R-15
レビュー



イースターのウサギコスver.カートマンが可愛い!

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。


第16シーズン4話『Jewpacabra』

今回は珍しくカートマンがマジビビリの貴重な話でした。最近の話ではブロリーにビビッて何も出来なくなったベジータのようなリアクションをするカートマンはそうそう拝めるものではないですよ。

初め辺りはいつも通りの平常運転から、目がイっているビッグフット研究員達の言葉に正直に耳を傾けてしまうとは……ある意味でカートマンらしくない部分もありましたけど、逆に新鮮に感じます。今回の怖いキャラ度合いをまとめると、

カートマン<ビッグフット研究員<スーパーフーズのトップ

……と言っても過言ではないでしょう。それとカイルがカートマンを助けた数少ない話でもありまして、エイズ移しでは司会者に恋……なんて事や、ギャリソン性転換の話では彼なりにカイルを励ます等、良い意味でも悪い意味でも仲が良いですね。後半であったカートマンがエジプトの回想(夢)をするシーンは、何だか中期の頃のサウスパークを思い出します(エジプトの回想シーンなのにアメリカのたとえ話が出てくるのは……(汗 )。

仕事を辞め、療養生活も1年。なんというか早かったね。しかしメリハリのある人生が好きな自分としては、やっぱりこういった生活は堕落しかねない。お仕事モードのスイッチが健在なのは救いかな(ただし対人に限る)。

そろそろ資格の試験日だし、気合を入れていこう。

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。