雑記
雑記,悪質クレーマー,お客様は神様,カスハラ,カスタマーハラスメント,レジハラスメント

接客業をしていてほぼ必ずあたってしまうのが、迷惑客・悪質クレーマーによるカスタマーハラスメント(カスハラ)問題。

ニュースでも衣服店で土下座を強要したり 警察官なのに難癖と恐喝(きょうかつ)行為で店員を退職させたり が取り上げられた事例は数多く、自分も実際に数多く経験してきました。

「しまむら」店員に土下座させ写真をネットに 強要の疑いで女逮捕|ITmedia NEWS

リサイクル店でトラブルの警察官 停職3カ月の懲戒処分受け依願退職 香川・丸亀警察署|KBS瀬戸内内海放送ニュース

その実体験に加え、様々な観点から心理、そしてカスタマーハラスメント対策を述べます。レジ店員に対しての悪質クレームは『レジハラ』というらしいですが、これも含めて扱っていきます。

一個人の見解です ほかの人の意見も参照願います

実際に経験した迷惑客・悪質クレーマー事例

ごく一部の実例です

まず、実際に体験したカスタマーハラスメント事例を記載していきます。これでもほんの一部です。

勘違いを認めない親娘クレーマー

「割引価格で買える」を「無料プレゼント」と勘違いした母娘がいて、娘が受け取りに来たのですが、展示品を乱暴に扱い、引換券がないのに商品を出せと詰め寄るなど、一般常識が通じない人と察しました。

そして電話に出た母親(声のトーンから70ぐらいの高齢者でした)も、用紙にも書かれているのに「そんなことは聞いていない、言われなかった」と電話口で主張するなど、親子そろって横暴な振る舞いにカチンときたので、

「恐れ入りますが、何度も伝えているように、これは割引で買えるキャンペーンだと事前にご説明していますし、用紙のほうにも金額がハッキリと明記されています」

「しっかりご説明させていただいていますから、あなたがたのように無料でプレゼントだと思われた方は、ひとりもいませんでしたよ」

実際に応対した内容

と、伝えると、母親は無言で電話をブツ切り。娘も意味不明な捨て台詞を吐いて出て行きました。

この母娘に限らず、「ありがとう」や「すみません」すらも言えない人は本当に恥ずかしいものです。

「お客様は神様」と思っている元ヤーさん

店員に乱暴な言葉を使う30代ぐらいの人で、背中にびっしりと入れ墨が彫られていた元ヤーさん(ヤクザ)。家が近いのか、よく買い物に来るんですね。

言葉遣いは乱暴ながらも危害は加えないのですが、ある日、商品の品質の問題で店長を呼び出し、何十分も脅迫まがいな行動を行い、代替品を要求していたのには驚きました。

当の本人は「サービス業だからちゃんとこういうことは言わなあかん」と、自分は神様だぞと言わんばかりのドヤ顔で言っていたのが印象的でしたね。

非があれば罵詈(ばり)雑言や怒声を飛ばしていいワケがありません。ミスの指摘はありがたいですが、それをいいことに恐喝するのはダメです。

軟禁行為をした中年タクシードライバー

これは実際に見たわけではなく聞いた話ですが、店長がタクシードライバーだという中年男性に呼び出され、店の対応について、その人の自宅で2時間も説教をされたそうです。

本人はよかれと思っていそうですが、これは業務妨害な上に軟禁行為です。当時の店長は人当たりのいいおとなしい人だったので、強く言い出せなかったところもありましたね。

重ねるように、店に意見を伝えるのはありがたいですが、度が超えています。同じサービス業なのに、そのような行為は非常識だとわからないものなのか……

おつとめ品に難癖をつけて騒ぐ中年女性たち

値引きシールが貼られた商品にイチャモンをつけられたことがあり(大方は中年女性の主婦に多い)、

「半額が貼られているお造りの色が悪い! 交換しろ!」

「おつとめ品の味が悪かった! お宅の品質管理どうなっているの!」

実際にあったクレーム

とか言われても、「いや、当たり前じゃない」としか言いようがないし、値引きシールの意味を理解していないし、腐ってるとかカビが生えている話でもありませんでしたからね。

「値引きシール品でも商品だから、しっかり品質管理すべき」という意見には、「期限ギリギリで傷みやすいし味も多少落ちているけど、その分安くしておくよ」が値引き品です。

安いぶんリスクも大きいのだと反論しましょう。

意味不明な注文を押しつける中年男性

「袋代(2円〜5円)高すぎ! ロゴの印刷をなくして安く提供しろ!」と、意味不明ないちゃもんをつける人がいました。

買い物袋持参の推奨を伝えたら、

「めんどくさい」

「レジ袋はすぐ捨てるから」

実際にあった出来事

と主張してきたのには驚きましたね。節約倹約を掲げる割には、非建設的であり短絡的です。

悪口と自慢をする高齢男性

自称医師の高齢男性で、会うたびに店の悪口や自分の自慢話、他店へのクレームを武勇伝のように語る人で、中には急に「退職させてやる」と恐喝された店員もいました。

こちらは「話を聞いてくれる店員」と思われたのか懐かれてしまい、怒らなければ無害なので追い出すわけにもいかず、グレーゾーンの攻め合いでしたね。

本格に対処を行う前に退職したので、今も店に来ているのか、それとも出禁(入店禁止)になっているかはわかりません。

急にキレだして騒ぎ立てる高齢男性

数ある経験の中でも理不尽に思ったのが、貴金属をジャラジャラつけて、毛皮のコートにモヒカン頭と、いかにも関わってはいけないような70代ぐらいの高齢男性。

京都市は袋が有料(2015年現在)なので、袋の有無は確認するのですが、

「アホか! 見たらわかんだろうが!(ポケットに入れて全く見えない)」

「お前ら貧乏企業のために70万使ってやってんだぞ」

実際にあったクレーム

と、意味不明なことを言う始末で、後述している悪質クレーマーマニュアルを半分ほど進めた相手でした。見えるように袋を出していれば質問系で聞かないんですが……

あまりの異常ぶりに、この人専用の対策マニュアルを作ったり、その光景を目の当たりにした別のお客さんから同情されてしまうほど。

おそらく認知症なのでしょう。

落ち度を説明しない察してちゃん

30代ぐらいの女性が、「セルフレジに入れたのに500円合わない」と言ってきたので対処したものの、基本無言で状況を聞いても適当な返事で一切説明しない、いわゆる『察してちゃん』でした。

手間取っていると、

「私は嘘ついてない」

「泥棒扱いするな」

実際にあった出来事

と、ブツブツ言い始め、仕方ないのでレジのお金から返金して渡したら、乱暴に奪い取って出ていきましたが、あとで点検整備すると、紙幣投入口に500円玉を乱暴に入れていたことが判明し、危うく故障するところでした。

「『言わないとわからないよ』って親や学校で教わらなかったのか!」って言いたくなりましたね。フィクションの察してちゃんは愛らしいですが、リアルの察してちゃんは迷惑な人です。

情緒不安定すぎる男性

セルフレジの使いかたがわからない30〜40代ぐらいの男性に、ほかのお客さんと同じように説明したら、急に店中に響く大声で怒声を浴びせたんですね。

怒りかたが尋常じゃなく、周りの店員やほかのお客さんはドン引き。

女性のお客さんが、

「店員さんが可哀想だろ! 非常識だ! 警察呼ぶぞ!」

実際にあった出来事

と注意されると、

「俺を非常識とか言いやがった。あの女頭おかしいわ」

実際にあった出来事

などと言い始め、自分に向かって和解の握手を求め始めたのです。しかし後から名指しでクレーム電話を入れていたりと、あまりに言動・行動が支離滅裂すぎるので、何かしらの精神障害持ちだったのでしょう。

「運悪く、関わっちゃヤバイ相手に当たってしまった」って感じで、学生バイトだったら絶対次の日から来なくなるレベル。

なお、その注意してくれた女性は常連のお客さんだったので、後日改めてお礼を伝えました。

常識を疑うトンデモ親

2人の子供を連れた若い親子が買い物に来ていたのですが、母親はともかく父親は染髪にピアス姿で、商品を投げて渡したり店員を見下す態度と、絵に描いたようなDQN品行がない人でした。

