R-15
レビュー, 版権絵



遅れましたが3~5話の感想をまとめました。観れなかったのはサーバー元の動画が削除されていたのが起因だったみたいですね。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。



第19シーズン3話『The City Part of Town』

これまでのツケが回ったか、サウスパークの町がジミー・ファロンにけなされるほど評判は落ち込み、PCなりたてのランディが解決策として、ホールフーズ・マーケットを町に設置すべきだと主張。

その計画を遂行するためにするべき事として、市長が『ソドソパ計画』なるものを発案し、行動へ移します。ソドソパ計画とは町にカフェなどの趣ある建築物を設置し、町全体の質を高めるというものですが、その設置場所がどうゆう訳かケニーの家の周囲な上、増設の形で建築されるという迷惑っぷり。

あらゆる所得層が一箇所に集まり楽しむ場所と掲げた、まさにPCを体現している計画に見えつつも、何かと低所得のマコーミック一家を持ち上げて晒し、それでも平等と謳う姿はアレですね。

この話ではケニーが主役(?)として登場し、チンポー軒で必死で働き、稼いだわずかなお金で妹に人形を買ってあげるシーンはこみ上げてくるものがありました。働いてると言いつつ、どうせ沢山稼げないとあきらめて飲んだくれる父親のスチュワートとは対照的です。というかスチュワートって本当に働いているんですかね? 母親のキャロルしか働いていなかったと記憶しているのですが……

第19シーズン4話『You’re Not Yelping』

3話のラストでソドソパ計画の功績により、ホールフーズ・マーケットがサウスパークにできた所から話が始まります。ジェラルドやカートマンを始め、自分たちはYelpレビュアーだと伝え、店員にサービスを強要・優遇させるのが一種の流行になりますが、やってる事は日本でいうお客様は神様状態の有様です。

低評価をつけてやると鼻にかけたエセ評論家レビュアー達を蹴って追い出したウィスリングウィリーの店員は、まさしく従業員の鑑。しかし続々とレビュアーお断りを掲げる店が増えた事で、自身のレビューは人の役に立っていると自尊心が高いレビュアー達は暴徒化。数々のレストランを襲撃・銃撃する大惨事になってしまい……(フランスのテロやアメリカの連日乱射事件が元ネタ……?)

最後に流れた歌は、ろくに味も分からない素人なのにプロの評論家を気取り、悠々とレビューを書く人達への皮肉そのものですねぇ。

話の軸になった『Yelp』は日本の食べログみたいな所ですけど、レストランだけではなく、個人の人間にもレビューができ、フェイスブックのように実名顔出し登録を推奨する似て非なるサービスとの事。



海外だけのローカルサービスかと思えば、今は日本でも急速にシェアを伸ばしている(らしい)とは……海外と比べると顔出しに抵抗のある国民性だとは思うのですが、これは結構意外。匿名のレビューサイトとは違って投稿者のモラルや社会的責任も直接問われますから、確実性・内容の信頼は高いでしょう(多分)。

第19シーズン5話『Safe Space』

SNSで誹謗中傷を受けたカートマンやスティーブン・セガール、寄付に対する公開処刑を受けたランディと、この話は泣きべそをかく人が多いですね。セガールは太ったというより老化の認識でしたが……

カイルの言うように、誹謗中傷されたくないならSNSをやめれば良い話ですが、PC校長により封殺。中立で差別表現を許さないのは、自分の気に食わない意見は一切聞かないと紙一重ですかね。ネットの耐性が低い、もしくは精神年齢がまだ未熟な人に見られる、ネットで誰かと繋がりたいが、悪口を見るのはイヤだって感じでしょうか。こうゆう人達って日本でもメンドクサイのなんのって。

中盤に流れた「自分のためのセーフスペース、嫌な奴(現実)は受け入れない」の歌はまさにそれを体現していて、後半で「現実」が言い放った「世界は巨大な大学サークルじゃねぇんだよ!」は名言。

たまたまぐるナイを付けたら、順位発表BGMに未だ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』のOP曲「BRAVE HEART」が使われていたことに驚きを隠せない。

自分たちのレツゴー世代からすれば、「BRAVE HEART」はミニ四駆にハマっていた頃の思い出の曲だけど、今の世代の子からすればそうでもないんだよなあというジェネレーションギャップ。

まあ、MAX編は大神マリナの人気こそあれど、存在自体が蛇足と言われてましたけどね。知り合いも「MAX編で主人公変わったから観なくなった」と言ってましたし…

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。