R-15
創作他



ネットの写真を参考に鉛筆でウサギを簡単にデッサン。やっぱりデッサン系の絵は鉛筆で描くのがベターですね。シャーペンじゃ濃淡を付けたり寝かせてグラデーションを作るのが難しいですし、ボールペンスケッチもやろうと思えばできるも、失敗ができないから苦手なんですよね。故に鉛筆の方が楽。

そういえば、昔絵に詳しくない方から「本物を見て描くのと、写真を見て描くのと違いがあるのか?」と質問された事がありますが、写真とリアルではもう雲泥の差ですよ。どう違うのかちょっとだけ以下に書いてみます。

絵の上手さは観察力と空間認識能力の高さに比例する

よく勘違いしている人がいますが、絵を上手くなるはただ描けば良いと言うワケじゃありません。絵の上手さとは観察力と空間認識能力の高さに比例します。もちろん対象の理解や構図の知識も必要ですが、前者は絵の上達にとても大切なものです。

例えば上のウサギで例えるなら、背中や耳の裏側はどうなっているのか、ウサギの骨はどのような構造で、どう筋肉がついているか……これを知るためには、実際に本物を見て描いた方が理解が深まります。しかし写真ではどうなっているかわからないまま、平面的に描いていくことになります。

プロは観察力と空間認識能力が高いので、例え写真の資料でも卓越な絵を描くことができます。一部の絵の初心者はそれらを鍛えないまま、プロの絵をそのまま真似るから変になるし、いつまでたっても絵が上手くならないのです。

上手くなりたければ外に出よう

故に絵を描く事に興味があるのなら、可能な限り実際のものを見て描く方が絵は上達しますよ。絵を本気で勉強していた頃は、他人=動くデッサン人形みたいな考えでバンバン描いていましたね。だからこそ大学時代に電車やバス内で人を描くと盗撮と見なされると聞いた時はショックでしたよ。

まあなんだかんだで今でもこっそりやっていますが。

背景を無限ループさせていましたが、メモリ負荷が大きくユーザビリティ(利便性)を大きく損なうし、代替も考えたけど動きは要素(デザイン構成)で動きを付けているし十分かと思い、思い切って廃止にしました。

見た目より質重視ということで。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシーの扱い、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いにはちょこっとシビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。