R-15
レビュー, 版権絵



令和初となったコロコロアニキの感想です。前号で「一ヶ月遅くなるが、その分パワーアップしてお届けするぜ!」的なことが書かれていたのに、別に普段どおりの内容でしたね。まあ武井先生が無事復活したのは良かったですし、新マシンのソニックと新たなミニ四駆のソーシャルゲーム『ミニ四駆 超速グランプリ』はよさげ。

配信が終わったブシモの『ミニ四駆ワールドランナー』はマシングラフィック完成度は高かったものの、ゲーム性はミニ四駆らしからぬ横スクロールランゲームで、微妙なところがありましたからね。

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。


『ハイパーダッシュ四駆郎』『コロコロ創刊伝説』感想

故徳田ザウルス先生の作画コピー版『ハイパーダッシュ四駆郎』1話は、プロたちの根気と完成度の高さに驚かされたものの、あれってあとがきマンガを見る限り、武田先生が執筆したのではなく、武田先生が療養中の間、ジェット草村先生やアシスタント、スタッフたちが仕上げた作品が正しいのでは?

表紙の帯を見ると、武田先生が主体になってリスペクトマンガを描いたかのような表現なので……

また『コロコロ創刊伝説』に描かれた徳田先生の実話が、よゐこ濱口ばりの生活ぶりで驚かされますし(広場の噴水をシャワー代わりに浴びたり、冷蔵庫は使わないので、中身の1年以上放置はザラなど)、ダッシュ軍団のマシンの原型はすべて読者公募から生まれたのも興味深い。

しかしながら、不衛生な汚部屋で野菜を一切食べない肥満体型、仕事のために数日も不眠不休もこなす多忙生活をすれば、あの若さでお亡くなりになってしまうのは必然……

『爆走兄弟レッツ&ゴー!! リターンレーサーズ』感想

前回は作者の趣味バリバリの話でちょっと拒否反応が否めませんでしたが、今回は日本へ帰省した烈に現地のガールフレンドができてしまい、一緒に日本へ来たという修羅場話。

中学生編はやたらお色気だのラブコメ路線なので、元に戻った感があります(前回は女性ファン向けとも言えるので、バランスをとったのかもしれませんが)。しかしどうして烈に好意を寄せる女性陣はこうも裕福な家庭のハイスペック超人だらけなのか。豪も部屋着がTシャツにトランクス姿って妙にリアル……まあ小学生の頃から大雑把な性格だからね。

新しいソニックはGブラストソニックを改造したものと最後のページではそうなってますが……じゃあ2話の大人時代にあったGブラストソニックはどう説明するのだろうか。サイクロンマグナムのように、チイコに貸していたものはレプリカ?

『星のカービィ デデデでプププなものがたり』感想

ひかわ先生のアドレーヌが可愛くなって帰ってきたのは嬉しく、傑作選のアドレーヌ(アド)と比べると、ずいぶん進化しているなと感じます(アシスタントの描いた絵なのかもしれませんが)。そこから青春学園モノをやるとは思わなかった。

しかしながら、結局「ラブコメごっこをやってみたかった」ときっぱり言っちゃうアドレーヌ怖い。まあ6等身カービィなんてまさに「すっげぇキモいデザインだな!」だし(過去の話にも似た容姿になったことはあった)、あのようなカービィをとり合うほどモテるかと言われると微妙。

『死.tv』感想

前回の衝撃のシーンから、かつての宿敵が「勘違いするな」と言わんばかりに助け、敵に洗脳された人物が最期に本来の精神・心をとり戻して死亡し、ボスがくだらんと一蹴して「もう許さねえぞ!」と、王道少年マンガ展開ではありましたが、クライマックスへの道のりとしては嫌いじゃない。

バニーは洗脳されたツカサの母親だとして、ニャンもボスに心酔しているワケではなく、洗脳だったかもしれないですからね。

次回がついに最終回になるのは物悲しい。2期から表現がマイルドになったりと、色々不満な部分はありましたが、結局のところはコロコロアニキのオリジナルマンガで一番好きだっただけに。

仕事上では『WEBデザイナー』としてやってるんだけれども、デザイン制作からコーディング、SEO対策、Sass(SCSS)の活用、PHP動的サイトの制作、イラスト制作など、「イラストレーターでフロントエンドもやるWEBデザイナー」と化しているんだよね自分。

そしてブログでは絵も描くし記事も書く(仕事でも記事執筆している)から、「イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナー」という肩書きに。バックエンドまでは無理かなぁ……そこまで頭がよくないから。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。