R-15
雑記他

引用元,参考,ソース

ニュース系の感想や論拠を述べる記事を書くと必然的になるのが引用(情報・ソース)元。これがオススメですという内容だと個人の好みや趣向が入ってしまうので、逆に引用は避けたほうがいいメディアを以下に並べてみました。

この記事を書いたのは、

  • 不適切な参考元】記事の情報源を見ると、一次情報としてのエビデンス(論拠)に問題のあるメディアだった。
  • 説得力を下げる】せっかく内容がいいのに、引用元のせいで説得力が下がってしまう。

このような「もったいない」物書きさんたちが少なくないんですよね。ブロガーではない場合も、適切な情報精査と能動的に考える「リテラシー教育」として考えれば、リテラシーの低い人ほど、ちゃんと確かめずにメディアをネット・SNSに掲載・拡散しようとしがちです。

なお「絶対に引用してはいけない」というレベルでもない、内容による場合は『グレーゾーン』とします。ただし、該当ネットメディアの問題や反論を書くために引用する場合はこの限りではありません。

情報リテラシーを身につけましょう

下記の一覧は氷山の一角です。能動的に考え、行動しましょう。


リテラ

一言で言えば、リテラは文章の質が低い上に内容が蛇足で長い。

内容も反政権的かつ偏向(へんこう)的で、相反する対象(政権など)には徹底的に異端扱い。それだけなら左系メディアだなぁで済みますが、リテラは「ブチギレ」や「◯◯は主犯だ!」などといった、とても物書きでご飯を食べているとは思えない低俗 (ていぞく)な見出しや文章のひどさで、アフィリエイトブログかと誤解しそうです。

Googleの検索候補(サジェスト)でも、

  • リテラ 酷い
  • リテラ 偏向
  • リテラ おかしい

といった結果が上位に来るほど、好意的に見られていません。

独自インタビューや取材コメントを取ることは少なく、会見や番組を観た記者の印象・感情的主張で長々と書く傾向があり、ゆえに同じ内容でも、リテラだとその2~3倍の長さになる場合もままあります。メディアを名乗るなら、もっと内容を煮詰めてほしいもので。

ビジネスジャーナル

リテラと同じく、株式会社サイゾーが配信しているメディア。

特に食品系の記事は煽(あお)るものが多く、添加物は危険とか、商品を名指しで保存料だらけで発がん性があるみたいな書きかたばかりで、「企業バッシングしたいだけでは?」「食品添加物に正しい知識を身につけず、自分に都合のいい知識と偏見(へんけん)で書いている」と、記事のレベルが低いものが多いんですよね。

それゆえに、「『食品添加物・保存料は危険』と不安を煽る記事は問題。このような極端な意見に惑わされず、正しい知識を身に着けていかなければならない」……という記事を掲載したときは、何かの冗談かと思いましたよ。

また配信先だからか、ネットの意見はニコニコニュースのコメントツイートを引用する傾向があるんですよね。あの脊髄(せきずい)反射ばかりの質の低い意見をネットの意見とされるのはちょっと……

他にも疑似科学(たとえば現状では証明されていないSTAP細胞など)を熱心に支持する経歴不明の執筆者が、その正当性を主張した上で陰謀論を唱える記事を堂々と載せるなど、信憑性に疑問が多く鵜(う)呑みにするのはいささか問題。

実際に過去には、何度もデマ・捏造記事を掲載していたのが明らかにされ、名指しされた企業から「事実無根だ」と、プレスリリースを掲載させることもありましたからね。

世間から認められなかった人が自己主張しているだけか、どこも採用してくれなかったレベルの低いライターのたまり場なのか、明らかに頭がおかしい人が書いているかは不明ですが、一説ではアクセス稼ぎが目的のため、質より量で真偽のチェック体制が甘く、執筆経験がない初心者の記事でも掲載できるとか。

基本的に、サイゾー系列(サイゾーウーマン、日刊サイゾー、TOCANAなど)のものは引用元としてふさわしくないし、参考にもすべきじゃないと断言します。

キャリコネニュース【グレーゾーン】

株式会社グローバルウェイが提供する就職系サイト。キャリコネそのものは就職紹介サイトですが、コンテンツのひとつである『キャリコネニュース』は、特に職場に関するニュースやトラブルの記事を発信しています。

見た目的にはちゃんとした言葉遣いでしっかり書かれ、独自取材を元にした記事などもありますが、時事問題に対する「ネットの意見」と称した記事は、情報源がニコニコニュースやガールズちゃんねる、Yahoo!知恵袋と、まとめサイトのコメント欄と変わらないような、脊髄反射や小姑(こじゅうと)感覚で書くようなサイトばかり。

ひどい場合だと、2ch(5ch)のスレッド(掲示板の内容)を元に記事作成しているなど、信憑性に疑問があるケースも散見されます。

ネットの意見を拾うなら、アンケートの実施で最低100人以上集め、同時にコメントも他者の意見に惑わされないよう、発表まで非公表にしたモノのほうがまだ信用できますね。自作自演問題とか言い出したらキリがないのでご割愛。


また、情報源という意味合いからは離れますが、転職アフィリエイトブログでキャリコネのサービスが紹介され、キャリコネの企業採点システムが怪しい(ホワイト度・ストレス度といった個人の主観で変わる内容をパロメーター項目で設定、評価の水増し問題など)と言われることもあり、キャリコネ自体の心証が悪い人も少なくありません。

こちらのGoogle検索候補でも、

  • キャリコネ 嘘
  • キャリコネ 怪しい
  • キャリコネ うざい

と、ネガティブなワードが並んでいるほど。

キャリコネニュースは質の悪い記事と、質のいい記事が極端に分かれていて、後者の場合は引用してもいいとは思いますが、大本の転職サービスはうさんくささなどの賛否が多いだけに、「あんなサイトのニュース記事を引用しているのか」と言われないよう、細心の注意は必要でしょう。

プレジデントオンライン【グレーゾーン】

プレジデント社が発信している、ビジネスマン向けのメディアサイトです。個人的な感想では、キャリコネよりは説得力のある内容が多く、記事の執筆者も実績ある経営者・ライターさんが占めているため、当ブログやツイッターでも情報源・記事の感想として引用する場合があります。

なぜ引用のグレーゾーンにしているかといえば、「記事執筆者の中には、少し問題がある人も混じっている」ことが挙げられるからです。

あえてひとりを名指しするならば、『ウェブとバカは暇人のもの』の著者として知られる中川淳一郎氏ですね。この方は客観的観点や定義・仮説立てが不得手らしく、寄稿した記事は大体「視点が一方的もしくは、自分が相反する対象を敵認定して、感情的で主観的な持論の押しつけ」の強い内容が多いです。

新型コロナウイルスによる飛行機マスク拒否騒動の記事も、客観性・法的観点に欠く内容だったため炎上状態になるものの、当の本人はブログで、

「マスク信仰の法律主義者さんとは話が合わない。屁理屈言ってるけど論理すり替えてるだけだし、あいつらバカだわ(要約)」

— 本人のブログより —


このように、「自分の書いた内容や論点に反省点はあったかもしれないから、次はそこを直してみよう」という発想すらなく、他責的で見下すような記事を投稿していましたね。

「自分は100%正しい」は、客観的思考を退化させます。論理のすり替えは中川氏もあまり人のこと言えないし、彼の賛同者も「同調圧力反対!」ばかり。同調圧力に関しては同意しますが、建設的議論で知見を深めようではなく、なぜ喧嘩腰のマウント(俺が上アピール)合戦をしたがるのか(中川氏のみならず、攻撃的な応酬をする人も同類です)。

それゆえに「このメディアは引用してはダメ」ではなく、「記事を書いた執筆者は選んだほうがいい」になりますね。まあこれは、どこのメディアサイトでも言えることなんですが。プレジデント社も、ちゃんと執筆者は選ばないと全体の評判が落ちるよ?

ニコニコニュース

タイトルが品性を疑う低俗なものが多いニコニコニュースですが、二次的な問題として、記事につけられたコメントツイートの内容が挙げられます。あれはYahoo!ニュースのコメント欄といい勝負ですし、ネチケット・ネットリテラシーが微塵(びじん)にも感じられない、現代のネット・SNSの負の部分が集結している感じですね。

リンクを踏んだ人がその記事ツイートに不快感を抱かせることこの上なし。

Yahoo!ニュース

理由はニコニコニュースの項と同上。ずっと昔からコメント欄のネットマナーが悪い(いわゆるヤフコメ)と苦情を出している人が少なからずいるのに、今だに改善しませんからね。




