引用元,転載,参考,ソース

ニュース系の感想や考察・解説を述べる記事を書くと必然的になるのが情報の引用(転載)元です。

これがオススメですという内容だと個人の好みや趣向が入ってしまうので、逆に引用は避けたほうがいいメディアを以下に並べてみました。

この記事を書いたのは、

  • 不適切な参考元】記事の情報源を見ると、一次情報としてのエビデンス(論拠)に乏しい。
  • コメントの問題】コメントつき記事は荒れる傾向が強く、閲覧者側の気分を害する。
  • 説得力を下げる】せっかく内容がいいのに、引用元のせいで説得力が下がってしまう。

「引用(転載)にはガイドラインを参考に、情報源を必ず明記する」という基本ルールは守れていても、このような「もったいない」物書きさんたちが少なくないんですよね。

情報のリテラシーを身につけておかないと、記事の信用度が下がってしまいかねませんし、リテラシーの低い人がその記事を読んで、ネット・SNSに掲載・拡散しようとしたり、コメント欄の内容に影響されて過激化したり……

自分の記事のせいで、デマ拡散や風評被害・誹謗(ひぼう)中傷問題に発展・加担した形になり、責任問題へと発展する可能性もありえます。

だからこそ、情報源はしっかり選定したほうがいいでしょう。

なお「絶対に引用してはいけない」というレベルでもない、内容による場合は『グレーゾーン』とします。ただし、該当ネットメディアの問題や意見・反論を書くために引用する場合はこの限りではありません。

一個人の見解です ほかの人の意見も参照願います

リテラ

内容がもうまとめサイト

一言で言えば、リテラは文章の質が低い上に内容が蛇足で長い。

内容も反政権的かつ偏向(へんこう)的で、相反する対象(政権など)には徹底的に異端扱いにします。それだけなら左系メディアで済みますが、

  • 「〇〇がブチギレ!」
  • 「〇〇政権は主犯だ!」

などといった、とても物書きでご飯を食べているとは思えない内容で、煽(あお)るばかりの低品質なアフィリエイトブログかと誤解しそうです。

Googleの検索候補(サジェスト)でも、

  • リテラ 酷い
  • リテラ 偏向
  • リテラ おかしい

といった結果が上位に来るほど、好意的に見られていません。

取材をほとんどしない

独自インタビューや取材コメントを取ることは少なく、会見や番組を観て感情的主張で長々と書く傾向があり、同じ内容でも、リテラだとその2~3倍の長さになる場合もままあります。

いわゆる『こたつライター』と呼ばれる人たちがほとんどで、ライターの質はお世辞にも高いとは言いがたいものです。

ビジネスジャーナル

無添加支持・陰謀論者は
好きかもしれない

リテラと同じく、株式会社サイゾーが配信しているメディア。

特に食品系の記事は一方的に煽るものが多く、添加物は危険、商品を名指しで保存料だらけで発がん性があるみたいな書きかたばかりで、その内容は批判と称した商品・企業バッシングに近いです。

それゆえに、「『食品添加物・保存料は危険』と不安を煽る記事は問題。極端な意見に惑わされず、正しい知識を身につけるべきだ」……という記事を掲載したときは、何かの冗談かと思いましたよ。

本人たちは「批判をしているだけ」と思っているでしょうけれど、本来の『批判』は「言葉を選び、根拠と思いやりも忘れない建設的な批評行為」であるため、できている人はほぼいません。

また配信先だからか、ネットの意見はニコニコニュースのコメントツイートを引用する傾向があるんですよね。あれをネットの意見として扱うのは個人的に理解しがたいものです。

陰謀論・デマが多く、過去には捏造問題

上記のような過激なバッシングのほかにも、疑似科学(現状では証明されていないSTAP細胞など)を熱心に支持する経歴不明の執筆者が、その正当性を主張する記事を堂々と載せるなど、信憑性にも疑問が残ります。

企業バッシングや陰謀論が多いのみならず、過去には、何度もデマ・捏造記事の掲載が明らかにされ、名指しされた企業から「事実無根だ」と、プレスリリースを発表したこともありました。

このあたりは「ビジネスジャーナル 捏造」と検索してみてください。

サイゾー系列は基本的に信用できる情報源ではない

一説ではアクセス稼ぎが目的のため、質より量で真偽のチェック体制が甘く、執筆経験がない初心者の記事でも掲載できるそうですね。あくまでもうわさ話ですが。

基本的に、サイゾー系列(サイゾーウーマン、日刊サイゾー、TOCANAなど)を読みものならまだしも、引用元としてふさわしくないし、参考にもすべきじゃないと断言します。

キャリコネニュース【グレーゾーン】

転職系アフェリエイトで
よく見かける

株式会社グローバルウェイが提供する就職系サイト。

キャリコネそのものは就職紹介サイトで、コンテンツのひとつである『キャリコネニュース』は、特に職場に関するニュースやトラブルの記事を発信しています。

独自取材を元にした記事などもあるとはいえ、「ネットの意見」と称した記事は、情報源がニコニコニュースやガールズちゃんねる、Yahoo!知恵袋、5ch掲示板など、引用元の信用性に疑問が残ります。

元サイトの印象がそもそも悪い

また、転職アフィリエイトブログでキャリコネのサービスが紹介され、キャリコネの企業採点システムが怪しいことでよく言われています。

たとえば、ホワイト度・ストレス度といった個人の主観で変わる内容をパロメーター項目で設定、評価の水増し問題などが指摘されていて、キャリコネ自体の心証が悪い人も少なくありません。

こちらのGoogle検索候補でも、

  • キャリコネ 嘘
  • キャリコネ 怪しい
  • キャリコネ うざい

と、ネガティブなワードが並ぶため、大本の転職サービスはうさんくささなどの賛否が多いだけに、「あんなサイトのニュース記事を引用しているのか」と言われないよう、引用には細心の注意は必要でしょう。

プレジデントオンライン【グレーゾーン】

ライターの質がまばら

プレジデント社が発信している、ビジネスマン向けのメディアサイトです。

個人的な見解では、エビデンスが明確で説得力のある内容が多く、記事の執筆者も実績ある経営者・ライターさんが占めているため、当サイトやツイッターでも情報源・記事の感想として引用する場合があります。

なぜ引用のグレーゾーンにしているかといえば、「記事執筆者の中には、少し問題がある人も混じっている」ことが挙げられるからです。

あえてひとりを名指しするならば、『ウェブとバカは暇人のもの』の著者として知られる中川淳一郎氏ですね。

この方は客観的観点や定義・仮説立てが不得手らしく、たとえば新型コロナウイルスによる飛行機マスク拒否騒動の記事も、客観性・法的観点に欠く内容だったため炎上状態になるものの、当の本人はブログで、

「マスク信仰の法律主義者さんとは話が合わない。屁理屈言ってるけど論理すり替えてるだけだし、あいつらバカだわ(要約)」

本人のブログより

このように、「自分の書いた内容や論点に反省点はあったかもしれないから、次はそこを直してみよう」という発想・視点がなく、他責的で見下すような記事を投稿していましたね。

「自分は正しい」 は思考を退化させる

「自分は100%正しい」という考えかたは、客観的思考を退化させます。同調圧力の問題はわかるにしても、建設的議論で知見を深めようとしていないんですよね。

なぜ建設的な話し合いではなく、否定・悪口の言い合いにしようとしているのかも理解しかねます(中川氏のみならず、攻撃的な応酬をする人も同類です)。

それゆえに「このメディアは引用してはダメ」ではなく、「記事を書いた執筆者は選んだほうがいい」になりますね。まあこれは、どこのメディアサイトでも言えることなんですけどね。

まいじつ

とにかく
悪口記事が多い

株式会社日本ジャーナル出版が運営するメディアサイトで、ここはとにかく悪口やバッシング記事が非常に多いです。

一部の否定派(アンチ)しか書き込んでいない内容を誇張して、あたかも話題になっているかのように「炎上している」「大バッシング」「痛烈批判」という見出しや記事を書くんですね。

内容を見ても正しい批判をしている記事はほとんどありませんし、ニュース検索やアプリで上位に出てくることもあることから、

  • まいじつ うざい
  • まいじつ 最低
  • まいじつ 潰れろ

と、ご多分に漏れず検索候補に出てくる感じで、その内容から「まいじつはフェイクニュースサイトとほとんど同じ」と指摘されることもあるようです。

引用ルールを守っていない

記事としてのルールも守られていないのも問題で、特にツイッターの内容を部分的に抜き出して改ざんしていることが、いくつも明らかになっています。

引用ルールでは原文ママを載せる場合、ツイッターでも何であっても、内容を部分的に抜き取って印象操作をするといった、意図的な改変は禁止されていますし、それは引用ではなく無断転載行為になります。

これを配信元が特にチェックもせず許しているんですから、コンプライアンス(企業モラル)としては目に余りますね。

広告収入のためにわざと過激でネガティブな記事を書く印象が否めず、ネットのゴシップ系サイトは数多いといえど、ここは記事の質・モラルとともに最低ランクだと個人的に思います。

知らない間にやってしまっている!?Twitterの無断転載に要注意!|Insta Lab

ニコニコニュース

独自記事はあるものの…

タイトルがお世辞にも品性がいいとは言いがたい内容が多いニコニコニュースの二次的な問題として、記事につけられたコメントツイートの内容が挙げられます。

あれはYahoo!ニュースのコメント欄といい勝負ですし、ネチケット・リテラシーが微塵(びじん)にも感じられない、現代のネット・SNSの負の部分が集結している感じですね。

リンクを踏んだ人がその記事ツイートに不快感を抱かせることこの上なしです。

Yahoo!ニュース

コメントの質がもっとも悪い

理由はニコニコニュースの項と同上。ずっと昔からコメント欄のネットマナーが悪い(いわゆるヤフコメ)と苦情を出している人が少なからずいるのに、今だに改善しませんからね。

追記

2019年あたりから、AIによるコメント選別や非表示を行っているようです。ただし完全に消したわけではないので、引用は避けたほうがいいという評価に変更はありません。

Yahoo!ニュースのコメント(ヤフコメ)の問題については、別記事でまとめています。

exciteニュース

いつのまにかヤフコメ化

エキサイト株式会社が運営する検索サイト。昔はMacでブラウザ接続すると、デフォルトでこちらの検索サイトが表示されただけに、古株のMacユーザーならなじみのある人も多いと思います。

しかしながら、ここもニュース記事のコメント欄の内容がひどいものばかりで、煽りや誹謗中傷の温床になっています。

もはや第二のヤフコメ

移転前のブログではこのexciteニュースからの引用が多かったのは、「執筆当時、exciteニュースにコメント欄の機能はなかったから」なんですよね。

厳密に言えば、過去にも一度コメント欄を実装したものの、誹謗中傷やユーザー同士の荒らし合戦が多く、一旦閉鎖されました。しかし特に対策もなく再度コメント欄を復活させ、「第二のヤフコメ」とも言える状態です。

exciteニュースのみならず、ニュース記事にコメント欄を設けるニュースサイトや検索サイトも、誹謗中傷の温床になりやすいので、記事の下からすぐコメントの内容がわかるサイトの引用はオススメしません。

追記

ほかにも苦情が寄せられたのか、ボタンを押さないと見られない方式を経て、コメント欄は廃止されたようです。

J-CASTニュース【グレーゾーン】

独自記事が多いため
悩みどころ

株式会社ジェイ・キャストが運用するニュースメディアサイトで、ここのコメント欄も非常に過激化しやすく、荒れやすい場所です。

コメントはリンクを押さないと見られないため、比較的良心的かもしれません。

これはJ-CASTニュースも過激な文言や煽るようなタイトル、報道の感想や炎上騒動をセンセーショナル(話題性)に取り上げる姿勢もおそらくは影響しています。マスコットキャラクターも『カス丸』と自虐的ですし。

