R-15
レビュー, 版権絵



チイコのおっぱいぷるんぷるんしすぎ。

やっと『コロコロアニキ』と『爆走兄弟レッツ&ゴー!! リターンレーサーズ』3巻が買えましたので、以下にピックアップ感想です。

感想は一部ピックアップです

好きなマンガの感想がなければゴメンナサイ。



青年誌だからって露骨にエロ要素を満載にしてきた『爆走兄弟レッツ&ゴー!! リターンレーサーズ』感想

とにかくチイコのおっぱいがぷるんぷるんしている回でした(2回目)。中学生編のチイコは文武両道で美貌・スタイル良さを持つ完璧少女でさることながら、いつの間にかチイコのアイデンティティである唇が普通になってきているような……

応募者全員サービスのブルーメタリックサイクロンマグナムとの連動マンガでしたね今回は。というかジュンと豪に恋愛要素が絡んでくるとは思いもよらなかったですけれど、まあ藤吉の初恋がジュンだったり、大神博士に息子がいる時点で、何を今更なんですけどね。

他にも関連情報がいっぱいで、ドラマCD第2弾はアストロレンジャーズ組が入り、ウイングの形状は違うも製品化されたグレートマグナムR(リボルバー)、そして付録のしおりの沖田カイがアニメカラーと、いつにも増して豪華です。

こした先生とは違ってしっかりと理論攻めで興味をそそられた『ハイパーダッシュ! 四駆郎』感想

毎回読んではいるものの今回はかなり目を引くものがあって、その半数をキャノンDボールのギアチェンジ機能やそれに前後する知識の解説で占めているというもの。

レッツ&ゴーでもプロトセイバーJB辺りがギアチェンジ機能を搭載していましたが、こした先生ワールド特有のトンデモミニ四駆世界のギミックなので、詳しいことはツッコんだら負けのレベル。

ですが武井先生はMAシャーシのモーターに傘歯車状ギアと、モーターを上下に動かせるようにする事で、坂道やストレートでギア比が変わる無段変速をさせるというもので、その気になれば実際に出来そうな機構ですね。まあレギュレーション違反で公式大会でやったら車検にひっかかるでしょうが。

この回に限らず、実際のミニ四駆でできそうな機構を解説付きで紹介するのを毎回楽しみですけれど、今回は特に楽しめましたね。後マンガの内容とは違いますが、武井先生の作者コメントが「小学生になりたい」って闇を感じる。

ひかわ先生がマンガ誌上一番の自虐ネタに走った『星のカービィ デデデでプププなものがたり』感想

ひかわ先生も調子が良くなったのか、今回は前後篇合わせて十数ページ描いていますね(前回もそうでしたが、スターアライズの宣伝も兼ねてましたので……)。

特に後半はかなりカオスで、ゲームや作者の歴史に合わせてカービィの顔が変わるという内容。「デデププのマンガを渡せば元の顔に戻れる(要約)」として渡されたのが、

ファンの間では有名な、急に別人が描いたような手抜き作画になったコミックス24巻という(笑

作画崩壊だのピークの14巻持って来いだの、自虐しすぎでむしろ清々しく思える思えるレベル。

なぜ「父さんを殺す事」という願いなのかが判明した『コロッケ! ブラックレーベル』感想

今回も仲間キャラクターの復活で、フォンドヴォーとTボーンとの再会ですが、コロッケは父親のバーグを殺す事に対し、フォンドヴォーは師匠のバーグを守る事として対立し、仲違いをしてしまう内容。後半のシーンは初見の時、どことなく『スターウォーズ フォースの覚醒』を彷彿とさせましたね。

物語の経緯じゃなくあるキャラクターの死に様と場面が、カイロレンが父親のハンソロを殺すシーンに似ていたというか……(ネタバレ防止)

そして何故バーグを殺さなければならないかといえば、要約すると「自分がよみがえる時は悪の存在になって世界を破滅させるから、お前の手で殺してくれ」というもの。王道といえば王道ですね。

大人のタカシは宇宙飛行士になった『うちゅう人田中太郎』感想

また懐かしいマンガが出てきましたね。それに恒例の間違い探しまでやってくれているとは感涙モノ。

タカシが大人になって宇宙飛行士になり、別れた太郎に母星まで行って逢いに行く話ながら、相変わらずの不条理ギャグマンガでした。何万光年も離れているのに少しの航空時間で行ったり来たりできる宇宙船がたった10数年で実用化されているのがスゴすぎる。

ゴジラのアニメ映画だってワープしたら数万年後の地球に来てしまうのに……まあギャグマンガだから聞くだけ野暮ですが。

第2部も佳境に入った『死.tv』感想

前回は休載した分、今回は作画・演出共に大満足でした。ピココのSP達がどんどん癒しキャラになっているのは言わずもがな。でも今回は癒しというよりただのマスコット枠(笑

1期の頃から完全無欠だった天馬院をどう倒すんだろうと思っていましたけど、空母の戦闘機を動かして重心をずらし、傾いた勢いでバットで迎え撃つという、まりあだからこそ出来る脳筋攻撃でしたね。読んでてスカっとしましたよ。

2期も佳境に入って来ましたが、読み切りの彼もいずれは共演してほしいなあと思う次第。

陽人がただのヤンデレと化した『爆走兄弟レッツ&ゴー!! リターンレーサーズ』3巻感想。

収録されていたのは、大神陽人とのレース決着まででしたね。衝撃だったのがおまけマンガで、

陽人が豪に対してただのヤンデレと化しているという事。

具体的には、部屋中が豪のぬいぐるみやサンドバック人形で埋め尽くされていて、中には包丁で八つ裂きにされていたり、首が引きちぎられていたり、添い寝用の特大ぬいぐるみまで完備しているというもの。

大神博士がツチヤくん人形を大事にしていた異常っぷりがかすんで見えるほどですね。全盛期の大神博士がいわゆる毒親だった事もありますし、大人時代はどんな人格形成をしているのやら……

ちなみに作者の帯コメントによれば、中学生時代を描くのが楽しいらしく、今月のコロコロアニキのように恋愛要素を描いていきたいとの事。こりゃ大人時代はコロコロイチバンに連載している外伝マンガが中心かもですね。

たまたまぐるナイを付けたら、順位発表BGMに未だ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』のOP曲「BRAVE HEART」が使われていたことに驚きを隠せない。

自分たちのレツゴー世代からすれば、「BRAVE HEART」はミニ四駆にハマっていた頃の思い出の曲だけど、今の世代の子からすればそうでもないんだよなあというジェネレーションギャップ。

まあ、MAX編は大神マリナの人気こそあれど、存在自体が蛇足と言われてましたけどね。知り合いも「MAX編で主人公変わったから観なくなった」と言ってましたし…

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。