• 最新記事



  • 色々後回しにしましたが、応援団絵をほんのちょっぴり気合を入れて描く。最近は全然背景描いてこなかったですからね…

    ネットを巡っていると応援団3を切望する話が10年経った今でもあったり(自分もその一人です)、実は旧イニスの副社長が応援団の続編構想を考えている という話は、多分知っている人は少なくないでしょう。

    ただ旧イニス社員の話の証言という名の噂では、「実は3DSで応援団3を制作していたけど、旧イニスの上層部があまりにもお粗末だったため、イニスの破産とともに応援団3が開発中止になってしまった…」という話もあったり。

    それでも自分は応援団3は切望したい。ちょっと前まで線画が太めだったのもマンガを描く時も、応援団の影響が強いぐらい、応援団シリーズには思い入れがあります。任天堂のゲームで何が一番好きと言われたら、自分はマリオやどうぶつの森よりも先に応援団シリーズを一番に上げますね。



    ちょっと前にツイッターに上げたハウンドわんわん…もとい、フォックスハウンドの絵を少し手直し。因みにケッコン済。今の所、詳細画面の愛ボイスでは一番破壊力がある気がする。スリスリが可愛い。やっぱりボイスは大切。そして早くハーミーズにボイスを…!

    なお手直しはしたとは言うものの、実は絵の構図そのものが結構おかしかったりするんですよね。さすがに全部描き直すのはメンドクサイですし、バレなきゃいい。

    アズレンは今ビッグ7のイベント中(艦これの方は大人の女性でしたが、こっちは幼女とは…)ですけども、どちらかと言えば地道に一航戦と夕立掘りに精を出しています。全然でないんですよね。出現率1%とか…

    まあ艦これで大鳳狙うよりかは幾分マシかもしれませんが(笑

    最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。もし宜しければ、記事のSNSシェアのご協力をお願いいたします。

    赤竹 ただきち

    (Tadakichi Akatake)

    『UNDERTALE』やっていてふと思い出したのが、もし誰かとチームで同人やグッズ、ゲームなどを作るなら、「有能かつ話を聞いてくれる人」達と組んだ方が良い。

    学生だった頃にゲーム制作の協力をし、素材提供をしたことがあったのですが、頼んできた相手は正直初心者レベルの人で、しかも「俺はこれがやりたいんだ」みたいな感じで融通がきかないタイプでしたね。

    故にできたゲームも素材を生かしきれておらず、こちらが提示した依頼書も全然読んでいないお粗末な内容で、関わっただけに自分自身も低レベルなゲーム制作者だと第三者に思われ、言われた時は悔しかったし心外だった。

    まあ自分が優れていたとは言いませんが、一応出来る人間だという評価はされていたので、組んだ相手を間違えたんだろうなぁと。

    だから共同制作するなら、「自分もレベルを上げつつ、有能な人間と組め」という事を、学生時代の自分に言いたかった。今でもその辺りは後悔してるかも。
    MyutaUsagi

    絵描きからHTML・CSS、物書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。

    最新記事