ENTRY
雑記
雑記,2000年代,昔のネット,

自分自身、インターネットは2000年から利用していまして、最初の頃はダイヤルアップ接続でしたが、掲示板(2chではなくレンタルサーバーのゲーム関係掲示板)に書き込むようになったころにはADSLを使っていましたね。

その頃を知っている人たちは、

  • 「2000年代のネットはよかった」
  • 「あの頃のネットは秩序があった」
  • 「昔のネットは楽しかった」

このように言われることが少なくないですが、これは本当なのか、ただの懐古的発言なのかを、実体験と考察を交えながら述べていきます。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

2000年代のネットはよかったのか?

よかった=平和
ではない

この「よかった」って、かなり語弊のある表現だと思うんですね。この言葉だけを見てしまうと、

  • 「昔のネット(2ch)も殺伐としてた」
  • 「頭のおかしい奴は黎明(れいめい)期からいたぞ」

と、「昔のネットは優しい人が多くて礼儀正しかった」という解釈をされてしまいます。

で、2000年代のネットは優しい人、礼儀正しい人が多かったかと言えば、自分はそうは思いません。

昔にも荒らしや住所さらし、報復行為はあったし、『スマイリーキクチ中傷事件』のように陰湿な誹謗(ひぼう)中傷はありましたからね。

とはいえ、昔は今と比較して「隔離」ができていて、そのような書き込みをする場所は、文字どおりの「アンダーグラウンド」でした。

今はまとめサイトやツイッターなどのSNSによって、ごちゃごちゃに拡散されがちですが、2000年代は健全なネット空間と、陰湿なネット空間が明確に分断されていたように思います(あくまで、当時見ていた限りの話です)。

陰湿な空間にいた人は、今と違って自分自身もその陰湿な言動を自覚している人も多かったもので、「だから、この雰囲気とノリは外に持ち出さないようにする」という意識があった時代です。

常識に欠き、安易に拡散する人なんて少数派の中の少数派だけでしたし、「嫌だったら見ない」を貫いていれば、精神衛生上よろしくない書き込みや、炎上案件はほとんど見かけないものでしたね。

昔のネットは秩序があったか?

いろいろ暗黙のルールが
あったよね

次に「秩序があったか」ですが、こちらもあったとは言い切れないものの、一定のルールはあったんですよね。

よく言われていたのは、

  • 半年ROMれ】人によって様々な細かい定義があるものの、半年ぐらいは掲示板の雰囲気や暗黙の了解を閲覧で理解し、理解した上で書き込めという意。
  • ネチケット】「誹謗中傷はしない」「荒らしは無視」といった、掲示板などを利用する上での礼節やマナー。現代でいうところの『ネットマナー』。
  • ソースは?】「根拠になる一次情報を出してくれ」の意。

誰が言い出したのかはわかりかねますが、少なくともネットに書き込む人は、これが当たり前の基本常識のように扱っていましたし、デマなどの書き込みに踊らされる人も、(今の時代と比較すると)そこまでいませんでした。

むしろ、「それ、本当だという証拠は?」と疑う人のほうが多かったのではないでしょうか。

また、個人のホームページを持つ人は、「ネチケットを守って」といった文言を、トップページや掲示板の入り口に書くのが当たり前でしたね。毒吐きネットマナーのURLリンクとかね。あのサイトはきな臭かったそうだけれど。

そういった意味で考えると、「当時はネット利用者数が少なかったため、礼節やルールを守ろうとする意識は一定数あり、守ろうとする人も多かった」と言えるでしょう。

昔のネットは楽しかったか?

謎文化も楽しかったね

昔はある意味、今以上の無法地帯で、フラッシュ(簡単なミニアニメーション)では過激なパロディや、有名人の切り抜き画像で遊んだりなどの問題のある内容が多かったものです。

いわゆる『MAD動画』『コラ画像』の前身ですよね。YouTubeやニコニコ動画が登場してからは、フラッシュは衰退しましたが……

「グレーの内容を楽しむ」という意味だと、当時のネットは規制が特になく自由だったとも言えますし、法に触れること以外であっても、

  • キリ番】アクセスカウンターでキリのいい数字「1111、1234など」でアクセスすること。管理者へ報告義務があり、報告しないと『踏み逃げ』になる。
  • カキコ】「書き込む」こと。特に掲示板の初設置や新規スレッド(板)に最初に書き込む場合は『初カキコ』と呼ぶ。
  • チャット】当時はSNSがなかったため、リアルタイムのやりとりはチャットが中心。パソコン通信とは違ってADSL回線もあり、朝までチャットをやることも。
  • お絵かきチャット】チャットのお絵かき版。2000年代が全盛期で、パソコンのスペックがある程度高くないと、線すらまともに引けないこともしばしば。

今考えれば、「なんでこんなに熱中し、意味のわからないこともしていたんだろう」と思うものも多いんですが、これはこれで独特の魅力があり、面白かったんですよね。

このあたりは懐古的な解釈が入りがちなので、昔のネットは楽しかったかは「人による」です。

黎明期だったからこそのグレーな部分、不便な部分も含めて楽しいと思う人もいれば、今のネット(SNS)のほうが楽しい人もいるでしょう。

自分の場合は、あの「発展途上の不便さ」や、ネットの知り合いのホームページを巡って交流するのも含め、あれはあれで楽しかったですね。

ネットが今のようになったきっかけ

2007年ぐらいから
一変した気がする

そして、その「昔のネット」が今のネットになってしまったきっかけ考える限りだと、

  1. スマホの存在】スマホによって気軽にネットに繋げられるようになり、限定的なコミュニティだったネットに利用者が激増し、書き込みも増えた。
  2. SNSの普及】SNSによってさらに利用者が倍増。様々な情報が嫌でも入ってしまい、炎上も目につきやすくなった。
  3. まとめサイトの台頭】5chを転載して記事をつくる『まとめ(コピペ)サイト』が多数登場したことで、隔離された内容がネット全体に拡散された。
  4. ニコニコ動画】ニコニコ動画で様々なネットスラングが作られ、隔離された内容をまとめサイトと同様に広められる。
  5. ネットニュース】ネットニュースでもネットの問題を取り上げるようになり、炎上に火に油を注ぐケースも。

別にスマホやSNSなどが諸悪の根源だという話をするつもりはないものの、「昔と比べてネットを利用することが気軽にできる環境が用意され、リテラシーが低い利用者も爆発的に増えてしまった」というのは実感としてあるんですよね。

昔のネットは「限られた人しか利用できない空間」で、「現実とは異なる世界」という感じでした。しかし今では「誰でも利用できる空間」であり、「現実に直結する空間」になっていますからね。

最後に:なぜそう言われるのかを考える

深い事情があるかもよ

「昔のネットはよかった」って、一見見ただけでは「年寄りが昔懐かしんで、『昔はよかった』と垂れているのと同じ」と見えてしまいがちです。

しかし見方を変えると、

今のネット(SNS)は、不健全な内容も検索上位に上がり、リテラシーのない人たちはデマを拡散し、意見が合わないと口喧嘩や誹謗中傷に発展し、炎上騒動を娯楽にしている様が、どこでも見られてうんざりしている

このように見ることもできますし、昔だったら「嫌なら見ない」ができましたけど、現代では「嫌でも目に入ってしまう」状況なんですよね。

なぜそうなったかを考えると、

  • 壁の崩壊】隔離された内容が、無自覚や広告収入目的による転載行為により、隔離の意味をなさなくなった。
  • 煽り言葉の問題】ネットスラングが多様化し、自分で考えずに使える煽り言葉・記号が増えた。
  • 絶対数の増加】利用者数が増加し、それだけ性格に問題のある人、リテラシーの低い人が増加、可視化された。
  • ビジネス化】負の面をビジネスにする人が増えてしまい、不健全な内容が目についてしまう。

こう推察(すいさつ)することができます。

ただのネット老人の戯言だと切り捨てる前に、なぜそう語る人がいるのかを考えてみてもいいかもしれませんね。

  • 【考察】SNSはしなくてもいい理由と、リテラシーが低い人の特徴・リスク【情報弱者】
  • 関連記事  »
    【考察】SNSはしなくてもいい理由と、リテラシーが低い人の特徴・リスク【情報弱者】

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/211205-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら