ENTRY
トレース台,絵描き

一昔前は絵描きの憧れともいえた『トレース台』は、今でも愛用している個人や業界は数多く存在し、現日本アニメーターはトレース台と鉛筆を用いて作画し、デジタル絵のプロイラストレーターも線画は鉛筆にこだわっている人がいるほど。

自分もかつてはトレース台で鉛筆線画を描いていた時期があり、最近は安価になったことで、趣味や初心者でも導入しやすくなりましたね。

それでは、以下からトレース台で線画を仕上げるメリット・デメリットを述べていきます。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

メリット

トレース台のメリットは以下になります。

勢いのある強弱をつけた線

板タブレットだとその仕様上、どうしても手首で線を引くことになり、線を太くするときも何度も繰り返して描くことになりますが、目の前の紙で描いているので腕で描くことができます。

一筆で強弱をつけられるので、そういった手間が少なく、時短で線画が仕上げられます。線画の主体とした絵は、勢いがあり、メリハリのある線か否かで印象はかなり変わるものですからね。

全体を見て線が描ける

これもトレース台のメリットで、直感的に全体を見て描くことができます。それゆえに上記のとおり、デジタルで色を塗るプロでも、線画はトレース台で仕上げる人は少なくありません。

中にはラフをPCで描き、それを印刷してトレース台で仕上げる人もいるそうですよ?

初期費用がかからない

ワコム社の液晶タブレットは一番安いものでも10万円以上しますし、他社メーカーの安い商品でもやはり4、5万以上するものです。しかしトレース台は高くても2万円で、性能や大きさにこだわらないなら1万円以下で購入可能です。

取り込むためのスキャナーやデジカメを一緒に買っても2、3万円程度ですので、少しお金を貯めれば気軽に導入が可能です。

追記

(追記)近頃は事情も変わってきたのか、4万円もあれば購入できるワコム社の液晶タブレット(エントリーモデル)が普及し始め、サポートが不要なら、さらに安い海外製のものもあります。そのため、アナログ感を大切にするのか、デジタルで効率を図るのかで選択肢が広がる時代になりました。10年前(2010年頃)なら到底考えられない世界ですね。

トレーシングペーパーよりも丈夫

子供の頃はラフを描き、上からトレーシングペーパーをかぶせて絵を清書していましたが、トレーシングペーパーって、少し力を入れて消しゴムをかけるとすぐ破れるんですよね。

それに比べれば、使っているのはただの普通紙ですから、力を入れて消しても破れることはそうそうありません。

デメリット

その一方で、トレース台のデメリットは以下が挙げられます。

筆圧が強い人は向かない

線を含めて半透明に見えてしまうので、筆圧が非常に強い人にはあまりトレース台で線画を描くことには向いていません。線を描き直す際も、描き跡(あと)がビッシリ残ってしまい、取り込む際に大なり小なり影響が出ます。

スキャナーやデジカメの性能に依存

取り込むときはもちろんスキャナーやデジカメを使うことになるのですが、低い性能だとキレイに取り込んでくれず、PC上で線画を直すという二度手間をするハメになります。

値段が多少張っても、性能のいいスキャナーやデジカメの購入を検討しましょう。

ちまちま作業

線画の取り込みで出てくるのが、ゴミの取り除き作業。最近のペイント専用ソフトはほぼ自動的にやってくれるモノも増えましたが、微調整は結局人の手でやることになります。

ちまちました作業が苦手な人は苦痛でしょう。

最後に:絵を描く以外にも使い道がある

一長一短がありますが、プロでも愛用している人がいる手法なので、お気軽かつ、生き生きとした線画を描きたい人にはオススメします。

ちなみに、絵を描く以外にもトレース台は活用できるもので、一番使える用途は履歴書の清書です。

手書き不可の場合なら別ですが、ボールペンで清書した履歴書を使う場合は、試し書きをしたテスト履歴書を下に置き、上から清書することで、消しゴムを書ける手間が消えますし紙も汚れません。

このような使いかたもあるので、応用次第でトレース台は今でも非常に重宝しますよ。以上、参考になれば幸いです。

  • 【絵描き向け】写真を見て描くのと、本物を見て描く場合の大きな違い【絵が上手くなりたい人へ】
  • 関連記事  »
    【絵描き向け】写真を見て描くのと、本物を見て描く場合の大きな違い【絵が上手くなりたい人へ】

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/140119-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら