R-15
版権絵



色々後回しにしましたが、応援団絵をほんのちょっぴり気合を入れて描く。最近は全然背景描いてこなかったですからね……

ネットを巡っていると応援団3を切望する話が10年たった今でもあったり(自分もその一人です)、実は旧イニスの副社長が応援団の続編構想を考えている という話は、多分知っている人は少なくないでしょう。

ただ旧イニス社員の話の証言という名の噂では、「実は3DSで応援団3を制作していたけど、旧イニスの上層部があまりにもお粗末だったため、イニスの破産とともに応援団3が開発中止になってしまった……」という話もあったり。

それでも自分は応援団3は切望したい。ちょっと前まで線画が太めだったのもマンガを描く時も、応援団の影響が強いぐらい、応援団シリーズには思い入れがあります。任天堂のゲームで何が一番好きと言われたら、自分はマリオやどうぶつの森よりも先に応援団シリーズを一番に上げますね。



ちょっと前にツイッターに上げたハウンドわんわん……もとい、フォックスハウンドの絵を少し手直し。ちなみにケッコン済。今の所、詳細画面の愛ボイスでは一番破壊力がある気がする。スリスリが可愛い。やっぱりボイスは大切。そして早くハーミーズにボイスを……!

なお手直しはしたとは言うものの、実は絵の構図そのものが結構おかしかったりするんですよね。さすがに全部描き直すのはメンドクサイですし、バレなきゃいい。

アズレンは今ビッグ7のイベント中(艦これのほうは大人の女性でしたが、こっちは幼女とは……)ですけども、どちらかと言えば地道に一航戦と夕立掘りに精を出しています。全然でないんですよね。出現率1%とか……

まあ艦これで大鳳狙うよりかは幾分マシかもしれませんが(笑)

自己主張をどう表すかによって、益にもなれば害にもなるよね。例えば物書きや絵描き、動画制作などに充てると、「自己表現」や「情報発信」となって、益となる具合に。

ただ、まとめサイトや百科事典サイト、wikiのように、公益性よりも自己主張や自己中心的行動を優先する人の場合、自己主張がモラルやマナー問題に発展して害になることがままある。メタ認知が低い人はクリエイティブな自己表現に向いていないとも言えるね。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判(建設的批評)・批難(非難:感情的否定)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人」。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。