R-15
雑記他

Mac,Yosemite,Sierra,Mojave,CS6

『Sierra(10.12)』になったMacBookPro(2016モデル)に買い替えた当初、絵が描ける環境に整えるまでに結構トラブルがありましたので、備忘録(びぼうろく)として残しておきます。同じく絵描きやデザイナーの身で同じ状況に陥った方は参考にしてください。

High Sierra(10.13)』『Mojave(10.14)』にも同じように対応可能です。また『Snow Leopard(10.6)』から『Yosemite(10.10)』にする注意点は以下にまとめてあります。ご興味のある方はどうぞ。






追記)Adobeの『XD』を使うためにMojaveにアップデートしましたので、そこから発生した問題や解決策も追加記載しました。

【注意!】この方法が使えるのは『Mojave(10.14)』までです!

CS6シリーズは『Catarina(10.15)』以降は使えません。旧MacOS仮想環境の構築が必須になります。


Sierra環境でハマってしまったこと

当初は『Time Machine(タイムマシン:Mac用のバックアップアプリ)』で復元すれば、以前の環境であったYosemiteのOSのままで、問題なく移行できるだろう……と単純に思っていましたが、そうは問屋がおろさないことが判明。

買い替え先のMacのOSがすでにSierra(10.12)だったら、タイムマシンでYosemite(10.10)環境のデータを持ってきても、App Storeの履歴からダウングレード不可(復元できない)なのです。

再度タイムマシンからバックアップを引き上げたり、App Storeの購入履歴から探したりもしましたが、「モデルが違いますので、お使いのMacでは非対応です(要約)」で一蹴されてしまいます。なぜSierraに拒否を示していたかというと、

  • ESET(セキュリティソフト)が使えなくなった。
  • Java6非対応なのでAdobe CS6(Photoshop・Illustratorなど)が使えなくなった。

という痛手を負ったのが大きな理由。(メモリも増強したこともありますが)Sierraのほうがサクサクで早いんですけれど、これは本当に困る問題でした。しかしどうあがいてもYosemiteに戻せなかったので諦め、どうやってSierraに対応できるのかを模索しました。

SierraでESETを導入する

使えなかったのは単純に「バージョンが違うから」なので、一度アンインストールして適応したバージョンをダウンロード。はじめは新規ユーザーとしてダウンロードし、設定のときに認証キーを入れれば、ちゃんと動作してくれます。詳細は公式サイトを参照してください。

なおMojaveにした場合、ESETが定期的に「オペレーティングシステムが最新ではありません」と表示したり、最新のOSにアップデートするよう注意喚起する仕様に変更され、『システム環境設定』の通知バッジアイコンが常に表示されてしまいます。

これらは気にしない人なら無視も可能ですが、個人的には精神衛生的によろしくないものです。「『ターミナル(技術者向けアプリケーションツール)』でignoreコマンドを使えば消せますよ」と記述するサイト様が多いものの、これは2020年5月まで使える手法で、以降は使うことができないのだとか。

こちらは下記のサイト様が詳しく、この方法で通知バッジを削除できましたので、ご参照ください。ESETについては手順の後、メニューバーからアイコンを削除したことで解決しました。


MojaveまでのMacでCS6シリーズを使う

【注意!】この方法が使えるのは『Mojave(10.14)』までです!

あるサイト様ではOSのシステムファイルをいじって、ターミナルを実行する……とありますが、実際は『Java for OSX』をネットからダウンロードすればすぐに使えます。2ch(5ch)に情報を掲載してくれた方には感謝しきれない。

手順はいたって簡単で、他のアプリケーションのインストールと同様に進めるだけで、あとはシリアルコードを入力すれば終了です。シリアルコードをなくしたのならAdobeに問い合わせてください。CCに移行して久しいですが、CS6のライセンス所持者であれば案内してくれるかもしれません(ただし、確実に案内可能である保証はこちらではできませんので悪しからず)。

ちなみにMojaveにアップデートする際はさらに手順が増え、リカバリーモードとターミナルも含めて使わないと、Photoshopは起動できてもIllustratorを動かすことができません。

双方とも、解決策を載せていたブログ様がありましたので、リンクを載せておきます。


『InDesign CS6』を使うには

雑誌やポスターといったDTPデザインに使われる『InDesign CS6』に関してはかなりクセモノで、上記のJavaを入れても解決せず、Yosemite以降は使えません(起動画面から一向に進まない)。

ただし起動できないというワケでもなく、再度ソフトをインストールし直す方法はありますが、できる人とできない人がいるらしく、先述したような仮想環境ソフトを別途購入してYosemiteを再現するという手法も、どうしても費用がかかってしまいます(無料版も存在しますが、動作が安定しない場合が多いそう)。

こちらも色々やってみましたが、『セーフブート(Shiftキーを押して電源を入れる)』モードで起動すれば使えないこともないことがわかりました。ただしMacの機能は制限され、しかも安定してInDesignが動く保証もないので怪しいところ。やはり仮想環境ソフトを導入するのが確実かもしれません。

最後に:CS6使いは安易なOSアップデートをすべきではない

Yosemiteに戻せないのが心残りですが(ディスク修復を手動でやれないなど)、起動がものすごく早くなったなどの恩恵も多いので結果オーライです。ただし、SierraからHigh Sierra、さらにMojaveにするとまたCS6が使えなくなります。その場合は再度上記の手順をし直してください。

そして、CS6使いはMojaveまでに留めておきましょう。Catalina以降はCS6を一切起動できなくなり、起動するのは仮想環境を構築する手間が発生します。

余談:Adobe CCとサブプライム(定額)制度の致命的デメリットが露呈した

この記事を書いた後の2019年にはAdobeのCCのCS6排除によって、制作ソフトのサブプライム制度の問題が一気に露呈したのも記憶に新しいでしょう(自分で作った規約を無視して廃止したのは、権利費用の支払いをAdobe側が拒否し続けていた説が強いそうです)。


それでもなお、Adobeの業界独占状態がほとんど不変なのは、色々な意味で恐ろしいところであり、安易にMacをアップデートできない状態に変わりありません。

事情を知らない人からすれば「古いソフトを使い続けてないで新しいのにしなよ」と思われるでしょうが、未だCS6の愛用者が多いのは、

  • Adobeシリーズに匹敵するレベルの無料・買い切り型ソフトウェアがほとんどなく、Adobeの独裁状態。
  • CCは月額費用が高く、趣味や個人で使うには相当の痛手。
  • 「名前が同じ別ソフト」というぐらい、CSシリーズとCCシリーズの互換性が非常に乏しい。

安易にCCにすれば、互換性が低いから古いデータはすべて作り直さないといけないし、その費用や人件費もバカになりません。Adobeもいつ自社都合で「じゃあ今日からこのバージョンは使えなくなりまーす」と急に言ってくるかもわからないですからね。

CCは素晴らしい! 早くアップデートしよう!」「ここがCCの魅力! 迷っているなら導入!」みたいな持ち上げ記事は鵜(う)呑みにしてはいけないし、問題点・デメリットを考慮しないってのは愚の骨頂。持ち上げ記事はAdobeからお金をもらって書いているのかな?

誤解をしないでもらいたいのは、CC自体は仕事場で使っていますし、『XD』は本当に便利で愛用しているため、Adobeをバッシングしたり、CCを食わず嫌いしているワケではありません。ソフト自体はずっと愛用していますからね。

ただ、いきなりCCのCS6を使えなくして、事前報告も救済もない行動は企業的に褒められた行動ではなく(下手すれば消費者庁への通報レベル)、個人用・DTP業界のために永続ライセンス版は残してほしかったところ。この出来事の影響で脱Adobeをするデザイナーさんが増えたものの、まだまだ過渡期ですからね。


自サイトのリニューアルコーディングはようやく5割完成。

アイコンやロゴ制作はまだだし、ChromeとSafariで表示が違う問題の解決として、双方のブラウザで随時確認しながらデバッグ修正していく形式をとっているぶん、進捗は遅めだけれど、少しずつ前に進んでいる感じがするね。

まあしっかし、今のサイトデザインのコードが汚すぎて泣ける。素人時代に作ったものとはいえ、クラス名が非常にわかりにくい。WEB業界用語でいう「セマンティックな構造じゃない」だね。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。