しかし問題はここからで、自分(父親)が吸った何十本ものタバコの吸殻を、小学生低学年ほどの歳の娘に両手で持たせ、少しでも落とすと怒鳴りつけていたんですよね。

その父親は、子供を灰皿代わりに使っていたのです。お子さんには真っ当に強く生きて欲しいと心の底から願いましたね。

厳密には迷惑客・悪質クレーマーではないものの、常識を疑う行動だったので記載しておきます。

迷惑客・悪質クレーマーのタイプ

彼らには
共通点がある

このような人たちを経験上分けると、

  • 社会的格差要因】経済的に貧しく、満足に道徳教育を受けられなかった。
  • 心が貧しい要因】居場所がなく、心に余裕がなく満たされていない。
  • 中高年・高齢者要因】「お客様は神様」が根強く、店員に説教や八つ当たり。
  • 発達・精神障害・脳の病気要因】疾患・障害・病気による要因。

となり、これらを複合しているケースが多いですね。

中高年・高齢者のケースが一番深刻

特に『中高年・高齢者要因』は悪質行為のみならず、

  • 店員のカウンセラー化
  • 迷惑駐輪
  • 説教行為
  • 排泄物放置
  • 家庭ごみの不法投棄
  • 万引き
  • 犯罪行為の開き直り

などなど、かなり問題になっています。

世代人口比率ピラミッドや、どのような業種か、地域差などで偏(かたよ)りや差は出るでしょうが、少なくとも小売業では問題になっています。

何度か全地区の従業員が集まる集会に参加し、満場一致で中高年・高齢者の迷惑行為や悪質クレーマーぶりには頭を悩ませているという意見でしたね。

クレーマー激増の背景に高齢化?ほとんどは「指導」から始まる|livedoor

第371回 高齢者の犯罪率、全体傾向とは裏腹に増加!“独居”者ほど罪を犯しやすいデータが!!|みんなの介護

未経験者ほど綺麗事を語る

実情を知らないから
無責任に語れる

よくネット・SNS上だと、

  • 「中高年だの高齢者だのって言うけど、どの世代にもいるだろ」
  • 「非常識な奴は非常識ってだけじゃん。そんなこともわからないの?」

などと言われるのは、店員の悲鳴を表面的にしか捉(とら)えていない、実情を知らないからこそ言える無責任な発言(綺麗事)です。

当事者たちの言葉はそもそも、様々な年齢・性別の接客を数多くこなした上で……という前提で成り立っていると考えてください。

つまりどの世代にもいるとは、当事者は十分理解しています。それを考慮しても中高年・高齢者の行動は異常かつ過激なんですね。

数時間で数百人のお客さんを相手にする店員と、たかだか数分程度の印象で接客全体を語る未経験者では、どちらに説得力があるでしょうか?

あの異常さは経験しないとわからない

体験すれば、中高年・高齢者の迷惑行為は全世代の中でも飛び抜けて悪質ですし、これは本人の性格よりも、脳の老化や将来の不安などが要因になっています(後述)。

先述の迷惑行為一覧は、どの世代にもいる印象を与えるかもしれません。しかしあれは印象に残ってるケースをピックアップしているだけで、小さなものも含めると圧倒的に中高年・高齢者が目立ちました。

それにクレームの質が違い、若い世代は丁重かつ建設的に理由を話せば納得する一方、中高年・高齢者は怒りが激しく感情的で、理由よりも誠意を強要する傾向があります。

若い世代にもそういう人はいますけれど、だいたいは不良・半グレ系といった常識が欠けている人や、精神的に幼い人、発達・精神障害系がほとんどです。

中高年・高齢者は見た目は普通、むしろ優しそうに見える人も豹変するケースが多いから、事前判断ができないし、なおさら恐ろしいんですね。

次に、各心理学や脳科学から行動原理を見ていきましょう。

アドラー心理学から見る原因・対処法

アドラー心理学から見た
観点

『アドラー心理学』では、怒りは二次感情であり、怒りの前に何かしら別の感情があるとされます。たとえば危ない運転に遭遇して怒ってしまうのは、

  1. 危ない運転だった
  2. 怖かった
  3. 怒る

ということですね。これを悪質クレームなどに置き換えると、

  1. 思いどおりにならなかった
  2. 悲しかった
  3. 怒る

このように表すことができます。

行動原理

また、この心理学では「目的論」が行動原理とされ、「怒りたい(イライラを晴らしたい)目的があるから、怒る相手を選ぶ」とされます。

立場の弱そうな人やおとなしい人ほど標的にされやすく、もし店員が筋骨隆々のマッチョマンだったり、ヤクザもびっくりなコワモテ店員なら難癖をつけてきません。

  • 都合のいいはけ口】店員をサンドバッグにし、はけ口にしている。
  • 損をする店員】特に優しい・おとなしい店員ほど攻撃されやすい。

これを見ると、感情的に見えて狡猾(こうかつ)的とも言える行動でしょう。

対策

怒りが二次感情なら、「不満をちゃんと聞く」が、アドラー心理学を踏まえた対策になります。ひとりで相手をするのではなく、ふたり以上で「強そうな人」を連れてくるのも対策のひとつです。

