R-15
レビュー, 版権絵



ティミーの本名って「ティミー・バーチ」って言うんですね。そして鳩山さんに引き続き安倍さんも登場おめでとう!

間が空きすぎたので、今回は4話~7話までの感想を分けて書いていきます。

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。


第18シーズン4話『Handicar』

第14シーズン7話「Crippled Summer」を先に鑑賞すると一層楽しめます。「Handicar」を「障害車」にしたのは上手い。

障害児たちに主軸が置かれていたせいか、いつもの4人は登場しませんでした。今回は久しぶりにネイサンとミンジーが登場しますが、ネイサンはこの話でも不憫かつ散々な役回りでしたね。対してミンジーって結構的を得る意見を言えますし、サウスパークの障害児たちの中でも一番知的かもしれません。ジミーやティミーも多芸ではありますが、策士という面ではミンジーが上かと。

そして障害車がタクシードライバーを路頭に迷わせたこの騒動は自動車業界をも巻き込み、ついには世界中の車が入り乱れレースが開催されるというチキチキマシン猛レース状態へと発展します。というかチキチキマシンそのまんまで、サウスパーク作風のカッコいい老ブラック魔王と老ケンケンも登場するんですよ(是非周夫さんの声で吹き替えていただきたい……)。

あのOPや独特なハイテンションのノリ、効果音も完全再現。まさに現代版リメイクでした。チキチキマシンのビデオを観て育った世代の自分には、このパロディは懐かしさも相まって面白かったです。

第18シーズン5話『The Magic Bus』

カートマンがバターズ家にあった最近話題のドローンでクレイグの母ローラの裸を盗撮してしまい、責任転嫁でネットにその映像を流したことが騒動となり、大人たちは自警でドローンを飛ばしサウスパーク中を見張る監視社会へと変貌させます。

ですが大人たちも次第にドローンを使っての盗撮にハマってしまい、警察のドローンとも衝突して代理戦争へと発展してしまい……そもそもちゃんとカーテン閉めとけばこんな大事に……は禁句?

ドローンの機体や撮影している映像は3Dで描かれていましたね。所々3Dを使った場面は過去にもありましたが、ここまで3D描写が多いのも珍しいです。サウスパークのアニメ技術は本当にスゴい。

座間殺害事件の犯人を擁護するつもりはないと前置きした上で、「被害者の両親は犯人に責任転嫁していないか」って、ニュースを見てそう思ったね。

SNSというオープンな場所で、自殺願望や生の気力がない書き込みをするって異常な状態。そんな人の家庭が健全に機能しているとは思えない。結果論だけど、家庭環境がしっかりしていれば、SNSにそんな書き込みすらしなかったはず。

自殺原因をしっかりと向き合わず、「自死」表記にこだわる遺族の問題と似通っているんだよね。犯人の行動は許されないし推測でしかないけど、両親の完全被害者みたいな態度は違和感がある。

絵描き・物書き・デザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。