R-15
レビュー



やっと16シーズンキター!!

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。


第17シーズン10話『Reverse Cowgirl』

しかしクライドの母親がヒステリックな上にオッサン声って……(今思い返せば話すシーンが全然無いような……?)

今回はクライドとトイレの話でありまして、クライドが便座を上げっぱなしにしたせいで気付かず(?)にベッツィーが便器にハマってしまい、水を流す際に何故か内臓も流されてそのまま事故死。その後事故防止の為にトイレにシートベルトを付ける事を義務づけられ、毎回トイレを使う際はトイレ保安局が飛行機並の身体検査がされるという……16シーズンも安定のぶっ飛び具合です。

葬儀の後にカイル達は調べるのにウィキペディアを使うような弁護士に相談し、水栓トイレを作った開発者を訴えようとするも、開発者のジョン・ハリントン卿は17世紀に死んでいますので、胡散臭い降霊術で現世に呼び出そうと……案の定インチキでしたケドネ。

インチキが暴露されたのと同時に本物のハリントン卿の霊が法廷に出廷し、本人曰く、バターズがいつも行うトイレのタンクに向かって座るスタイルが本来の正しい使い方だとの事。これ本当だったら世界うん十億人の人間は赤っ恥ですね。なおこの話で一番印象的だったのは、トイレ保安局員が監視カメラの映像を使ってローションオ○○ーするシーン。尺取りすぎでしょ……(笑

背景を無限ループさせていましたが、メモリ負荷が大きくユーザビリティ(利便性)を大きく損なうし、代替も考えたけど動きは要素(デザイン構成)で動きを付けているし十分かと思い、思い切って廃止にしました。

見た目より質重視ということで。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシーの扱い、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いにはちょこっとシビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。