R-15
レビュー, 版権絵



ランディの経歴は多彩過ぎますね。シャロンと一緒にヒッピー時代を過ごし、アイドルをやった後は地質学者で、一時期は学校のシェフで……というか地質学者が非常勤だったとは……一度ランディの履歴書を見てみたい。

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。


第18シーズン2話『Gluten Free Ebola』

この話は前回の続きとなっている構成で、会社経営が失敗して学校に戻って来た4人はクラスメイトから白い目を向けられしまいます。というのも、会社の立ち上げ前に学校はバカの行く所だと4人が豪語したのが原因ですから、まあ自業自得。

一方、マッケイたちの教師はグルテンは悪とする論調で盛り上がり、グルテンは無害だと訴える実験で凝縮したエキスを飲んだ博士がイチモツがロケットのように飛び出し死亡したのを機にグルテン排除運動が拡大、グルテン商品や小麦畑を焼き払う惨事に。サブタイトルにエボラがつくも、直接的なエボラは登場しませんでしたね。ですがグルテンの正しい知識を持たずパニックになり、いたずらに反応していたのは実際のエボラと通じていた気がします。

グルテンは悪と扱っていたのは日本の炭水化物抜きダイエットを思い出します。そう言えばろくに統計をとらず、周りや自身の実体験だけで炭水化物は不要だと極論を語ったお医者さんがいましたっけ。あれだけ批判されてもめげないのは評価しますが。

炭水化物抜きの元は糖尿病患者向けの療法だったのと同じく、グルテンフリーはそもそもアレルギーや過敏症対策だったものを、ハリウッドセレブたちが健康志向でやりだしたのが始まりのようです。


勉強もせずグルテンを肉類等のタンパク質に置き換えて食べればいいとハリウッドセレブのマネごとを行っているだけのグルテンフリーブームを、エボラとかけて皮肉に描いたのかもしれませんね。現に話の中ではグルテンの変わりにバターと肉を食べることが解決策だとされて、その際ある人物が「アメリカは何を食べればいいかを再認識できた」と語ったのがまさにそれ。

第18シーズン3話『The Cissy』

カートマンがトイレを使う権利を得ようと「トランスジンジャー」と自称し女子トイレを使ったのをきっかけに、男子用でも女子用でもない新たなトイレが新設されて、それを不服とするウェンディと、ランディの正体を知り性に悩むスタンの模様が描かれた話でした。

トランスジンジャーという名称はカートマンの勘違いで『トランスジェンダー」が正解。日本でいう性同一や第3の性に当たる言葉……と書きましたが、実際には結構定義が広いみたいで。

この話も前回の続きらしく、バターズが謹慎が解けたとカートマンに話しますが、おそらく放火した件が理由でしょうね。結局放火した動機は不明でしたけれど……もしかしてグルテンのせい?

他にも前のラストで歌手のロードに扮したランディが今回の話で重要な伏線であったのが判明しますし、グルテンフリーのビールも登場するので前回の話をひととおり観るのがオススメです。

座間殺害事件の犯人を擁護するつもりはないと前置きした上で、「被害者の両親は犯人に責任転嫁していないか」って、ニュースを見てそう思ったね。

SNSというオープンな場所で、自殺願望や生の気力がない書き込みをするって異常な状態。そんな人の家庭が健全に機能しているとは思えない。結果論だけど、家庭環境がしっかりしていれば、SNSにそんな書き込みすらしなかったはず。

自殺原因をしっかりと向き合わず、「自死」表記にこだわる遺族の問題と似通っているんだよね。犯人の行動は許されないし推測でしかないけど、両親の完全被害者みたいな態度は違和感がある。

絵描き・物書き・デザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。