R-15
版権絵



どうぶつの森からのむらびと参戦は、世界観的にスマブラ向きではないと色々言われていただけにビックリです。そしてPV内で初代どうぶつの森のメインテーマが流れてアイムソーハッピー。

技の一部はファミコン家具が昔あった為かファミコンゲームの流用っぽく、パンチアウトやバルーンファイトのようなものが……それから個人的に、「むらびと」より「そんちょう」の方がしっくり来そうで。

ロックマン参戦の件は予想通りで、そこまでは驚きませんでした。何せスマブラDXの頃から次回作にはロックマンを参戦させて欲しいと、ゲーム雑誌でさんざん言われていましたからね。ロックマンは子供時代にXやDASHを少し触らせてもらい、エグゼは2と6を除いてプレイ、流星はアニメだけを観ていた具合になります。初代ロックマンも友人のプレイを見ていた程度ですかね。

他に気になるのが、Wii U版と3DS版の差別化でしょうか? 3DS版には大地の汽笛のステージがある事から察すると、恐らくステージは携帯、据置機それぞれのソフトに準じた構成なのでしょう。

作品は好きだけどファンはちょっと……というのに『ソニック』を記事に挙げましたが、他にも『UNDERTALE』と『メタルギア(というか小島監督支持者)』は同じぐらい引くレベル。

UNDERTALEは熱狂的すぎて話題に上げづらいし、メタルギアは作品が好きなのか「小島監督が作ったものが好き」なのかが分からない。監督も監督で公式のゲーム内で「小島イズゴッド!」と声優に言わせている異端ぶり。

ソニックもUNDERTALEもメタルギアも、作品の魅力は語りきれないほど素晴らしいんだけどね。これらのジャンルにいる妄信的・熱狂的な人が多い作品は、作品のプラス評価しか許さない上、時には異端扱いして集団で叩きに来る。

故に、プラスもマイナスも受け入れられる良識あるファンを探す努力をしなければならないのがしんどいのである。

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。