ENTRY
オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,文法,三点リーダー

気にする人は気にする、マンガのセリフで使われる句読点(、。)や三点リーダー(…)などですが、個人でマンガを描いている人からすると、どう表現したらいいか悩む場合もあると思います。

様々な雑誌からこれらの使いかたをまとめてみましたので、絵描き(描き手)の人は参考にしていただければ幸いです。ただ、この記事を見ると純粋にマンガを楽しめなくなる可能性があるので、あしからず。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

パターン1:正しい文法で使う

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,三点リーダー

句読点はセリフ内にしっかり記入し、三点リーダーも偶数個で使う」という、物書きと同じ文法表現を用いる形です。

『小学館』のマンガだと、三点リーダーに関しては単数使用はあっても、句読点はしっかり記載するガイドラインがあり、「正しい文章の読みかたを覚えてもらうため」という意図があるからと言われています。

パターン2:句点は省略し三点リーダーは雰囲気次第

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,文法,三点リーダー

セリフのフキダシ自体がカッコの役割があるので、その文法にならって句点(。)は省略する」パターン。

三点リーダーはセリフの間や余韻(よいん)によって単数にも偶数にもなる形で、個人的に見かけるのはこちらですかね?

ちなみにブログ記事の見出しでも、同じ理由(字数省略も含まれますが)からこの方式を採用する人は多く、自分もこのパターンを採用しています。マンガも同様です。

パターン3:句読点はそもそも使わない

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,文法,三点リーダー

読点がついているのに、句点がないのはスッキリしないから両方つけない」タイプ。単語ごとに改行したり、全角スペースを用いることで、句読点を使わない工夫がされているようです。

少女マンガの出版社や『週刊少年ジャンプ』は、このパターンを採用する場合が多いとのことで、人によってはこちらのほうが一番なじみあると考える人もいるでしょう。

三点リーダーの使いかたもまちまちみたいですね。

パターン4:二点リーダーを使う

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,文法,三点リーダー

点の表現は三点リーダー(…)ではなく二点リーダー(‥)を使うケース。三点リーダーだと余韻が多いし、かといって単数だと文法的にもよろしくない」という選択でしょうか?

秋田書店の『バキ(少年チャンピオン)』や、講談社の『カイジ(ヤングマガジン)』はこの二点リーダーを採用しています。

ただ、同じ秋田書店・講談社系列でも『弱虫ペダル(少年チャンピオン)』や『進撃の巨人(少年マガジン)』は三点リーダーを用いているので、おそらく編集担当や掲載雑誌次第でしょうね。

まとめ:ルールがあるなら基本的に間違いではない

フキダシの役割を
考える

以上、様々な出版物や実例からフキダシ内の句読点や三点リーダーの使いかたを述べました。

表記ルールに従っている、もしくは自分なりのマイルールがあるのであれば、基本的に間違いと呼べるものはなく、文章執筆よりも基準はゆるいのではないかと思います。

漫画やセリフ付きイラストを描くと、このあたりはどうしても悩ましく思う部分ではありますが、大切なのは、「見る人に負担がなく、セリフに違和感を感じさせないかどうか」です。

補足1:セリフの漢字表記

どのような意図で
使っているか

「見る人のことを考える」の補足で、ここからはセリフの書きかたや表現について述べていきます。

まず、セリフの漢字表記についてですが、

  • 「ということは」 → 「という事は」
  • 「といったところ」 → 「といった所」

などといった、これらの漢字表現はマンガ内でよく使われますが、正確な文法だと誤り(好ましくない)です。

ただマンガのセリフの字数省略といった、「意図した理由がある」表記なら、「日本語表記を間違って使っている」とは言い難いでしょう(かくいう自分も最近まで割と文法ミスをしでかしたり、未だ完全網羅はしていないから人のことは言えない……)。

これは「マンガは絵がメインであり主役。セリフなどの文章は絵の補足だから」とも言えます。

補足2:趣味・同人でよくある表記問題

漢字を使いたがるのは
趣味・同人あるある

なお、以下のケースは間違い・不適切な表現になるため、校正という意味でも直したほうがいいでしょう。

  1. 写植問題】誤字脱字をしている。
  2. 選定問題】難しい漢字の多用。
  3. 改行問題】文章の改行が変・中途半端。
  4. 表記問題】差別表現の使用(意図的な場合は除く)。

特にこの、「漢字選定問題」「改行問題」は趣味・同人だとよく見られるもので、

  • 「青褪める」→「青ざめる」
  • 「此処まで」→「ここまで」
  • 「頓珍漢」→「トンチンカン」
  • 「貴方の所為」→「あなたのせい」
NG改行】
なんでキミはこん
なところに来たの?

【OK改行】
なんでキミは
こんなところに
来たの?

などのように、なんでもかんでも漢字を使えばいいというわけではありませんし、キリのいい部分で改行しないのは、読者に解読作業させる手間を与えてしまい、読みにくい上に没入感が削がれます。

「絵は上手いのに、セリフの見せかたが下手」って本当にもったいないもので、そこは読者側の気持ちを考え、「自分だったらこのセリフの内容は読みやすいか」という、意識と構成は考えたほうがいいでしょう。

ライティングの世界では、「読みやすい文章は、中学生が読める程度の漢字に留める」という話があり、実際に少年マンガなどで、上記のような小難しい漢字を使うケースはほとんどないのが、見ればわかると思います。

昔ネットで「なんで同人作家は校正しない人がいるの?」に対し、「個人が校正までしたら校正の仕事がなくなるでしょ」というトンチンカン書き込みを見かけましたね。個人と会社を一緒に考えるのはちょっと……

文章以外の部分も要注意

文章の問題ではありませんが、以下は趣味・同人だと本当によく見かけるケースなので要注意です。

  • 力つきている】最後のページの作画がものすごく手抜き。
  • 過度な自己主張】あとがきが長い。
  • 作風無視】趣味丸出しの版権物(露骨なパロディ)や劇画を急に入れる。
  • メタ発言】「あと○ページしかない」「原作では〜」と登場人物に言わせる。

これを見ると正直、「自己満足の独りよがりで完結し、客観的に見る意識が感じられない」と思ってしまいます。

手抜きや長いあとがきは読後感を損ね、自分からすれば、「書くヒマがあるなら、なんでマンガの完成度を上げる時間に使わないの?」と疑問です。優先順位のつけかたが違うというか、時間配分の設定がおかしいんですよね。

作風無視やメタ発言も、世界観を考えず安直に使うのはよくありません。安易に作風無視やメタ発言に頼るのは、「プロットや笑いを作るのが下手」と、自分で言っているのと同じです。

補足3:あまりよくないマンガのNG表現

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,文法,三点リーダー

マンガにおける一般的な認識というより、ほとんど個人的な見解に入るのですが、

  • 「作画ミスや描写不足を注釈で弁解する」
  • 「マンガの展開を絵ではなく文章(セリフ)で説明する」
  • 「感情表現にネットスラングを使う」

この3つは、あまり推奨されない表現手法だと考えています。

かといって、自身はマンガ編集者でもそういった実務経験があるわけでもなく、趣味のマンガでこれを受け止めるかは個人の裁量が入ってくるので、ほとんど「描き手・読み手として見た場合の見解」という認識程度で思ってください。

マンガというのはブログ執筆と同じ、「読み手のことを考えて描く」ものだと考えているからこそ、描き手が独りよがりの自己満足になりすぎないように気をつけようという趣旨です。

作画ミスや描写不足を注釈で弁解する

たとえば、描き忘れや描写不足のシーンで、

  • ← 消える机
  • ← いなくなる〇〇
  • ← 〇〇なので上着を脱いだ

って、いちいち言い訳の注釈をつけると、読み手からすれば逆に注目が集まってしまいます。

(マンガを舐め回すように見ていない限り)黙っていれば誰も気にしないであろうに、「なぜ自分から余計に墓穴を掘るマネをしているんだ?」ってツッコみたくなりますね。

マンガの展開を絵ではなく文章(セリフ)で説明する

展開を絵ではなく文章で説明するのは、

  • 元からそういう作風】『ジョジョの奇妙な冒険』『銀魂』『魁!! クロマティ高校』など、セリフ主体のマンガ。
  • 意図的な表現】思考の混乱や思慮をめぐらせたり、理屈っぽさ・威圧感・独り言の表現。

このような意図がないなら、絵で描くべきでしょう。

応援団シリーズは理想のマンガ・セリフ表現

個人的に理想のマンガ・セリフ表現は、ニンテンドーDSの音楽ゲーム『押忍!闘え!応援団』シリーズと、海外版『Elite Beat Agents (エリートビートエージェンツ)』ストーリーマンガパートです。

動画を見てもらえればわかるように、セリフや文章を見なくても、絵だけで展開の内容が察せる構成になっています。発売当時は海外にも応援団ファンが数多く現れ、これも「日本語は読めないけど面白い」となったからです。

「文章がないと展開がわからない」というのは、趣味ならともかく、持ち込みだと一番ボツにされる要素らしいですよ?

感情表現にネットスラングを使う

感情表現でネットスラングを使うのも、人によって好き嫌いが分かれやすいので注意したいところです。

  • w(草)をつける】「ってことだなwww」など。
  • 淫夢語・なんJ語を使用】(困惑)(迫真)(アカン)「勝った(確信)」「やったぜ。」「草不可避」など。

「ネットの流行を上手く取り入れている」「時代に合わせたギャグ表現」とも言えるでしょうが、重ねるようにマンガは絵で説明するものですし、淫夢語録やなんJ語は、元ネタを知っていると嫌悪感を抱く人は少なくないものです。

重ねるように、「海外の人でも絵で理解できる表現」を目指してはどうでしょうか?

最後に:商売意識と文字に頼らない姿勢

絵で表すのが
「マンガ」

重ねるように、「仕事でもない趣味のマンガ」なら好きにかつ自由に描くことを否定しませんし、こちらも完璧にマスターしているワケではありません。

とはいえ、文字ではなく絵で説明する努力をすれば、必然的に描写や表現方法のレベルも上がり、結果的に絵は上手くなります。

世の中、商業マンガはたくさんあるんですから、フキダシが読みやすいと思ったマンガを選び、読み流すのではなく、分析・研究して自身のマンガに取り込む努力は怠らないようにしましょう。

有料なら「自分の作品に、相手がわざわざお金を払っていただいている」という自覚と商売意識は必要ですし、無料でも同じ意識はあったほうが、よりよい作品に仕上げる意識が変わってきます。

趣味だろうがプロだろうが関係なく、それが「クリエイティブ」です。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/200905-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら