発生したときに適切な対処ができないし、権利者のみならず、お金を払ってくれた人にも迷惑をかけてしまいます。

この記事の内容も「一意見」であって「すべて」ではありません。とはいえ、やるからには「周りに従っておけばいいや」ではなく、自分なりに調べて自分で考えて行動したほうが、ちゃんと意見できるし無難でしょうね。

結局、adobeの『XD』を使うためにMojave(10.14)にしました。Illustrator CS6を使えるようにするためにややこしい作業をしたのを除けば、以前と変わらない挙動で一安心。

同じUIデザインができるなら『Sketch』を使うことも考えたんだけど、日本語対応していないし有料だし、XDのほうが職場で慣れているからね。

半年以内に新しいブログデザインへ完全移行ができたらと思う。WordPressのクラシックエディタも今年で使えなくなるし、全記事をグーテンベルク形式に書き直さないと……

絵描き・物書き+WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。