しかしながら、前者は大変リスクを伴う行動です。「この店員はわかってくれる」と認定され、ストーカーじみた行為や粘着される恐れがあります。

実体験として、実際にそれで先に述べた迷惑高齢者に粘着されたので、オススメしません。最近の高齢者ほど孤独感や疎外感からか、確率が高いので注意です。

また、「役所や警察から言われている」と言えば、怒るよりも同情の反応をする傾向があるため、これも対策になるかもしれませんね。

アドラー心理学で楽になる人間関係(芥川啓介 著)|Amazon

比べてわかる! フロイトとアドラーの心理学(青春新書インテリジェンス / 和田秀樹 著)|Amazon

フロイト心理学から見る原因・対処法

フロイト心理学から見た
観点

『フロイト心理学』だと人の無意識は、

  • 「自我(アイデンティティ)」
  • 「超自我(規律)」
  • 「エス(本能)」

この3つで構成されているとし、このバランスが崩れると、ヒステリー症状といった精神症を引き起こすそうです。

この理屈に当てはめると、迷惑客・悪質クレーマーは超自我が低く、エスが高くなっていてバランスが崩れている状態ですね。

人のせいにし、問題をすり替えたり開き直る「合理化」をしたり、人は元来、破壊的衝動を持つ生き物であるとも、フロイト心理学では定義しています。

自己正当化のために屁理屈をこねたり、相手を攻撃するのは、人が持つ本能(無意識)と言えるのでしょう。

行動原理

フロイト心理学では「行動論」が行動原理で、人の行動はこの項目冒頭に挙げた無意識によって形成され、「その人の行動は、どのような家庭環境で育ち、幼少期を過ごしたか」が関わってきます。

先に『社会的格差要因』が可能性のひとつと述べたように、両親が親としての資質がない人物だった、ちゃんと教育を受けられなかった、生活に恵まれなかった……

このような人たちは性格に問題があったり、態度や素行が悪い人物になる傾向が強くなりがちという形ですね。

対策

その人の育った環境が問題なので、こちらからは歩み寄らず「流すか無視をする」ことが最善になります。

ただの店員がその人の家庭環境を考慮してあげるというのは、あまりにも非現実ですからね。

図解 ヒトのココロがわかるフロイトの話(日本文芸社 / 山竹伸二 著)|Amazon

比べてわかる! フロイトとアドラーの心理学(青春新書インテリジェンス / 和田秀樹 著)|Amazon

脳科学から見る原因・対処法

脳科学から見た
観点

人間の脳には感情で考える『扁桃(へんとう)体』と、論理的に考える『前頭葉』で理性をコントロールしますが、扁桃体が大きい、または相対的に大きくなった人は、感情のコントロールができない行動をとりがちになります。

いわゆる『情緒不安定』の状態ですね。

中高年・高齢者クレーマーの怒声や誹謗(ひぼう)中傷が異常なのは、脳の老化によって前頭葉が縮んでバランスが崩れ、理性の自制(感情のブレーキ)が効かなくなっているからです。

またストレスを溜め込むと扁桃体は大きくなる性質があり、大人しそうなのに豹変する場合、ストレスで扁桃体が大きいか前頭葉が萎縮(いしゅく)している可能性があります。

将来に不安があったり、孤立していたりでストレスが溜まっているなどがそうですね。

発達・精神障害起因の場合も

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム) 』当事者の中には、「自分は正しい。相手が悪い」という他責的思考や、相手を思いやる概念が理解できず、直情的な傾向があり、これらが要因で悪質クレーマーになる場合があります。

パーソナリティ障害 』『統合失調症』の一部にも、このアスペルガー症候群と似た症状があるそうです。

対策

このような脳の障害や不安定・老化の場合はどうしようもないので、こちらも同じく事務的な無視か、「これだけ騒ぎ、暴言を吐く迷惑行為は、リスクとペナルティがある」と伝えるのが優しさかもしれません。

ただ、こういった人たちは自分の行動を疑えない人が少なくないため、慎重に対応しましょう。

誤解しないでいただきたいのは、見た目だけで「あーこいつはアスペ(アスペルガー症候群)だなー」みたいなレッテル貼りや、決めつける目的ではないということです。

医者じゃないですから断定できませんし、あくまでも理解した上で、どのように適切に対処するかを考える目的で記載していることを留意してください。

キレる高齢者に必要な対応でもっとも多いのは「社会で活躍できる場を広げる」こと!接するときに心得ておくこととは?|みんなの介護

「キレやすい中高年」が増えている…その理由は“怒りのブレーキ”の衰えだった|FNNプライムオンライン

自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)によく見られる症状と年齢別の特徴について【医師が分かりやすく解説】|ブレインクリニック東京

パーソナリティ障害|厚生労働省

統合失調症|厚生労働省

対処(撃退)法

こうやって
対策する

ここまで心理や行動原理を見てきましたが、実体験からの対処法を流れを記載します。

  1. 選別】「意見をいただけるお客さん」か「悪質クレーマー」かを見極める。
  2. 判断】攻撃的・威圧的な場合、正当性があっても悪質クレーマーだと理解する。
  3. 前者の対応】前者なら「貴重なご意見ありがとうございます」と返す。
  4. 後者の対応】後者なら最低限の接客で、事務的に無視をする。
  5. 解消しない場合】「ほかのお客様のご迷惑になりますので、お引き取りください」と第1の警告。
  6. 警告】居直る場合は店長を呼ぶと、第2の警告をする。
  7. 最終警告】店長の退去指示を無視する場合、警察を呼ぶと最終警告。
  8. 連行】本当に警察を呼んで『不退去罪』として連れて行ってもらう。

やってはいけない行動

彼ら相手に最もやってはいけないのは、ひとりで対処することと、謝罪をしたり、『D言葉(ですが・ですから・だから・でも)』を使うことです。

ひとりでは対処が難しく、謝る言葉は「店側が100%間違っていました」と非を認める形になり、今後も言いがかりや粘着をされる恐れがあります。

D言葉は相手を逆上させるので、「恐れ入りますが」「はい」などを代替言葉にし、使わないように心がけましょう。

「S言葉を使おう」はリスクがある

共感を求めたり、『S言葉(承知いたしました・失礼いたしました)』がよいと語る専門家もいますが、これも非を認めて欲求を承認し、結果的に粘着される形になるので、今の時代では避けるのが無難。

「S言葉を使いましょう」と語る専門家は、現場の実情や悪質クレーマーの承認欲求の強さを知らないでしょうね。

彼らは共通してかまってちゃん気質なので、「見捨てる」ことも必要であり、歩み寄る努力はこちらが精神を病み、そんな自身を彼らは理解しないですし、赤の他人がそこまでする義理はありません。

難しければ誰かに頼む

ただしこれは、信頼関係や真面目な勤務態度だから可能な対処・撃退法なので、そこまでの域に達していない場合は素直に社員を呼びましょう。

悪質な現行犯じゃないと入店禁止できませんし、消極的な店なら対処すらも渋る場合もありますので、あくまでも一意見としてご参考願います。

同情を誘うのも手

有料レジ袋など、何かしらサービスで理不尽なクレームをつけられた際は、

  • 「すみません、市からの指示ですので……」
  • 「上からそう言われてて、こちらも困っているんですよ」

このように「店ではどうにもできない上層部・外部の命令」と伝えると、怒声よりも同情してくれることが多く、これもまた、悪質クレーマーに対する対策です。

人によっては「無責任な対応」と思われるかもしれませんし、それは否定しません。ただ、接客において大事なのは、

CHECK!

お客さんを考えるのは大切だけど、自分の身と心を守ること。

責任感を持つことは大切ですが、それで心を壊してもメリットなんてありません。接客業は理不尽なことが多いため、「ずる賢い」立ち回りをしたほうがいいです。

余談:ネット・SNSの悪質クレーマー

ネット・SNSでも
よく見かけるよね

ここまで実社会の悪質クレーマー、カスタマーハラスメント問題について紹介しました。

なお、ネット・SNSの世界にも悪質クレーマーは存在し、ゲームなどの公式アカウント(運営)やアプリのレビューで、何かしらトラブルが発生すると、

  • 「そんなのやって当然」
  • 「いやいや、できて当たり前だから」
  • 「どうでもいいので返金して」
  • 「さっさとしろよクソ運営」
  • 「運営は相変わらず無能」

などと平然にぶつけるのも、立派な悪質クレーマー行為です。

建設的な改善・要望は貴重なご意見です。しかし、相手に敬意も払わず攻撃的な言葉をぶつけるのは大きな間違いです。

ネット・SNSでは「迷惑客・悪質クレーマーを許すな」という論調が多数派でありながら、企業・運営叩きは比較的容認されているのが不思議ですよね。

関わらないほうがいい人が多い

こういった人ほど「指摘・意見される覚悟」を持っていないのみならず、プロフィールやタイムラインを見ても、使い捨てアカウント(捨て垢)だったり過激な内容だったり、発達・精神障害持ちを公表していたりと……

「うわ……これはやばい。関わっちゃいけない人だ」ってなりますからね。

こちらも実社会と同様、違う世界の住人と無視しておけばいいと思いますし、非常に悪質ならば、証拠を集めて今後の法的処置に備えましょう。

最後に:お客様は神様なのか?

レツゴー三匹は
ある意味罪が重い

以上、実体験から、いかに悪質クレーマーは厄介で、頭を悩ませている問題なのかが、少しでも知ってもらえればと思います。

悪質クレーマーの根底である『お客様は神様』という考えは本来、三波春夫氏の「歌に対する個人の心構え・意識」による言葉でした。

それを漫才トリオの『レツゴー三匹』が「ネタ」として安易に広めて流行してしまい、悪質クレーマーとそれに頭を下げる企業の図式ができてしまった要因のひとつになっています。

このような「(誤った)お客様は神様の精神」は日本特有のものであり、生前の三波氏も関係者も、頭を悩ませているそうです。

レツゴー三匹も観ていた視聴者も、ちゃんと真意を理解せず、言葉だけを使っているんですね。そういった意味では、レツゴー三匹が安易に広めたのは罪が重いと言えます。

「お客様は神様です」について|三波春夫オフィシャルサイト

この対策は安易に信じるな

悪質クレーマーへのよくある対策として、

  • 「とにかく謝ればいい」
  • 「話を聞いてあげる」
  • 「誠心誠意対応して顧客化する」
  • 「『S言葉』を積極的にとり入れる」

そう語る経験者や専門家もいますが、悪質な相手にも誠心誠意対応するのは時代錯誤(さくご)です。特にコンビニやスーパーのような最低賃金の小売店では逆効果になりかねません。

下手をすれば「あの店ではやってくれた」と他店への二次被害のほか、そんな相手にも神様のようにヘコヘコすれば、ほかのお客さんたちからの店の印象が下がります。

お客が店を選べるように、店もお客を選ぶ権利はあります。店は「私有地」に建っているのだから、望まない相手が入ってくるのは不法侵入行為です。

近年では社会認知・権利意識向上により、昔よりかは泣き寝入りのケースは減り、『UAゼンセン 』などは従業員を守るため、悪質行為には法で厳罰に処すべきだと活動する団体も出始めています。

UAゼンセン|UAゼンセン

ただのクレームと悪質クレームは違う

よく勘違いする人が多いのは、ただのクレーム(苦情)と悪質クレームは全く違うものです。

ここをしっかり分けて考えないから、消費者の過剰(かじょう)意識が、日本だとよりエスカレートしているのでしょう。

ラブレターだと一緒にしてはいけませんし、善いクレームと悪いクレームの区別ができないのはダメな企業・店員です。「お客様は神様」をもう使うべきではないと、見直す時期に来ています。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/notes/191231-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち
  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

評論ができる人と評論家気取りの違いは、対比するとよくわかるよ。

評論できる人は論理的で言葉を選ぶ。評論家気取りは感情的で言葉を選べない。

評論できる人は正しい批判ができる。評論家気取りは文句や悪口を批判だと思っている。

評論できる人はリテラシーが高い。評論家気取りはリテラシーが低い。

評論できる人は意見される覚悟がある。評論家気取りは意見されると逆上する。

評論できる人は思いやりがある。評論家気取りはただの自己満足。

評論できる人は実生活でもはっきりと意見を言える。評論家気取りはネット・SNSの世界でしか主張しない。

自分のいる会社はちゃんと評論ができて、自分の意見を持っていないと働けないから、本当にいい訓練になる。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ
雑記

内容・ジャンルをタグで探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるくすぐりとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックオリジンズソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックフロンティアソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!百合考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS遊戯王ゴーラッシュ!!雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION