R-15
創作他, 雑記他

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,三点リーダー

気にする人は気にする、マンガのセリフで使われる句読点(、。)や三点リーダー(…)などですが、個人でマンガを描いている人からすると、どう表現したらいいか悩む場合もあると思います。

様々な雑誌からこれらの使い方をまとめてみましたので、絵描き(描き手)の人は参考にしていただければ幸いです。ただ、この記事を見てしまうと純粋にマンガを楽しめなくなる場合があるので、あしからず。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


パターン1:正しい文法で使う

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,三点リーダー

句読点はセリフ内にしっかり記入し、三点リーダーも偶数個で使う」という、物書きと同じ文法表現を用いる形です。

この表現を積極的に使用しているのは『小学館』のマンガで、三点リーダーに関しては単数で使うことはあっても、句読点はしっかり記載するガイドラインがあり、これは「正しい文章の読み方を覚えてもらうため」という意味も含まれていると言われています。

パターン2:句点は省略し三点リーダーは雰囲気次第

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,三点リーダー
セリフのフキダシ自体がカッコの役割があるので、その文法にならって句点(。)は省略する」パターンですね。三点リーダーはセリフの間や余韻(よいん)によって単数にも偶数にもなる形で、『少年ジャンプ』など、数多くのマンガで採用されます。

恐らくこのパターンが、マンガで最も目にする使い方ではないでしょうか?

ちなみにブログ記事の見出しでも、同じ理由(字数省略も含まれますが)からこの方式を採用する人は多く、自分もこのパターンを採用しています。マンガも同様です。

パターン3:句読点はそもそも使わない

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,三点リーダー
読点がついているのに、句点がないのはスッキリしないから両方つけない」タイプ。単語ごとに改行したり、全角スペースを用いることで、句読点を使わない工夫がされているようです。

少女マンガの出版社はこのパターンを採用する場合が多いとのこと。三点リーダーの使い方もまちまちみたいですね。

パターン4:二点リーダーを使う

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,三点リーダー
句読点はパターン2と同じだけど、三点リーダー(…)ではなく二点リーダー(‥)を使うケース。「三点リーダーだと余韻(よいん)が多いし、かといって単数だと文法的にもよろしくない」という選択でしょうか?

秋田書店の『バキ(少年チャンピオン)』や、講談社の『カイジ(ヤングマガジン)』はこの二点リーダーを採用しています。ただ、同じ秋田書店・講談社系列でも『弱虫ペダル(少年チャンピオン)』や『進撃の巨人(少年マガジン)』は三点リーダーを用いているので、恐らく編集担当や掲載雑誌次第でしょうね。

最後に:表記にルールがあるなら基本的に間違いではない

以上、様々な出版物や実例からフキダシ内の句読点や三点リーダーの使い方を述べましたが、表記ルールに従っている、もしくは自分なりのマイルールがあるのであれば、基本的に間違いと呼べるものはなく、文章執筆よりも基準はゆるいのではないかと。

これと同じく日本語の表記に関しても、

  • 「ということは」 → 「という事は」
  • 「といったところ」 → 「といった所」

などといった、これらの漢字表現はマンガ内でよく使われますが、正確な文法だと誤り(好ましくない)です。

でもセリフの字数省略といった、「意図した理由と目的」で表記するのなら、必ずしも「日本語表記を間違って使っている」とは言い難いでしょう(かくいう自分も最近まで割と文法ミスをしでかしたり、未だ完全網羅はしていないから人のことは言えない……)。

これは「マンガは絵がメインであり主役。セリフなどの文章は絵の補足だから」とも言えますね。

ただ、明らかな誤字脱字は「間違い」ですから、趣味だろうが同人だろうが、校正ぐらいはしておきたいものです。昔ネットで「なんで同人作家は校正しない人がいるの?」に対し、「個人が校正までしたら校正の仕事がなくなるでしょ」というトンチンカン書き込みを見かけましたね。個人事業主が支出計算していたら経理の仕事がなくなるワケじゃないし、個人と会社を一緒に考えるのはちょっと……

オマケ:できればやっちゃいけないマンガのNG表現

オリジナル,マンガ,吹き出し,フキダシ,句読点,三点リーダー
マンガにおける一般的な認識というより、ほとんど個人的な見解に入るのですが、

  • 作画ミスや描写不足を注釈で弁解する
  • マンガの展開を絵ではなく文章(セリフ)で説明する
  • 感情表現の記号にネットスラングを使う

この3つは、あまり推奨されない表現手法だと考えています。

かといって、自身はマンガ編集者でもそういった実務経験があるわけでもなく、趣味のマンガでこれを受け止めるかは個人の裁量が入ってくるので、ほとんど「描き手・読み手として見た場合の見解」という認識程度で思ってください。

マンガというのはブログ執筆と同じ「読み手のことを考えて描く」ものだと考えているからこそ、描き手が独りよがりの自己満足になりすぎないように気をつけようという趣旨です。描き手の独りよがりという意味では、

  • 最後のページが手抜き(力尽きている)
  • あとがきがやたら長い
  • 趣味丸出しのパロディ絵(キャラクター絵)や劇画の作風を急に入れてくる

ここでは詳しく書きませんし割愛しますが、これらもそうですよね。手抜きだったりあとがきが長いのは読後感を損ねるもので、急に世界観や展開を無視した無意味な絵や劇画をぶちこまれても、読み手は苦笑いか困惑しかしないでしょう。

閑話(かんわ)休題で、以下からNG表現について説明していきます。

作画ミスや描写不足を注釈で弁解する
例えば、描き忘れや描写不足のシーンで、

  • ←消える机
  • ←いなくなる〇〇
  • ←〇〇なので上着を脱いだ

って、いちいち言い訳の注釈をつけると、読み手からすれば逆に注目が集まってしまいます。

(マンガを舐め回すように見ていない限り)黙っていれば誰も気にしないであろうに、「なぜ自分から余計に墓穴を掘るマネをしているんだ?」ってツッコみたくなりますね。

マンガの展開を絵ではなく文章(セリフ)で説明する
展開を絵ではなく文章で説明するのは、

  • 『魁!! クロマティ高校(少年マガジン)』『銀魂(少年ジャンプ)』のようなセリフ主体のマンガ
  • 思考の混乱や思慮をめぐらせる
  • 理屈っぽさ・威圧感・独り言の表現

このようなコンセプトのマンガ・演出でもなければ、「描写がメンドクサイからサボっただけの描き手の怠慢(たいまん)」と言われかねないものです。先述したように、基本的にマンガにおける文字やセリフは補足で、絵がメインですからね。

個人的に理想のマンガ表現は、ニンテンドーDSで発売された音楽リズムゲーム『押忍!闘え!応援団』シリーズと、その海外版『Elite Bear Agents (エリートビートエージェンツ)』ストーリーマンガパートです。


動画を見てもらえれば分かるように、セリフや文章を見なくても、絵だけで展開の内容が察せる構成になっています。発売当時は海外にも応援団ファンが数多く現れ、(一部の海外ファンが影響されてフリーゲーム『Osu!』を作りました)、これも「日本語は読めないけど面白い」となったからです。

絵描きならセリフや文章ではなく、『トムとジェリー』などのサイレントアニメーションのように、極力絵の構図やキャラクターの動作で説明しないとされています。趣味ならともかく、持ち込みだと一番ボツにされる要素らしいですよ?

感情表現の記号にネットスラングを使う
感情表現でネットスラングを使うのも、人によって好き嫌いが分かれやすいので注意したいところです。

  • w(草)をつける(例:「ってことだなwww」など
  • (困惑)(迫真)(アカン)などの淫夢語・なんJ語を使用(例:勝った〈確信〉など

「世代のニーズを理解し、ネットの流行を上手く取り入れている」「時代に合わせたギャグ表現」とも言えるでしょうが、重ねるようにマンガは基本的に絵で説明するものですし、淫夢語録は元々18禁ゲイアダルトビデオやゲイ掲示板、なんJ語は5chの野球スレッドが発祥ですから、元ネタを知っていると嫌悪感を抱く人は少なくないものです。

絵記号やキャラクターの表情を工夫するなど、「海外の人でもそれなりに分かる感情表現」を目指してはどうでしょうか?

重ねるように、「仕事でもない趣味のマンガ」なら好きにかつ自由に描くことを否定しませんし、こちらも完璧にマスターしているワケではありません。

しかし、お金のやりとりが発生する同人誌やイラスト集では「自分の作品に、相手がわざわざお金を払っていただいている」という自覚を持つ商売意識は必要で、これらの安易な表現に注意をしたり頼らなければ、必然的に絵や表現方法のレベルも上がりますから、ステップアップの一環として、やってみても損はないと思います。

DCアメコミドラマ『フラッシュ』シーズン3を観終わった。事前情報通り、時系列と残存した時間軸問題が非常にややこしくて、こんがらがりそう。

これ個人的解釈を記事にして表にしたら、そこそこ需要あるんじゃなかろうか?

個人的に8年後のひねくれバリーの髪型(見た目がすごくアニメっぽい)と、アース19(別次元の19番目の地球)からやってきた頭の悪いウェルズ(HR)は好きだった。HRがシーズンラストで起こした行動は感動したし、悲しくなったけどね……

ミュージカル回は元ネタ知らずに観たから、笑っていいのか苦笑いするかで、感情が迷子になる。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。