R-15
レビュー, 版権絵

サウスパーク,超大型巨人,進撃の巨人

19シーズンになってから、映像表現がまた変わった印象を受けました。1話のカイルの空に向かって叫ぶシーンは、これまでのサウスパークでは観られなかった構図表現で印象的ですね。

3話まで見た感じ、今回も1シーズンまたいで物語が進行するパターンですかね。そしてまたグルテンフリービール……

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。


第19シーズン1話『Stunning and Brave』

19シーズンでいきなりビクトリア校長がクビになり、代わりにPC校長と名乗るガタイのいい男性が新校長に就任。PCは『ポリティカル・コレクトネス:ポリコレ』の略で、差別・偏見の表現を排除し、中立的な表現を使うという意味。

それを体現する校長が就任したということでしょう。現にPC校長はサウスパークで起こった差別的な事件や人物に苦言を漏らしていました。

実はPCの名称自体は過去のサウスパークにも登場していて、第6シーズン9話『カントクはディレクターズカットがお好き』において、銃がトランシーバーになり、テロリストの言葉がヒッピーになった『ET』予告編を観たスタンに対してカイルが言っていたりします。

……と、ここまで聞けば正義感が強くて素晴らしい校長のように思えますけど、PC校長の過剰(かじょう)反応ぶりは排斥(はいせき)運動の域で、使った相手には鉄拳制裁も辞さない暴力的行動が見られました(集会が近所迷惑レベル。しかもPCなのに禁止用語使うって……)。

話の中でカイルが「ケイトリン・ジェンナーを英雄とは思わない」と発言してPC校長の怒りを買うシーンは、元金メダリストで俳優のブルース・ジェンナー氏が元ネタ。

60代で女性に性転換中であると報道され、さらに交通死亡事故を起こしたことから色々な意味で話題の人物となり、後年には性転換で女性になった、トランスジェンダー(第3の性別)を公表したアメリカの著名人です。

ケイトリン・ジェンナーと改名してツイッターをはじめたところ、たった4時間で100万人のフォロワーを獲得。オバマ大統領の5時間で100万人達成の記録を塗り替える快挙を達成したのだとか。

ケイトリン・ジェンナー

— ウィキペディア —


この方については観終わった後に調べて分かりましたが、後半でカートマンがPCの集会に向けて使ったシリア難民突撃……この時事ネタだけは予習なしで分かりますね。ジャレッドは爆死したハズでは…?

第19シーズン2話『Where My Country Gone?』

2話は全体的に移民問題を扱った話ではあるも、その対象はシリア人ではなくカナダ人になっていて、サウスパーク恒例のカナダいじりです。

ただアメリカにおける移民問題はシリアとは別らしく、南米の不法移民者による犯罪が問題になっているとかで、サウスパークではそちらに焦点を当てているか、一緒にしてるようで(そう考えると前話のタコス爆弾ってまさか……)。

この話では久しぶりにギャリソンの歌が披露され、歌詞は聞く感じ、まるで第13シーズン14話『Pee』でカートマンが歌っていた白人至上主義的な曲を思い出しますね。展開の軸となった、「カナダ移民の解決にはカナダ人を性的暴行をして、壁を作るしかない」とギャリソンが説いて賛同者を集める部分の元ネタは、ドナルド・トランプ氏の発言が元になっている模様。


ちなみにトランプ氏は『ホームアローン2』にオーナー役で端役出演していたそうで。しかし壁を作る理由をカナダにしたのは分からずじまいでした。

なお物語の冒頭では、カイルが1話で言及したケイトリン氏がホワイトハウスの会見に出たと思いきや、パリス・ヒルトン氏やサラ・ジェシカパーカー氏以上に悪意あるデザインで、会見終了後には交通死亡事故を早速ネタにするとは……

Netflixで『魁!! クロマティ高校』が配信されたから久しぶり観ている(DVDはレンタル落ちしたものを全巻持ってる)。

「殺す」を「ぶっころがす」にしたり、「ナイフ」を「イチゴ味」、「たばこ」を「下駄箱(“げ”たばこ)」にしたりと、自主規制を遊びにしてアニメ独自の魅力を放つセンスは、今の時代でも通じる遊び心。自主規制のマイナスイメージがほとんどないアニメだと思う。

絵描き・物書き+WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。