R-15
レビュー, 版権絵



感想投稿2回目です。何かとランディがグルテンネタを引っ張りますが、トレイとマットのお気に入りなんですかね?

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。



第18シーズン6話『Freemium Isn’t Free』

カナダにあるゲーム省がテレンス&フィリップを題材にした基本無料な課金製ソーシャルゲーム(本人たちの無許可)を作り、その課金から得た収益を国に回し、カナダの再建を目論みます。

そしてそのゲームにスタンがハマり、3ケタ(日本円の万単位)の請求書が送られて来たという、日本でも社会問題となっている子供の高額課金問題が扱われていて、海外でも認知されてるとは……世界的にも問題だったとは恐れ入ります。

調べてみたら朝日新聞が数年前にそういった記事を掲載していたようです。ですが今はリンク切れとなっていますから、その記事の真偽のほどは定かではないも、海外にソーシャルゲームが存在しない訳ではないですから、絶対にありえない話ではないでしょうね。ちなみに向こうのゲーム(ゲーマー?)の認識では、今でも家の中で腰をすえてじっくりやるものだと考える人が多いそうですよ。

日本ではコンシューマーゲームは終焉傾向、いわゆるオワコンだと語る人間が一部にいますが、PS4の売り上げを見るにそれは早計だと思います。まあ向こうじゃPCでゲームをやる人も多いんですけどね。

射幸心の心理や一部の重課金ユーザーが収入源、リアルなお金を使う自覚を薄めさせる方法など、ソーシャルゲームの課金のカラクリを解説に力が入っていたのがまた面白いですね。なおスタンたちにゲームを広めた元凶はジミーですが、その勧め方がまるで薬物の売人のよう。話の終盤には久々のサタンも登場。

やっぱりサウスパークのサタンは見た目に反して、まともで親切でいい人ですよ。それに対してランディは……話の中盤まではいいこと言っていたのに(笑)

第18シーズン7話『Grounded Vindaloop』

バターズのおバカ具合をまたカートマンが利用したようで、バターズにバーチャルリアリティーを体験させられるHMDを付けさせるんですが、そのHMDはただのゴーグルやクラフトテープといった工作で作られたニセモノ。ですがバターズは本気で信じ込むんですね。

故に学校を再現した世界はそのまま学校に来ているだけなので、端から見ればただの痛い子そのもの。さらにバターズは仮想空間だと信じきっているのをいいことに、父親のスティーブに日頃の恨みを晴らそうと報復に出て……その時のバターズはまさにプロフェッサーカオス。

……しかし話の中盤で、これらは全てカートマンが見ている仮想空間で、そのカートマンは仮想空間のプログラムの可能性があり、先程のバターズの悪行が現実の世界にも反映されて、本物のバターズがワケも分からず外出禁止に……頭が痛い……頭痛が痛い。

まるで『トータルリコール』と『インセプション』をごっちゃにされた物語を見せられている気分。現実だと思っていたのは実は誰かの仮想で、その仮想は誰かが見ている仮想で……

で、話の収束は第16シーズン6話「I Should Have Never Gone Ziplining」以来の実写版サウスパークオチで、今回はオッサン4人ではなくちゃんと子供たちでしたね。ということは、これらは全て実写スタンが見ていた仮想空間だったってことになりますか。関係ないですが、実写のバターズ役の子が可愛い。ショタ好きの気持ちがほんの少しわかった。

自分もそうだったけど、「優しいいい人」「親切な人」になる(演じる)のは、「不幸になるから絶対やめておけ」と経験者は定期的に語る。

犯罪肯定や困っている人は見捨てろ……という意味ではなく、優しさを見せれば、「頼っても構っても甘えてもいい人」みたいに、過剰干渉や粘着、付きまとう人間が一定数いて、情緒不安定や発達障害系、孤立中高年、認知症の人がほとんど。

色々要求ふっかけられ、断ると嫌味や逆ギレされる「悪意のないタチの悪さ」には幾多も遭遇したから、ジーザスやブッダ並の鋼の心を持つ聖人でなければ、いい人ぶるのは精神すり減って不幸にしかならない。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。