R-15
レビュー



ハロウィン回かと思ったらホラー要素も混じっていましたね(むしろ夏にやって頂けると最高だった)。話のテイストから、初期のようなハロウィンOPをまたやってもらいたかったと少し思ったのは自分だけではないはず……!

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。


第16シーズン12話『A Nightmare on Face Time』

マーシュ家がハロウィンの準備をしている中、古いレンタルビデオ店のオーナーになったと喜ぶランディですが、人里離れた場所にあることや建物の不気味な雰囲気で誰も近づかず、建物に取り憑いている幽霊と話しているうちにランディはどんどんおかしくなり……

……というホラーでランディの顔芸盛り沢山でしたね。他にもハロウィンでアベンジャーズに扮した4人はとても可愛らしいもので(スタンは出席できず、iPadの通信で参加する形でした)。

スタンはキャプテン・アメリカでカイルがマイティ・ソー、ケニーはアイアンマン、カートマンはハルク……なのにブルース・ブランチやらハニー・ブーブーに間違えられるというのは……(ブルースはクーンの正体をカオスが探った際の候補でしたね)

今回のホラー部分や一部の音楽は『シャイニング』のパロディ、流用です。狂気ホラー映画の金字塔(?)なだけに、本当にトレイとマットのお気に入りですよね(この話に限らずサウスパークは時折シャイニングネタを入れます)。

というかキューブリック監督も頭がおかしい撮影してましたからね。リアリティ追求のために何十回、何百回もワザとリテイクさせて、役者を疲労困憊(こんぱい)させたことで有名な撮影方法はギネスにも登録されたとか。だからこそ狂気に満ちた絵面になり、ジャック・ニコルソンの怪演が語り継がれているのでしょうけれど。

そして幽霊を見ても動じないランディは肝が据わっているのか、それとも只のバカなのか……これまでの行いから個人的に後者だと思います(笑)

ネット上で自分のサイトを「とても分かりやすい」「説明が丁寧」と評されることが多いので、本当に感謝。

分かりやすい文章を書ける理由は、「元々自分が頭の悪いバカだったので、当時のバカ(自分)でも分かる文章を書くようにしている」から。

学生時代、国語も正直赤点ギリギリで、だから物書きがてら執筆勉強はそれなりにした。プロの考察家や評論家みたいな文章は書けないけど、理解しやすい文章は自分の能力なので、今後も引き続き書いていきたい。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判(建設的批評)・批難(非難:感情的否定)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人」。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。