見定めが必要

ただ、すべてが煽り記事や質の悪い記事ではなく、エビデンスがあり冷静な視点で書かれたもの、独自アンケート調査、ここでしか扱っていない情報の記事もありますから、悩ましい部分ですね。

当サイトでもJ-CASTニュースの記事を引用することはあり、「探したけど、ちゃんと統計をとったり、大本の情報源がJ-CASTニュースだった」場合がほとんどで、記事の選定には自分なりに気をつけています。

iNSIDE(インサイド)

運営の姿勢が気になる

株式会社イードが運営するゲーム情報サイトです。

10年ほど前までは任天堂のゲーム寄り、今は全ハードを扱うゲーム情報サイトです。掲載した記事が誤報や信憑性が乏しいと、訂正せずに無断削除をする行為を行っています。

掲載記事の削除自体はどのメディアでもあることなんですが、誤報の場合は訂正文をまず掲載するものですし、にも関わらず無断で削除する行為は、個人ブログと同じレベルです。

過去の話で、任天堂の宮本氏がかつて、ニンテンドー3DSのLL版は今後発売しないと表明したという旨の記事を出したことがあり、元記事には書かれておらず、記者の完全な憶測だったケースがありました。

その後無断で削除し、結局再掲載する意地の悪いことをしていたんですよね。これはコンプライアンス的にどうなんだと言われても仕方がないレベルだと思います。

Game*Spark(ゲームスパーク)

コメント欄の質が低い

ここも同じく株式会社イードが運営するゲーム情報サイトで、インサイドとは実質姉妹サイトになります。

海外リーク情報や日本人向けの記事掲載をする内容が多い一方、ここのコメント欄もひどい内容ばかりで、いわゆるゲハブログ(ゲーム系のまとめブログ)のコメント欄そのもの。

煽りやネガティブバッシング(低評価叩き)、口喧嘩、ゲームハードの宗教化行為がまん延しており、純粋にゲームが好きな人からすれば、いい気分はしないでしょう。

コメント非表示にするボタンはあるものの、最初から非表示にすべきですね。

BLOGOS

あくまで寄稿サイト

Googleの検索候補でも、

  • BLOGOS コメント ひどい
  • BLOGOS コメント欄

が出るほど、コメント欄のモラルの低さが指摘されています。

まず筆者の人格否定・誹謗中傷・揚げ足取りばかりで、あまりの内容の不毛さとひどさに、自分自身の記事に対してはコメント欄を閉じたライターさんもいるようです。

追記

2020年前半にコメント欄を廃止したようです。フェイスブック経由コメントは許可している疑問は残るものの、この判断は正しいと思いますね。残念がるライターさんはドMか変人。

ただ、記事の内容自体も偏っていて感情的なものが多いのも事実。個人ブログの引用掲載をする場所でもあるので、致し方ない部分はありますが……

特にイケダハヤト氏の場合は本人も意図して書いている感じなので、コメント欄も相まってただのプロレスと化しています。良識ある精神を持つ人たちには受け入れられることはないでしょう。

マンガ『神のみぞ知るセカイ』で有名なセリフをもじって、

『(低レベルな)争いは、同じ(低)レベルの者同士でしか発生しない!!』

マンガ『神のみぞ知るセカイ』より(一部改変)

これを悪い意味で体現しているサイトです。

はてな匿名ダイアリー

言い逃げできてしまう

「保育園落ちた日本死ね」で話題になった匿名日記サービス。ひとつのブログを匿名の人たちが交換日記をしているような場所ですね。

正直ここは5chやYahoo!知恵袋、発言小町よりも問題が多く、特定の著名人や作品を中心とした誹謗中傷が多発し、意図的に過激に書いて話題性を仕立てる、いわゆる「釣り」の温床です。

基本的に投稿者情報は公開されず、返信自体も同一人物なのかが非常にわかりにくいために、書き逃げも高確率で成立するので、意見として説得力が欠けます。

というか、本気で相手してたらこっちの精神が病みそうな文章ばかりで精神衛生的に不健全ですね。

NAVERまとめ

2020年に閉鎖

理由は(金銭面・コメント欄を除いた)まとめコピペブログ・アフィリエイトブログの項と同上。NAVERまとめは言ってしまえば、「ブログを持っていない人ができるまとめサイト」のようなもの。

かねてより画像や写真の無断転載、悪評高いまとめサイト記事の引用といった、恣意(しい)的なまとめ内容などが問題になっていて、運営側も対応に乗り気でないなど、冷ややかな指摘も多いようです。

実際、自分の描いたイラストも少なからず無断転載されていますからね(まあオリジナルじゃないのでどうこう言いませんけれど)。

追記

上記のようなケースや、検索上位汚染の問題点がありましたが、2020年に閉鎖されました。

週刊誌系メディア【グレーゾーン】

鵜呑みにしない人向け

たとえば『日刊大衆』『週刊アサ芸』のようなメディアを指します。

週刊誌の記者が書いていますから、情報に正確さがなく、あくまでもうわさ話程度と判断したほうがよく、仮名で実名が書かれていない場合、創作話である可能性も考慮しないといけません。

これはどのメディアにも言えることで、「仮名・非公開だからでっちあげだ!」ではなく、「実名よりも情報源として確証が持てない」ということなので、語弊のないよう。

ゆえに話題の根拠(ソース)ではなく、あくまで「こんな話があるらしい」程度なら、引用してもいいとは思います。

その記事を真に受ける読者の質については別問題ですけれど。

フリー百科事典【グレーゾーン】

素人執筆の危うさ

『Wikipedia』『ニコニコ大百科』『ピクシブ百科事典』などの、素人でも執筆できるサイトのことです。

特にニコニコ大百科やピクシブ百科事典は根拠がないのにも関わらず、独善的・主観的印象や感情的主張で記載したり、記事そのものを私物化する内容が非常に多い問題点があります。

ピクシブ百科事典はかなり深刻で、完全に無法地帯になっていますからね。有料制で意見交換も行われているニコニコ大百科のほうがまだ健全と感じるレベルです(※実体験)

裏を返せば、

  • 「信頼できる情報源、書籍の記載」
  • 「内容が客観的で中立・公平性がある」

こういった場合は可になるものの、たとえ信頼できる文章でも匿名利用者によって信頼を失う文章と化すリスクがあります。

頻繁に引用するのは避け、引用するにしても歴史が長く、一定の秩序があるWikipediaに留めるのが無難です。

ツイッターなどのSNS【グレーゾーン】

拡散=確信ある情報
ではない

ツイッターをはじめとしたSNSも真偽不明な情報があふれていますし、

  • 「有名人が発信・拡散しているから」
  • 「いいね・リツイート数が多いから」

このような考えで安易に引用するのはリスクが高い行為です。これらのツイートが正しい情報だったり、事実・真実とは限りません。

都合よく使われる場合も

中には「こういった意見もあるよ」ではなく、「『ネット・SNS上の世論紹介』と称して偏(かたよ)った情報ばかりを集めて誘導する」目的で引用する人もいます。いわゆる「印象操作」というやつですね。

話題ツイートからの記事作成ならわかるにしても、そのような煽動(せんどう)行為は、まとめコピペブログやトレンドブログのすることです(後述)。

自分も他者のツイート引用も行っていることがありますので、その点は注意しています。

まとめコピペブログ・トレンドブログ

誹謗中傷とデマの温床

まとめサイトやキュレーションサイト、いかがでしたかブログとも呼ばれているこれらのサイトを、引用元とするのもよろしくありません。

こういったブログの多くは収益目的のために、わざと記事の一部分を意図的に抜き出したり、話題性だけでよく調べずに掲載したり、コメントを印象操作して偏向的にする内容が多いですからね。

真偽は不明ながら、とあるテレビ番組でまとめコピペブログ管理者にインタビューをした特集で、

「かつては収益のために悪魔に魂を売るような感じで、内容を精査せず、センセーショナルさを狙って記事を書いていた(要約)」

某番組のインタビューより

という旨の発言をされていました。たとえば西田敏行氏の薬物暴行デマを流し書類送検されたアフィリエイトブロガーも、同じような趣旨を言っていましたよね。

情報発信に対する責任感がない

ここでいうトレンドブログは、芸能・サブカルチャー・ニュース・政治系などですね。検索妨害されるのは、検索の手間や精神衛生上にもよろしくなく、大人の悪意そのものです。

これらのブログはデマと判明すると、謝罪もせず逃走を図るケースもあるため、引用元にすべきではありません。

極端な物言いにはなるものの、まとめサイト・トレンドブログは言ってしまえば、「考える力を奪い、自分の気持がいい情報しかないドラッグ」です。

危険性・詐欺などと警告する記事・サイト

要は「主語が大きい」サイト

まとめサイトでなくても問題になる場合があります。

たとえば『ネットの教科書』というサイトは、商品を名指しで危険だとタイトルで不安を煽り、その商品を叩いた上で特定の商品を暗に勧めるなど、一部でステルスマーケティング(ステマ)疑惑が持たれています。

検索候補では実際に、

  • ネットの教科書 ステマ
  • ネットの教科書 騙されるな

って出るぐらいですから、引用元にするのは避けたほうがいいでしょう。

例に挙げたサイトは検索上位に出てくるので名指しで記載しましたけれど、これに限らず、タイトルに「危険性」「詐欺」などを全面的に出す記事・サイトは警戒したほうがいいです。

リテラシーに欠いた著名人の自己主張

その延長線上で、危険性や詐欺だと声高に警鐘を鳴らす人(著名人・専門家・学者・医者など)は、データを見せつつも「俺の自説は正しい」と正当性を押しつけたいだけの可能性が高いです。

当人たちのサイト・書籍の引用には注意を払ったほうがよく、「著名人だから正しいことを言っていると思わない」ことが大切です。

別に主張は全否定しないとはいえ、世の中には危険を煽ったり、極端な物言いで利益を得ようとする悪い大人がたくさんいます。様々な視点から適切な情報選択をしましょう。

最後に:リテラシーを身につけることが大切

大切なのは、
「考えて疑うこと」

信頼性が乏しい引用元を利用すると、書いた記事、あげくにはサイトの信頼性にも揺らぎが生じてしまいます。質のいい記事を書くならば、引用元にも気を配りたいところです。

また、質の低いサイトばかりを見ていると、自分の考えかたに偏りが生まれてしまったり、考える力を衰退させてしまいます。

リテラシーを高めるには、「自分を疑い・情報をしっかり確認・様々な情報を見る」が、なによりも大切です。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/notes/171018-2/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち
  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

評論ができる人と評論家気取りの違いは、対比するとよくわかるよ。

評論できる人は論理的で言葉を選ぶ。評論家気取りは感情的で言葉を選べない。

評論できる人は正しい批判ができる。評論家気取りは文句や悪口を批判だと思っている。

評論できる人はリテラシーが高い。評論家気取りはリテラシーが低い。

評論できる人は意見される覚悟がある。評論家気取りは意見されると逆上する。

評論できる人は思いやりがある。評論家気取りはただの自己満足。

評論できる人は実生活でもはっきりと意見を言える。評論家気取りはネット・SNSの世界でしか主張しない。

自分のいる会社はちゃんと評論ができて、自分の意見を持っていないと働けないから、本当にいい訓練になる。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ

内容・ジャンルをタグで探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるくすぐりとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックオリジンズソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックフロンティアソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!百合考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS遊戯王ゴーラッシュ!!雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION