R-15
版権絵

ポケモン,名探偵ピカチュウ,ピカチュウ

ニンテンドー3DSで発売された『名探偵ピカチュウ』は面白かったですね。トレーラーに一目惚れして買いました。

ニンテンドー3DS『名探偵ピカチュウ』

— ポケモン公式サイト —



リンク先は記事作成した後年に発売された完全版のほうです

物語の途中で終わりますが、グラフィックやキャラクターのモーション、ボイス量を考えれば値段相応で満足しています。まあ文句言っているのは買ってもいない人たちばかりですし……

もし三部作構成で考えるなら、値段を合わせても通常ソフトと変わらないですしね。要望を出すなら、チャプターから開始する機能と、心の声にもちゃんと字幕を付けて欲しいところでしょうか?

ゲーム内容も難しくなく、イベント失敗のペナルティもないので、自分のように推理ゲームが苦手な人でも大丈夫です。大川ピカチュウを見て『テッド』を彷彿したのは自分だけではないはず。


映画化されたハリウッド版のレビューはコチラ↓


ネット上で自分のサイトを「とても分かりやすい」「説明が丁寧」と評されることが多いので、本当に感謝。

分かりやすい文章を書ける理由は、「元々自分が頭の悪いバカだったので、当時のバカ(自分)でも分かる文章を書くようにしている」から。

学生時代、国語も正直赤点ギリギリで、だから物書きがてら執筆勉強はそれなりにした。プロの考察家や評論家みたいな文章は書けないけど、理解しやすい文章は自分の能力なので、今後も引き続き書いていきたい。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判(建設的批評)・批難(非難:感情的否定)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人」。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。