R-15
レビュー, 版権絵

マックスアナーキー,リンリン,アイリン,ニンテンドー3DSLL

最近見た片目キャラがマックスアナーキーのアイリンぐらいだったもので(3DSならMGS3のビッグボスでも……と思ったのはここだけの話)。

色はシルバー×ブラックのMacカラーです。試遊台で軽く触ったときに感じた立体視や重量の安定感、画面のジャギーは特に気にならず、デザインが全然安っぽくなかったことの他にも、いろいろ発見があったのでまとめてみました。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


ニンテンドー3DSLLの体験感想

下部のHOMEボタンなどが大きくて押しやすい

3DSのHOMEボタンとかは小さくて少し力を入れて押す必要がありましたが、LLはボタン自体が大きく軽い力でも押せました。ですが片手で全部のボタンを操作するは難しいでしょう。

十字キーが操作しやすい

本体のサイズが大きいので、ちょうどいいところに十字キーがきています。親指に負担がかかりにくくなりました。

3Dボリュームのオンオフが感触でわかる

3Dボリュームをオフにして2D表示にしようとすると、ボリュームに「カチッ」っとハマる仕様になっています。スライドも幅があるので細かな調整がしやすいです。

タッチペンが取りやすい

タッチペンの収納位置が本体の右側に変更されて取りやすいです。個人的にタッチペンは伸縮式が好きですが。

電源ボタンが誤作動防止仕様

電源ボタンが本体に埋め込まれていて、誤操作する人が少なくなりそうです。Wiiリモコンの電源ボタンと同じ仕様と思っていただければと。

上画面に角度がついた

DSiLL同様、上画面を固定する箇所が2カ所になっています。

総評

画面が大きいぶん、立体視の視認距離にゆとりがあり、立体視が見にくくて辟易(へきえき)していた人や、自分のように手が大きくて3DSのボタン操作に少し苦労していた人にもオススメです。

サイトのリニューアルコーディング作業を優先しているため、絵描きはペースダウン中。それにいまは本業のWEBデザイン・フロントエンド作業が繁忙期を迎えているのもあるし、しんどいけど充実した日々を送れているね。

とはいえ、入社数ヶ月でWEBデザインディレクターみたいな立場になっているのが悩みかなぁ。充実しているのは嫌いじゃないけど、植物の心のように生きるのがモットーなんで。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。