追記)2019年あたりから、AIの活用や表示形式の変更により、品のないコメントは見えにくいように変更したようです。ただし完全に消したわけではないので、引用は避けるべきという評価に変更はなしです。一説によれば、コメントを廃止しないのは広告収入が目的という話も……

exciteニュース

エキサイト株式会社が運営する検索サイト。昔はMacでブラウザ接続すると、デフォルトでこちらの検索サイトが表示されただけに、古株のMacユーザーならなじみのある人も多いと思います。

しかしながら、ここもニュース記事のコメント欄の内容がひどいものばかりで、誹謗中傷の温床になっています。移転前のブログではこのexciteニュースから引用したものが多かったのですが、これは「執筆当時、exciteニュースにコメント欄の機能はなかったから」なんですよね。

厳密に言えば、過去にも一度コメント欄を実装したものの、誹謗中傷やユーザー同士の荒らし合戦が多く、一旦閉鎖されました。しかしなにを思ったのか、特に対策もなく再度コメント欄を復活させています。今となっては「第二のヤフコメ」とも言える状態です。


ニュース記事に匿名(とくめい)のコメント欄を設ける検索サイトも誹謗中傷の温床になりやすいので、引用はオススメしません。

J-CASTニュース【グレーゾーン】

株式会社ジェイ・キャストが運用するニュースメディアサイトで、ここのコメント欄も非常に過激化しやすく、荒れやすい場所です(コメント自体はリンクのボタンをクリックしないと見られないので、プレビューがないぶん、上記のニュースサイトよりかはまだ精神的に健全かもしれない)。

これはJ-CASTニュースも過激な文言や煽るようなタイトル、報道の感想や炎上騒動をセンセーショナル(話題性)に取り上げる姿勢もおそらくは影響しています。マスコットキャラクターも『カス丸』と自虐的ですし。

ただ、すべてが煽り記事や質の悪い記事というワケではなく、冷静な視点で書かれたもの、独自のアンケート調査をしたもの、ここでしか扱っていない情報の記事もありますから、悩ましい部分ですね。

当ブログでもJ-CASTニュースの記事を引用することはありますが、「探したけど、ちゃんと統計をとったり、大本の情報源がJ-CASTニュースだった」場合がほとんどで、記事の選定には自分なりに気をつけています。

週刊誌系メディア【グレーゾーン】

たとえば『日刊大衆』『週刊アサ芸』のようなメディアを指します。

週刊誌の記者が書いていますから、情報に正確さがなく、あくまでも噂話程度と判断したほうがよく、仮名や実名が書かれていない場合、創作話である可能性も考慮しないといけません。これはどのメディアにも言えますが、「仮名・非公開だからでっちあげだ!」ではなく、「実名よりも情報源として確証が持てない」ということなので、語弊のないよう。

ゆえに話題の根拠(ソース)ではなく、あくまで「こんな話があるらしい」程度なら、引用してもいいとは思います。その記事を真に受ける読者の質については別問題ですけれど。

フリー百科事典【グレーゾーン】

『Wikipedia』『ニコニコ大百科』『ピクシブ百科事典』などの、素人でも執筆できるサイトのことです。特にニコニコ大百科やピクシブ百科事典は根拠がないのにも関わらず、独善的・主観的印象や感情的主張で記載したり、記事そのものを私物化する内容が非常に多い問題点があります。

ピクシブ百科事典はかなり深刻で、完全に無法地帯になっていますからね。有料制で意見交換も行われているニコニコ大百科のほうがまだ健全と感じるレベル(※実体験)



裏を返せば、「ちゃんと信頼できる情報源のURL、書籍が記載されている」「内容が客観的で中立・公平性がある」場合はギリギリOKになるものの、たとえ信頼できる文章でも匿名利用者によって信頼を失う文章と化すリスクがありますから、頻繁に引用するのは避け、引用するにしても歴史が長いWikipediaに留めるのが無難です。

ツイッターなどのSNS【グレーゾーン】

ツイッターをはじめとしたSNSも真偽不明な情報があふれていますし、「有名人が発信しているから」「いいね・リツイート数が多いから」って、それが正しい情報だったり、事実・真実とは限りません。

中には「こういった意見もあるよ」ではなく、「『ネット・SNS上の世論紹介』と称して偏(かたよ)った情報ばかりを集めて誘導する」目的で引用する人もいます。話題ツイートがあったので記事作成のきっかけにするならわかりますが、そのような煽動(せんどう)行為は、まとめコピペブログやトレンドブログのすることです(後述)。

自分も基本的に、自身のツイートをセルフ引用してブログ掲載するパターンが多いですが、他者のツイート引用も行っていますので、その点は注意しています。

まとめコピペブログ・トレンドブログ

まとめサイトやキュレーションサイト、いかがでしたかブログとも呼ばれていますが、これらのサイトから情報を引用するのもよろしくありません。こういったブログの多くは収益目的のために、わざと記事の一部分を意図的に抜き出したり、話題性だけでよく調べずに掲載したり、コメントを印象操作して偏向的にする内容が多いですからね。

真偽は不明ですが、とあるテレビ番組でまとめコピペブログ管理者にインタビューをした特集で、

かつては収益のために悪魔に魂を売るような感じで、内容を精査せず、センセーショナルさを狙って記事を書いていた(要約)

— 某番組のインタビューより —


という旨の発言をされていました。たとえば西田敏行氏の薬物暴行デマを流し書類送検されたアフィリエイトブロガーも、同じような趣旨を言っていましたよね。

他にも記憶に新しいところでは、神奈川県の東名高速道路事故において、犯人の勤め先が石橋建設工業だとデマを流布し、事実無根だとわかった途端、記事を消してなかったことにした『モノローグ』の件もありました。ブロガーはたとえ極小ブログであろうとも、影響力があることは自覚しないと。

ここでいうトレンドブログは、芸能・サブカルチャー・ニュース・政治系などですね。出しゃばって検索妨害されるのは、検索の手間や精神衛生上にもよくないので危惧していますし、大人の悪意そのものです。情報の正確性には疑問が残るので、引用するなら一次ソース(情報)か記事全文を配信するニュースサイトにすべき。

まとめコピペブログ・トレンドブログはデマと判明すると、謝罪もせず逃走を図るケースもあるため、引用元にすべきではありません。極端な物言いにはなりますが、まとめサイト・トレンドブログは言ってしまえば、「考える力を奪い、自分の気持がいい情報しかないドラッグ」です。

コメント欄が低俗で煽りや誹謗中傷の溜まり場になっている場合も多く、Yahoo!ニュースのコメント欄といい勝負。

NAVERまとめ

理由は(金銭面・コメント欄を除いた)まとめコピペブログ・アフィリエイトブログの項と同上。NAVERまとめは言ってしまえば、「ブログを持っていない人ができるまとめサイト」のようなもの。

かねてより画像や写真の無断転載、悪評高いまとめサイト記事の引用といった、恣意(しい)的なまとめ内容などが問題になっていて、運営側も対応に乗り気でないなど、批判も多いようです。

実際、自分の描いたイラストも少なからず無断転載されています。まあオリジナルじゃないのでどうこう言いませんけれど、家庭ごみをコンビニやスーパーで捨てる是非のまとめにて、「(家庭ごみを持ち込む行為の)何が悪いのかわからない」という執筆者コメントにはさすがに呆れましたね(みだりにごみを捨てるのは廃棄物処理法16条違反)。




追記)2020年内に閉鎖されました。上記のような問題や、検索上位の汚染も深刻化していましたから、個人的には閉鎖に賛成です。

危険性・詐欺などで煽ったり警鐘を鳴らす記事・サイト

まとめサイトでなくても問題になる場合があります。

たとえば『ネットの教科書』というサイトは、商品を名指しで危険だとタイトルで不安を煽り、その商品を叩いた上で特定の商品を暗に勧めようとしているなど、一部でステルスマーケティング(ステマ)疑惑が持たれています。

検索候補では実際に、

  • ネットの教科書 ステマ
  • ネットの教科書 騙されるな

って出るぐらいですから、引用元にするのは避けたほうがいいでしょう。

例に挙げたサイトは検索上位に出てくるので名指しで記載しましたが、ビジネスジャーナルの場合と同じく、タイトルに「危険性」「詐欺」などを全面的に出す記事・サイトは、何かしら裏があると警戒したほうがよく、さらにそこから特定の商品を勧めている場合は要注意です。

その延長線上で、「〇〇には危険性がある」「〇〇は詐欺だ」と声高に警鐘を鳴らす人(著名人・専門家・学者・医者など)は、データを見せつつも、本心は自己主張や「俺の自説は正しい」と正当性を押しつけたいだけの可能性が高いので、当人たちのサイト・書籍の引用には注意を払ったほうがいいです。

本人たちは善意のつもりなのでしょうが、個々による行動の自由選択という概念がなく、自分に酔った独りよがりなケースや、性格に問題がある場合が少なくないですからね。

インサイド

10年ほど前までは任天堂のゲーム寄りでしたが、今となっては全ハードを扱うゲーム情報サイトで、このサイトが問題なのは、掲載した記事が誤報や信憑性が乏しいと、訂正をせずに無断削除する事態がたまにあるということ。

掲載記事を削除する行為自体はどのメディアでもあることなんですが、誤報の場合は訂正文をまず掲載するものですし、なのにも関わらず無断で削除する行為は、個人ブログと同じレベルです。

過去の話ではありますが、任天堂の宮本氏がかつて、ニンテンドー3DSのLL版は今後発売しないと表明したという旨の記事を出したことがあり、見出しを掲げてつつ、本文ではあくまでも示唆だと曖昧な表現にしているんですが、元記事にはそのような内容が書かれておらず、記者の完全な思い込み・憶測だったケースがありました。

その後無断で削除し、結局再掲載する意地の悪いことをしていたんですよね。それだけならまだしも、数年後に『ソニックロストワールド(WiiU版)』関連の翻訳記事でまた無断削除行為をしていたので、インサイドを引用するのはやめました。

BLOGOS

Googleの検索候補でも、

  • BLOGOS コメント ひどい
  • BLOGOS コメント欄

が出るほど、コメント欄のモラルの低さが指摘されています。

まず筆者の人格否定・誹謗中傷・揚げ足取りから始まり、コメントをする本人たちは「プロレス」だの「有益な意見」だのと、己(おのれ)を棚に上げて正当化している場所で、批判・批難の違いを理解しているのは一割もおらず、あまりの内容の不毛さとひどさに、自分自身の記事に対してはコメント欄を閉じてしまったライターさんもいるようです。




追記)2020年前半にコメント欄を廃止したようです。閲覧者からすれば、あのネット弁慶たちの温床は不愉快極まりないので、(フェイスブック経由コメントは許可している疑問は残るものの)この判断は正しいと思いますね。残念がるライターさんはドMか変人。




ただ、記事の内容自体も偏っていて感情的なものが多いのも事実。個人ブログの引用掲載をする場所でもあるので、致し方ない部分はありますが……特にイケダハヤト氏の場合は本人も意図して書いている感じなので、コメント欄も相まってただのプロレスと化しています。

このどっちもどっちな有様は、良識ある精神を持つ人たちには受け入れられることはないでしょう。マンガ『神のみぞ知るセカイ』で有名なセリフをもじって、『(低レベルな)争いは、同じ(低)レベルの者同士でしか発生しない!!』を悪い意味で体現しているサイトです。

はてな匿名ダイアリー

「保育園落ちた日本死ね」で話題になった匿名日記サービス。1つのブログを匿名の人たちが交換日記をしているような場所ですね。

正直ここは『5ch』や『Yahoo!知恵袋』、『発言小町』よりも問題が多く、特定の著名人や作品を中心とした誹謗中傷が多発し、意図的に過激に書いて話題性を仕立てる、いわゆる「釣り」の温床です。

基本的に投稿者の情報は公開されず、5chなどとは違って返信自体も同一人物なのかが非常にわかりにくいために、書き逃げも高確率で成立するので、意見として説得力が欠けます。というか、本気で相手してたらこっちの精神が病みそうな文章ばかりで精神衛生的に不健全ですね。

最後に

信頼性が乏しい引用元を利用すると、書いた記事、あげくにはサイトの信頼性にも揺らぎが生じてしまいます。質の良い、ネットリテラシーを踏まえた記事を書くならば、引用元にも気を配りたいところです。

また、質の低いサイトばかりを見ていると、自分の考えかたに偏りが生まれてしまったり、考える力を衰退させてしまいます。リテラシーを高めるには、「自分を疑い・情報をしっかり確認・様々な情報を見る」がなによりも大切です。


自サイトのリニューアルコーディングはようやく5割完成。

アイコンやロゴ制作はまだだし、ChromeとSafariで表示が違う問題の解決として、双方のブラウザで随時確認しながらデバッグ修正していく形式をとっているぶん、進捗は遅めだけれど、少しずつ前に進んでいる感じがするね。

まあしっかし、今のサイトデザインのコードが汚すぎて泣ける。素人時代に作ったものとはいえ、クラス名が非常にわかりにくい。WEB業界用語でいう「セマンティックな構造じゃない」だね。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。