R-15
レビュー, 版権絵



いつの間にか18シーズンの放送がもう始まっていましたか。

ブログの書き方が変わったので、今後は簡単に描いた挿絵でも載せようかと。ただ昔と違って更新頻度が下がった故に、今後は複数話分をまとめて載せるかもしれません。何卒ご了承を。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。


第18シーズン1話『Go Fund Yourself』

しょっぱなからカートマン達がとんでもない下ネタの羅列を言い合うシーンが始まったのには驚きましたが、どうやら誰も使っていない斬新な社名を商標登録して会社を立ち上げるのが目的だったようで。まるであのライ麦に対抗して禁書を作った話のよう。

後に言いにくいという事から、カートマンの案で社名を「ワシントン・レッドスキンズ」に改名。しかしこれは元々フットボールチームの名前で、丁度商標が取り消されたのを再利用したんだとか。

で、その立ち上げた会社で何をするかと言えば、「何もしない事」が目的。そして何もしない事に対する資金をプレゼン動画で流した所、各方面からみるみる資金が集り、しまいには真似する人が続出、その強気の姿勢はISIS(イスラム国)の注目まで集める事態に。

それを黙っていなかった商標元……つまり「本物の」レッドスキンズの人達は、カートマン達のレッドスキンズが置かれているキックスターターの建物やサーバーを破壊して物理的にダウン。しかしその名はすっかり地に堕ちていたので、予定されたダラス・カウボーイ戦でオーナー自らがプロテクターも付けず不利な状況下で、グラウンド上で身を挺し汚名を返上。

まるでカウボーイに虐殺されたネイティブアメリカンだと称され、その名前を未だに掲げるカートマン達に市民やISISから非難の目が向けられてしまい、事実上の倒産となった……という話でした。

因みに今回の話のキーになっている『キックスターター』は実在するサービス。よく企業が制作費を募金で募り、そのお金で商品を開発する……なんてことも珍しくありません。日本は投資家やスポンサーでもない限り出し惜しみしますから、根付くのは時間がかかりそうですね。

さらに言えばレッドスキンズも実在するラグビーチームで、訴訟やラストの下りは全て実際に起こった出来事みたいですよ。今回もこれらの情報を一度見た上で、再度視聴するのが良いかもしれません。

顔面神経麻痺がもう全く無いと言える状況まで回復。発症したときは顔半分動かないしまばたきも満足に出来なくて心底焦りましたが、元通りになって一安心。

普段出来ることが出来なくなり、また出来るようになるとありがたみを感じる。まあその代償として、万単位の治療費を持っていかれましたが…

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。