R-15
レビュー



今回は『マインクラフト』のネタが結構扱われていました。マイクラはMac版もあるそうなので買えないこともないんですが、ギリギリスペックが足りないかもですね……MacBook Proでもキツい。

マイクラの用語らしきものも色々出ていましたし、この話はマイクラユーザーのニヤニヤが止まらない内容かもしれませんね。

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。

第17シーズン2話『Informative Murder Porn!』

親たちの間で「殺人ポルノ」(ランディ曰く教養的)と呼ばれる番組が流行していて、子供たちが低俗 (ていぞく)だと嘆いていたその矢先に、これを模した殺人事件が起きたことを皮切りにして、あることを提案します。

それはマイクラのゲーム内容がパスワードになった「逆ペアレンタルコントロール」でロックするというもので、それを解除したい親たちがマイクラをコリーから教わっていくと、このような内容でしょうか。相変わらずながら、現場の子供の悲鳴がリアルすぎて……

初期のサウスや無修正映画版では、親たちがテレンス&フィリップといった、子供が観ている番組や映画が低俗で悪影響だと(主にシーラ中心で)行動をよく起こしていましたね。今回は逆ですけど。

ケーブル局の職員たちが殺人ポルノを観られず不満を抱く親や、殺人ポルノを流す局を即座に止められずに落ち込んでいる子供たちをネタにして乳首をいじるシーンの元ネタを色々探してはみたものの、アメリカのケーブルテレビは対応等のサービスが悪く非難が起こっている問題もろもろは出てきましたが、それらしいことは見当たらなかったので今回は割愛させていただきます。

話を戻して、ラストには実際のマイクラのゲーム画面が登場して、ランディとシャロンがお互いのプレイヤーをツルハシや剣で殺し合うシーンで終わりました。でもマイクラってそんなゲームでしたっけ?

日本のサブカルでたとえるなら……殺し愛と言うのでしょうか? まあこの話を観た後に、マイクラで再現する人が出てきそうですね。

座間殺害事件の犯人を擁護するつもりはないと前置きした上で、「被害者の両親は犯人に責任転嫁していないか」って、ニュースを見てそう思ったね。

SNSというオープンな場所で、自殺願望や生の気力がない書き込みをするって異常な状態。そんな人の家庭が健全に機能しているとは思えない。結果論だけど、家庭環境がしっかりしていれば、SNSにそんな書き込みすらしなかったはず。

自殺原因をしっかりと向き合わず、「自死」表記にこだわる遺族の問題と似通っているんだよね。犯人の行動は許されないし推測でしかないけど、両親の完全被害者みたいな態度は違和感がある。

絵描き・物書き・デザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。