R-15
雑記他



ワコムの液晶タブレットを買うと付いてくる絵描き用手袋(二本指グローブ・下記画像)。手汗で紙やタブレットを汚すことなく絵が描けるので、本格的な絵を描くなら必須アイテムですね。



ですが液晶タブレットは非常に高価なのですぐ買える代物ではなく、この手袋も海外でしか出回っていない製品でクレジット必須。しかも送料込みで定価の3倍はします。

2019年現在、(需要も増えたのか)この手袋は気軽に大手電気店(ヨドバシなど)やAmazonでも買えるようにはなりました。しかし見た目を気にする必要のない消耗品に、1000円近く払うのは個人的にいただけないです。

故にこの手袋を自作してみましたので、以下から作り方をご紹介します。ほつれ止め液が少々高く材料費込みで1000円ぐらいしますが、ほつれ止め液は一本で40着ぐらいの手袋が作れる故、単価で考えればお得です。縫い針も不要なので是非ご参考に。

1.用意するもの



  • 手袋(100円ショップで購入)
  • 裁断ハサミ(もしくは切れ味の良いハサミ)
  • チャコペン(もしくは水彩色鉛筆など)
  • まち針(もしくは安全ピン)
  • ほつれ止め液(手芸屋さんで売っています)
  • いらない紙(ほつれ止め液が作業机に付かないようにするため)


手袋は色々吟味(ぎんみ)した結果、板ペンタブレットや紙に線画を描く時は通気性のいい軽作業用の薄地手袋、デッサンや水彩、液晶タブレットには汚れが目立ち、柔らかく白いドライバー手袋がいいと思います。両方とも100円ショップで購入可能で、大きめの店か、駐車場がある店によく置いてあります。

ほつれ止め液は水で薄めたボンドでも代用できるそうですけれど、水洗いができないのでほつれ止め液を使うのをオススメします。近くに手芸屋さんが無い場合は通販でも買えますよ。

2.チャコペンで印を入れる



切る目安として、手袋にチャコペン、もしくは水彩色鉛筆などで目印を入れます。線が見にくいのでフォトショで加工しました。ぶっちゃけ、ペンは水洗いで消えるものならなんでもオッケーです。使っていくうちに、タブレットや紙にペンの粒子が色移りしないのであれば。

3.仮止め



次にハサミで切る際に生地がズレないよう、まち針(安全ピン)で裁断箇所の周辺を仮止めしておきます。指の部分もコンパクトに仮止めしておくと、邪魔にならず誤って切ることも無いので安心です。なお安全ピンなのは、自分が先端恐怖症なので……とがったものコワイ。

4.カットしてほつれ止め液で固定



ここからが本番。ハサミで中指と薬指の付け根から、親指の根元までを線に沿って丁寧にカット。なお裁断面はハサミの出し引きでキザギザな場合が多いので、改めてハサミでキレイに整えます。実際に付けて違和感ある引っかかりがあれば、そこも切り取ります。



切った後はこのような感じです。このままでは裁断面からどんどんほつれてしまいますので、紙の上に手袋を置き、ほつれ止め液で固定します。ほつれ止め液は有機溶剤が含まれているので換気は大切。

5.完成とおまけ



10~20分ほど乾かせば完成です!




軽作業用手袋で作るとこのような感じです。

また手袋の他にも、当ブログにはキーボードショートカットを簡単かつ直感的にする絵描きデバイスや、作画資料アプリ紹介記事 もありますので、デジタル絵描きなら、初心者プロ問わずお役に立ちます。もしよろしければ併せてご覧ください。

ネット上で自分のサイトを「とても分かりやすい」「説明が丁寧」と評されることが多いので、本当に感謝。

分かりやすい文章を書ける理由は、「元々自分が頭の悪いバカだったので、当時のバカ(自分)でも分かる文章を書くようにしている」から。

学生時代、国語も正直赤点ギリギリで、だから物書きがてら執筆勉強はそれなりにした。プロの考察家や評論家みたいな文章は書けないけど、理解しやすい文章は自分の能力なので、今後も引き続き書いていきたい。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判(建設的批評)・批難(非難:感情的否定)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人」。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。